歴史の文脈も外さずに。おしゃれ以上の価値がある小樽の“魅力スポット5選”

レトロな雰囲気が人気の北海道・小樽市には、歴史的な魅力がたっぷり詰まっています。かつての人々の努力が刻まれた跡からは、その土地特有の美しさを感じますね。今回は、歴史的価値に触れられる小樽市の魅力をご紹介します。

小樽ってどんなところ?

日本海に面している北海道の小樽市は、おしゃれでレトロな雰囲気がいま人気となっています。かつて港湾都市として栄えた小樽は、明治や大正の趣が残る歴史深さも魅力の一つです。札幌市から車で約1時間の場所にあることもあって、北海道旅行には欠かせない場所ですよ。

小樽運河

小樽観光のシンボルといえば、石造りの倉庫が立ち並ぶ「小樽運河」です。北海道開拓の窓口として開かれた小樽運河では、重厚な石造りの倉庫や散策路に並ぶガス灯からレトロな情緒が感じられます。
大正12年に完成し小樽の繁栄から衰退、そして再生を見つめてきた運河。特に冬の雪景色を目にすると、センチメンタルな気持ちになります。特に石造りの倉庫群がライトアップされる夜の光景はおすすめですよ。

小樽タイムズガーテン

この小樽運河沿いにある「OTARU TIMES GARTEN(小樽タイムズガーテン)」は、北海道グルメとハンモックを楽しめる施設です。歴史ある石造りの倉庫を改装してできたこの場所では、ジンギスカンやラム肉に、北海道産小麦を使用した焼き立てのパンをいただけます。
また施設内のハンモックも人気で、ゆらゆら揺られながらまったりとティータイムを楽しめます。食べ応え抜群の北海道自慢の生ラム肉は、最高のひと時をアシストしてくれますよ。小樽の長い歴史に包まれた時間を楽しめる場所になっています。

詳細情報

小樽運河
  • 北海道小樽市色内2-8-7
  • 0134324111(観光復興室)
小樽タイムズガーテン
  • 北海道小樽市港町5-4

旧手宮鉄道施設(機関車庫三号)

明治初期から北海道の産業革命を支えた炭鉱、鉄鋼、港湾、鉄道を総称した「炭鉄港」の一部が小樽市にあります。日本遺産にも数えられる炭鉄港では、北の大地のエネルギーに満ちた人々の歴史を感じることができます。

小樽港北防波堤

1908年に本格的な港湾整備として築かれた「小樽港北防波堤」は、日本初のコンクリート製の防波堤として、荒波から北の大地を守ってきました。これは100年以上たったいまでも、“第一線防波堤”としてその役割を果たしています。

詳細情報

旧手宮鉄道施設 機関車庫3号 / 国指定重要文化財
  • 北海道小樽市手宮1-3

③物資運輸に活躍した廃線跡へ

「旧手宮(てみや)線跡地」には、かつて物資輸送の手段として重宝された手宮線の廃線跡がいまだ残存しており、実際に線路の上を歩くことができます。105年ものあいだ走り続けた手宮線の跡地には、踏切や遮断器に駅などの面影も。

約1.6kmの整備された廃線跡には草花が生い茂っており、いまなお人々に愛されています。線路の先を見つめていると、どこまでも物資を運んでいくようで、すでに役割を終えた手宮線も心をくすぐるようです。

詳細情報

手宮線跡地
  • 北海道小樽市色内1-13-1

④新一万円札の肖像、渋沢栄一に迫る!

旧澁澤倉庫

2024年から新一万円札の肖像に採用された、渋沢栄一。日本資本主義の父とも称される渋沢栄一ですが、そんな彼にまつわる施設がここ小樽にはいくつかあります。小樽運河沿いにも、渋沢栄一が所有した「旧澁澤倉庫」が、運河の美しい景観を保っています。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

また築100年を超える「日本銀行旧小樽支店金融資料館」では、日本銀行の歴史や金融の仕組みなどをわかりやすく学ぶことができます。施設内では、戦後に日本銀行が発行したお札すべてを展示しているほか、一億円の重さを体験できるコーナーもあって、金融に普段はあまり興味がない方でも楽しめますよ。

詳細情報

日本銀行旧小樽支店金融資料館
  • 北海道小樽市色内1-11-16日本銀行旧小樽支店金融資料館
  • 0134-21-1111
北海道初、外国人専用ホテルとして1931年に建設された“旧越中屋ホテル”をリノベーションした「UNWIND HOTEL & BAR(アンワインドホテルアンドバー)」は、その長い歴史から経産省「近代化産業遺産群33」にも指定されました。クラシックと現代的感性が融合した客室には、独特の非日常感が感じられます。
贅沢なサービスが魅力のこのホテルでは、夕刻のワインサービスにモーニングハイティーと、優雅な時間を飾ってくれます。夜にはバーで小樽ワインを嗜むオトナな空間に浸ってみてはいかがですか。

詳細情報

Unwind Hotel & Bar 小樽 (アンワインドホテル&バー小樽)
  • 日本、北海道小樽市色内1-8−番25号
  • 0134-64-5810
いかがでしたか。
この頃観光地として人気を集めている小樽は、
歴史的な文化財や文脈も詰まっており、学びも得られる貴重な場所です。
みなさんも歴史的な一面にも注目してみてくださいね。

【開催中】自然xアイヌ文化×デジタルアート。“阿寒湖の森ナイトウォーク”釧路に誕生

東京都内の名店はここ!「絶品うどん」が食べられるお店ランキングTOP10

関連記事

  1. 白浜温泉(和歌山県)で日帰り温泉が楽しめる人気&おすすめの旅館・…

    1日でできる小旅行として日帰り温泉は人気ですね。Wondertripでは、白浜温泉で人気の日帰り温泉…

  2. 「新潟市水族館 マリンピア日本海」でしたい5つのこと

    今回は、新潟市にただひとつある水族館、「新潟市水族館 マリンピア日本海」をご紹介します。イルカやラッ…

  3. 沖縄で人気&おすすめの今話題の最新お洒落カフェ10選

    沖縄旅行で外せないのがおしゃれなカフェ巡り。しかし、多すぎてどこに行けばいいかわからないという方…

  4. 山梨県の人気&おすすめ観光スポットランキングTOP40

    山梨県といえば、日本の象徴といっても過言ではない富士山が有名ですよね。世界文化遺産にも登録され、…

  5. 東京タワーを眺めながら食事ができる人気&おすすめ絶景レストラン3…

    今回は東京タ&#…

  6. 2016年人気温泉地ランキングTOP20 今年、最も観光客を集め…

    「2016年 年間人気温泉地ランキング」今年もあと残すところ1か月を切りました。皆さんは、こ…

  7. 観光大国の兵庫で泊まろう!兵庫県の人気ホテル20選

    兵庫県は、みなと町神戸だけでなく、有馬温泉や城崎温泉などの古くからある温泉街、淡路島、姫路城などの人…

  8. 三重県四日市周辺の子供も大人も楽しめる人気&おすすめ観光スポット…

    お子さま連れて、お出かけするときにどこ行こうか迷ってしまいますよね。特に小さなお子さまがいるとパ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss