旧石器時代にGO!「地底の森ミュージアム」でしたい5つのこと

今回ご紹介する「地底の森ミュージアム」は、杜の都(もりのみやこ)仙台にあります。仙台市太白区は、美しい三角形の姿を見せる太白山(たいはくさん)から名付けられました。埋蔵文化財などの歴史的資源や、ユネスコ文化遺産に登録された秋保の田植踊(あきうのたうえおどり)などの民俗芸能、伝統文化などが根付く街ですが、地底の森ミュージアムとは一体どんな施設なのでしょうか?その実態に迫ります!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

①世界でココだけ!ミュージアムで「旧石器時代」を見る
②見て、触って、実感できるイベントに参加する
③旧石器時代を持ち帰る?お土産を買う
④仙台に来たら外せない!手軽に食べ歩きをする
⑤仙台にといえばココ!政宗公由来の仙台城址に足を運ぶ

地底の森ミュージアムとは?

「地底の森ミュージアム」は、仙台市内のアクセスに恵まれた場所にあります。仙台空港からは仙台市空港アクセス鉄道・長町駅(仙台駅からは仙台市地下鉄南北線・長町南駅)で下車して歩いてみましょう!ミュージアムの内外には、見て触れて実感できる展示が揃っています。小さなお子さん、歴史好きの方、自然が好きな方、どなたでも旧石器時代のロマンを楽しむことが出来ます。この記事では、地底の森ミュージアムを楽しむための情報と、周辺エリアの美味しいグルメや見どころをご紹介します!
「地下展示室」と「野外展示」の2つに分かれています。まず、地下展示室では、約2万年前の焚火と森のあとを、展示しています。なんと、見つかったままの場所でそのまま保存したものなのです。旧石器時代の人が残した生活の跡・氷河期の森の跡、両方が見つかったときのままに見られるのは、世界でここだけ!2万年前の出来事を復元した映画も観られるので、より想像がふくらみそうですね!続いて、野外展示「氷河期の森」では、約2万年前に広がっていた氷河期の森を復元しています。四季折々の植物・昆虫を身近に観察してみましょう。
歴史を見て、触れて実感するなら、ぜひ体験コーナーへ行ってみましょう!展示をより楽しめる「ミニ講座」や、「石器を使う」、「フォトフレーム作り」、「糸玉作り」、「年輪を数える」などなど、期間内で募集しているイベントが設定されています。申し込みの費用についてはホームページで公開されているので、ぜひ、チェックしてみてください。その他、以前のイベントでは、日替わりメニューで体験を楽しめる「地底の森フェスタ」や、氷河期の森の風景を対象とした「フォトコンテスト」が開催されたこともあります!

③旧石器時代を持ち帰る?お土産を買う

旧石器時代を、おうちでも楽しみたい!そんな皆さんにはミュージアムグッズがおすすめです。日常使いに嬉しいクリアファイルや下敷き、大切な人に届けるも良し・おうちでディスプレイするも良し!なポストカード。そして、ゆっくり読み解きたいときに嬉しい、小さなお子さんから大人の方まで楽しく読める写真やイラストが満載の図録や絵本。深く歴史を掘り下げたい方には、各種研究報告など、様々なジャンルで楽しめます!

④仙台に来たら外せない!手軽に食べ歩きをする

そろそろお腹が空いてきませんか?手軽に食べれるグルメを2つご紹介します!まずは、仙台市民なら知らない人はいない「ひょうたん揚げ」です。笹かまぼこでお馴染みの阿部蒲鉾店(あべかまぼこてん)が販売しています。ボール形の蒸しかまぼこを、衣で包んで揚げたサクサクふわふわのスナックです。ほんのり甘い衣で包まれた揚げたてのひょうたん揚げは、お好みでケチャップをつけてくださいね。2つ目は、「ずんだ餅」です。以前は、枝豆が旬の時期にしか食べられない季節限定ものでしたが、現在はアレンジを利かせた様々なずんだスイーツを食べられます!

⑤仙台にといえばココ!政宗公由来の仙台城址に足を運ぶ

知る人ぞ知る伊達政宗の居城、仙台城(青葉城)にもぜひ足を延ばしてみましょう!残念ながら、現在は城は焼失していますが、石垣と再建された脇櫓(わきやぐら)が往時をしのばせます。騎馬にまたがり悠然と構える「政宗公騎馬像」はこちらにあるんですよ!また、青葉城資料展示館で、復元映像も見られます。徳川家康の目を逸らすために、天守閣を設けなかったといわれる青葉城の在りし日の姿に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?仙台駅西口バスプール乗り場より、るーぷる仙台「仙台城跡前」で下車してすぐのところにあります。

いかがでしたか?

いかがでしたか?
屋内外で旧石器時代の暮らしと氷河期の森を感じられる、
「地底の森ミュージアム」をご紹介してきました。
こんなにも昔の歴史が眠っていたのですね。
世界でここだけでしか見られないという保存展示がなされているのも、
このミュージアムの大きな魅力の1つでしょう。
戦国武将である伊達政宗をはじめ、
歴史・伝統・文化・風土・美味しいもの、
と魅力満載の風薫る杜の都仙台で、旧石器時代へ想いを巡らせてみてはいかがでしょうか?

「詳細情報」

地底の森ミュージアム
  • 宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
  • 0222469153

アニメファンなら必見!石ノ森萬画館でしたい5つのこと

ふれあい体験ができる!宮城県「八木山動物公園」でしたい5つのこと

関連記事

  1. 街並み全てがカラフル!イタリア・ベネチアの“ブラーノ島”の魅力を…

    水の都、ベネチアの干潟にある“ブラーノ島”ってご存知ですか。カラフルな建物が立ち並ぶ、とっても可…

  2. 美味しいが詰まったエリア!横浜中華街で本場さながらの味を堪能でき…

    みなさんは、横浜中華街に どのようなイメージがありますか? 日本にいながらも、まるで中国に来…

  3. 渋谷 半地下酒場

    【渋谷 半地下酒場】がグランドオープン🍺渋谷の食…

    2021年6月21日、 『食とエンターテイメント』をテーマに、 世代を超えて誰でも気軽に楽し…

  4. 東京『1000円以内(税抜)食べ放題ランチ』のお店10選!安い、…

    お昼ごはんだってお腹いっぱい食べたい、 でもお金はできるだけかけたくない・・・ そう思ってい…

  5. バリ島に行ったらこの「地獄絵」は必見です!バリ島で見たい、最重要…

    Kai 'Oswald' Seidlerバリ島には貴重な文化財が数多くありますが、「クルタ・…

  6. 発表! 『2017年 日本三大イルミネーション』

    夜景の観光資源としての活用や成果について情報を共有する「夜景サミット」が2017年10月20日(金)…

  7. アメリカ・シカゴ旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光ス…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  8. 【横浜赤レンガ倉庫で開催中】今年は新しいスタイルでドイツビールを…

    秋だ!ビールだ! 横浜赤レンガ倉庫で、みなとみらいの景色を 眺めながらドイツビールを楽しもう…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss