生まれ変わりつつある大阪で最もディープなスポット「新世界」をご紹介!

大阪のディープスポットといわれるのが、「新世界」です。
かつては「新世界は行ったらあかん!」と言われるような場所でしたが、
現在は観光名所として生まれ変わり「大阪に行ったら新世界に行かなあかん!」状態になっています。

今回は、そんな新世界の魅力をご紹介します。

新世界とは?

大阪を代表する繁華街として知られるのが「新世界」です。
新世界の中央やや北寄りに通天閣があり、南東部にジャンジャン横丁が広がります。

懐かしい昭和の雰囲気を残した街並みには、串カツ屋やお土産ショップが数多く立ち並び、
終日、観光客で賑わっています。

1. 新世界だけじゃない!大阪のシンボル!通天閣

新世界のシンボルとなるのが通天閣です。

タワー内にあるビリケンさんは、新世界のマスコットのような存在にもなっています。
足の裏をこすれば願いが叶うのだとか?

また、タワーに登るとパンフレットと一緒に通天閣のペーパークラフトを無料でもらうことができます。
一見、シンプルなペーパークラフトに見えますが、実は非常に難易度が高いんです!

TV番組「探偵ナイトスクープ」でも、このペーパークラフトに挑戦する回がありました。

■ 基本情報

  • ・名称: 通天閣
  • ・住所: 大阪府大阪市浪速区 恵美須東1−18−6
  • ・営業時間: 9時00分~20時30分
  • ・電話番号: 06-6641-9555
  • ・料金: 大人700円、大学生500円、中高校生400円、小学生300円
  • ・公式サイト: http://www.tsutenkaku.co.jp/index.html

 

2. 都会のオアシス・スパワールド

岩盤浴やローマ風呂といった入浴施設だけでなく、
ウォータースライダーもある巨大なプールもある人気の癒しスポットです。

神々しいローマ風呂に…。

フィンランドのサウナを再現したサウナハウスなどがあり、お風呂のテーマパークといっても過言ではありません。

■ 基本情報

  • ・名称: スパワールド
  • ・住所: 大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目4−24
  • ・アクセス: 地下鉄「動物園前」駅から徒歩1分
  • ・営業時間: 10:00~翌8:45
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 06-6631-0001
  • ・料金:大人(12歳以上)3時間2400円、3時間以上2700円、小人(12歳未満)3時間1300円、3時間以上1500円
  • ・公式サイト: http://www.spaworld.co.jp/

 

3. 天王寺動物園

日本で3番目に開園したことでも知られる動物園が、天王寺動物園です。

非常にリーズナブルな入園料でありながら、ライオンやホッキョクグマを始めとする猛獣なども展示飼育されています。

■ 基本情報

  • ・名称: 天王寺動物園
  • ・住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-108
  • ・アクセス: 地下鉄堺筋線「動物園前駅」より徒歩5分
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号: 06-6771-8401
  • ・料金: 大人500円、小中学生200円
  • ・公式サイト: http://www.jazga.or.jp/tennoji/

4. ジャンジャン横丁

串カツ屋がズラリと立ち並ぶ昔ながらの商店街が「ジャンジャン横丁」になります。
レトロな街並みは歩くだけでも必見の価値があります。

5. 老舗洋食店・グリル梵

創業70年という老舗洋食店があります。
路地を少し入った場所にあるので、分かりにくいかもしれませんが、
新世界を代表する洋食店として芸能人も頻繁に訪れます。

レトロな暖簾を潜れば、昭和レトロな店内が広がります。

名物はビフカツサンドです。

■ 基本情報

  • ・名称: グリル梵 (ボン)
  • ・住所: 大阪府大阪市浪速区恵美須東1-17-17
  • ・アクセス: 地下鉄「恵美須町」から徒歩2分
  • ・営業時間: 12:00~14:0017:00~20:00
  • ・定休日: 毎月6・16・26日
  • ・電話番号: 06-6632-3765
  • ・料金:  [夜]¥1,000~¥1,999[昼]¥1,000~¥1,999

 

6. 新世界の公式キャラクターはあの有名キャラ!

新世界100周年を記念して、選出された公式キャラクターは、なんとあの有名なキン肉マン!
そのため新世界のいたるところに等身大の超人達の姿を目撃することができます。

何故か商店街にいたり…(夜、この超人と目があったら怖い怖い!)

通天閣の側でロビンマスクが陣取っていたり…。

メインの商店街にいたはずのテリーマンが、気付いた時には別の商店街の一角に埋もれていたり…
(作中での扱いもこんな感じですよね…)

皆様もぜひ、お気に入りの超人の姿を新世界で探してみてください。商店街の一角にはキン肉マングッズを扱う「MUSOLE SHOP」もあります。(ちなみにこの角を曲がるとグリル梵があります)

 

基本情報

■ 基本情報

  • ・名称: 新世界
  • ・アクセス: 地下鉄「恵美須町」駅もしくは「動物園前」駅から徒歩圏内
  • ・定休日: 年中無休
  • ・料金: 無料
  • ・オススメの時期: 平日

 


「やばい」「汚い」「危険」というイメージは古いイメージです!
生まれ変わった大阪のディープスポット「新世界」をぜひ訪れてみてください。

札幌に行ったら絶対に食べたい!美味しいラーメン屋さん30選

香川県に行ったら絶対行きたい人気&おすすめ観光スポットまとめ

関連記事

  1. 世界三大夜景に向かう道!函館山ロープウェイでしたい5つのこと

    日本三大夜景、世界三大夜景の一つに数えられる「函館山」では、夜景だけでなく昼間も大パノラマの絶景を楽…

  2. 絶景を見ながら温泉に!佐世保でおすすめの日帰り温泉5選

    長崎県は絶景スポットが多いことで有名ですが、その中でも佐世保ではとても綺麗な景色を見ることができます…

  3. 動物を見られるだけじゃない!「王子動物園」をより楽しむ7つの方法…

    神戸にある「王子動物園」では、パンダを代表とする可愛い動物たちが約130種、あなたが来るのを待ってい…

  4. 横浜アソビルで極彩色の海を巡る新しい海のエンターテインメント「O…

    デジタルで創り出す極彩色の海を巡る新しい海のエンターテインメント「OCEAN BY NAKED(オー…

  5. 風情溢れる湯煙の街・大分県別府の人気&おすすめのホテル50選

    豊富な湯量と良質な天然温泉で知られる別府エリア。温泉の蒸気で地元の食材を蒸しあげる「地獄蒸し」や…

  6. 春夏秋冬美しい大自然に癒される!鳥取・大山のおすすめ観光スポット…

    鳥取といえば、鳥取砂丘を真っ先に思い浮かべるかと思いますが、今回紹介するのは、米子からバスや車ですぐ…

  7. 京都通おすすめのお土産ランキング【スイーツ編】

    京都に年100回通いお土産を買い尽くした私が、銘菓の伝統や歴史、日持ちや使い勝手を総合的に判断し、ラ…

  8. 『あべのハルカス美術館』で「北斎-富士を超えて-」開催!日本一高…

    あべのハルカス美術館で2017/11/19迄開催される「北斎-富士を超えて-」。稀代の浮世絵師 葛飾…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss