海と自然に囲まれた街!「北海道・函館」のおすすめ観光スポットまとめ

数々の映画や小説の舞台となり、どこか懐かしい街並みや美しい自然が残る場所、北海道・函館。そんな函館には訪れるべき観光地からグルメ、思い出を作れるアクティビティーなどやりたいことがたくさんあります。そこで今回は「函館」の観光のオススメスポットをジャンル別でご紹介します!(こちらの記事の情報は2019年8月時点のものです。事前に最新情報をご確認下さい。)

【観光編】
1. 五稜郭公園
2. 金森赤レンガ倉庫
3. はこだて明治館
4. 八幡坂
5. 函館ハリストス正教会
6. 箱館ハイカラ號
7. 大正湯
8. 立待岬
9. 函館山
【グルメ編】
10. 函館朝市
11. 四季海鮮うに むらかみ
12. ラッキーピエロ
13. 函館麺厨房 あじさい
14. ペイストリー スナッフルス
【カフェ編】
15. Cafe 海と硝子
16. ティーショップ夕日
17. 茶房 菊泉
【アクティビティー編】
18. 谷地頭温泉で疲れを癒す
19. 袴・着物で函館散策
20. 摩周丸を見学

観光編

1. 五稜郭公園

「北海道・函館」のおすすめ観光スポットまとめ、まず最初に紹介する観光地は「五稜郭公園(ごりょうかくこうえん)」です。江戸時代末期に建てられた城塞「五稜郭」は、美しい星型をしていて、春には桜・秋には紅葉などの絶景を楽しめる函館を代表する観光スポットです。

詳細情報

五稜郭公園
  • 北海道函館市五稜郭町44
  • 0138-31-5505
続いてご紹介するのは「金森赤レンガ倉庫(かねもりあかレンガそうこ)」です。幕末から商業エリアとしても栄えた倉庫街をリノベーションしたこちらのスポットは、ビアホールやレストランが入った函館市内でも人気のショッピングエリアです。街並みも美しく、倉庫街を歩いているだけでも十分楽しめますよ。

詳細情報

金森赤レンガ倉庫
  • 北海道函館市末広町14-12
  • 0138-27-5530
続いてご紹介するのは「はこだて明治館(めいじかん)」です。ここは1911年に建てられた北海道初の郵便局で、第2次世界大戦などの戦争を耐えて今もなお当時の姿を残す貴重な建物なんです。今では函館の地元の名産品や工芸品を販売する場所になっていて、素敵なお土産にも出会えるスポットとなっています。

詳細情報

はこだて明治館
  • 北海道函館市豊川町11-17
  • 0138277070

4. 八幡坂

続いてご紹介するのは「八幡坂(はちまんざか)」です。坂道が意外にも多くある函館で1番美しい坂と言われているこちらの坂は、函館山方面から海まで一直線に伸びていて、坂の上からの眺めがとても綺麗なんですよ。ドラマやCMのロケ地としてもつかわれる有名な坂道へ、是非足を運んでみてくださいね。

詳細情報

八幡坂・基坂
  • 北海道函館市末広町19 八幡坂
  • 0138-27-3333

5. 函館ハリストス正教会

続いてご紹介するのは「函館ハリストス正教会」です。国の重要文化財にも指定されているこちらの教会は、「ロシア風ビザンチン様式」という珍しい建築様式の教会なんです。カトリックやプロテスタントとは異なる宗派のキリスト教の教会で、日本国内ではなかなか見ることのできない特別なタイプの聖堂なんだとか。見学の際は、お静かに。

詳細情報

函館ハリストス正教会
  • 北海道函館市元町3-13
  • 0138237387

6. 箱館ハイカラ號

続いてご紹介するのは「箱館ハイカラ號(はこだてはいからどう)」です。大正時代から函館市内を入っているこちらの電車は、五稜郭公園や函館駅などを通っていて今も市民の足として使われています。車体は大正時代のものを復元していて、乗ればまるでタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気に浸ることができますよ。

詳細情報

函館駅前駅
  • 北海道函館市若松町15番

7. 大正湯

続いてご紹介するのは「大正湯(たいしょうゆ)」です。こちらは、大正時代に建てられた和洋折衷の建築様式の建物で、創業100年以上の老舗銭湯です。ピンク色の外観が目を引き、今では若い観光客からも注目されている観光スポットになっているんですよ。実際に銭湯に入ることもできるので、旅の疲れを癒しに訪れてみるのはいかがでしょうか?

詳細情報

大正湯
  • 北海道函館市弥生町14-9
  • 0138-22-8231
続いてご紹介するのは「立待岬(たちまちみさき)」です。函館市の南西に位置するこちらの岬からは、切り立った断崖絶壁やそれを囲む広大な海を望むことができ、函館の自然を感じられる場所となっています。美しい朝日や夕日を見ることのできる絶景スポットとしても人気なんですよ。

詳細情報

立待岬
  • 北海道函館市住吉町立待岬
  • 0138213323
続いてご紹介するのは「函館山(はこだてやま)」です。函館市内を一望できる場所としても人気のこちらの山は、ロープウェイを使って山頂まで行くことができ、ガラス張りのゴンドラの中からも函館の美しい街並みを見ることができます。昼間に訪れるのはもちろん、夜は函館の港町の夜景を見られるロマンチックなスポットになり、観光客で特に賑わいます。

詳細情報

函館山
  • 北海道函館市函館山
  • 0138213323

グルメ編

10. 函館朝市

続いて函館で食べたいグルメをご紹介します。函館駅近くで毎朝6時から14時ごろまで開かれている「函館朝市(はこだてあさいち)」では、蟹や鮭をはじめとした北海道を代表する海産物や、地元の農家から送られてきた新鮮な食材を買ったり食べたりすることができます。鮮度抜群の海鮮丼などが味わえる食堂もあるので、函館のグルメを楽しみたいなら必ず行っていただきたいスポットですよ。

詳細情報

函館朝市
  • 北海道函館市若松町9-19
  • 0138-22-7981

11. 四季海鮮うに むらかみ

続いてご紹介するのは、「四季海鮮うに むらかみ」です。うに加工会社が直営するこちらの食堂では、新鮮なウニやイクラなどの高級魚介を使った絶品の丼ものがいただけます。函館絵っから徒歩3分のところにあるため、ぜひ函館に着いた時・帰る時に立ち寄りたいですね。こだわりのお酒もいただけるので、夜に訪れるのもおすすめですよ。

詳細情報

うにと四季海鮮うに むらかみ 函館本店
  • 北海道函館市大手町22-1
  • 0138268821

12. ラッキーピエロ

続いてご紹介するのは「ラッキーピエロ」です。函館に拠点を置くハンバーガー専門店のこちらのお店は、「ご当地ハンバーガー日本一」に選ばれたこともある有名店。地元の方にも愛されている「チャイニーズバーガー」は、パンからはみ出るほどボリューミーな唐揚げをが挟まれていて、その甘辛い味とジューシーさの虜になること間違いなしです。

詳細情報

ラッキーピエロ 戸倉店
  • 北海道函館市戸倉町30-1

13. 函館麺厨房 あじさい

続いてご紹介するのは「函館麺厨房(はこだてめんちゅうぼう)あじさい」です。五稜郭公園近くに本店を持つこちらのお店では、函館市内でも1番の人気を誇る塩ラーメンがいただけます。塩気のきいた濃厚な出汁と持っちりとした面が絶妙な美味しさで、ガッツリ系のグルメを食べたい方に特におすすめですよ。

詳細情報

函館麺厨房 あじさい 本店
  • 北海道函館市五稜郭町29-22
  • 0138-51-8373
続いてご紹介するのは「ペイストリー スナッフルス」です。エキナカの店舗をはじめ函館市内に6つのお店を展開するこちらのケーキ屋さんでは、ご当地スイーツとしても有名な「チーズオムレット」を買うことができます。スフレタイプのチーズケーキは、フォークを入れた瞬間オムレツのようにとろけ、その濃厚なチーズの味を楽しむことができますよ。

詳細情報

ペイストリー スナッフルス 駅前店
  • 北海道函館市若松町18-2
  • 0138224704

カフェ編

続いては函館観光の合間に行きたいカフェをいくつかご紹介します。先ほど紹介した「立待岬」から歩いて10分ほどのところにある「Cafe 海と硝子(うみとがらす)」は、カフェのカウンター席から津軽海峡を見ることができ、とても開放的な空間でソーダなどの飲みものやクレープなどの軽食がいただけるんですよ。

詳細情報

cafe 海と硝子
  • 北海道函館市住吉町15−2

16. ティーショップ夕日

続いてご紹介するのは「ティーショップ夕日」です。函館市電の終点の駅「函館どつく前駅」から12分ほど歩いたところにあるこちらのカフェは、明治時代に建てられた建物をリノベーションしたどこか懐かしい雰囲気のお店。店主のこだわりの詰まった日本茶がいただけるこちらのお店は日没までの営業だそうなので、気になる方は余裕を持って訪れるようにしてくださいね。

詳細情報

ティーショップ夕日
  • 北海道函館市船見町25-18
  • 0138858824

17. 茶房 菊泉

続いてご紹介するのは「茶房 菊泉(さぼうきくいずみ)」です。市電の末広町駅から歩いて7分ほどのところにあるこちらの和カフェでは、ぜひ名物「とうふ白玉パフェ」を食べてみてくださいね。ピンクや緑の小さい白玉が可愛らしいと人気の和パフェは、十勝産あんことゴマアイスを使っていて、和風な味が好きな方にはたまらない美味しさです。

詳細情報

茶房・菊泉
  • 北海道函館市元町14-5
  • 0138-22-0306

アクティビティー編

18. 谷地頭温泉で疲れを癒す

続いては函館を訪れたら「やりたいこと」をご紹介します。函館山の麓にある「谷地頭温泉(やちがしらおんせん)」は、地元の方にも人気の函館を代表する温泉です。五稜郭をモチーフにした星形の露天風呂が名物で、旅の疲れを癒すのにピッタリの場所なんですよ。

詳細情報

谷地頭温泉
  • 北海道函館市谷地頭町20-7
  • 0138228371

19. 袴・着物で函館散策

「袴・着物で函館散策」も、函館に旅行に来たらやってみたいことの1つです。「金森赤レンガ倉庫」をはじめ、明治時代からの建物も多く残り日本の古き良き風景が見られる函館は、袴や着物を着てまわれば一層素敵な思い出を作ることができますよ。

詳細情報

函館 和洋モダン貸衣裳館 ギャラリーM.a.k はこだて明治館店
  • 北海道函館市豊川町11-17はこだて明治館2階
  • 0138405120
続いてご紹介するのは、かつて青森と函館の間を運航していた連絡船「摩周丸(ましゅうまる)」です。今は実際に海の上を走ってはいませんが、実際に使われていた港に泊められている「摩周丸」の中に入って見学することができるんです。運行当時と変わらない操縦室や無線通信室を見学できる貴重な場所なので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

青函連絡船記念館 摩周丸
  • 北海道函館市若松町12先
  • 0138272500
いかがでしたか?
今回は函館を旅行するなら行きたい観光地や食べたいグルメ、カフェや
アクティビティーなどで函館の魅力をたっぷりご紹介しました。
国内旅行の旅先を考えている方は、
是非こちらの記事も参考に「函館」へ旅行してみてはいかがでしょうか?
(こちらの記事の情報は2019年8月時点のものです。事前に最新情報をご確認下さい。)

初めての函館はこう楽しむ!函館で絶対に外せない7つのことはこれだ

息を吞む景色があなたを待っている。本気の北海道絶景スポット7選

関連記事

  1. 佐賀県武雄市の御船山楽園周辺の人気&おすすめのカフェ・レストラン…

    第28代武雄藩主、鍋島茂義公の別荘跡である佐賀県武雄市にある「御船山楽園」は、15万坪の広さを誇…

  2. 三朝温泉(鳥取県)で日帰り温泉が楽しめる人気&おすすめの旅館・ホ…

    1日で行ける小旅行として日帰り温泉は人気がありますね。日本は世界でも有数な温泉の数を誇る国です。温泉…

  3. ウユニ塩湖(ボリビア)旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  4. 福岡・博多へ旅行に行ったら絶対に買いたい!博多の人気&おすすめの…

    博多のお土産ならこれ!という事で、数ある博多土産の中から厳選してご紹介します。定番のお土産から、人気…

  5. 大切な日に選びたい。絶対はずさない「新潟」の人気おすすめ旅館BE…

    東京からのアクセスが良く、いがいに近い新潟県。じつは個性あふれる素敵な旅館が多いって知ってました?標…

  6. 旨いランチがココにある!兵庫県「中山寺」のおすすめランチ7選

    「中山寺」が周辺にあるからきっと街並みも古い、と思われがちですが、いやいや…旨い、安いのランチからデ…

  7. 名古屋で人気&おすすめの絶対にハマってしまう魅力的な喫茶店7選

    喫茶店紹介の名古屋バージョンです!名古屋ってオシャレなカフェが多くて開拓し甲斐がありますよね。今…

  8. 佐世保に行ったら外せない!絶品グルメが食べられるおすすめのお店1…

    佐世保には絶品グルメが食べられるお店がたくさんあります。佐世保でしか食べられないご当地グルメから、お…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss