魔女の宅急便のモデルとなったバルト三国のひとつエストニアの首都タリンの旧市街「タリン歴史地区」

バルト三国のひとつ、エストニア。首都タリンの旧市街地は「タリン歴史地区」として世界遺産にも指定されています。魔女の宅急便のモデルとなった街の一つ、タリン歴史地区を紹介します。

バルト三国のひとつ、エストニア共和国

北ヨーロッパに位置するエストニア共和国、通称エストニアは、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国のひとつとして有名ですね。バルト三国の中で最も北に位置する国です。バルト海東部のフィンランド湾に面し、フィンランドのヘルシンキからもフェリーで約2時間とアクセスも便利で、北欧旅行と一緒にプランを組むのもおすすめ。

フィンランドと海を挟んで下の国がエストニアです。

使っている人も多いハズ、あのSkypeはエストニアで誕生したって知ってましたか?近年は最先端のIT産業も盛んで、エストニアから目が離せません!

エストニアが誇る美しい街並み、世界遺産タリン歴史地区

ジブリファン必見!

どうやって行くの?

日本からはフィンランドのヘルシンキを経由して入国するのが一般的です。ヘルシンキからフェリーで2時間ほどでエストニアのタリン歴史地区に到着するので日帰りも可能です。エストニアの通貨はユーロで、フィンランドから両替することなく使用できるのが便利ですね。

たった2時間でタリン歴史地区に着いちゃうなんて便利ですね!

美しい街並みにうっとり。タリン歴史地区は歩くだけで楽しめる!

タリン歴史地区で絶対行きたい!旧市庁舎とラエコヤ広場

旧市庁舎とラエコヤ広場

タリン歴史地区にあるラエコヤ広場。広場にある旧市庁舎は北欧の現在残っている最古のゴシック建築と言われています。旧市庁舎の塔は65メートル。登ってタリン歴史地区とラエコヤ広場を見下ろすこともできます。

とても素敵な広場でした。カフェやレストラン、お土産などがあり、雰囲気がとてもかわいらしく、タリンを象徴するような広場でした。絶対いくべきです!

出典:www.tripadvisor.jp

冬はひとあじ違った美しさ

ラエコヤ広場ではクリスマス期間に特別なクリスマスマーケットが開かれるのも有名で、寒い時期ですが冬でも訪れる価値はあります。雪化粧が美しいタリン歴史地区もとっても魅力的ですね!

旧市庁舎
【住所】Raekoja plats, Tallinn, Estonia
【開館時間】10:00 – 16:00(6月25日~8月31日の月曜~土曜)
【休館日】7月14日、8月20日、8月24日
【入館料】4ユーロ(子ども2ユーロ)

愛称は太っちょ?エストニア海洋博物館

スルー・ランナ門に併設された砲塔は現在エストニア海洋博物館となっています。人々に「ふとっちょマルガレータ」の愛称で親しまれるこの砲塔は、かつては牢獄として使用されていました。囚人の世話をするマルガレータという女性の名前と体型から名付けられたと言われています。また、塔の屋上からタリン歴史地区と港を展望することもできます。

Eesti Meremuuseum(エストニア海洋博物館)
【住所】Pikk 70, 10133 Tallinn
【TEL】+ 372 6411 408
【アクセス】タリン港から徒歩約10分(スール・ランナ門そば)
【開館時間】火~日曜10:00 – 18:00(チケット売り場は30分前に閉店)
【休館日】月曜(5~9月は毎日開館)、祝日
【入場料】5ユーロ(学生3ユーロ)
※海洋博物館は、港近くにより大きな新館あり(入場料は別途)

タリン歴史地区を一望!トーンペア地区

かつては貴族階級の住宅が集まっっていたトーンペア地区は、タリン歴史地区の中でも小高い丘の上にあるます。昔の名残から現在でも城や邸宅が残っています。

トーンペアの丘

まるで絵葉書のようなキレイな街並みが一望出来る小高い丘、街全体を見下ろすように見られます。タリン旧市街に来たらココはマストです。

出典:www.tripadvisor.jp

小高い丘でそこからとても美しい景色を見ることができました。タリンは街自体がとても美しく楽しいので、ここもおススメです。町全体が見渡せます。

出典:www.tripadvisor.jp

トーンペアの丘
【住所】 Lossi Plats, Tallinn, Estonia

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

煌びやかで豪華な内装がとても美しいです。

ロシアだった国に来たんだなーと実感させられる立派な教会。 中は荘厳な作りで暗い色の中にロシア正教ならではの金が栄えてました。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

【住所】Lossi plats 10, 10130 Tallinn, Estonia
【開場時間】8:00 – 18:00
【休日】無休

タリン歴史地区(旧市街)までのアクセス

【日本からエストニア】日本から北欧フィンランドのヘルシンキまで空路
【ヘルシンキからタリン歴史地区】空路またはフェリー
【住所】 City Center, Tallinn, Estonia
【電話番号】37258074704
いかがでしたか?エストニアの世界遺産「タリン歴史地区」を紹介しました。ぜひエストニアに行く際の参考にしてくださいね。

バルト三国エストニアの首都タリンの人気&おすすめ観光スポット7選

インパクト抜群!バルト三国のひとつリトアニア世界遺産「十字架の丘」が凄すぎる!

関連記事

  1. 赤穂市で観光するならここ!歴史感じる名所から穴場スポットまで10…

    赤穂市は、兵庫県の南西部、岡山県との県境に位置しています。赤穂義士と呼ばれる、47人の武士たちの歴史…

  2. イタリア観光の定番・世界遺産「ピサの斜塔」で定番だけど面白写真を…

    毎年世界中から多くの観光客が訪れる観光大国、イタリア。ミラノやローマ、ヴェネチアなど多くの観光エ…

  3. 今イチオシの台湾の港町「基隆」への行き方やおすすめグルメ・絶景ス…

    台湾旅行といえば「台北」や「台南」をイメージする方も多いかもしれませんが、台北の右上にある港町「基隆…

  4. ドイツの人気&おすすめの格安ゲストハウス20選

    深い歴史と伝統、美しい町並みと世界遺産。ドイツには見どころがたくさんあります。そんなドイツの…

  5. 佐賀県「鳥栖プレミアム・アウトレット」周辺の人気&おすすめの観光…

    鳥栖プレミアム・アウトレットの周辺はおしゃれで見どころ満載のおすすめ観光スポットがたくさんありま…

  6. 「おんせん県」大分の女子旅に人気&おすすめの観光スポット20選

    大分といえばすぐに思いつくのは温泉ですよね。「別府温泉」「湯布院温泉」は全国的にも有名なのでご存…

  7. 初めてでも目いっぱい楽しめる♪初心者向けディズニーシーのとってお…

    ディズニーランドは行ったことあるけれど、ディズニーシーはまだ行ったことがないという方にぴったりの、と…

  8. 昔ながらの建造物や自然が残り歴史を感じる街・高知県安芸市に行った…

    高知県にある『安芸市』をご存知ですか?実はここ、昔ながらの建造物や自然が今でもたくさん残っている…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss