東京ディズニーランドの人気アトラクション『キャッスルカルーセル』の魅力やトリビア

東京ディズニーランドのオープン当時から子供達に大人気のアトラクション「キャッスルカルーセル」。このアトラクションは、ディズニー映画『シンデレラ』をテーマにしており、中世ヨーロッパの素敵な装飾で、単なる子供の乗り物ではなく、大人の心も掴んでいきます。今回はその魅力やこのアトラクションにまつわるトリビアなどをご紹介していきます。【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

子供はもちろん大人も乗りたい!「キャッスルカルーセル」

「夢がかなうおとぎの国」をテーマにした「ファンタジーランド」の中心にある「キャッスルカルーセル」は、子供はもちろん大人にも人気が高いアトラクションです。
このアトラクションは、ゆっくりと上下する90頭の白馬に乗ってまわっていく、いわゆるメリーゴーランド。
他の遊園地では、大人はちょっと懸念しがちな乗り物のひとつですが、ここは夢の国。
不思議と大人も乗りたくなる昔ながらのアトラクションです。

映画『シンデレラ』の世界を堪能できるアトラクション

東京ディズニーランドのシンボルでもあるシンデレラ城。
このシンデレラ城は言わずもがなですが、映画『シンデレラ』をモチーフにしてつくられたお城なのです。
シンデレラ城の裏側は、中世のヨーロッパをテーマにした建物が並び、物語に登場するような雰囲気が広がっています。「キャッスルカルーセル」は、シンデレラ城と同じく『シンデレラ』をテーマにしており、カルーセルのあちらこちらには、映画のワンシーンが描かれた絵画がストーリー順に18枚飾られています。
カルーセルの白馬はまさに、お城の舞踏会へ向かう時にシンデレラが乗っていた白馬と同じ。
シンデレラに憧れを抱く女の子はもちろん、大人も幼き頃のときめきを思い出させてくれる、夢溢れるアトラクションなのです。

空いている時間はいつ?

「キャッスルカルーセル」は、一度に90名のゲストを乗せることができ、さらにアトラクションの乗車時間は1回約2分と短いため回転率が早いです。
平日の平均待ち時間は7分、休日や繁忙期でも平均20分待ちと比較的待ち時間が短め。時間が空いた時に、空いていたら乗るという感じで良いと思います。
1日の中で空いている時間帯はランチタイムの12時前後と、閉園時間が近づく20時~22時。
夜の時間帯は子連れの家族が少なくなり、空く傾向にあります。日没後はイルミネーションがライトアップされ、昼間と夜では全く違う印象に。
閑散期の20時以降は「ファンタジーランド」全体がガラガラになりますので、大人のカップルはこの時間帯に乗車すると良いでしょう。
光り輝くカルーセルでロマンティックなひとときを過ごしてみては?

90種類のカルーセル!どの白馬に乗るか迷っちゃう♪

全部で90頭ある白馬のカルーセルは、1体1体装飾や馬の顔が違うのです。
カルーセルは5列になってまわっており、一番外側の白馬は他の4列の白馬よりも少し大きく作られています。
外側の白馬のみ、10歳未満の子供は大人と一緒に2人乗りが可能。
その他の4列は全て1人乗り専用の白馬です。ディズニーランドの創設者ウォルト・ディズニーは、「キャッスルカルーセル」をつくる上で全ての馬を白馬にしようと考えました。
その理由は子供達が白馬の取り合いをすることを避けるため。
物語に登場する馬も白馬が多く、子供達にとって白馬は特別な存在なのです。さらに全部同じ白馬ではつまらないと感じたウォルト・ディズニーは、装飾から馬の形、顔に至るまで1体ずつ変えて、人間と同じように個性を持たせました。
並んでいる間にどの馬に乗ろうか目星を付けておきましょうね。
あなたのお気に入りの白馬を見つけてみてください♪

赤ちゃんでも大丈夫?何歳から乗れる?

ディズニーの公式では、補助無しで座れることを条件に、年齢制限は特に設けてはいません。
補助無しで座れるようになるのはだいたい生後半年を過ぎてから。
しかし0歳児では、動く乗り物にまたがって座っていることは、固定ベルトがあるとはいえ、ちょっと怖いかもしれません。
1歳過ぎても、乗り物を怖がってしまうお子さんだと、乗っている最中に大泣きしてしまう可能性も。乗り物に興味を持ち始めて、しっかり白馬にまたがっていられるようになるのは、2歳半を過ぎてからですよね。
3歳になれば自分からあれ乗りたい!と言ってきてくれるかも?その子の様子を見ながら、ゆっくりデビューさせてみましょう。ちなみに「キャッスルカルーセル」は反時計回りにまわっていくのですが、これは小さな子供がたくさん乗る事を想定して、あえて反時計回りにしたそうです。
人は感覚的に反時計回りにまわる方が落ち着くと言われており、小さな子供たちに恐怖を感じさせないようにするための配慮だったわけですね。

そのため反対に、ハラハラドキドキを感じさせるスリル系のアトラクションの多くは、時計回りにまわることが多いって知っていましたか?同じ旋回タイプのアトラクションでも「スタージェット」は大人向けなので「時計回り」、「空飛ぶダンボ」は子供向けなので「反時計回り」にまわるのです。
まわる方向にまで気を遣うディズニーには感心ですね。

懐かしさと思い出が蘇るオルゴール曲

「キャッスルカルーセル」で流れるBGMは全てオルゴール楽曲。
12曲約23分間のオリジナルメドレーをノンストップでリピートしています。
楽曲はこちら。・星に願いを・ハイ・ディドゥル・ディー・ディー

・ビビディ・バビディ・ブー

・くまのプーさん

・ハイホー

・いつか王子様が

・イッツ・ア・スモールワールド

・ジッパ・ディ・ドゥーダ

・チム・チム・チェリー

・夢はひそかに

・ベア・ネセシティー

・ミッキーマウスマーチ

ちなみに同じく「ファンタジーランド」にあるアトラクション「空飛ぶダンボ」でも、「キャッスルカルーセル」と一緒のオルゴールメドレーが使われています。
小さい頃によく聞いていた思い出の曲が流れ、ノスタルジックな気分に浸ってしまいますよ。

 

夜のライトアップが幻想的!大切な人と一緒に魔法の時間を

シンデレラ城の通路から見えるライトアップされた「キャッスルカルーセル」が実に幻想的。
この写真はまるでおとぎ話に登場する夢の世界の入り口みたいな一枚ですよね。
「キャッスルカルーセル」のライトアップをより一層輝かせるため、あえて周囲の照明を暗くしています。
まさにディズニーマジック!いつだってゲストへのハピネスを忘れてはいません。恋人と一緒に手を繋ぎながらシンデレラ城の通路を歩いてみてください。
お城を抜けた先には、ロマンティックな光を放つカルーセルがふたりを待っていますよ♡

ディズニーキャラクター達がサプライズ登場!?一緒に乗れたらかなりラッキー♪

ディズニーランドでは、予告無しにディズニーキャラクター達がパークに登場する「フリーグリーティング」が実施されるのですが、そのプログラムの一環として、時々キャラクター達が「キャッスルカルーセル」に乗ることがあるのです。登場するキャラクターは決まっておらず、日時や時間もバラバラなので、たまたま乗った時にキャラクター達が乗り込んでくれたらかなり幸運。
夜に登場することはなく、主に空いている日の昼間にサプライズ乗車してくれます。
オーロラ姫やシンデレラなど人気のプリンセスが王子様と一緒に乗ってくれることもあり、女の子たちは大興奮。
ぜひ乗っているところを見かけたら、キャラクター達に笑顔で手をふってみてくださいね。 

【番外編】テーマや装飾が違う海外の「キャッスルカルーセル」

世界のディズニーには個性豊かなカルーセルがあり、乗り比べてみるのも面白そうです。
日本には「キャッスルカルーセル」ともうひとつ、ディズニーシーにある「キャラバンカルーセル」の2種類を楽しむことができますよね。
「キャラバンカルーセル」は映画『アラジン』をテーマにした、世界で唯一のカルーセル。
白馬の代わりに、ラクダやジーニーに乗ることができます。

その他フロリダのマジック・キングダムでは、東京と同じくシンデレラをテーマした「プリンス・チャーミング・リーガル・カルーセル」、香港では「シンデレラ・カルーセル」、カリフォルニアでは、映画『リトル・マーメイド』をテーマにした「キングトリトンのカルーセル」、パリでは映画『王様の剣』をテーマにした「ランスロットのカルーセル」、上海では映画『ファンタジア』をテーマにした「ファンタジアの世界」があります。カルーセルのつくりや内容はほとんど変わりませんが、それぞれのテーマに合わせた動物たちの乗り物が集まっており、見ているだけでワクワクしてきますよ♪ぜひ海外のディズニーに遊びに行った時はチェックしてみてください。

メリーゴーランドは人生を運ぶ夢の乗り物

英語では「Carousel」カルーセルと呼びますが、日本人にとっては「メリーゴーランド」の方が馴染み深いですよね。
シンデレラの物語が描かれた絵をぐるぐるとまわる様子は、まるで今までの人生を回想するかのようですね。
メリーゴーランドは人生そのもの。
昔両親と一緒に乗った思い出のメリーゴーランドに、次は自分の子供と一緒に乗って素敵な追憶体験を♪

ディズニーのホテルでおすすめのサプライズ7選!

世界中のディズニーファンから愛され続ける氷上ミュージカル『ディズニー・オン・アイス』の魅力・見どころや会場・座席・チケットなど基本情報まとめ

関連記事

  1. 大通公園周辺ディナーならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキ…

    大通公園周辺でディナー・夜ご飯を探しても、情報が多すぎてどのお店にいったらいいかわからない…そんなと…

  2. 冬のディズニーの寒さ対策!パークを快適に楽しむ方法

    冬のディズニーリゾートは、クリスマスのイベントがありますので、1年のうちで最も盛り上がる瞬間とも言わ…

  3. 奈良県大和郡山市の「柳町商店街」はとにかく金魚だらけの街だった!…

    奈良県の奈良公園はとにかく鹿まみれな公園で有名ですよね。野生の鹿が公園だけでなく、公園付近の横断…

  4. パスポートが有効期限切れ!申請手続きと注意する点は?|LINEト…

    久しぶりの海外旅行!張り切って引き出しの奥からパスポートを取り出すと、まさかの有効期限切れ。……なん…

  5. 四季折々の美しい景観!千葉県のおすすめ絶景スポットまとめ

    四季が最も美しい頂上決戦!千葉県編。今回は、千葉県で四季をのんびり満喫できる、そんなスポットを厳選し…

  6. ノマドワーカーも絶賛!たこやき食べ放題の原宿の隠れ家カフェ「ガレ…

    Yuichi Kosioにぎやかな原宿エリアで、電源を探してうろうろしたことがある人も多いは…

  7. ディズニープリンセスは女の子の憧れ!人気のプリンセス13人をご紹…

    子供の頃ディズニープリンセスに憧れを抱いた女性も多いのではないでしょうか。結婚式では、プリンセス達を…

  8. 弘前(青森県)の人気&おすすめ観光スポット10選 弘前城や歴史ロ…

    青森県の弘前市は、津軽藩の城下町として栄えた歴史ある街。津軽藩の城址・弘前城は、いにしえの姿そのまま…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss