死ぬまでに行きたい!世界の絶景・秘境ランキングTOP100

Wondertripでは今までに様々な世界の絶景や秘境をご紹介してきましたが、今回は総集編として今までにアクセス数の高かった絶景・秘境スポットをまとめて一気に100個ランキング形式でご紹介!有名な絶景からあなたがまだ知らない絶景まで、instagramのいいね数やwondertripでのアクセス数を元にランキングにしました。

100位 不思議な海岸「老梅石槽」/台湾

不思議な海岸「老梅石槽」/台湾

B級グルメや東南アジアの熱気で賑わう夜店で人気の台湾ですが、実は大自然の絶景の宝庫です。
このランキングでもまた度々台湾の絶景を取り上げますが、緑の岩と海岸の不思議なコラボレーションが美しい「老梅石槽」は欠かせません。
奇形の岩に海藻がへばりついていることで、このような不思議な絶景が出来上がっています。台北市内から電車で1時間程度というアクセスの良さも魅力。

飛行機でたった4時間!神秘の街・台湾で見た幻想的な絶景10選 | wondertrip

飛行機でたった4時間!神秘の街・台湾で見た幻想的な絶景10選 | wondertrip

99位 世界一の絶景スキー場!リマーカブルズ・スキー場/ニュージーランド

世界一の絶景スキー場!リマーカブルズ・スキー場/ニュージーランド

ニュージーランドといえば山の絶景。
さらに絶景のスキー場があると聞けば、ウィンタースポーツ好きにはたまらないのではないでしょうか。クイーンズタウンにはリマーカブルという名の山脈が有りますが、そこから見下ろすクイーンズタウンは絶景!クイーンズタウン周辺でも1番標高の高いリマーカブルスは標高2200mから360度の絶景を望む事が出来ます。
クイーンズタウンから車で40分程度で行けるのでアクセスも良く、人間の手がほとんど入っていないので、ガードレールのない山道を車でひたすら登り、スリリングなドライブも楽しめます。
冬場には自然を多く残すスキー場としても人気があります。

大自然を見に行こう!ニュージーランド・クイーンズタウン観光で見れる絶景や見どころ・スポットまとめ | wondertrip

大自然を見に行こう!ニュージーランド・クイーンズタウン観光で見れる絶景や見どころ・スポットまとめ | wondertrip

98位 スイス/レーティシュ鉄道(アルブラ線・ベルニナ線)

スイス/レーティシュ鉄道(アルブラ線・ベルニナ線)

image by iStockphoto

スイスとイタリアをまたぐ「国境を越えた世界遺産」のレーティシュ鉄道は、スイス最大級の私鉄。
アルブラ線で、世界遺産に登録されているのはトゥジスからサンモリッツまでの67㎞。
全長5866mのアルブラトンネルをはじめ、今にも崩れてしまいそうな高くて細いラントヴァッサー橋、それよりも更に高いところを走るソリス橋を通ります。一方ベルニナ線は、山岳線路でサンモリッツからティラノまでの60.7㎞が世界遺産登録されています。

高い木が生息できなくなる高度と言われる森林限界を超えると、欧州車窓展望ベスト10にも選ばれている、モルテラッチュ氷河、カンブレナ氷河などを望むことができます。

ちなみに、サンモリッツの駅には姉妹鉄道である箱根登山鉄道から贈られた駅名標があるので、遠く離れた異国で日本を感じることができるのも、特別な体験。

スイスの動脈にして世界遺産、レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線 | wondertrip

97位 エジプト・カイロのハーン・ハリーリ

エジプト・カイロのハーン・ハリーリ

image by iStockphoto

ハーン・ハリーリは、エジプトのカイロのイスラーム地区にある市場。
その歴史は14世紀から現代に続いています。ハーン・ハリーリには、スパイス、金銀細工に革細工などの土産品店、喫茶店などの飲食店が数多く並ぶ、観光客向けの市場になっています。

市場の中心部は半径100m程で、さほど広くはないのですが、まるで迷路のように入り組んでいて、あちらこちら、ちゃんとみて回るには一日では回りきることができない程です。

夜町に明かりがともるころになれば、魔法のランプでも売っているのではないかと思ってしまうほど、味わい深く神秘的な街になります。

買い物をするにあたって、是非覚えておいてほしいのが、土産品の値段は交渉制であること。
観光客相手だと高値で売ろうとするので、いくつかの商品をまとめて「とにかく値切れるだけ値切る」事をおすすめします。

96位 中国、黄龍

中国、黄龍

image by iStockphoto

黄龍とは、四川省北部、標高3000mを超える高原地帯にある黄龍風景区にあり、世界遺産(自然遺産)にも登録されています。
この黄龍は、石灰質が堆積してできた黄色い岩肌が、まるで棚田のようになり、碧く澄み切った水面が美しく、風景地区全体は池や川で構成され7.5㎞にわたり続います。水の色は、風景区の場所によって、また、見る角度や天気などでも異なり、黄・緑・青・茶・金など様々変化するそうです。
「仙境」とも呼ばれ、龍伝説まであるという神秘的な景観に吸い込まれそうになりますね。

なにより、ここ黄龍は、遥か昔4億年前は、海の底だったと言うから驚きです。

この中国黄龍風景地区を訪れる際は、高山病に注意してくださいね!

中国を代表する観光地が集まる魅惑の「四川省」へ出かけましょう | wondertrip

中国を代表する観光地が集まる魅惑の「四川省」へ出かけましょう | wondertrip

95位 イタリア/ナポリ歴史地区

イタリア/ナポリ歴史地区

image by iStockphoto

ナポリ歴史地区。
ローマ、ミラノに次ぐイタリア第3の都市ナポリにあるこの地区は、王宮(パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリ)をはじめ、卵城、ヌオヴォ城(別名アンジュー砦)、サンテルモ城、カテドラル大聖堂、サン・マルティーノ修道院、サンタ・キアラ修道院など、多くの歴史的建造物があります。ウンベルト1世のガッレリアと呼ばれる巨大なガラスのアーケードや、サン・カルロ劇場、王宮内にあある国立図書館なども、観光スポットとして有名です。

街並み奥に見えるのは、ナポリから東約9kmのナポリ湾岸にあるヴェスヴィオ火山。
ナポリ郊外にあるポンペイという古代都市が、ヴェスヴィオ火山の噴火により埋もれたことが有名ですね。

この噴火で埋もれた古代都市ポンペイ遺跡も世界遺産登録されています。

94位 中国、九寨溝の渓谷

中国、九寨溝の渓谷

image by iStockphoto

中国、九寨溝の渓谷。
四川省北部にある自然保護区にあり世界遺産(自然遺産)に登録されています。主な溪谷は、則査窪溝(そくさわこう)、日則溝(じっそくこう)、樹正溝(じゅせいこう)の3つです。
五彩池(ごさいち)や五花海(ごかかい)、熊猫海(ぱんだかい)や犀牛海(さいぎゅうかい)など、それぞれ3~4ヵ所の名所があります。

九寨溝は、ジャイアントパンダやキンシコウ(孫悟空のモデルとなった猿)などの絶滅危惧種が生息する地域として有名です。

九寨溝には「その昔、山の女神が天界から落としてしまった鏡が108つに砕け散り湖になった」と言う逸話があり、また、その湖水は驚くほど透明度が高く、深さが20m以上ある場所でも湖底がはっきりと見えるという、まさに神秘的な場所です。

93位 シリア、古都ダマスクス

シリア、古都ダマスクス

image by iStockphoto

シリア、古代都市ダマスクスは、紀元前3000年ごろから形成されたと言われる、中東で最古の都市です。世界遺産(文化遺産)として登録されているのと同時に、2013年のシリア騒乱で、歴史地区であったホムス市街、有名な観光地であったアレッポ城、ミーダーンの古代市場などの多くの歴史的建造物が破壊され、それをきっかけに現在は危機遺産としても登録されています。

城壁に囲まれた歴史あるダマスク旧市街地は狭く入り組んだ道が多いが、その中でも東西に真っ直ぐ走る道(Straight Street)は、新約聖書にも登場しています。

写真にある建物「ウマイヤド・モスク」は、715年に建設された世界最古のモスク(礼拝施設)です。

ちなみに、このウマイヤド・モスクには、イスラム教徒でなくても入場はできますが、成人女性が入場する際、ベールなどで髪を隠すことが義務付けられています。

何度も支配され、辛い過去を目撃してきたシリアの世界遺産「古都ダマスクス」 | wondertrip

92位 エジプト・イスラーム地区のムハメドアリモスク

エジプト・イスラーム地区のムハメドアリモスク

image by iStockphoto

エジプト・イスラム地区シタデル、19世紀半ばに建造された「ムハメド・アリ・モスク(ガーマ・ムハンマド・アリ)」(礼拝施設)。巨大なドームを2本の尖塔が特徴的です。

内部、外部壁共にアラバスター(雪花石膏)を使っているので「アラバスターモスク」という名で呼ばれることもあります。

イスラムは偶像崇拝禁止なので、教会のように像などは飾っていませんが、建物内にムハンマド・アリーの遺体が眠っています。

お清めの泉のある広場(土禁の中庭)を抜け、建物の中に入り、巨大なドーム型の天井を見上げると、その美しさに圧倒されますが、宗教上女性は肌を見せてはいけないという理由から、露出した服装で入場しようとすると、布を渡され(有料)身体を覆わないとならなくなるので、女性は露出を抑えた服装で行くのがおすすめです。

91位 バチカン市国

バチカン市国

image by iStockphoto

イタリアの世界遺産、バチカン市国。
東京ディズニーランドよりも小さく、なんと、その総面積は、日本の皇居の3分の1というから驚きます。バチカン市国で最も有名なサン・ピエトロ広場&大聖堂を中心に、バチカン宮殿、バチカン美術館、コロッセオ、トレビの泉など、有名な観光スポットが多い地です。
国が丸ごと世界遺産であるバチカンには、ルネサンス、バロックを代表する彫刻や絵画が多く見られます。

イエスが使徒ペテロに「あなたに天の国の鍵を授ける」と言ったという話から、国旗には鍵が描かれ、その鍵は「ペテロの鍵」と呼ばれています。

ちなみに、ローマの中でも、バチカン市国(観光地)にある飲食店は、日本人にはあまり評判がよくないので(料理の質、対応など)、観光に訪れる際に食事をするなら、バチカン市国から少し離れた所がおすすめです。

何度も支配され、辛い過去を目撃してきたシリアの世界遺産「古都ダマスクス」「バチカン市国」は世界最小だけど、その歴史は壮大だった | wondertrip

90位 インドネシア・ジャワ島、ボロブドゥール寺院遺跡群

インドネシア・ジャワ島、ボロブドゥール寺院遺跡群

image by iStockphoto

インドネシア、ジャワ島中部に位置する、ボロブドゥール寺院遺跡群。巨大なムラピ火山に囲まれた平原の中央にあるボロブドゥール寺院遺跡群は、780年頃から建造を開始、792年頃に一応完成したものの、812年から832年の間に増築もされています。

(遺跡「群」と呼ばれるのは、ボロブドゥール寺院、ムンドゥッ寺院、パオン寺院の3寺院が連なることから)そんなボロブドゥール遺跡群の高さは、42mあったのだが、現在破損してしまい33.5mになっています。

半円形状の丘をおよそ200万個もの岩石ブロックで覆った信仰建造物は、「寺院」というのに、内部に空間をもたず、階段ピラミッド状になっているのが大きな特徴で、アンコール・ワットと並びアジアの代表的な仏教遺跡とされています。

インドネシア・ジャワ島で1000年眠っていた「ボロブドゥール寺院遺跡群」の絶景と歴史まとめ | wondertrip

89位 ニューカレドニア

ニューカレドニア

image by iStockphoto

「天国に一番近い島」なんていうキャッチコピーを見聞きしたことありませんか?ニューカレドニアは、オーストラリアの東方にある島で、フランス語ではヌーヴェルカレドニーと呼ばれる、フランスの海外領土です。2時間程(+)時差があります。

公用語はフランス語なのですが、英語、日本語が通じるスタッフが常駐しているところが多く、言葉が通じないなんていう心配があまりなく安心して訪れることができます。

海が苦手な人でも、ピッシンヌ・ナチュレルとよばれる自然プールは、波もなくちょっと水中を覗けば、鮮やかな色をした海中の生物たちが出迎えてくれます。

思い切り海を満喫したい!そんな方へのおすすめは、イルデパン島。

世界最大規模のサンゴ礁の海で、一度水中にもぐれば熱帯魚の水槽の中に飛び込んだかのような体験ができます!

純白のビーチと紺碧のラグーンが広がる天国に一番近い島!ニューカレドニアは実は暗い歴史をもつ島だった | wondertrip

88位 スペイン、グラナダ

スペイン、グラナダ

image by iStockphoto

アルハンブラ宮殿、アルバイシンの丘が世界遺産として登録されています。アルハンブラ宮殿は、入場制限(1日8000人、300人/30分)があるため、特に夏の観光シーズンは、いい時間帯のチケットが売り切れてしまう事が多いので、都合のよい時間帯のチケットを事前に購入しておきましょう。

アルバイシンの丘は、海抜約700mから800m、石畳が綺麗な居住区で、その歴史は8世紀から現代に続き、スペインの街の中で最も古い地区です。

サクロモンテという別の居住地には、フラメンコを見られる劇場が多いことで有名です。
ただ、グラナダ周辺は、治安が悪いのが難点…。

現地を訪れる際は、スリなどを警戒し、狭い路地や、夜間は1人で歩かないこと、また、1人で観光する際は、必ずタクシーなどを利用し、あまり、歩き回らないほうがよいでしょう。

スペイン観光なら次はここ!「グラナダ」で見たい絶景10選 | wondertrip

87位 マデイラ諸島のラウリシルヴァ

マデイラ諸島のラウリシルヴァ

image by iStockphoto

ポルトガルの世界遺産、マデイラ諸島のラウリシルヴァは、北大西洋上に浮かぶ火山列島で、遥か昔の氷河期以前より分布していた月桂樹を含む太古の原生林が、氷河の影響をまぬがれ、いまだあるということで世界遺産に選ばれました。近年、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手の故郷という事でも有名になりました。

大自然を満喫できるマデイラ諸島は、ビーチもあり、新鮮な魚介類グルメなど日本人にも人気です!また、世界で2番目に高いと言われる高さの断崖絶壁にあるジオラン岬からの眺めは絶景!周辺では一番有名な観光スポットです。

ただ、日本からポルトガルのリスボンまでの所要時間が14時間以上かかるので、ちょっと気軽に行くことはできませんね!

86位 クロアチア、ドブロヴニク旧市街

クロアチア、ドブロヴニク旧市街

image by iStockphoto

城砦都市であるドブロヴニク旧市街は、上から見ると青とオレンジのコントラストが美しく、その景色は「ヨーロッパで最も美しいとも言われています。アドリア海に面し「アドリア海の真珠」ともいわれています。

城砦都市と呼ばれるだけあり、全体が城壁に囲まれたドブヴニク旧市街地。

その景色をもっとも美しく見られるのは、もちろん上空からだが、北東の高級ホテルが立ち並ぶプロチェ地区に足を運べば、市街地を上から見下ろすことができます。

メインストリートにあるスポンザ宮殿や時計塔は、ポストカードやカレンダーなどにも使われていることがあるので、ご存知の方も多いのでは?夏場はベストシーズンなので、旧市街地でも沢山のお祭りなどが開催されるというので、どうせいくなら夏場に行ってみたいですね!

ジブリの舞台としても有名なクロアチア「ドブロヴニク旧市街」の絶景&歴史まとめ | wondertrip

85位 カイラーサナータ寺院、エローラ石窟(インドの世界遺産)

カイラーサナータ寺院、エローラ石窟(インドの世界遺産)

image by iStockphoto

インドの世界遺産であるカイラーサナータ寺院、エローラ石窟。エローラ石窟は南北2km(全34窟)の岩肌を削り出して造型された8世紀後半の建造物で、彫刻、寺院など全てが一体化となっています。

南側から1窟~12窟が仏教石窟寺院、13窟~29窟がヒンドゥ教寺院、30窟~34窟がジャイナ教寺院で、16窟にあるカイラーサナータ寺院が最大となります。

本堂の最下部は、無数の像が支えるというデザインの細工までされています。

カイラーはヒマラヤ聖山であり、シヴァ神の住まいとされているだけあり、いたるところにシヴァ神の像が彫られています。

見れば見るほど「本当に削って作ったの?」と当時の様子を思い浮かべるだけでため息物だ…。

34窟ある中でも、第1窟は最も美しい壁画があることで有名で、法隆寺にある金堂壁画はこの壁画の影響を受けているとの話もある程です。

84位 セゴビア旧市街とローマ水道橋

セゴビア旧市街とローマ水道橋

image by iStockphoto

セゴビア旧市街とローマ水道橋は、スペインのセゴビアにある世界遺産。
旧市街地は長く狭い高台の上にあり、旧市街とローマ水道橋の長さは全長728mにもなり、世界で一番有名な水道橋だと言われています。また、大聖堂やファンタジーの世界に出てきそうな美しい古城(白雪姫に出てくる城のモデル)などがあり、市街地の至る所に、まるで絵画のような風景が広がります。
特に春先は、色彩豊かな花々が迎えてくれるのでおすすめです。

マドリードから近いこともあり、ベストシーズンには多くの観光客が訪れます。
水道橋があるアソゲホ広場には、ホテルやレストランなどの飲食店も多く、また、広場から古城へ向かう途中にあるマヨール広場と大聖堂もおすすめです!

ディズニー映画『白雪姫』に登場するお城も素敵!セゴビアの歴史を追ってみた | wondertrip

83位 タージ・マハル インドの世界遺産

タージ・マハル インドの世界遺産

image by iStockphoto

インドの世界遺産といえば、タージ・マハル。
インドへ旅行にいく人が必ずと言って良いほど立ち寄る場所です。
この「タージ・マハル」という言葉をそのまま訳せば「王冠宮殿」「宮殿の王冠」という意味になることから、多くの人が「宮殿」だと思っているようですが、タージ・マハルは、実は墓廟(死者を祀る宗教施設)、つまりお墓です。左右対称、一寸違わぬ完璧ともいえるシンメトリーと真っ白な大理石が美しいタージ・マハルは、その美しさから「人類の創造的才能を表現する傑作」と、いう理由で世界遺産として登録されました。

タージ・マハルを訪れるには、夜はちょっぴり寒いが11月から2月ごろがベスト。
最高気温40度を超える3月から5月は死者も出るというので要注意です。

世界一美しい霊廟「タージ・マハル」の行き方、料金や営業時間は?観光情報まとめ | wondertrip

82位 イタリア、アルベロベッロのトゥルッリ

イタリア、アルベロベッロのトゥルッリ

image by iStockphoto

イタリア南部アルベロベッロにある世界遺産の「トゥルッリ」とは、この地方の伝統家屋群のことを指します。このとんがり屋根の建設様式、建物群の景観が可愛らしくなんとも美しいです。

観光地化に伴い土産物店が立ち並んでいる、fアイア・ピッコラ地区に1000件程、モンティ地区には600件程のトゥルッリが現存し、いまでも普通に生活が営まれています。

町の中を散策していると、どこからか小人がでてくるのでは?なんて、まるでおとぎ話のなかに入り込んだ気持ちになりそう…。

ちなみに、このとんがり屋根のお家「トゥルッリ」は、石灰で仕上げており、屋根1つに対し部屋が1つ、玄関、廊下と言った区切りはないそうです。

そういえば、雑貨屋さんにこんな形のお家の置物、見かけたりしますよね!

81位 パルミラの遺跡

パルミラの遺跡

image by iStockphoto

世界遺産パルミラの遺跡。
「パルミュ」とも呼ばれています。
シリア騒乱により2013年に危機遺産としても登録されています。パルミラの遺跡は、シリア中部、シリア砂漠の中にあるローマ帝国支配時の都市遺跡で、パルミラの遺跡周辺では、約7万5000年前の旧石器時代の石器が発見、発掘されています。

周辺の主な歴史的建造物は、ベル神殿、列柱道路、ディオクレティアヌスの浴場&城砦、ローマ劇場があります。

現地の観光の主な移動手段はバスです。

しかも、殆どのバスが全席指定なので前日までに予約が必要になるそうだが、周りには何もない砂漠の真ん中で、両端に高い柱が建てられた列柱道路や、ローマ劇場などの神秘的な建造物を見て回れるのであれば、少々面倒でもいく価値はありそうですね!

古代ローマ軍も破壊できなかった「世界で最も美しい廃墟」!シリア砂漠に佇むパルミラの遺跡の歴史 | wondertrip

80位 グエル公園/スペイン・バルセロナ

グエル公園/スペイン・バルセロナ

image by iStockphoto

世界を代表する建築家であるアントニ・ガウディ氏がつくりあげたグエル公園。
公園自体のアートを楽しむことももちろん、バルセロナを一望できるスペイン随一の絶景スポットです。当時は先鋭的すぎてなかなか理解されず、芸術的な建築物の買い手がつかなかったそう。
今日では彼の代表作にして唯一の「未完成の世界遺産」である「サグラダ・ファミリア」とあわせて、多くの観光客をスペインに呼び込むに至っています。

79位 イエローストーン国立公園(アメリカ)

イエローストーン国立公園(アメリカ)

image by iStockphoto

アメリカ合衆国にある世界遺産、イエローストーン国立公園。
写真は最も有名なグランド・プリズマティック・スプリングです。グランド・プリズマティック・スプリングは、ミッドウェイ間欠泉地域にあり、深さが約48m、直径113mもある世界第3位の温泉、水の色はバクテリアと鉱物により変化し虹色になります。

水の温度は90度に達する場所もあり、温泉とはいえ入浴するには危険なので禁止されているそうです。

イエローストーン国立公園はとても広く、主にマンモスカントリー、ルーズベルトカントリー、キャニオンカントリー、ガイザーカントリー、レイクカントリーの5つに分かれています。

北西部は温泉、東部には大渓谷や滝、など、各エリアで異なる自然の風景がみることができます。
でも、広すぎてマップ見ただけで疲れちゃいそう?

78位 タイ・バンコク/ワット・アルンの仏塔(Wat Arun, Bangkok,ワット・アルンラーチャワラーラーム)

タイ・バンコク/ワット・アルンの仏塔(Wat Arun, Bangkok,ワット・アルンラーチャワラーラーム)

image by iStockphoto

タイ・バンコクにあるワット・アルンの仏塔。
タイで最も有名な寺院です。
仏塔の高さは75m、台座の周りは234mあり、カイサーラ山(ヒンドゥー教の聖地)をイメージして造られたといわれています。他の寺院とは異なるデザインのワット・アルンの仏塔は、てっぺんまで細かな装飾が施されています。

塔には多くの石像があるのですが、これは、ガルーダ、悪魔、猿などの「ラーマキエン物語」に出てくるものたちばかりです。

創建についての記録は見つかっていないということなので、いつ、だれがどうやって作りあげたのか気になります…そんな神秘のベールに包まれた仏塔の階段はかなり急だが、半ばまでは登ることが出来るます。

でも、高所恐怖症の方は決して振り返らないでくださいね!大仏塔の周りには4基の(大仏塔のミニュチュア)仏塔も建っています。

古代ローマ軍も破壊できなかった「世界で最も美しい廃墟」!シリア砂漠に佇むパルミラの遺跡の歴史タイ旅行なら「ワット・アルン(暁の寺)」で夜景を見よう!行き方や入場料は?観光情報まとめ | wondertrip

77位 イースター島(チリ)、ラパ・ヌイ国立公園

イースター島(チリ)、ラパ・ヌイ国立公園

image by iStockphoto

世界遺産、ラパ・ヌイ国立公園はイースター島(チリ)にあり、約900体ものモアイ像があることで有名です。南米大陸チリの西3800㎞に浮かぶ小さな火山島であるイースター島は、12世紀から15世紀には、1万人前後の人口があったと推測されています。

現在、島に住む人々は自分たちを「ラパ・ヌイ人」と呼び伝統文化を重んじ母国チリから独立することを夢見ているといいます。

イースター島というと、モアイ像ばかりイメージしてしまって他に観光なんて浮かばないかもしれないが、ラノ・カウ火口湖も観光地の一つ、また、四駆での島内ツアーやダイビングなども人気です。

イースター島に行った人が美味しいと語る魚介のエンパナーダ(パイの包焼)もぜひ味わいたいですね。

謎に包まれた孤島、イースター島の歴史 | wondertrip

謎に包まれた孤島、イースター島の歴史 | wondertrip

76位 世界三大瀑布の一つ、ナイアガラの滝/カナダ

世界三大瀑布の一つ、ナイアガラの滝/カナダ

カナダとアメリカの国境にあるナイアガラの滝は世界三大瀑布の一つとして知られています。
ナイアガラの滝は「ホース・シュー滝」、「アメリカ滝」、「ブライダル・ベール滝」という3つの滝に分かれており、ホース・シュー滝の3分の2がカナダ側にあります。
カナダ側からナイアガラの滝を見る場合、ホース・シュー滝にあるテーブルロックと呼ばれる場所が人気であり、滝の迫力を感じることができます。

大自然の神秘…カナダで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景 | wondertrip 旅行・観光マガジン

大自然の神秘…カナダで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景 | wondertrip

75位 グアナファト(Guanajuato)/メキシコ

メキシコにあるグアナファトは、テレビ、ポストカード、カレンダーなど、一度は見たことがあるであろう、インパクトのあるカラフルで可愛らしい街並みが有名です。このまるで、小さな子供が読む絵本の世界みたいな街並みは世界遺産に登録されています。

その昔、洪水を避けるため(水の通り道として)に使用していた地下道を現在は道路として使っているため、車は地下道を通るようになっており、ところどころまるでトンネルを潜るようにして家の下を通過していきます。

カラフルな建物、入り組んだ路地、なんだか散策するのが楽しくなりそうですね!グアナファトには、サン・ディエゴ聖堂、ラ・コンパニーア聖堂、ヴァレンシアーナ教会などの観光スポットがありますが、ミイラ博物館がすごい…との口コミも多々あるのでぜひ興味のある方はお立ち寄りください。

メキシコ独立戦争の舞台となった街、古都グアナフアトとその銀鉱群の歴史 | wondertrip

メキシコ独立戦争の舞台となった街、古都グアナフアトとその銀鉱群の歴史 | wondertrip

74位 イタリア、ドロミーティ

イタリア、ドロミーティ

image by iStockphoto

イタリア、ドロミーティ(ドロミテ)。
イタリア北東部にある山地でアルプス山脈の一部です。峰、峠、谷、湖と大自然を感じられるが、元々遥か昔この一帯は海の底…約4,000万年前頃、アフリカ大陸が北上し、ヨーロッパ大陸と衝突、その際に海底が地上2,000~3,000メートルまで隆起したことでアルプス山脈、ドロミテ山群ができたそうです。

ドロミテはサンゴ礁だ!なんていわれても信じられないですよね…ドロミテには多くのトレッキングコースがあり、登山経験がない人や、子ども、お年寄りでも、気軽に大自然を感じることができます。

73位 中国、麗江旧市街

中国、麗江旧市街

image by iStockphoto

中国雲南省にある麗江旧市街。
街中に張り巡らせた水路と迷路のように入り組んだ街並みが特徴である麗江。「瓦の海」とも呼ばれる独特な瓦屋根の景観と、中国の多くの街が城壁で囲まれているのに対し城壁がない街であることで有名です。

城壁がないことで、争いとは無縁の土地であったことがわかります。

瓦の海の全体をを眺めるには、獅子山にある高さ33mの5層の建物「万古楼」というところへ行くとよいでしょう。

また、市街地に入ると、トンパ文字という象形文字が書かれた壁などが見かけられます。

トンパ文字を理解できる人は少ないそうですが、現在でも使われている唯一の象形文字だと言われていますので、トンパ文字を学んでから麗江へむかうのも、楽しみが1つ増えますよ!

中国の素朴で雅な美しさをもつナシ族の都、麗江旧市街の歴史 | wondertrip

中国の素朴で雅な美しさをもつナシ族の都、麗江旧市街の歴史 | wondertrip

72位 ウズベキスタンの古都「サマルカンド」

ウズベキスタンの古都「サマルカンド」

image by iStockphoto

ウズベキスタンの古代都市「サマルカンド」。
青の都とも呼ばれています。
写真はシャーヒ・ズィンダ廟群です。サマル=人々が出会う、カンド=町、サマルカンドとは、世界の文化が出会い交差する場であり、紀元前からシルクロードの要衝として栄えていたことから「文化交差路サマルカンド」として世界遺産に登録されています。

サマルカンドと言えば「サマルカンドブルー」空の青とも、海の青ともいえぬ、抜けるような青が美しい青いドームが有名です。

ドームの中はまるで小宇宙!と世界中の人々に称賛されています。

ドームの修復をした際には、3㎏もの金を使ったいうくらい煌く天井。
青×金のコントラストが絶妙で「小宇宙」と言われるのも納得です。
古代都市のサマルカンドの象徴ともいわれる、ティラカリ・メドレセの中もとても綺麗なのでぜひ立ち寄ってみてはいかが。

美しき中央アジア最古の“青の都”「ウズベキスタン・サマルカンド」を訪れましょう | wondertrip

美しき中央アジア最古の“青の都”「ウズベキスタン・サマルカンド」を訪れましょう | wondertrip

71位 スロベニア、シュコツィアン洞窟群

スロベニア、シュコツィアン洞窟群

image by iStockphoto

スロベニア南部クラス地方にある、シュコツィアン洞窟群は最古のカルスト地形鍾乳洞群として世界遺産に登録されており、海外では、グランドキャニオンやガラパゴス諸島と並ぶほど有名です。シュコツィアン洞窟群は、ツアーに参加しないと入れないとのこと。
ツアーでは、ルドルフ大聖堂をスタート地点として、大広間を抜け、沈黙の間という空間に続きます。

思わず息をのみ沈黙してしまうような…そんな沈黙の間を抜けると、最後にはとても広い地底の大渓谷にでます。

途中、高さ45mもの高さのある橋を渡ったり、ちょっとドキドキな洞窟ツアー、神秘的な鍾乳洞に地底湖、どんなに歩き疲れても、きっとそんな疲れも忘れてしまうでしょう!あ、地上に帰るのはケーブルカーなので楽ですよ。

70位 アテネのアクロポリス

アテネのアクロポリス

image by iStockphoto

アテネの世界遺産「アクロポリス」。
アクロポリスとは、自然の丘を防壁で固め、作られた「神殿」または「砦」のことで、アテネのアクロポリスは世界で最も有名です。あの有名なパルテノン神殿は、アテネのアクロポリスの上に建てられていました。

ギリシャアテネの市街地にある「リカヴィストの丘」は、アテネ市街地で最も標高が高く、アテネ屈指のビュースポットと言われており多くの観光客が訪れます。
他にも地下鉄のアクロポリス駅からすぐのアクロポリス博物館にも立ち寄って歴史の予習、復習もしておきたいところですね。

アテネ市には多くのルーフトップバーがあり、食事を楽しみながらアクロポリスを眺めることができます。
アクロポリスは陽が沈むと毎日ライトアップされるというので、いつでも観光のチャンスがありますね。

パルテノン神殿をはじめ史跡がたくさん!ギリシャの界遺産「アクロポリス」 | wondertrip

パルテノン神殿をはじめ史跡がたくさん!ギリシャの界遺産「アクロポリス」 | wondertrip

69位 ハワイ火山国立公園

ハワイ火山国立公園

image by iStockphoto

ハワイ火山国立公園。
アメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島の南にある火山地帯を中心とした世界遺産(自然遺産)です。
ハワイにある火山で有名なのがこの国立公園にあるのが「キラウエア火山」です。キラウエア火山は溶岩の流れる速度が遅く、世界一安全な火山と言われています。
火山に安全も何も無い気がしますが、実際に火口から火山の活動が観察できるツアーがあるというので、安全というのはあながち嘘ではなさそうです。

キラウエア火山は勿論のこと、ジャガー博物館や全長約30キロあるチェーン・オブ・クレーター・ロード、溶岩が流れた際にできたサーストン・ラバ・チューブ。

大きさとしては世界一ともいわれるマウナ・ロア山などが見どころ。
観光、ショッピング、いたるところで日本語での対応も充実しているハワイ火山国立公園は一度は行っておきたいです。

68位 スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街)

スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街)

image by iStockphoto

スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラの観光スポットと言えばバシリカ・デ・サンティアゴ大聖堂。
大聖堂には十二使徒聖ヤコブの遺骸が祀られていて、大ヤコブ年になると、大聖堂の「免罪の門」が開かれるそうです。次回門が開かれるのは2021年とのこと…そして、サンティアゴ・デ・コンポステーラは、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地の一つです。

サンティアゴの巡礼は951年に最初の記録があり、現在に至っても多くの信仰者に行われています。
まるで迷路のような中世の街並みが魅力的で、大通りから細道へはいると、新鮮な魚介を使ったガリシアの伝統料理の店も多々あるそうなので、探してもてはいかかでしょうか?

なぜスペインに…?今日も1日1000人が巡礼するキリスト使徒の墓がある教会 | wondertrip

67位 メキシコ、古代都市 ウシュマルの遠景

メキシコ、古代都市 ウシュマルの遠景

image by iStockphoto

メキシコにある古代都市ウシュマルの遠景。
ウシュマル遺跡と言えば「魔法使いのピラミッド」マヤの年代記によると、ウシュマルは紀元500年に建てられたとされ、メキシコの世界遺産として登録されています。魔法使いピラミッドは、「魔法使いが育てた小人が一晩で作り上げた」という伝説があるため「小人のピラミッド」とも呼ばれています。

古代都市ウシュマルは、総督の館、高さ36.5mある魔法使いのピラミッドと呼ばれる楕円形のピラミッド、尼僧院、大球戯場が主だった建築物となるが、周辺にも数多くの遺跡があります。
ウシュマルの遺跡の特徴はプウク様式と言われる建築様式で、建物は横に長く、平らな屋根、壁面は上下に分かれ上部にはモザイク装飾が施されています。

周りに高い建物がなく、青い空、森林の緑をバックに撮影する遺跡は、より一層ピラミッドを引き立たせますね。

職人技が美しすぎるメキシコ「古代都市ウシュマル」の絶景&歴史まとめ | wondertrip

66位 ベトナム、ハロン湾

ベトナム、ハロン湾

image by iStockphoto

ベトナム北部、トンキン湾北西部に位置するハロン湾。「ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域」として、世界遺産に登録されており、ベトナム随一の観光地となっています。

「竜が降り立ったところ」という意味を持つハロン湾には、フローティングビレッチ(筏のようなフロートの上に家がある)が沢山浮かんでおり現地の人々が暮らしています。

ハロン湾から見られる景色は、仙人が出てきそうな山を描いた水墨画を思わせるような…この湾に点在する岩のようなもの、実はすべて島でその正体は石灰岩。
大小合わせて1,600もの島があるそうです。

また、ハロン湾に行った際に多くの人が訪れるのが、ダウゴー島にある鍾乳洞がみられるティエンクン洞です。

ベトナム旅行なら「ハロン湾」観光は外せない!クルージングにカヤック、宿泊まで楽しみ方いろいろ | wondertrip

ベトナム旅行なら「ハロン湾」観光は外せない!クルージングにカヤック、宿泊まで楽しみ方いろいろ | wondertrip

65位 世界遺産・プランバナン寺院遺跡群/インドネシア

世界遺産・プランバナン寺院遺跡群/インドネシア

プランバナン寺院遺跡群は、ジョグジャカルタの空港からアクセスも良い観光スポット。
ヒンドゥー教の遺跡なので、アンコールワットの雰囲気とよく似ています。
夕焼けに映える遺跡の姿は、得も言われぬ美しさ。
本当にきれいで幻想的な寺院ですよ。
真ん中に巨大なシヴァ神の塔など、巨大な塔が立っておりとても広く、昇るのも結構大変なのでしっかりした靴で臨みたいですね。
また寺院なので肌の露出など、服装には気を付けましょう。

神秘の島国・インドネシアの絶景スポット5選! | wondertrip

神秘の島国・インドネシアの絶景スポット5選! | wondertrip

64位 ヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅・ユングフラウヨッホ/スイス

ヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅・ユングフラウヨッホ/スイス

スイスと言えばこの雪山というイメージも強いユングフラウヨッホ。
ここに、アルプスの岸壁を貫く急勾配のユングフラウ鉄道の駅があります。ユングフラウ鉄道は1896年に、スイスの鉄道王によって始まりました。
その代表的な駅で、ヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅のユングフラウヨッホには、年間70万人の観光客が訪れるのだとか。
列車を降りて展望台に登ると、夏でも一面の銀世界が広がっています。

神はここにいたか…スイスで見れる幻想的な絶景5選 | wondertrip

神はここにいたか…スイスで見れる幻想的な絶景5選 | wondertrip

63位 ラオスの癒やしスポットナンバーワン「クアンシーの滝」/ラオス

ラオスの癒やしスポットナンバーワン「クアンシーの滝」/ラオス

市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産に登録されているルアンパバーン市街。このルアンパバーン市街から南に約29km、トゥクトゥクで約一時間ほどの場所にある森林の中の遊歩道を行くとトルコ石の色をした清流があらわれ、さらに奥へ行くと高さ50mほどの美しい滝がしぶきを上げています。
このクアンシーの滝とその周辺の森は自然公園になっており、ラオスの中でも人気の憩いのスポットです。

地球という星を実感…ラオスで見れる大自然の絶景8選 | wondertrip

62位 幻想的な青い街シャウエン/モロッコ

幻想的な青い街シャウエン/モロッコ

モロッコ北部に位置するシャウエンは「青い街」として人気の観光地。
シャウエンが青い街となった理由は諸説ありますが、一般的にはかつてこの地に住んでいたユダヤ人が家を神聖なる色である青に染めたことが起源であると考えられています。
シャウエンの街でおとぎ話の世界に迷い込んだような景色を堪能してください。
青い世界が浮かび上がったように見える夜景もおすすめです。

神はここにいたか…モロッコで見れる幻想的な絶景10選 | wondertrip

神はここにいたか…モロッコで見れる幻想的な絶景10選 | wondertrip

61位 ワルシャワ歴史地区/ポーランド

ワルシャワ歴史地区/ポーランド

image by iStockphoto

ポーランドの首都ワルシャワにあるワルシャワ歴史地区。
ワルシャワ市で最も古い地区です。第2次世界大戦の際に壊れた中世の建造物や城壁を戦後ポーランドの人々の手により復元し、今の姿があります。

人々が18世紀後半に描かれた絵画や、残っていたスケッチなどをもとに、街並みを忠実に復元したその熱意により、世界遺産として登録されたそうです。

ワルシャワ歴史地区の中心にある「旧王宮前広場」には、淡いパステルカラーで可愛らしい建物が目印の旧市街地マーケとプレイスがあり、常に観光客でにぎわっています。

バルバカンと呼ばれる馬蹄形の砦のその先(フレタ通り16番地)には、あのキューリー夫人の生家である建物がキューリー博物館として残っています。

ピアノの詩人ショパンも二十歳までこのワルシャワに住んでいたので、現在でもショパンの心臓が祀られている聖十字架教会やショパン博物館などショパンゆかりの地でもあるのです。

ポーランド・ワルシャワに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選 | wondertrip

ポーランド・ワルシャワに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選 | wondertrip

60位 マレーシア・キナバル山

マレーシア・キナバル山

image by iStockphoto

マレーシア最高峰のキナバル山。
世界遺産になっている「キナバル自然公園」の中心にあり、アジア第二位のキナバル山。コタキナバルなら聞いたことあるんだけど…そうです、ビーチリゾートで有名なコタキナバルから2時間ちょっとの所にあるのがキナバル山です。
キナバル山で確認されている植物の中には、とても珍しい植物が存在します。

たとえば世界最大の花「ラフレシア」その匂いは汲み取り式便所ともいわれているほど臭い花として有名ですよね。
何も海外にまで行って臭いにおいを嗅ぎたくもないけど…ちょっとは気になりますね!そんなキナバル山では、様々な楽しみ方が出来るます。

ハイキング、トレッキング、登山、キャノピーウォーク等々…非日常的な大自然を感じながら過ごす休日も魅力的ですね!

ラフレシアに食虫植物、熱帯雨林を抜けた先の絶景…マレーシア「キナバル山」の魅力 | wondertrip

ラフレシアに食虫植物、熱帯雨林を抜けた先の絶景…マレーシア「キナバル山」の魅力 | wondertrip

59位 ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

image by iStockphoto

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群。
ギョレメ国立公園は、トルコのカッパドキア地方にある国立公園。岩窟群は、妖精の煙突なんて言われるキノコみたいに伸びた奇岩がにょきにょきと乱立しています。
自然が作り出した奇妙な風景が広がります。

岩ばかり…そんなカッパドキアの中にも、緑が豊かで「水」が有名な「ウフララ溪谷」というところは、ハイキングに最適!カッパドキアでは、気球にのり上空から景色を楽しむツアーが名物となっています。

気球ツアーの気になるお値段は、一時間約2万程。
気球ツアーは、冬場は気球を飛ばせないことがあるそうなので、夏に行くのがおすすめ!気球に乗って奇岩群や、葡萄畑やオリーブ畑を上から眺めなきゃ、カッパドキアに行った意味がないかも?

壮大な絶景が楽しめる!トルコ・カッパドキアで見るべき観光スポット5選 | wondertrip

58位 セブンマイルブリッジ(Seven Mile Bridge)/アメリカ

セブンマイルブリッジ(Seven Mile Bridge)/アメリカ

image by iStockphoto

どこまでも青い海にどこまでも続く橋、フロリダにあるセブンマイル・ブリッジ。
フロリダ半島の南端からキーウエストまでを結ぶ橋で、全長10.887㎞(6.765マイル)もある橋です。フロリダ半島はいくつもの島から成り立っていますが、その島々からキーウエストまで続く橋が、42本もあるというのも驚きです。

ひたすら海の上を突っ走るなんて、これ以上ないくらい気分爽快でしょうが、橋の上の制限速度が72㎞(45マイル)と、さほど飛ばせないので注意!また、途中、ビックパインキーという島に、絶滅危惧指定されているキーディアと呼ばれているオジロジカの一種や大シラサギなどが生息する保護区があるので立ち寄ってみてはいかがですか?

天国はここから行けたのか…!洋上に伸びる橋『セブンマイルブリッジ』 | wondertrip

57位 この絶景海に吸い込まれそう! バッセルトン桟橋/オーストラリア

この絶景海に吸い込まれそう! バッセルトン桟橋/オーストラリア

フロリダの「セブンマイルブリッジ」と似たような絶景が、オーストラリアにもあります。優雅な海上散歩を楽しめるのは、パース中心部より南西へ200kmのバッセルトン。
2kmに渡る桟橋には、トロッコ列車も運行しています。
桟橋の先まで到達すれば、真っ青な海に囲まれ不思議な感覚になるかと思います。
この光景、鋭い人ならお気付きかも知れませんが、「千と千尋の神隠し」の海列車が登場するシーンのモデルでは?と噂されています。

56位 十字架の丘からアンティグアの町を一望/グアテマラ

十字架の丘からアンティグアの町を一望/グアテマラ

北米から流れてきたバックパッカー達が、居心地の良さからつい長居をしてしまうという中米のグアテマラ。
ありとあらゆる色の民族衣装を纏った陽気で人懐こい人々に、ラテンのリズム、遺跡の多さなどからこの国には旅行者を足止めさせてしまう魅力があるのでしょう。十字架の丘を目指した登山道を登ると、正面に美しい山が現れ、まさしく絶景を拝むことができます。

地球という星を実感…グアテマラで見れる大自然の絶景8選 | wondertrip

地球という星を実感…グアテマラで見れる大自然の絶景8選 | wondertrip

55位 カナダ、恐竜州立自然公園

カナダ、恐竜州立自然公園

image by iStockphoto

恐竜時代にタイムスリップしたのかと思わせる風景が広がるのはカナダ、恐竜州立自然公園。
39種類もの恐竜の化石が見つかった事で世界遺産に登録されている自然公園です。公園は、バットランド、ハコヤギ地帯、大草原の3つのエリアにわけられます。
世界最大の恐竜化石層があったりと、公園内の多くが保護区指定されいるため、ツアーなどに参加しないと訪れることができません。
公園内にある「ロイヤル・ティレル古生物博物館」も、子供から大人まで大人気ですが、博物館で申し込みができる「バスツアー」に参加すれば、オープンスタイルのバスで園内をめぐる事ができ、(同公園内での)ハイキングツアーよりも、広い範囲を観察することが出来るのでおすすめです。

ただし、博物館内以外のガイドは、全て英語なのでご注意を。

54位 イタリア、シエナ歴史地区

イタリア、シエナ歴史地区

image by iStockphoto

イタリア、ストカーナ州古代都市シエナにある世界遺産シエナ歴史地区。
ストカーナ州にある街の中で最も美しく、中世の香りを感じさせるシエナには、シエナ大聖堂をはじめ、パラッツォ・プッブリコ宮殿(シエナの市庁舎)、カンポ広場(写真:中央に広がるのがカンポ広場)が、中世の姿のまま残されています。シエナ大聖堂の中には、様々な装飾品があるのですが、その中でも、併設されているピッコロミーニ図書館の壁画はとても美しいのでぜひ足を運んでほしいです。
カンポ広場を囲うように建っている市庁舎(宮殿)の2階と3階は、市立美術館になっています。
街のシンボル「マンジャの塔」を目指せば市庁舎(宮殿)に辿り着きます。

それと、シエナを訪れるなら伝統料理の「ピチ」(シエナのパスタ料理)を食べるのもお忘れなく!

花の都フィレンツェと宿敵のライバルだったトスカーナの古都シエナの歴史 | wondertrip

花の都フィレンツェと宿敵のライバルだったトスカーナの古都シエナの歴史 | wondertrip

53位 ブルーホール(blue hole)/ベリーズ

ブルーホール(blue hole)/ベリーズ

image by iStockphoto

中央アメリカベリーズのベリーズ珊瑚礁保護区にあるブルーホール(blue hole)。
今にも吸い込まれそうなこの「ブルーホール」は、洞窟や鍾乳洞が何らかの理由で海中に沈み、まるで穴が空いたようにみえる地形のことです。ベリーズのブルーホールは直径が313m、深さが120mもある事から「グレート・ブルーホール」また、現地では「海に住む怪物の寝床」と呼ばれています。

世界でも有名なダイビングスポットであるグレート・ブルーホール。
もとは、洞窟、鍾乳洞であったブルーホールの壁面は多くの突起があり、深さもあるので内部に入るのは、ちょっと勇気がいりそう…でも、安心してください!そんな冒険をしなくとも、ベリーズのブルーホール周辺にはイルカが生息しており、シュノーケリングで一緒に泳ぐことも可能なので、そちらでお楽しみください!

52位 世界一の迷路古都、モロッコ・フェズ

世界一の迷路古都、モロッコ・フェズ

image by iStockphoto

モロッコ北部フェズ旧市街の中でも「フェズ・エル・バリ」と呼ばれる地区は、東西2.2㎞、南北1.2㎞が城壁に囲まれており、千本あるともいわれる路地は、坂道、階段が多く見通しも最悪なうえ袋小路も多いです。勿論、車は通ることができないため、すれ違う人々は、自転車に乗っているか、ロバや馬を連れています。

もう、ここまで凄いと地図なんて何の役にも立たない…迷子になって現地の人に道を尋ねても、悪意があるのか遊ばれているのか、嘘を教えられることが多いというので、要注意です!それにしても、街全体が迷路になってるなんて…(現地の人は迷子にならないのだろうか…)まさか、そんな大げさでしょ、と思う方、是非現地へ行って迷子体験してみては。

世界一の迷宮都市の名は伊達じゃない!フェズ(モロッコの迷宮都市) | wondertrip

51位 ギアナ高地(guiana highlands)/ベネズエラ

ギアナ高地(guiana highlands)/ベネズエラ

image by iStockphoto

ベネズエラ、ギアナ高地。
まるで空中に浮かぶ島のように見えるのは、ギアナ高地に100以上点在すると言われる「テーブルマウンテン」です。「ギアナ」は水の国という意味で、この辺りは年間4000㎜を超える雨が降るそうです。

ギアナのテーブルマウンテンの1つに世界最大落差のエンジェルフォールという瀑布(滝)があるのですが、あまりにも高いところから落下するため、水は途中でしぶきとなり、本来だったら滝の下にある滝つぼがないのです。

ギアナ高地には、エンジェルフォールの他にも滝は存在し、ボートクルーズで滝の裏を通ったりすることもできます。

まるでジャングルクルーズ!でも、なんといってもこの雄大な景色は、是非遊覧飛行ツアーで行ってみたいですね。

雲の上に浮かぶ、地球最後の秘境『ギアナ高地』 | wondertrip

50位 ウズベキスタン・ヒヴァの街

ウズベキスタン・ヒヴァの街

image by iStockphoto

ウズベキスタン、砂漠の街「ヒヴァ」。
ブラハと並ぶ中央アジアの宗教都市です。ヒヴァの街は2つに分かれており、城壁の外はディチャン・カラと呼ばれる地区で城壁の内は、世界遺産に登録されているイチャン・カラ地区となります。

ヒヴァは、城壁を歩くこともでき、見張り台にも登ることが出来るので、街全体を一度見てみるのもいいですね。
その街並みのいたるところが、ゲームドラゴンクエストにでてきそうで、ちょっぴりわくわくします。

パフラヴァン・マフムド廟(写真の青い屋根の建物)にある井戸の水を飲むと「男性は強くなる」「女性は美しくなる」と言われているのですが、いかにドラゴンクエストっぽいのかも合わせて、ぜひ足を運んでほしいです!

49位 ウユ二塩湖(Uyuni)/ボリビア

ウユ二塩湖(Uyuni)/ボリビア

image by iStockphoto

ウユ二塩湖はボリビアの西側にある小さな街で塩原も近く、塩原観光の拠点となっています。
ウユニ塩原とは「塩の大地」学術的には塩原(えんげん)と呼ばれるそうですが「塩湖」と呼ばれることの方が多いようです。冠水した塩原に立つと、立ったものの姿と空が水に映り込み「天空の鏡」とも呼ばれ、とても幻想的です。
(綺麗な鏡張りをみるには多少の条件あり。)塩原内を車で走ることも可能です。

現地でチャーターして塩原を駆け抜けましょう!日本からウユニへ行くには、まずアメリカへ飛び乗り継いでラパスへ行き、そこからウユニへ向けて更に飛びます。

ちょっと道のりは遠いですが、一昔前より移動は便利になったそうなので、ぜひ一度は行ってみたいですね。

48位 富士山(日本)

富士山(日本)

言わずと知れた我が日本を代表する山、富士山。
2013年に世界遺産に登録され、入山料も取るようになりましたね。
富士山の麓周辺には溶岩洞窟が多く形成されています。総延長2139mという日本一長い溶岩洞窟「三ツ池穴」や天然記念物に指定されている「西湖コウモリ穴」、夏でも涼しい「鳴沢氷穴」、などが有名です。

ドライブや本格的な登山は勿論、富士山本宮浅間大社や山の麓にあるフジヤマミュージアム、また、子どもから大人まで体験できる、水上、山岳などのアクティビティーも豊富です。

日本ならではの四季折々の風景をゆっくり楽しむのにも最高なロケーションである富士山。
日本国内にいるのに富士山に行かないなんて勿体ないですよ。

富士山はなぜ世界遺産になれたの?富士山の歴史11の小話 | wondertrip

富士山はなぜ世界遺産になれたの?富士山の歴史11の小話 | wondertrip

47位 九份(きゅうふん)/台湾

九份(きゅうふん)/台湾

大自然の絶景が広がる台湾ですが、ここ九份(きゅうふん)は日本人に人気の観光スポット。
ジブリ作品「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルになったと噂されているほどそっくりの世界観に、ジブリファンの訪問が絶えません。一度は行きたい九份ですが、台北市から2時間ほどの場所にあり、意外とアクセスは良好です。
台北からバスまたは電車を利用して訪れることができます。

飛行機でたった4時間!神秘の街・台湾で見た幻想的な絶景10選 | wondertrip

飛行機でたった4時間!神秘の街・台湾で見た幻想的な絶景10選 | wondertrip

46位 オーストラリア、タスマニア原生地域

オーストラリア、タスマニア原生地域

image by iStockphoto

オーストラリア・タスマニア州にある、タスマニア原生地域。
タスマニアの3分の1が国立公園に指定されており世界遺産としても登録されています。絶滅危惧種にしていされたタスマニアデビル、カモノハシ、ウォンバットなど、ここにしか生息しない独自の生き物が沢山います。
絶滅してしまい「幻の動物」とよばれるタスマニア・タイガーも、この大自然に生きていたのです。

太古の大自然がいまもなお、そのまま残っており、内陸部には、3万年以上前から住んでいたという、タスマニア・アボリジニの住居跡、岩壁画などの貴重な遺跡も残されています。

タスマニア原生地域周辺では、U字谷のクレイドル・マウンテンをはじめ、多くの渓流や湖、氷河時代に人類が生活していた痕跡となる石器類がのこる洞窟などもあります。
太古の大自然、これは一度行ってみたいですね。

自然パワーを求めてオーストラリアのタスマニア・ホバートへ。おすすめ癒しスポット5選 | wondertrip

45位 オーストラリア、ヘルファイア・ベイ

オーストラリア、ヘルファイア・ベイ

image by iStockphoto

オーストラリア、ヘルファイア・ベイ。
まるで空と海が一体化したかのような美しい景色。
真っ白な浜辺が眩しいくらいですね。ヘルファイア・ベイがあるオーストラリアのニンガルー海洋公園では、いくつかのビーチがあり、その各所で、ジンベイザメと泳いだり、ウミガメと泳いだりすることができます。

すぐそばのコーラル・ベイはシュノーケリング天国と言われるほど透明度の高いエメラルドに輝くが人気。
浜辺から2㎞もの範囲で珊瑚礁が見られ、その珊瑚礁に様々な海の生物が集まります。

また、海の中だけでなく、フィッシングツアーもほぼ毎日運航しているので、潜るより釣るのが好き!という方はぜひ参加することをおすすめします。
日本からは、まず、オーストラリアのパースへ行き、そこから国内線に乗り継いでエクスマウス(リアーマンス空港)へいくとニンガルーリーフに辿り着きます。

一生に一度、ジンベイザメやウミガメと泳いでみたいもの。

44位 イグアスの滝/アルゼンチン&ブラジル

イグアスの滝/アルゼンチン&ブラジル

image by iStockphoto

イグアスの滝は、南米大陸アルゼンチンとブラジルをまたぐ世界最大の滝。
イグアスというのは、この土地の先住民グアラニ族の言葉で「大いなる水」という意味です。イグアス川の下流には、アルゼンチンの「イグアス国立公園」とブラジルの「イグアス国立公園」がありますが、どちらも世界遺産に登録されています。

雨期になると普段よりも水の量が増す為、凄まじい様子になり、滝から流れる水の音は「ゴオー」っと低く鳴り響くため「悪魔の笛」と呼ばれています。

ちなみに「イグアスの滝」という名称は、周辺に点在する大小275の滝すべての総称。
なかには、滝つぼを見下ろすように設置されている展望台がある場所があり、両サイドに流れる滝を間近に見ることができます。

イグアスの滝にいこう!ブラジル・クリチバの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ | wondertrip

イグアスの滝にいこう!ブラジル・クリチバの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ | wondertrip

43位 オーストリア、ウィーン歴史地区

オーストリア、ウィーン歴史地区

image by iStockphoto

オーストリア世界遺産、ウィーン歴史地区。
中世にもドナウ川沿いの交易地とし発展したオーストリアの首都ウィーンは、古代ローマ時代からの歴史があり、旧市街にとどまらず、その周辺にまでも様々な歴史的建造物が現存します。ここウィーン歴史地区には、14世紀の建造物である「シュテファン大聖堂」、ドイツ語圏最古の大学である「ウィーン大学」、多くの人が耳にしたことがあるであろう「ウィーン国立歌劇場」などがあります。

また、ウィーンは、ベートーベンゆかりの地としても知られており、ウィーンの街を歩くと「ベートーベンが何年から何年まで住んでいた家」なんていうプレートにも出会います。
(ベートーベンは80回も引っ越しをしたそうで…)

そんなウィーンの街は小さな街だと思われがちですが、実は日本の横浜市とほぼ同じだそうですよ。

オーストリア・ウィーンに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選 | wondertrip

オーストリア・ウィーンに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選 | wondertrip

42位 イタリア、アマルフィ海岸

イタリア、アマルフィ海岸

image by iStockphoto

アマルフィ海岸。
イタリア南部サレルノ湾に面した海岸です。
「世界一美しい海岸」ともいわれる海岸で、その美しさから世界遺産登録されています。海岸線にある一番大きな街には1,000年もの歴史を誇る「アマルフィ大聖堂」があります。
アマルフィの海岸沿いの崖に張り付くように建つ家々は、赤、黄、橙、白と独特な風景を作り出していて、まるで絵画の様です。

断崖絶壁に経つ家々のまわりは、坂が多く、道が狭く入り組んでいて、そんな道をバスで通ると窓の外が断崖絶壁!というちょっとしたスリルも味わえます。
現地の人は慣れているのか、カーブでもクラクションを鳴らして勢いよく曲がるそうですが、落ちることはないのか心配になります。

41位 ホワイトヘブン・ビーチ(Whitehaven Beach)/オーストラリア

ホワイトヘブン・ビーチ(Whitehaven Beach)/オーストラリア

image by iStockphoto

海の世界遺産グレートバリアリーフ、ホワイトヘブン・ビーチ。
「白き天国」見ていて思わずうっとりするようなコバルトブルーの海に真っ白に輝く純白の砂(シリカサンド)が6㎞にわたり続いているホワイトヘブン・ビーチは、干潮時に最も美しい姿を現します。その光景は、まるで天国、まさに絶景!思い切りクルージングボートを走らせ、青い海、白い浜辺を独り占め!ホワイトヘブン・ビーチへ観光に行くには、ハミルトン島を拠点とするのが一般的です。

ハミルトン島には、一緒に見ると愛が深まると言われる「ハート形の珊瑚礁」や、ダイビングでジュゴン、ウミガメ、クジラ、イルカなどの生き物に逢えるという魅力があるので、ぜひ、グレートバリアリーフに訪れてみてはいかがですか?

ホワイトベブンビーチに、ゴルフリゾート…オーストラリア「ハミルトン島」に今すぐ行きたい10の理由 | wondertrip

ホワイトベブンビーチに、ゴルフリゾート…オーストラリア「ハミルトン島」に今すぐ行きたい10の理由 | wondertrip

40位 コルマール(Colmar)/フランス

コルマール(Colmar)/フランス

image by iStockphoto

フランス東部、アルザス地域圏の都市、コルマール。
おとぎ話の挿絵のような街で、テーマパークの中?!と目を疑ってしまうほど綺麗で可愛い街並みで、これが実在する街だとは驚きです。街の中には、ドイツ文化の影響から、木組みを使った可愛らしくメルヘンチックな家々が建ち並び、窓辺、バルコニー、あちらこちらに色とりどりの花々が見受けられます。

なんだか、路地から可愛らしい小人が出てきそうな雰囲気です。
ハウルの動く城のモデルになった街だという話もあります。
街には運河が流れており、イタリアのベニスを彷彿とさせます。

クリスマスのシーズンになると、夜には街にイルミネーションが輝きより一層綺麗になります。
こんなに美しい街なら、何をしなくても、ただ、散策してのんびり過ごすのも悪くないですね。

フランス・コルマールに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選 | wondertrip

フランス・コルマールに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選 | wondertrip

39位 ケファロニアの青の洞窟/ギリシャ

ケファロニアの青の洞窟/ギリシャ

ケファロニア島は、サントリーニ島のあるエーゲ海の反対、半島を挟んで西側にあるイオニア海に浮かんでいる小島。
手付かずの自然で溢れています。
他のどことも違う独特の青色をした海に恵まれた美しい島で、たくさんの観光客が訪れています。特に人気なのがこの「青の洞窟」。
神秘的な風景を見るために、小型ボートでクルーズするツアーを利用しましょう。

サントリーニ島にミコノス島…神が宿っていそうなギリシャで見れる幻想的な絶景7選 | wondertrip

サントリーニ島にミコノス島…神が宿っていそうなギリシャで見れる幻想的な絶景7選 | wondertrip

38位 ダルヴァザ地獄の門/トルクメニスタン

ダルヴァザ地獄の門/トルクメニスタン

image by iStockphoto

地獄の門は、トルクメニスタンのアハル州、ダルヴァザ村にあるクレーター。
この大穴は40年以上にも渡って絶えず燃え続けています。
広大な砂漠にぽっかり口を開けた不気味な穴。
「地獄の門」と名付けられたのもうなずけます…!

燃え続ける”地獄の門”の原因は?トルクメニスタンの「ダルヴァザ地獄の門」 | wondertrip

燃え続ける”地獄の門”の原因は?トルクメニスタンの「ダルヴァザ地獄の門」 | wondertrip

37位 イタリアにもある青い洞窟/イタリア

イタリアにもある青い洞窟/イタリア

「青の洞窟」と呼ばれる海岸の洞窟は世界にいくつか存在し、先ほどご紹介したギリシャの洞窟もそうですが、もっと有名なのがイタリア南部、ナポリの南約30kmのティレニア海に浮かぶカプリ島の岸壁にあるものでしょう。
アンデルセンが小説『即興詩人』の舞台にしたことでも知られ、19世紀には世界中にその美しさが有名になりました。手こぎの小船から体を縮めて狭い入口をくぐると、奥行き15m、高さ15mほどの空間の中で水面が紺碧の神秘的な光を帯びて輝いています。
古代ローマの時代にはここで皇帝が水泳を楽しんでいたと言われ、当時に造られた彫像なども発見されています。

大自然の神秘…イタリアで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景 | wondertrip

大自然の神秘…イタリアで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景 | wondertrip

36位 アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)/アメリカ

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)/アメリカ

image by iStockphoto

アメリカ・アリゾナ州ペイジ近郊にあるアンテロープ・キャニオンは、奇妙な形をした砂岩に囲まれた溪谷です。
(砂岩というのは砂丘が固まってできたもの。)アンテロープ・キャニオンは、大雨が降るたびに発生する鉄砲水と、大地に吹きつける風が長い年月をかけて砂岩を削ったことで出来たと言われる、自然が作り出した芸術作品です。幅が2mから3mなのに対し、深さが36m程あるというスロット・キャニオン(幅狭の溪谷)と、言われるものもあり、どれもいくつもの渦を描くような模様が刻まれ、空から降り注ぐ太陽の光がレーザーのように降り注ぎ、とても神秘的です。

現在でも鉄砲水が通るので、悪天候の日は入場が出来ないのでご注意を。

35位 北極圏ならではの白夜を見よう/フィンランド「ロヴァニエミ」

北極圏ならではの白夜を見よう/フィンランド「ロヴァニエミ」

サンタクロースの住む街といわれているロヴァニエミ。
北極圏ならではの絶景としてオーロラが見れるスポットとしても世界中の観光客を魅了します。
オーロラも良いですが、ぜひ白夜も体験してください。
6月の夏至前後から、北緯66.6度以北の地では白夜が始まり、夜になってもほとんど太陽が沈むことなく薄明るいまま朝を迎えます。

34位 雄大で美しいビッグ・アルマティ湖/カザフスタン

雄大で美しいビッグ・アルマティ湖/カザフスタン

カザフスタンでも成長著しく「南の首都」とも呼ばれる「アルマトイ」という街があります。
ビッグ・アルマティ湖は、観光の拠点になるアルマトイから1時間程度でたどり着ける絶景。カザフスタンには他にも『風の谷のナウシカ』の舞台と言われるフンザという絶景があったり、中央アジアならではの陸・山の雄大さを兼ね揃えた景勝地が多いのですが、ここビッグ・アルマティ湖は、アクセスの容易さと大自然の魅力のバランスにおいて優れた絶景と言えます。

カザフスタン観光で見たい絶景・夜景に、建築物の数々 | wondertrip

カザフスタン観光で見たい絶景・夜景に、建築物の数々 | wondertrip

33位 砂漠のすぐそばに携わる街/イスラエル、ネゲヴ砂漠

砂漠のすぐそばに携わる街/イスラエル、ネゲヴ砂漠

日本にいると馴染みの薄い砂漠。
ましてや、鳥取砂丘とも違った、生活圏にある砂漠を見ると、なんとも地球を感じるものです。
ここイスラエル、ネゲヴ砂漠の写真は、旧ヤッファ市街の外れにある光景です。
情緒たっぷりヤッファの旧市街にもぜひ訪れてください。

テルアビブ観光で見れる絶景で、イスラエルを味わい尽くす | wondertrip

テルアビブ観光で見れる絶景で、イスラエルを味わい尽くす | wondertrip

32位 大小合わせて50あまりもの無人島が浮かぶエルニド/フィリピン

大小合わせて50あまりもの無人島が浮かぶエルニド/フィリピン

フィリピンの南西部、パラワン島北部にあるこの絶景。
手付かずの自然が残されたような美しいビーチの絶景です。エルニドは、地球最後の秘境のような佇まいをみせる一方、意外とアクセスが容易です。
フィリピンのマニラへ向かい、マニラからエルニド・リオ空港までは50人乗りの小型機に乗り換えて、空路約1時間。
低い高度を飛ぶ小型機の窓からは、海に浮かぶ多くの島が見えるでしょう。
リオ空港に降り立つと、もうそこはエメラルドグリーンの海が広がる別世界「エルニド」です。

フィリピン旅行ならここは外せない!秘境のビーチ「エルニド」の絶景10選 | wondertrip

フィリピン旅行ならここは外せない!秘境のビーチ「エルニド」の絶景10選 | wondertrip

31位 ブライスキャニオン国立公園/アメリカ、ユタ州

ブライスキャニオン国立公園/アメリカ、ユタ州

「ブライスキャニオン」はアメリカユタ州の南西部にある国立公園。
他の峡谷公園と比較すると、標高がさらに高いことと地質学的に若い峡谷であることが特徴です。高いところでは標高2700mに位置するこの公園は、石灰岩を中心に200万年もの風雨による浸食で削り取られてきました。
Hoodoo(尖塔)が立ち並ぶ巨岩の景色を目の当たりにすると、まるで地球上ではないような感覚にもなります。

自分の足で大地を踏みしめ、自然が作り出した壮大な景色を記憶に焼き付けてはどうでしょうか。

ブライスキャニオン観光で見たい大自然の絶景10選 | wondertrip

ブライスキャニオン観光で見たい大自然の絶景10選 | wondertrip

30位 ヨーロッパ最大級のモスク「メスキータ」/スペイン、コバルト

ヨーロッパ最大級のモスク「メスキータ」/スペイン、コバルト

なぜひとは幾何学的な建築物に魅了されるのでしょうか。
それが歴史的な建築物であるとしたら、一層心惹かれてしまいます。
ヨーロッパ最大級のモスク「メスキータ」は、ずーっと見ていたくなる不思議なアーチのレイアウトに、厳かな雰囲気があわさり、なんだか悩みも吹き飛んでしまいそうな絶景です。これがなんと「後ウマイヤ朝」という時代(756年 – 1031年)に創られたとのことで、歴史の偉大さを認識せざるを得ません。

何この絶景!城壁都市「コルドバ」観光で見れるおすすめスポット | wondertrip

何この絶景!城壁都市「コルドバ」観光で見れるおすすめスポット | wondertrip

29位 奇抜で新しい「ドバイ」

奇抜で新しい「ドバイ」

ドバイ沿岸に作られた「ドバイ・マリーナ」には、世界トップクラスの超高層ビルやマンションが多く立ち並んでいます。
先ほど、1000年前に創られたモスク「メスキータ」をご覧いただきましたが、この「ドバイ・マリーナ」もまた人間の技術力の結晶、進化の足跡を感じます。「ドバイ・マリーナ」のすぐ近くにはもう砂漠が広がっていることも、日本人の感覚からしても異質な都市。
訪れればきっと価値観が変わります。

奇抜で新しい「ドバイ」で見れる建築物・絶景10選 | wondertrip

奇抜で新しい「ドバイ」で見れる建築物・絶景10選 | wondertrip

28位 大自然に広がる奇妙な岩「チンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区」/マダガスカル

大自然に広がる奇妙な岩「チンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区」/マダガスカル

奇抜な都市「ドバイ」のあとには、奇妙な岩はいかが。
アフリカのなかでも島国そしてフランス植民地として独自の文化を形成したマダガスカルは、大自然も独特でした。
「チンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区」は、約1500平方キロメートルもある自然保護区です。
見渡す限りの岩には、まるで違う星に来てしまったのではないかと錯覚に陥りそうですよ。

27位 フランスの古城「カルカソンヌ」

フランスの古城「カルカソンヌ」

フランスに中世の雰囲気が残る都市が存在するのをご存知でしょうか。
カルカソンヌの城塞都市は、現存する城塞都市の中ではヨーロッパ最大規模だとか。今ではゲームの世界でよく中世ヨーロッパの世界観が再現されることもあり、想い出の記憶と理想の城がリンクし、改めてこのような絶景に心惹かれます。
いろいろなゲームや物語の舞台やモチーフに使われているんだろうなぁと思い馳せるところですが、実際、ボードゲーム「カルカソンヌ」はこのカルカソンヌの城塞都市をモチーフに作られたようですよ。

26位 やっぱり定番、カナディアンロッキー。「メディスン湖」/カナダ

やっぱり定番、カナディアンロッキー。「メディスン湖」/カナダ

少し前の絶景の定番といえば、ニュージーランドの山岳地帯や、カナディアンロッキーのようなイメージがあります。
カナディアンロッキーの中心地であるジャスパーにはジャスパー国立公園があり、ジャスパー国立公園で人気の観光スポットの一つであるメディスン湖こそカナダ随一の絶景ではないでしょうか。山の麓にある湖は、実は雪解け水でできた湖。
春から夏にかけて湖はたくさんの水で満ちていますが、徐々に水が少なくなり、秋ごろには一部が沼地のようになってしまいます。
冬になると水が完全に干上がってしまうこともある「消える湖」で四季の美しさを感じてみましょう。

大自然の神秘…カナダで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景 | wondertrip 旅行・観光マガジン

大自然の神秘…カナダで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景 | wondertrip

25位 ベトナムの世界遺産「古都ホイアン」のランタン

ベトナムの世界遺産「古都ホイアン」のランタン

いま新しいリゾート地、そして東南アジアのIT特区としても注目されるベトナム中部「ダナン」からすぐ近くに、美しい夜景が楽しめるベトナムの世界遺産「古都ホイアン」があります。
ダナンは成田空港からの直行便が出ている、ハノイ・ホーチミンに続くベトナムの都市。ホイアンには、ダナン空港からタクシーでも行けます。
また、ホイアンにはレストランも多く、ダナン付近にはリゾートホテルも充実。
秘境すぎて訪れるのが困難な絶景も数多くあるなかで、「古都ホイアン」はアクセスの容易さから「週末&絶景&東南アジア旅行」を企てるなら筆頭候補にあがりそうな絶景スポットです。

世界遺産「古都ホイアン」で見たいランタンの絶景…!行き方やグルメ、お土産は?観光ガイドまとめ | wondertrip

世界遺産「古都ホイアン」で見たいランタンの絶景…!行き方やグルメ、お土産は?観光ガイドまとめ | wondertrip

24位 霧に包まれた湖、日月潭/台湾

霧に包まれた湖、日月潭/台湾

台湾のほぼ中央、南投県に位置する台湾最大の湖が、日月潭[リーユエタン]。
台湾の中で最も美しい湖と言われ、日本からも多くの観光客が訪れる人気の場所です。ホテルも数多く、湖を眺めながら、ゆったりと過ごすことができます。
特に、霧が立ちこめる朝夕の湖は非常に幻想的で、どこか違う世界に迷い込んだのかと思ってしまいそうです。

大自然の神秘…台湾で見れる水にまつわる絶景 | wondertrip

大自然の神秘…台湾で見れる水にまつわる絶景 | wondertrip

23位 幸せが訪れるカレル橋/チェコ・プラハ

幸せが訪れるカレル橋/チェコ・プラハ

世界に数ある絶景でも、チェコ・プラハを外して絶景を語ることはできません。
そのなかでも、「プラハ城」や「聖ヴィート大聖堂」など数々の絶景スポットを紹介したらキリがないところですが、「カレル橋」をご紹介します。「カレル橋」はプラハ市内を流れる雄大なヴァルタヴァ川に架かる橋で、プラハのシンボル的存在です。
ゴシック様式で建築された橋の上には30組の彫像が並んでおり「野外の美術館」ともいわれています。

チェコ観光ならここ!首都・百塔の街「プラハ」の絶景10選 | wondertrip

チェコ観光ならここ!首都・百塔の街「プラハ」の絶景10選 | wondertrip

22位 サントリーニ島の夕暮れ/ギリシャ

サントリーニ島の夕暮れ/ギリシャ

台湾やアイスランドの大自然、ヨーロッパの中世の雰囲気。
絶景スポットといえばここ、とすぐに言われる絶景を持つ国はいくつかありますが、ここギリシャも実は絶景の宝庫です。サントリーニ島は、エーゲ海上のギリシャにある島。
真っ白い街並みに少しずつ輝くを増していくライト、そして色を変え次第に沈んでいく太陽。
あまりにも美しすぎて言葉を失いそう。
昼間とはまた違った、とても幻想的でもある風景です。

この壁は白い石灰を塗ったもので、夏の強い日差しで内部が高温になるのを防ぎ、さらには石灰に含まれる除菌作用を利用して、雨水を除菌する効果もあるそうです。
美しいだけではなく、このようにきちんとした役割もあるんですね。

サントリーニ島にミコノス島…神が宿っていそうなギリシャで見れる幻想的な絶景7選 | wondertrip

サントリーニ島にミコノス島…神が宿っていそうなギリシャで見れる幻想的な絶景7選 | wondertrip

21位 中央アジアの雄大さを感じる、新疆ウイグル自治区「カシュガル」

中央アジアの雄大さを感じる、新疆ウイグル自治区「カシュガル」

中央アジアにどこか惹かれる人は少なくないでしょう。
内陸部の厳しい環境、そこに暮らす人々の文化。
ここにしかない風景があります。中華人民共和国のウイグル自治区に位置するカシュガル。
人口の80%は土着のウイグル族などの少数民族が占めているそう。
そんなカシュガルは今なお民族的な生活、昔ながらの建物、大自然が数多く残されています。
この雄大な「ユーラシア大陸」を感じるために、冒険にでてみましょう。

新疆ウイグル自治区「カシュガル」で味わう中央アジアの絶景 | wondertrip

新疆ウイグル自治区「カシュガル」で味わう中央アジアの絶景 | wondertrip

20位 世界随一の雪山、パタゴニア/チリ側

世界随一の雪山、パタゴニア/チリ側

パタゴニアの由来は1520年、この地を訪れたマゼランが先住民の大きなブーツを見てスペイン語で足を意味するパタからこの住民達をパタゴン族と名づけたことからパタゴニアと呼ばれるようになったそうです。
そんなパタゴニアのチリ側はアルゼンチン側とは異なる自然条件によって生み出された絶景が広がっています。太平洋側のチリ・パタゴニアで見られる山々は鋭く天をさす急峻な山容が特徴。
ゆっくりと移動している太平洋プレートが南アメリカ大陸にぶつかり隆起することで出来上がったアンデス山脈と、その南部ではクエルノス・デル・パイネ(パイネの角)と呼ばれる名峰を始めとする荒々しい山容が特徴の絶景を楽しむことができます。

地球の歴史を感じよう!南米・パタゴニアで見られる大自然の絶景 チリ編 | wondertrip

地球の歴史を感じよう!南米・パタゴニアで見られる大自然の絶景 チリ編 | wondertrip

19位 アンデルセンが愛したニューハウン/デンマーク、コペンハーゲン

アンデルセンが愛したニューハウン/デンマーク、コペンハーゲン

ヨーロッパの街並みと水の組み合わせは、なんとも言えない絶景をつくりだします。
ここンマーク、コペンハーゲンの「ニューハウン」もその代表格でしょう。
たくさんの小舟が停まる運河に沿ってカラフルで可愛い木造家屋が建ち並ぶ「ニューハウン」はコペンハーゲンの中でも絶好の撮影スポットです。お洒落な佇まいのカフェや雑貨屋もあり、夏にはテラス席に座って運河を眺めながら食事が楽しめます。
このエリアはコペンハーゲン出身のお伽噺作家・アンデルセンが愛した地としても知られ、実際に3つあるアンデルセンの住まいが現在も残されています。

18位 要塞の家「パラッツァータ」/イタリア

要塞の家「パラッツァータ」/イタリア

毎年約200万人が訪れる世界遺産ポルトヴェネレは、イタリアのリグーリア州・ラスペツィア地方の町。
ここにも、ヨーロッパの街並みと水の組み合わせを代表するような絶景があります。
ポルトヴェネレのウォーターフロントに広がるのは、パラッツァータと呼ばれる伝統的な家の数々。
赤や黄色を基調としたこのかわいらしい家々、どんな天候にも美しく映えます。
中世では町を守る城壁としての役目を果たしていたことから、イタリアでは「要塞の家」とも呼ばれています。中世から続くこの街並みを壊さないところに、古代からの家に住み続ける人々にこの土地への誇りを感じるとともに、ヨーロッパの魅力を一層印象強くします。

イタリア「城郭都市ポルトヴェネレ」に見とれてしまう絶景10選 | wondertrip

イタリア「城郭都市ポルトヴェネレ」に見とれてしまう絶景10選 | wondertrip

17位 富士山より高い「玉山」/台湾

富士山より高い「玉山」/台湾

台湾に、富士山よりも高い標高を誇る山があることはご存知ですか?台湾の最高峰として君臨するのが「玉山」の標高は3,952メートルと富士山よりも高く、日本統治時代には新しい領土で見つかった日本の最高峰として「新高山」と呼ばれていました。玉山周辺は国立公園となっており、登山するには事前に入山許可証を申請する必要があります。
希望者が多い場合は抽選となるので、日本からでしたらツアー会社等を利用して手配するのが良いでしょう。
登山道はよく整備されていて比較的安心してチャレンジできる山ですが、高山病にかかる登山者も少なからずいるので無理は禁物です。
豊かな自然を満喫できるよう、しっかり準備をして登山に挑みましょう。

富士山より高い「玉山」をはじめ、台湾で見れる大自然の絶景5選 | wondertrip

富士山より高い「玉山」をはじめ、台湾で見れる大自然の絶景5選 | wondertrip

16位 未だ謎の残るピンクレイク「ヒリアー湖」/オーストラリア

未だ謎の残るピンクレイク「ヒリアー湖」/オーストラリア

パース南東に浮かぶミドル島。
そこに天候等の条件が揃うことで時折ミルキーピンクの湖が現れます。
水中の藻類やバクテリアが発する成分によって水が変色するのではという憶測はあるものの、今のところはっきりとした原因は解明されていないようです。
パースから車で7時間、飛行機で2時間。
あなたはこの湖を見に行きますか?

ピンク色の湖に、天国に届きそうな桟橋…オーストラリア「パース」で見たい絶景ランキング | wondertrip

ピンク色の湖に、天国に届きそうな桟橋…オーストラリア「パース」で見たい絶景ランキング | wondertrip

15位 東南アジア最大のモスク「イスティクラル・モスク」

東南アジア最大のモスク「イスティクラル・モスク」

世界各国にモスクや大聖堂といった施設があり、いずれもその建築の美しさでも魅了してくれています。
モスクは中東からヨーロッパ、アフリカなどに多いイメージがありますが、東南アジア最大のモスク「イスティクラル・モスク」も外すわけにはいきません。
1961年からおよそ15年の歳月をかけて建築された「イスティクラル・モスク」は、直径45mもの大きなドームのある東南アジア最大級のイスラム教の巨大モスクです。12本の大支柱に支えられたドームや約97mの塔や、20万人を収容するモスクなど、他を圧倒するダイナミックかつ神聖な雰囲気はイスラム教徒でない人でもこの地が聖なる場所なんだということを感じさせます。

ジャカルタ観光で絶対行きたい!圧倒的な建築物の数々、歴史的な絶景8選 | wondertrip

ジャカルタ観光で絶対行きたい!圧倒的な建築物の数々、歴史的な絶景8選 | wondertrip

14位 絶景ビーチ「アンス・ラジオ」/セイシェル・プララン島

絶景ビーチ「アンス・ラジオ」/セイシェル・プララン島

インド洋の真珠と呼ばれるセイシェルのなかでも特に美しいビーチを持つのが、プララン島。
日本人はインド洋のリゾートといえばモルディブですが、西洋人のリゾートとしてはここセイシェルも負けていません。
この絶景ビーチ「アンス・ラジオ」はその透明感、穏やかな気候から多くの観光客を癒やしてくれます。

セイシェル観光なら次はここ!「プララン島」で見る絶景とその魅力 | wondertrip

セイシェル観光なら次はここ!「プララン島」で見る絶景とその魅力 | wondertrip

13位 聖水が湧く神聖な場所・タナロット寺院/インドネシア、バリ島

聖水が湧く神聖な場所・タナロット寺院/インドネシア、バリ島

ビーチリゾートのイメージが強いバリ島ですが、豊富な寺院があり歴史的遺産も豊富にあります。タナロット寺院は、岩島の上に建てられていることから夕日の名所として有名な場所です。
16世紀にジャワから訪れた僧侶がここの眺めに感動したことから、タナロット寺院を建立したそうで、干潮時には陸が現れるため、寺院の下まで近づく事が出来ますが、神聖な場所のためヒンドゥー教徒以外は寺院の中に入る事が出来ません。

岩の下には聖水が湧く泉があり、ヒンドゥー教徒でなくてもお祈りを捧げる事が出来ます。

12位 地上の楽園「ピピ島」/タイ・プーケット島

プーケット島から東へ45kmの場所に位置する「ピピ島」は地上の楽園ともいわれる美しい島です。
エメラルドグリーンの海と、島の周辺を囲む珊瑚礁が魅力で、映画「ザ・ビーチ」でも伝説のビーチとして登場したこともあります。タイ屈指のダイビングスポットとしても知られています。
ビーチで泳ぐだけでなく、島の周辺を回遊するクルージングツアーに参加してみるのもおすすめ。

11位 エメラルドグリーンのダイナミックな清流・太魯閣渓谷/台湾

エメラルドグリーンのダイナミックな清流・太魯閣渓谷/台湾

台湾は本当に秘境の宝庫です。
この記事でももう台湾は何度目の登場でしょうか。
ご紹介するのは、花蓮県、台中県、南投県にまたがる台湾を代表する景勝地の一つ「太魯閣国立公園」の中にある太魯閣(タロコ)渓谷。
太魯閣渓谷は、そこを流れる立霧渓の激しい流れが岩肌を侵食し、神秘的でダイナミックな渓谷が生まれました。
大理石の地層とエメラルドグリーンの清流、激しい渓谷が魅力です。水中には希少種のオオウナギやオオクチゴイ、タイワンドジョウなどが生息しており、周辺にはルリチョウやカワビタキ、カンムリチドリなどの美しい鳥に出会えます。

台湾の「花蓮」が絶景の宝庫!台湾で見たい絶景ランキング10選 | wondertrip

台湾の「花蓮」が絶景の宝庫!台湾で見たい絶景ランキング10選 | wondertrip

10位 神秘の表情をみせる『バイカル湖』/ロシア

神秘の表情をみせる『バイカル湖』/ロシア

世界で最も古く、世界一深い『シベリアの真珠』ともいわれるバイカル湖。
もともとは海溝だったらしく最大深水は1600mはあるだろうといわれています。
冬のバイカル湖は一面を氷で覆われます。
氷は70cm以上の厚さがあるそう。
世界一透んだ湖と呼ばれるバイカル湖だけあっり、起した氷が幻想的に輝いて美しいですよ。
氷上を自転車で走ることも出来るんだそうです。

地球という星を実感…ロシアで見れる大自然の絶景5選 | wondertrip

地球という星を実感…ロシアで見れる大自然の絶景5選 | wondertrip

9位 死海/イスラエル

死海/イスラエル

イスラエルの有名な観光スポットですが、フォトジェニックな撮影ができる絶景スポットとしてもおすすめ。
ご存知の通り死海は、湖の塩分濃度が非常に濃いため、人間が水面で浮いてしまうという摩訶不思議な体験をすることが出来ます。
鏡の世界に見えるボリビアのウユニ湖、透明度に息を呑むシベリアのバイカル湖とあわせ、「世界の三大絶景湖」(当サイト命名)としてぜひ旅行先に組み込んでください。

死海、ガリラヤ湖…イスラエルで見れる水の絶景 | wondertrip

死海、ガリラヤ湖…イスラエルで見れる水の絶景 | wondertrip

8位 「黄石寨風景区」/中国、武陵源

「黄石寨風景区」/中国、武陵源

武陵源は1970年代までは少数民族だけが暮らす地で、中国の地図では空白の土地だった秘境。
日本からは直行便がないので、中国と言えども1日掛けての移動となります。
この不思議な絶景、地殻変動による隆起と雨風による浸食により数億年という時間を掛けて形作られたんだとか。
奇岩の絶景は、それだけ時間を掛けてでも一生に一度は絶対見る価値のある絶景です。

7位 雪山に映える古城、ルーマニア「ブラン城」

雪山に映える古城、ルーマニア「ブラン城」

ブラン城はルーマニア南部にある古城です。
美しい城で、観光地としても人気です。
アイルランドの作家ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場するドラキュラ城のモデルと言われています。「ブラン城」を見るならぜひ冬に挑戦してください。
冬季のルーマニアは厳しい寒さが続くことで知られており、降雪量も多く銀白の世界が広がります。
そんな凍てついた澄んだ空気に浮かぶブラン城、寒さを乗り越えて見に行く甲斐はあるかもしれません。

ヨーロッパの城って好きなんです…ルーマニア「ブラン城」に見とれてしまう絶景10選 | wondertrip

ヨーロッパの城って好きなんです…ルーマニア「ブラン城」に見とれてしまう絶景10選 | wondertrip

6位 絶景の宝庫アイスランドの中でも随一の絶景「セリャラントスフォス滝」

絶景の宝庫アイスランドの中でも随一の絶景「セリャラントスフォス滝」
湧き出る温泉、ブルーラグーンに氷の絶景と、アイスランドはwondertripでもイチオシの絶景の宝庫。
そのなかでもここ「セリャラントスフォス滝」は外せません。
観光の際には、実際にこの写真のように滝の裏に回って写真をとることができますので、ぜひフォトジェニックな写真撮影にチャレンジしてください。

火山、温泉にオーロラ!氷と炎の不思議な国・魅惑のアイスランド絶景まとめ | wondertrip

5位 インド洋に浮かぶ奇跡の島、ソコトラ島/イエメン

インド洋に浮かぶ奇跡の島、ソコトラ島/イエメン

アラビア半島から南に約300km、インド洋から紅海へつながるアデン湾に浮かぶソコトラ島。
古代より海上貿易の拠点として多くの人々が来島し栄えてきました。
アニメやゲームに出てくる異世界の植物を思わせるこの島の固有種、竜血樹はソコトラ島のシンボルと言っても過言ではないでしょう。この木の樹液は竜血(シナバル)と呼ばれ、古代ローマや中世ヨーロッパ、そして中国など各地で貴重品として取引され、この島の大きな収入源となっていました。
この竜血は止血・鎮痛作用を持つ薬品として、またその赤さから着色剤としても使用されていたそうです。

幹に大きく傷をつけて搾取するため、近くで見るとなんとも痛々しい状態になっているそうです。

地球を感じる絶景!インド洋に浮かぶ奇跡の島、イエメン・ソコトラ島の景色5選 | wondertrip

地球を感じる絶景!インド洋に浮かぶ奇跡の島、イエメン・ソコトラ島の景色5選 | wondertrip

4位 ナヴァイオ・ビーチ/ギリシャ「ザキントス島」

ナヴァイオ・ビーチ/ギリシャ「ザキントス島」

ザキントス島は、イオニア海に浮かぶのギリシャの島。
島内の最大の見どころはナヴァイオ・ビーチ(シップレック・ビーチとも呼ばれる)です。
密輸船が打ち上げられたのを機に、シップレック・ビーチ(難破船のあるビーチ)と呼ばれるようになりました。
ジブリ作品「紅の豚」の舞台とも言われているこの絶景は、ビーチで泳ごうとすればなんと船でしか訪れることができません。ビーチ奥に打ち上げられている船は本物の「難破船」ですので、当時ここに偶然打ち上げられた人たちに思い馳せるところ。
一層想像が掻き立てられますね。

3位 絶景ビーチならやっぱりモルディブ

絶景ビーチならやっぱりモルディブ

モルディブ共和国はインドとスリランカに近いイギリス領地で、美しい珊瑚礁と豊かな緑、鮮やかなブルーの海が見られるリゾートとして非常に人気の高い島国です。
島の多くが海に面しており、絶景の多いモルディブの島々。
やはり絶景リゾートビーチといえばここを外せません。写真は、定番人気の北マーレ環礁。
北マーレ環礁は空港からのアクセスも良く、モルディブの中でも最もリゾートが多い老舗の観光スポットです。

天国はここにあったか…モルディヴ共和国で見れる幻想的な絶景8選 | wondertrip

天国はここにあったか…モルディヴ共和国で見れる幻想的な絶景8選 | wondertrip

2位 街全体が絶景のフィレンツェ/イタリア

街全体が絶景のフィレンツェ/イタリア

イタリア・フィレンツェは14~15世紀に花開いたルネッサンス文化の中心都市です。
アルノ川沿いに広がる小さな街で、ルネッサンスにゆかりのある芸術品を収蔵する美術館や教会が集まっています。
そんなフィレンツェは、まさに絶景の宝庫!写真は、赤いドーム屋根がシンボルの大聖堂「ドゥオーモ」。
ドゥオーモをはじめとした中世ヨーロッパの世界観を感じることが出来るこの街へ、まだ行ったことがないなら、次の海外旅行プランの筆頭候補にぜひ。

イタリア観光ならやっぱりここ!ルネッサンス文化の中心都市「フィレンツェ」で見た絶景 | wondertrip

イタリア観光ならやっぱりここ!ルネッサンス文化の中心都市「フィレンツェ」で見た絶景 | wondertrip

1位 やっぱり定番「マチュピチュ」/ペルー

やっぱり定番「マチュピチュ」/ペルー

空中都市と謳われている古代都市、マチュピチュ。
その異名の通り、地上からはるか遠くに離れた場所にその遺跡は存在しています。
数多くの歴史研究者の手によって、だんだんとその謎が解き明かされているものの、まだまだ謎が多いスポット。
真実は当時の人間しか知る由がないのでしょう。日本からは地球の裏側に位置する南米ペルーの、さらに現地到着からも移動に苦戦する「マチュピチュ」。
移動を含めると1週間は見ておかないといけないこの秘境、日本人に大人気でツアーも随時組まれています。

地球の壮大な息吹を感じる絶景の数々!ペルーの幻想的な絶景10選 | wondertrip

地球の壮大な息吹を感じる絶景の数々!ペルーの幻想的な絶景10選 | wondertrip

さあ、旅にでかけよう

死ぬまでに1度は行ってみたい!世界の絶景・秘境ランキング100はいかがでしたでしょうか?世界には、まだまだ知らない沢山の絶景や秘境が数多くあります。
今後もWondertripでは、世界にある絶景・秘境スポットをご紹介していきます!

ディスニー映画からジブリ作品まで!ファンタジーな世界を演出する絶景スポット7選

まるでアルプスの少女ハイジの世界!スイス・グリンデルワルドでしたい9つのこと

関連記事

  1. 可愛すぎる新スイーツ「チューリップローズ」、登場1ヵ月で早くも5…

    新スイーツブ&#…

  2. 出会えた、私だけの鎌倉に。カテゴリ別「鎌倉旅」のおすすめプラン7…

    鎌倉エリアといえば都心からも行きやすく、大人気の観光地ですよね。歴史的な魅力もあれば、グルメなどの最…

  3. 日頃の感謝をスイーツにのせて。東京近郊の“母の日に渡したいスイー…

    もうすぐ母の日。日頃お世話になっているお母さんに感謝の気持ちを込めて、プレゼントを贈りたいけれど何に…

  4. ディズニーリゾートで人気の花火エンターテイメント「ハピネス・オン…

    「ハピネス・オン・ハイ」は、東京ディズニーランドの開園30周年を記念して登場した人気の花火エンターテ…

  5. ディズニーランドで誕生日を過ごす!お誕生祝いにおすすめのディズニ…

    ディズニーランドには誕生日にピッタリなレストランがたくさんあります!年に一度の大切な日。家族や友達、…

  6. ディズニーのホテルでおすすめのサプライズ7選!

    ディズニーリゾートを楽しむためのホテルはたくさんありますが、そのホテル、身体を休めるために宿泊するだ…

  7. 4/26「よい風呂の日」におすすめ♪日帰り絶景露天15選【関東近…

    4月26日(金)は…

  8. 東京ディズニーシーの大人も楽しめる「ショー」まとめ

    東京ディズニーシーには、子供だけではなく大人も楽しめる、良質で多彩なショーが勢ぞろい♪パークの楽しみ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss