2014年に世界文化自然複合遺産に登録されたベトナムの新スポット「ニンビン」の魅力をご紹介!

ベトナムの新スポット“ニンビン”がアツい!

皆さんはベトナムと聞くとどこを想像するでしょうか? ホーチミン、ダナン、ホイアン、ハロン湾などベトナムには多くの魅力的な観光地がありますが、 2014年に世界文化自然複合遺産に登録された“ニンビン”は知らない方が多いはず。 今回はそんな“ニンビン”を詳しくご紹介します。

観光地紹介
1.チャンアン
2.バイディン寺
3.ムア山(ダンス洞窟)
4.ティエンハー洞窟
5.タムコック

ホテル紹介
1. エメラルダリゾートホテル
2.リードホテル
3.ヒドゥンチャームホテル

名産物紹介
1.ヤギ肉料理
2.コムチャイ(おこげ料理)
3.ブンモック(豚のつくねが入った麺)

カフェ紹介
1.タイムカフェ
2.カフェガックセップ
3.ブリックコーヒーショップ

観光地紹介

ニンビンはチャンアン複合地域が世界自然・文化遺産に登録されているため、
世界遺産規模の観光地が数多くあるのが特徴です。
今回はその中でも代表的な場所を紹介します。

1.チャンアン

ニンビンを代表する観光地です。
2016年に公開したハリウッド映画“キングコング~髑髏島の巨神~”のロケ地として選ばれて以来、世界中にチャンアンが知られるようになりました。
ベトナムの“青の洞窟”と言われるほど綺麗な川を小舟でゆっくりと周ります。
ニンビン省観光局
チャンアンの川は石灰岩で出来た奇岩に囲まれています。
この奇岩はハロン湾にある山々と同じ成分で作られているため、チャンアンは別名“陸のハロン湾”とも呼ばれています。
チャンアンはルートが3つあり選択が出来ます。
どのルートもこのこのような洞窟をいくつもくぐり抜けたり、チャンアンの歴史ある寺院やキングコングのロケ地を訪ねます。
ニンビンの豊かな自然や悠久の歴史を感じることが出来ます。

2.バイディン寺

東南アジアで一番大きなお寺がなんとニンビンにあります。
元々は1100年頃、山の上に禅僧によって建立された規模の小さな寺院でしたが、
2003年から寺院の増築や修繕が進められ、
今ではお寺の回廊の長さ、鐘楼の大きさ、仏像の数など
10項目以上がギネス記録に登録されている規模の大きな寺院になっています。
この回廊の長さと回廊に並ぶ500体の仏像がギネス記録に登録されています。
また、この仏像を500体全て触れると、健康になれる、願いが適うなどとされています。
約3kmに渡る回廊にこの仏像が並ぶ姿に圧倒されることは間違えないでしょう。
夜になるとナイトツアーを楽しめます。
派手な感じではないですが、寺院らしい素朴なライトアップの中で散策することができます。

3.ムア山(ダンス洞窟)

ムア山は別名“ダンス洞窟”と呼ばれています。
10世紀頃王朝がニンビン(ホアルー)に遷都した際、その当時の王様、チャン王が
女性官吏のダンスや歌を見に来ていたという言い伝えから、この名前が付けられています。
約500段ほどの階段を登っていくとニンビンのせ世界遺産が見渡せる絶景を見ることが
出来ます。また、山の頂上には聖観音がたてたてられて建てられており、その視線は古都ホアルーの方向を向いています。

4.ティエンハー洞窟

ティエンハー洞窟は別名“ギャラクシー洞窟”とも呼ばれています。
その名の通り、自然に出来た鍾乳洞の結晶が光り輝く様子を見ることが出来ます。
洞窟の中は川が流れており小舟でゆっくりと洞窟内を探検していきます。
洞窟内は静寂に包まれており、気温も一定のため夏は涼しいし、冬は暖かいです。
派手な電飾なども施されていないため懐中電灯を片手に洞窟の魅力そのものを楽しめるところがポイントです。

5.タムコック

タムコックはチャンアンと並ぶニンビンを代表する観光地です。
欧米諸国からは“ベトナムのジャングルクルーズ”と呼ばれています。
タムコックの最大の特徴は水田の美しい景色です。
時期になると稲が実り、豊かなニンビンの自然を感じさせてくれます。
タムコックは“3つの洞窟”という意味であり、その名の通り3つの洞窟を潜り抜けて行くところも特徴となっています。
新鮮な空気や長閑な自然に触れることで普段の忙しさを忘れ、リフレッシュすることが
出来るでしょう。

ホテル紹介

ニンビンはハノイからわずか2時間ほどの距離にあるため、
日帰りで帰ってしまう人が多いですが、
ここ最近日帰りで帰ってしまうのはもったいないと思ってしまうほどクオリティの高いホテルが出来ています。
今回はその一部を紹介します。

1. エメラルダリゾートホテル

エメラルダリゾートはニンビンの随一のリゾートホテルです。
伝統的なベトナムの建築を基に落ち着いた雰囲気のリゾートを創り上げました。
館内は屋内外プール、スパ、パターゴルフ場、釣堀など施設が充実しており、
日々の疲れを癒すのに最適な場所となっています。
部屋は木目調のベトナムの伝統工芸なども取り入れた温かみのあるデザインとなっています。
1棟ごとコテージになっているため、プライベートな時間をのんびりと楽しむこと出来ます。

2.リードホテル

2015年にオープンしたばかりのリードホテルはニンビンの町の中心地にあるため観光するのにぴったりなホテルになっています。
全てのデザインが洗練され、とても清潔感のあるホテルです。
最大のポイントはインフィニティプールと2018年にオープンしたばかりのスパです。
インフィニティプールからはニンビンの町や自然を眺めることが出来ます。
スパは医食同源をテーマとしており、東洋医学のお医者さんが常勤していることから
その人にあったマッサージなどを提案してくれます。

3.ヒドゥンチャームホテル

ヒドゥンチャームホテルはタムコックのすぐ近くにあり、
自然を楽しみながらラグジュアリーな滞在が出来る場所です。
このホテルはコロニアル様式で建てられていますが、装飾にはベトナムらしい刺繍をあしらったりとぬくもりがある作りになっています。
全ての部屋は木や緑を基調とした作りになっており、とても落ち着ける空間を作り出しています。
マウンテンビューとガーデンビューがありますが、おすすめは高層階のマウンテンビューです。ニンビンの世界自然遺産の景色を独り占めできます。

3.名産物紹介

ニンビンは自然や農作物に恵まれているため、多くの名産物があるのが特徴です。
今回はニンビンを代表する名産物を紹介します。

1.ヤギ肉料理

ヤギ肉と聞くと、臭みが強く食べにくそうという印象を受ける方が多いかもしれません。
しかしニンビンのヤギ肉は新鮮なため、牛肉より臭みがなく旨みが強いのが特徴となっています。
ニンビンに足を運ぶと多くのレストランでこのヤギ肉を見かけることが出来ます。
ぜひ、一度チャレンジしてみてください。

2.コムチャイ(おこげ料理)

コムチャイというのは、うるち米などを配合して作ったお米のせんべいにあんかけをかけて食べる料理のことを指します。
ニンビンではお米が多く獲れる採れるためこの料理が有名になりました。
サクサクのおこげはとても香ばしく、食べたらやみつきになること間違えないでしょう。

3.ブンモック(豚のつくねが入った麺)

ブンモックはニンビンのキムソン村というところの名物料理です。
豚のつくねとブンと呼ばれる麺が入っている料理です。
丁寧に取った特製あっさりスープにジューシーなつくねと麺の組み合わせは、
旅行で疲れた胃腸を優しく労わってくれます。

カフェ紹介

ニンビンは旅行で疲れた際に立ち寄れるカフェが充実しています。
今回は多くのカフェの中から筆者おすすめのおしゃれで寛げるカフェを紹介します。

1.タイムカフェ

タイムカフェはニンビン中心街にあります。
店内はフランスを思わせるようなおしゃれな雰囲気でドリンクメニューやフードメニューが
充実しています。
おすすめはヨーグルトコーヒーです。
さわやかな酸味の利いたヨーグルトと苦味が強いベトナムコーヒーは
不思議な程によく合います。

2.カフェガックセップ

カフェガックセップは、木を基調に作られた建物にカラフルな電球でセンス良く装飾されているおしゃれなカフェです。
ここではドリンクの他、ベトナムのファストフードやウェスタンサンドウィッチなどを楽しむことが出来ます。
カフェガックセップでのおすすめはシントーと呼ばれる、フルーツスムージーです。
注文を受けてからフルーツをまるごと使い、スムージーを作ってくれます。

3.ブリックコーヒーショップ

ブリックコーヒーはタムコックの近くにあり、地元の人だけではなく、海外旅行者にとても人気のあるカフェです。
2018年にオープンしたばかりなので、店内はとても綺麗でおしゃれに仕上がっています。
店内の装飾はヨーロッパから仕入れたアンティークで統一されています。
良く見るとテーブルは足踏みミシンを再利用しているものだったり、
食器も他では見ないアンティークを使用しているのでいるだけでウキウキ出来ます。
ブリックカフェのおすすめはエッグコーヒーです。
最近、日本にもエッグコーヒー専門店が出来たことで話題となっていますが、
ここのエッグコーヒーは新鮮なタマゴを使用し、
丁寧に作られているので濃厚な旨みをかんじ感じられるものになっています。

まとめ

いかがでしたか?
日本人にはまだまだ知られていないニンビンですが、
現在ベトナム国内、欧米を中心に爆発的な人気が出始めています。
観光地化されすぎておらず、
豊かな自然や素朴な人々との交流を楽しめるのは今だけかもしれません。
ベトナムにお越しの際はぜひニンビンにも足を運んでみてください。

ハノイの人気&おすすめのホテル7選

ベトナムの青の洞窟 絶景世界遺産チャンアンは映画“キングコング~髑髏島の巨神”のロケ地としても有名

関連記事

  1. 埼玉に行ったら絶対に訪れたい!埼玉の人気&おすすめパワースポット…

    日本全国に存在し、旅行の定番観光地になることもあるパワースポット。スポットによって多様な形があり、生…

  2. シンガポールのばらまき用からちょっと贅沢なお土産まで定番&最新の…

    アジアでも人気の旅行先、シンガポール。シンガポール旅行に行った際のお土産に迷ったときにぜひ参考に…

  3. もう一度、大人の修学旅行を。長崎で“平和”を感じられるスポット5…

    被爆地「長崎」。修学旅行先にもなる長崎ですが、大人になってからしか感じられないことも多くあります。今…

  4. インドネシアの歴史スポット「ジャカルタ歴史博物館」とおすすめカフ…

    ジャカルタ歴史博物館(,Jakarta History Museum)は、インドネシアの首都…

  5. 有名風水師・李家幽竹さんおすすめ「全国のパワースポット温泉」10…

    令和という新&#…

  6. 愛媛県「道後温泉」のカップルにおすすめの観光スポット20選

    四国の「道後温泉」はカップルで行きたい人気の温泉郷であり、日本最古の温泉と言われています。社会科…

  7. 『絶景!「安国寺」のドウダンツツジの紅葉(兵庫県)』まるで絵画の…

    兵庫県豊岡市の相田集落にある「安国寺」は、知る人ぞ知る兵庫の隠れた紅葉の名所です。「安国寺」では、樹…

  8. 日本三大中華街の1つ!長崎新地中華街で楽しみたい5つのこと

    国内にいながらどこかエキゾチックな異国情緒が堪能できる「長崎新地中華街」。東西南北合わせて約250メ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss