黄金の島へこいっちゃ!「史跡 佐渡金山」ここだけは絶対外せません!佐渡観光

佐渡の代表的な観光スポット「史跡 佐渡金山」。徳川幕府260年も続いた財政を支え、巨大な山もを二つに割る人が持つ金への執着心の凄さを改めて感じる”佐渡のかなやま”。「史跡 佐渡金山」が世界遺産に登録される前にゆっくりと尋ねてみませんか?

史跡佐渡金山 400年の歴史を見る
大露天掘りの跡 道遊の割戸(どうゆうのわりと)
史跡佐渡金山 見学コースは2つ
①江戸金山絵巻 宗太夫抗(そうだゆうこう)コース 国指定史跡
坑道見学後は資料館へ 金の延べ棒をつかむのだ!
②近代日本が垣間見れる「道遊(どうゆう)明治コース(明治官営鉱山)」
こちらは道路沿いからみることができます!
東洋一を誇った北沢浮遊選鉱場跡とレンガ造りの火力発電所
史跡佐渡金山 現存する人造石護岸 大間港(おおまこう)

史跡佐渡金山 400年の歴史を見る

史跡佐渡金山の歴史の多くは、佐渡の相川地区に残ります。佐渡には他にも砂金銀山があったので、相川金銀山とも呼ばれます。

相川金銀山は、16世紀末から400年間稼働した日本最大の金銀山です。

金に取りつかれた人々が掘り進んで山を割ってしまいました。

露天掘りとは、原始的な採掘のひとつで穴(坑道)を掘らないで地表から直接、らせんを描くように掘っていく方法です。

今回は昔の坑道に行きました。蝋人形が昔の様子を表しています。また、金を取り出す「やわらぎ」という儀式の様子が興味深かったです。この儀式で、岩を柔らかくして金を取り出していたそうです。是非、世界遺産に登録されてほしいです。

出典:www.tripadvisor.jp

写真で見るより、実物はど~んとしてかなり迫力あります。佐渡金山の道遊コース(明治官営鉱山コース)ですとすぐ側まで行けます。

道遊の割戸の下はこうなってます!

写真で見るより、実物はど~んとしてかなり迫力あります。佐渡金山の道遊コース(明治官営鉱山コース)ですとすぐ側まで行けます。

佐渡金山には見学コースが2つあります。

江戸時代からの手掘りの坑道を見て歩く「宗太夫(そうだゆう)江戸コース(江戸金山絵巻)と近代日本が垣間見れる「道遊(どうゆう)明治コース(明治官営鉱山)」です。

秀吉が使った金は砂金時代の金で、家康以降は掘って出た金を使ったことを勉強。しかし、江戸期の金鉱は見事でした、排水と空気の送風技術、精錬の技術、人間の富への執着はすご過ぎます。

出典:www.tripadvisor.jp

道遊コース(明治)も宗太夫コース(江戸)もどちらも、こちらからお進みください!

こちらが史跡佐渡金山見学への入り口

道遊コース(明治)も宗太夫コース(江戸)もどちらも、こちらからお進みください!

①江戸金山絵巻 宗太夫抗(そうだゆうこう)コース 国指定史跡

道路沿いにひっそりとあるかつての入り口「宗太夫抗(そうだゆうこう)」。鉱山の坑道にはその坑道を管理する山師の名前が付けられました。

大山祇(おおやまずみ)と書かれている中央の立て札は山の神様、鉱山を守ってくれた大山祇神社のことです。

薄暗い地下道を進んでいくと当時の掘っている様子を人形達が再現してくれています。観光ルートとして開放されているのはほんの一部、未開放の掘り跡が無数にあるようです。

出典:www.tripadvisor.jp

当初、水替人足は町方や農民が中心で高給金で募集により、行われていました。鉱山が栄え、坑道が深く堀り進むと水替えの仕事は重労働となり、人手不足を補うことと、江戸の治安維持、見せしめ的な要素が強くなり、水替人足(みずかえにんそく)が罪人という歴史が残りました。

当初、水替人足は町方や農民が中心で高給金で募集により、行われていました。鉱山が栄え、坑道が深く堀り進むと水替えの仕事は重労働となり、人手不足を補うことと、江戸の治安維持、見せしめ的な要素が強くなり、水替人足(みずかえにんそく)が罪人という歴史が残りました。

坑道見学後は資料館へ 金の延べ棒をつかむのだ!

リアル体験できちゃう時価6千万の「金の延べ棒」つかみにソソラレテ資料館を見逃さない様に!

第1、第2と分かれて展示された資料館は史跡佐渡金山の貴重な資料が沢山展示されています。

リアル体験できちゃう時価6千万の「金の延べ棒」つかみにソソラレテ資料館を見逃さない様に!

金鉱石の採掘状況を人形を使っての解説で具体的に分かって良かった。全採掘量で金が78tに対して、銀が2,330tと銀が圧倒的に多いのが意外。金塊を取り出すイベントをやっているが、挑戦するのも面白いかも。取り出せると記念品がもらえるよ。

出典:www.tripadvisor.jp

そのままの状態で残っていた明治編の方が歴史を感じられて面白かったです。
江戸編は、観光地として設備が整っていたので、時間的に厳しいと言う人は、江戸編の方がオススメかも。

出典:www.tripadvisor.jp

説明いりません!佐渡金山資料館のジオラマは、ほんとよくできてます。時間が許される方はとにかく、じっくりご覧ください。

説明いりません!佐渡金山資料館のジオラマは、ほんとよくできてます。時間が許される方はとにかく、じっくりご覧ください。

出典:www.youtube.com

史跡佐渡金山の資料館にある、金の延べ棒の取り出し方を、佐渡金山の魅力とともに映像でご紹介。金の延べ棒取り出しチャレンジは、宗太夫坑コースを選択しましょう。坑道を抜けた資料館の第二展示室に、金の延べ棒が置いてあるBOXがあります。 取り出すと記念品がもらえます。もちろん、金の延べ棒のお持ち帰りは出来ません。

簡単そうに見えますが…そうはいきませんよ~。12.5キロをまず片手で持ち上げる力がないと。”なでなで”するだけでも金運あがりそうですね

②近代日本が垣間見れる「道遊(どうゆう)明治コース(明治官営鉱山)」

戦争の影が色濃くなると国策として金銀の大増産が図られるようになり当時、佐渡金山も一大施設として日本を支え、栄華を放ちました。

産業的遺産をたっぷりと残す史跡佐渡金山は、日本で群を抜いてその景観がそのまま残っています。

明治32年から採掘されて休山まで稼働していた坑道です。採掘された鉱石は間ノ山搗鉱場(あいのやまとうこうば)や高任粗砕場(たかとうそさいば)等にトロッコで輸送し、作業員や資材運搬に使用されていました。

道遊抗(どうゆうこう)抗口 国指定史跡跡・国需要文化財

明治32年から採掘されて休山まで稼働していた坑道です。採掘された鉱石は間ノ山搗鉱場(あいのやまとうこうば)や高任粗砕場(たかとうそさいば)等にトロッコで輸送し、作業員や資材運搬に使用されていました。

こちらのコースは観光客が少なく静かです。特に、トンネルを抜けたところに広場があり、そこから見る「道遊の割戸」は必見です。

出典:www.tripadvisor.jp

坑道を抜け終わった場所にある資料館

明治期の坑道はいち早く官営化し近代化が図られた近代の坑道で、1989年(平成元年)の操業停止まで使われており、線路やトロッコが現存、トロッコの基地などを見ることもできます。
どちらか片方だけを見学するのではなく、2つの坑道は両方見た方がいいと思います。

出典:www.tripadvisor.jp

平成元年の休山までこの位置より鉱石が積み出されていました。道遊の割戸の真下になります。

道遊脈 佐渡金山閉山直後の鉱石積み出し場

平成元年の休山までこの位置より鉱石が積み出されていました。道遊の割戸の真下になります。

坑道を抜けた広場からみる道遊の割戸は、雄大に身近にそして一番美しく見える場所です。

道遊コース(明治)から見る道遊の割戸(どうゆうのわりと)

坑道を抜けた広場からみる道遊の割戸は、雄大に身近にそして一番美しく見える場所です。

静かで、暗いレールのひいてある炭鉱を歩き、途中懐中電灯で穴を照らしたり、インディージョーンズの映画のよう。外に抜けると資料館があり、映像と説明を聞いた後、自由に見学します。

出典:www.tripadvisor.jp

少し登りになりますが、道遊の割戸の真下まで散策できます。photo/筆者

まじかで見る道遊の割戸の大穴は圧巻です!

少し登りになりますが、道遊の割戸の真下まで散策できます。

明治期の坑道コースを見学した後は、道遊の割手のすぐ近くまで行きましょう。坂道を徒歩7分です。絶対に目で見に行く価値があります。400年も人間が金を掘るために山が割れ、残った遺跡がそこにあります。スケールの大きさが一目でわかります。ここに行くだけでまさに感動です!自然景観ではありませんが、アメリカの国立公園の雄大さを思い出してしまいました。

出典:www.tripadvisor.jp

この辺り一帯は、明治に佐渡鉱山の初代局長となった「大嶋高任(たかとう)」の偉業を称えて「高任地区」と呼ばれています。山の神「大山祗神社」の分社として「高任神社」と名付けたといいます。

鉱山の総鎮守「高任神社(たかとうじんじゃ)」

この辺り一帯は、明治に佐渡鉱山の初代局長となった「大嶋高任(たかとう)」の偉業を称えて「高任地区」と呼ばれています。山の神「大山祗神社」の分社として「高任神社」と名付けたといいます。

こちらは道路沿いからみることができます!

明治24年に完成した搗鉱場(とうこうば)は鉱石を粉砕し、水銀を使って製錬(せいれん)を行う施設で、捨てていた貧鉱石(ひんこうせき)から金銀を取り出せるようになりました。

間ノ山搗鉱場(あいのやまとうこうば)

明治24年に完成した搗鉱場(とうこうば)は鉱石を粉砕し、水銀を使って製錬(せいれん)を行う施設で、捨てていた貧鉱石(ひんこうせき)から金銀を取り出せるようになりました。

はっきりと山が割れていることが確認できます。この山にはよく見ると点々と小さな穴が壁面にいくつも見えますが、狸掘りの跡です。小さく見えますが、人、1人がやっと通れるくらいの穴が無数にあいていることがわかります。

道遊の割戸(どうゆうのわりと)の裏側

はっきりと山が割れていることが確認できます。この山にはよく見ると点々と小さな穴が壁面にいくつも見えますが、狸掘りの跡です。小さく見えますが、人、1人がやっと通れるくらいの穴が無数にあいていることがわかります。

【基本情報】
[名称]株式会社 ゴールデン佐渡
[住所]新潟県佐渡市下相川1305番地
[営業時間]4月~10月 / 8:00~17:30・11月~3月 / 8:30~17:00
[料金]大人:1コース900円、両方1400円(小、中学生450円、両方700円)
[定休日]年中無休
[駐車場]無料駐車場完備(約500台)
[アクセス方法]両津港から車で約30km、約60分。大佐渡スカイライン経由は約90分。小木港から約45km、約80分。
[電話]0259-74-2389

東洋一を誇った北沢浮遊選鉱場跡とレンガ造りの火力発電所

相川の濁川(にごりかわ)沿いにある北沢浮遊選鉱場(きたざわふゆうせんこうば)と明治41年に建てられたレンガ造りの火力発電所で、佐渡奉行所のある高台の下にあります。

道路沿いからすぐ見えるので、是非立ち寄って頂きたい史跡佐渡金山のひとつです。相川郷土博物館を目印にお訪ね下さい!

昭和12年に完成した東洋一と言われた選鉱場。ひとことでいうと「明治から昭和初期の日本を支えた金鉱石の選別を行っていた鉱山施設群跡」ということになります。

北沢浮遊選鉱場(きたざわふゆうせんこうば)

昭和12年に完成した東洋一と言われた選鉱場。ひとことでいうと「明治から昭和初期の日本を支えた金鉱石の選別を行っていた鉱山施設群跡」ということになります。

どのような施設だったのかを知らなくても、ここの景色は圧巻。ローマ?ギリシャ?ラピュタ?壮大な廃墟です。あまり有名になって観光客が増えてしまうと雰囲気がこわれてしまうのですが、主観的には佐渡でイチオシのスポットです。

出典:loco.yahoo.co.jp

60年以上の時を経て、すっかりラピュタの世界のようなたたずまいです。名前がわからなかったので、「佐渡 ラピュタ」で検索したら、廃墟マニアの間での有名スポット。東洋一といわれたという処理施設の土台は、時を経てもしっかりして迫力があります。廃墟なのですが荒れておらず、大規模廃墟が緑の植物に覆われた様子が美しい。

出典:loco.yahoo.co.jp

昭和15年の増産体制時に建設された泥鉱を鉱物と水に分離する装置で、国の指定史跡になっています。他にもいくつかありましたが、現存はこちらだけです。

昭和15年の増産体制時に建設された泥鉱を鉱物と水に分離する装置で、国の指定史跡になっています。他にもいくつかありましたが、現存はこちらだけです。

あまり知られていない佐渡の新たな観光スポット。コンクリートの骨組みだけが残り、まるで遺跡のよう。博物館にある様な説明書きが至る所にありました。夜はライトアップもされるようです。遺跡好きの方は是非行ってみて下さい。

出典:loco.yahoo.co.jp

中も自由に入れます。かつての写真が展示されていてノスタルジックな雰囲気が漂います。料金は無料です。

中も自由に入れます。かつての写真が展示されていてノスタルジックな雰囲気が漂います。料金は無料です。

【基本情報】
[名称]北沢浮遊選鉱場(きたざわふゆうせんこうば)
[住所]新潟県佐渡市北沢町3−2
[駐車場]あり、無料
[アクセス方法]両津港から車で約30km、約60分。大佐渡スカイライン経由は約90分。小木港から約45km、約80分。
昭和31年に設立、建物自体が明治時代の宮内省御料佐渡支庁を利用。金山、遊女、遺跡、化石から偉人まで、「金山と共に生きた相川」がぎっしり~っ詰まっている昭和のレトロ感溢れる博物館です。

相川郷土博物館

昭和31年に設立、建物自体が明治時代の宮内省御料佐渡支庁を利用。金山、遊女、遺跡、化石から偉人まで、「金山と共に生きた相川」がぎっしり~っ詰まっている昭和のレトロ感溢れる博物館です。

こんな展示でよいの?と言うくらい重要文化財を”あっさりごちゃごちゃ”展示しています。佐渡金山で使用されていた水上輪や坑内の丸木一本ハシゴなど実際に体験できます。拝観料も300円と格安。史跡・歴史好きな方にはたまらない施設でしょう。

出典:www.tripadvisor.jp

相川の濁川(にごりかわ)の河口付近にある明治25年に完成した港です。鉱石の運搬や石炭等の生産資源の搬入に使われました。

石積護岸やトラス橋、ローダー橋脚、クレーン台座、レンガ倉庫などが残されています。

【基本情報】
[名称]大間港(おおまこう)
[住所]新潟県佐渡市相川大間町
[アクセス方法]両津港から車で約30km、約60分。大佐渡スカイライン経由は約90分。小木港から約45km、約80分。
如何でしたか?
「史跡佐渡金山」に1度はいらしてみたいという気持ちになりましたでしょうか?
”佐渡は四十九里波の上”
いえいえ、佐渡は、今は高速船ジェットフォイルで1時間!
その気になれば日帰りもできちゃいます。

佐渡に来たらならば「史跡佐渡金山」をぜひ!訪れてご自分の目で、日本を代表する金山を見に来て下さいね!

「佐渡・小木海岸」 地元民オススメ!スポット10選

アートな温泉街、「岩室温泉」を日帰りで楽しんでしまおう5選

関連記事

  1. 関西の週末旅向け人気&おすすめスポット7選

    1週間よく頑張った、金曜日が終わると誰もがそう思いますよね。そんな週末に家族で、カップルで、昔か…

  2. 東京都内にある都会で疲れを癒せる最新お風呂スポット7選

    銭湯といえば、狭くて古くて昔ながらのイメージ。温泉といえば、都市部から離れた観光地にあるイメージ…

  3. 一度は食べたい!長崎で人気の食べ歩きグルメランキングTOP15

    観光スポットとしても人気の長崎ですが、長崎にも口コミランキングで人気の食べ歩きグルメがたくさんありま…

  4. 美意識の高い女性集合!武庫之荘駅周辺にある人気のまつげエクステサ…

    武庫之荘駅周辺にある、人気のまつげエクステサロンを5つご紹介します。全国雑誌にも多数掲載されている人…

  5. 京都散策の途中で立ち寄りたい人気&おすすめの甘味処17選

    京都をぶらり散策中に、ふと食べたくなる甘味。和パフェやケーキも良いけれど、昔ながらのお団子も食べたく…

  6. 異国情緒溢れる長崎グルメ旅! 長崎ご当地グルメランキングTOP1…

    長崎と言えばハウステンボス、中華街、軍艦島など異国情緒溢れる、ランキングでも人気の観光地です。昔から…

  7. ディズニーリゾートオフィシャルホテル『シェラトングランデ東京ベイ…

    オフィシャルホテルの端に建っている、横に長いホテルが、「シェラトングランデ東京ベイ」。海に面している…

  8. 子供も大人も楽しめる「鈴鹿サーキット」でしたい7つのこと

    三重県鈴鹿市にある「鈴鹿サーキット」は、F1などの国際的なレースを観戦できるほか、実際のコースを…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss