【2021】日光の紅葉名所15選!見頃時期から定番いろは坂などおすすめ秋絶景も

関東のおすすめ紅葉名所といえば日光!例年の見頃時期から、絶景まで徹底調査しました!

中禅寺湖、いろは坂、奥日光の竜頭ノ滝、湯滝…。10月中旬~11月上旬まで長期間観賞できます。世界遺産・日光山輪王寺の最新ライトアップ情報もありますよ!

日光駅からの東武バスでのアクセス情報もチェックして、ぜひお役立てくださいね。

※この記事は2021年9月22日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
記事配信:じゃらんニュース

いろは坂

早めの観賞がコツ!紅葉のワインディングロード

(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)
(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)

[見頃時期]10月中旬~11月上旬

日光観光のスタートになるのが、JR日光駅や東武日光駅。標高543mのその近辺から、標高1269mの中禅寺湖まで、一気に駆け上がる“激坂”がいろは坂です。

第1いろは坂と第2いろは坂があり、第2が上り、第1が下りの一方通行となっています。

第2いろは坂を上りきった「明智平展望台」が絶景スポット!また、一時駐車ができる「黒髪平展望台」(上の写真)もおすすめ。

通常なら片道20分の道路ですが、紅葉シーズンは渋滞のため2~3時間かかることも。上りは7時前、下りは14時前を狙うと比較的スムーズです。

■いろは坂
[住所]栃木県日光市細尾町
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[料金]通行無料
[アクセス]【車】日光宇都宮道路清滝ICよりR120経由で約15分
[駐車場]あり/黒髪平展望台無料、明智平展望台駐車場1回500円(ロープウェイ利用の場合無料)
「いろは坂」の詳細はこちら
「いろは坂」の口コミ・周辺情報はこちら

華厳の滝

紅葉シーズンは幻想的なライトアップも

(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)
(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)

[見頃時期]10月中旬~下旬

中禅寺湖の水が97mもの落差で流れ落ちる名瀑です。まずは明智平展望台から遠望すると、火山の噴火がつくり出したという造形美がよく分かります。

少し進んで中禅寺湖畔の温泉街へ。滝を上部から眺められる観瀑台があり、迫力ある姿を見ることができます。周囲の木立の紅葉を間近に感じられるスポットです。

さらに華厳の滝エレベーターに乗って、滝つぼ付近まで降りれば、水しぶきとともに轟音を上げる景観に出会えます。

[ライトアップ・お祭り情報]

「ライトアップ奥日光」
華厳の滝を始め、日光各所のライトアップを実施。
2021年11月13日(土)~23日(火・祝)16時30分~19時を予定。詳細はホームページをご参照ください。

■華厳の滝
[住所]栃木県日光市中宮祠
[見頃時期の営業時間]24時間開放 華厳の滝エレベーター:10月~11月は8時~17時 ※季節や状況により変動あり
[料金]華厳の滝エレベーター:中学生以上往復570円、小学生340円
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より中禅寺温泉または湯元温泉行き東武バスで「中禅寺温泉」下車、徒歩約5分
[駐車場]あり/華厳第1・華厳第2駐車場1回320円
「華厳の滝」の詳細はこちら
「華厳の滝」の口コミ・周辺情報はこちら

中禅寺湖

雄大な紅葉に包まれるネイチャーフィールド

(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)
(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)

[見頃時期]10月中旬~下旬

中禅寺湖は、2万年前に男体山(写真右奥)の噴火によって川がせき止められてできた湖。標高1269mにあるため、ヒメマスやホンマスなど、冷たい水を好む魚が生息しています。

周囲の山では、カエデ、ブナ、ミズナラ、ウルシなど、自然のままの樹種が紅葉し、樹種の色の違いが美しいグラデーションを見せてくれます。

遊覧船に乗って、湖の上から紅葉風景を眺めるのもおすすめ。紅葉シーズンには紅葉廻りコースも運行されます。

[ライトアップ・お祭り情報]

「ライトアップ奥日光」
中禅寺湖畔イルミネーションを実施。2021年11月1日(月)~12月31日(金)16時30分~21時を予定。詳細はホームページをご参照ください。

■中禅寺湖
[住所]栃木県日光市中宮祠
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より中禅寺温泉または湯元温泉行き東武バスで「中禅寺温泉」下車、徒歩約5分
[駐車場]あり(無料)
「中禅寺湖」の詳細はこちら
「中禅寺湖」の口コミ・周辺情報はこちら

イタリア大使館別荘記念公園

赤や黄の装いが優しく包む湖畔の別荘

(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)
(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)

[見頃時期]10月中旬~下旬

中禅寺湖畔には明治から昭和初期にかけ、欧米各国大使館の別荘などが多く建てられました。イタリア大使館別荘記念館は、1920年代の建築を当時のままに復元した展示館です。

「夏は外務省が日光に移る」とまで言われた日光の歴史を感じられます。秋、邸のまわりの木々は黄色や赤に装いを変え、ここだけは北イタリアの湖水地方のよう。

邸内の湖畔側廊下にはソファが並び、そこから眺める紅葉の中禅寺湖も絶景です。

[ライトアップ・お祭り情報]

「ライトアップ奥日光」
イルミネーションを実施予定。2021年11月13日(土)~23日(火・祝)16時30分~19時を予定。詳細はホームページをご参照ください。

■イタリア大使館別荘記念公園
[住所]栃木県日光市中宮祠2482
[見頃時期の営業時間]2021年5月~11月10日:9時~17時、11月11日~30日:9時~16時 ※季節により変動あり
[料金]入館料200円、英国大使館共通券300円
[休館日]5~11月無休、4月は月曜休館 ※12~3月は休館
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より中禅寺温泉または湯元温泉行き東武バスで「中禅寺温泉」下車、徒歩35分【車】日光宇都宮道路清滝ICよりR120経由で約50分。県営歌ガ浜駐車場利用、徒歩15分
[駐車場]あり/県営歌ガ浜駐車場(無料)
「イタリア大使館別荘記念公園」の詳細はこちら
「イタリア大使館別荘記念公園」の口コミ・周辺情報はこちら

千手ヶ浜

凜と冷えた空気が紅葉を鮮やかに彩る

(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)
(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)

[見頃時期]10月中旬~下旬

千手ヶ浜は中禅寺湖の西岸に約2kmにわたって広がる浜です。一般車の乗り入れができないため、豊かな自然が維持されています。

樹齢200年以上のミズナラやハルニレが、紅葉の時期には見事な色付きを見せます。早朝、暖かい湖面がもやを生み、朝日が射す光景は幻想的。

徒歩や、低公害バスを利用して訪れることができます。

■千手ヶ浜
[住所]栃木県日光市
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バスで「赤沼」下車、赤沼より低公害バスで終点「千手ヶ浜」下車、徒歩約10分
[駐車場]あり/赤沼駐車場(赤沼バス停近く)無料
「千手ヶ浜」の詳細はこちら

竜頭ノ滝

岩を噛むように流れる滝と紅葉のコラボ

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月上旬~中旬

中禅寺湖に流れ込む湯川沿いに上流へさかのぼっていくと、その途中で出会えるのが竜頭ノ滝。男体山の噴火によって流れ出した溶岩の上を階段状に流れる滝です。

周辺のモミジやシナノキは、9月下旬には色づき始め、10月には見頃を迎えます。最下流部の滝つぼ近くで大きな岩によって2つに分かれる姿が、竜の頭に似ているのが名前の由来とか。

滝つぼ近くには「龍頭之茶屋」があり、そこから観瀑台までは徒歩すぐです。

■竜頭ノ滝
[住所]栃木県日光市中宮祠
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バスで「竜頭の滝」バス停下車
[駐車場]あり(無料)
「竜頭ノ滝」の詳細はこちら
「龍頭ノ滝」の口コミ・周辺情報はこちら

戦場ヶ原

湿原ならではの “草紅葉”を体験!

(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)
(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)

[見頃時期]9月下旬~10月中旬

中禅寺湖と湯ノ湖の間に広がる、広大な湿原です。標高は約1400m。男体山の神と赤城山の神が中禅寺湖をめぐってここで争ったという神話から名付けられたとか。

湿原をぐるりとめぐる自然研究路が整備されていて、約2時間半のハイキングが体験できます。湿原の草紅葉は早く、9月下旬~10月上旬には壮大な景観が楽しめます。

自然研究路の途中には展望ポイントが設置されていて、貴重な野鳥や植物も観察できます。

■戦場ヶ原
[住所]栃木県日光市中宮祠
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バスで「三本松」または「赤沼」バス停下車、徒歩1分
[駐車場]あり(無料)
「戦場ヶ原」の詳細はこちら
「戦場ヶ原」の口コミ・周辺情報はこちら

湯川

湿原の植物を育んで静かに流れる川

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月上旬~中旬

湯ノ湖から流れ出し、戦場ヶ原や湯滝を育んで中禅寺湖に流れ込む川が湯川。冷たく清冽でありながらゆったりした流れはイギリスなどの川に似ていると言われ、明治時代から“フライフィッシングの聖地”とされてきました。

戦場ヶ原の自然研究路にも、いくつかの湯川のビューポイントがありますが、上流側の湯滝の観瀑台から少し足を伸ばすだけでも「チョークストリーム」と呼ばれる美しい流れに出会えます。

湿原の植物が鮮やかに色付く紅葉は、どこか異国情緒を感じさせる光景です。

■湯川
[住所]栃木県日光市湯元
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バスで「湯滝入口」下車、徒歩10分
[駐車場]あり/湯滝駐車場1回500円
「湯川」の口コミ・周辺情報はこちら

湯滝

滝つぼから見上げる豪快な滝紅葉に感動!

(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)
(写真提供:(公社)栃木県観光物産協会)

[見頃時期]10月上旬~中旬

湯ノ湖の南端から流れ落ちる湯滝。幅25m、高さは70mあり、長さは溶岩の斜面を斜めに流れ落ちるために110mにも及ぶ名瀑です。

滝つぼ近くに観瀑台があり、見上げるように観賞することができます。間近で見る姿はなかなかの迫力。岩を滑り落ちるため白泡が目立ち、周囲の紅葉や、青空とのコントラストも鮮明です。

滝の上部から見下ろせる観賞スポットもあり、そちらからの眺めもまた一興です。

■湯滝
[住所]栃木県日光市湯元
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バスで「湯滝入口」下車、徒歩5分
[駐車場]あり/湯滝駐車場1回500円
「湯滝」の詳細はこちら
「湯滝」の口コミ・周辺情報はこちら

湯ノ湖

広葉樹が湖面に映える神秘的な光景

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月上旬~中旬

三岳(みつたけ)の噴火により、湯川がせき止められてできた湖です。湖畔には日光湯元温泉が湧き出していて、そのお湯も流れ込んでいるのだとか。

周囲は約3kmで、約1時間で1周できる散策路があります。周囲にはウダイカンバ、ノリウツギ、オオカメノキなど手つかずの広葉樹が多く、色鮮やかな紅葉を見せてくれます。

静かで神秘的な雰囲気。また違った紅葉散策が楽しめます。

■湯ノ湖
[住所]栃木県日光市湯元
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バスで「湖畔前」バス停下車すぐ
[駐車場]あり(無料)※冬期有料の場合あり
「湯ノ湖」の詳細はこちら
「湯ノ湖」の口コミ・周辺情報はこちら

日光山輪王寺

世界遺産と紅葉がライトアップで浮かび上がる!

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月中旬~11月中旬

日光山輪王寺は、東照宮・二荒山神社とあわせて「二社一寺」と称される寺院。「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。

四季を通じて美しいところですが、輪王寺は秋の紅葉もひときわ鮮やか。小堀遠州の作と伝わる庭園・逍遥園(しょうようえん)のカエデが見事です。

徳川家光公の廟所である大猷院(たいゆういん)へ参拝すると、仁王門から拝殿、本殿へと進むあいだの坂道で、鮮やかな紅葉が出迎えてくれます。

[ライトアップ・お祭り情報]

逍遥園のライトアップを開催予定。
10月29日(金)・30日(土)・31日(日)【時間】17時~22時
11月2日(火)・3日(水/祝)・ 5日(金)・6日(土)・7日(日)・12日(金)・13日(土)・14日(日)【時間】16時~20時
公式ホームページ をご確認ください。

■日光山輪王寺
[住所]栃木県日光市山内2300
[拝観時間]11月~3月:8時開門~16時閉門 4月~10月:8時開門~17時閉門 ※受付閉門30分前まで ※常行堂は9時開門
[拝観料]三仏堂・大猷院・宝物殿セット券大人1000円、小中学生400円 輪王寺券(三仏堂・大猷院共通)大人900円、小中学生400円 単独拝観券(三仏堂)大人400円、小中学生200円 単独拝観券(大猷院券)大人550円、小中学生250円 単独拝観券(宝物殿・逍遥園)大人300円、小中学生100円など ※ライトアップ拝観料別途
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バス「世界遺産めぐりバス」利用、宝物殿・逍遥園へは「勝道上人像前」、大猷院・常行堂へは「大猷院 二荒山神社前」下車
[駐車場]周辺有料駐車場を利用
「日光山輪王寺」の詳細はこちら
「日光山輪王寺」の口コミ・周辺情報はこちら

裏見ノ滝

静かな佇まいを残す幽玄の紅葉美

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月中旬~11月中旬

滝の見どころの多い日光でも、静かな雰囲気を残している裏見ノ滝。いろは坂と日光山輪王寺の中間あたりに案内看板があり、そこから3kmほど北に位置しています。

かつては滝の裏側からも見ることができたため、この名前があります。明治時代に崩落があり、現在は通ることができませんが、かつては松尾芭蕉もこの滝を訪れて句を残したほど。

華厳の滝などと比べて人も少なめで、静かに紅葉美を観賞することができます。

■裏見ノ滝
[住所]栃木県日光市
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バス湯元温泉行きまたは中禅寺温泉行きバスで「裏見の滝」下車、徒歩45分
[駐車場]あり(無料)
「裏見ノ滝」の詳細はこちら
「裏見ノ滝」の口コミ・周辺情報はこちら

霧降の滝

森の向こうに見える、霧をまとった滝

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月中旬~11月中旬

JR日光駅・東武日光駅からいろは坂方面に向かわずに大谷川を渡って北上すれば、別荘地なども多いリゾート地・霧降エリア。ここにある霧降の滝は、紅葉の時期が絶景です。

レストランもある「霧降の滝入口」から、森の中の遊歩道を歩いて5分ほど。樹木の間にウッドデッキの観瀑台があり、霧降の滝を遠望することができます。

上下2段に分かれて流れるため、途中の岩で水しぶきが発生し、遠くから見ると霧のよう。赤、黄色、黄緑と色とりどりの紅葉に囲まれて流れ落ちます。

江戸時代、葛飾北斎も浮世絵に描いたのもうなずける名瀑です。

■霧降の滝
[住所]栃木県日光市所野
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バス霧降高原・大笹牧場行きで「霧降滝入口」バス停下車、観瀑台まで徒歩15分
[駐車場]あり(無料)
「霧降の滝」の詳細はこちら
「霧降の滝」の口コミ・周辺情報はこちら

玉簾の滝(たますだれのたき)

秋の色濃い森の中を、白く静かに流れ落ちる

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月中旬~11月中旬

霧降の滝のさらに上流には、「霧降隠れ三滝」と呼ばれる3つの滝があります。森の中のハイキングコースを歩いてたどり着ける、知る人ぞ知るスポットです。

玉簾の滝は、高さは10mもない小さな滝ですが、岩の上に白く広がって流れる姿がその名の通り「すだれ」のよう。サラサラと涼しげな音を立てて流れ落ちています。

赤、オレンジ、黄色と色付いた周囲の紅葉は、まるで一幅の水墨画。トレッキングに準じた装備・服装で、ゆっくりと秋の山歩きを楽しんでみてください。

■玉簾の滝
[住所]栃木県日光市
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バス霧降高原行きで「隠れ三滝」バス停下車、徒歩40分
[駐車場]なし(周辺の霧降の滝駐車場などを利用)
「玉簾の滝」の詳細はこちら
「玉簾の滝」の口コミ・周辺情報はこちら

霧降高原

1445段を登りきれば広がる天空の紅葉!

(写真提供:(一社)日光市観光協会)
(写真提供:(一社)日光市観光協会)

[見頃時期]10月上旬~下旬

玉簾の滝のある林間エリアから快走路である県道169号線を走っていくと、見晴らしのいい高原にたどり着きます。標高1200mの高原地帯、霧降高原です。

ニッコウキスゲという初夏に咲く花の群生地でもあり、レストハウスや遊歩道を備えた公園が整備されています。秋なら、木道の階段を登っていけば、手つかずの紅葉に出会えます。

小丸山展望台(往復90分)まで登れば、眼下はるかかなたまで広がる山々!天空の紅葉と呼びたくなる絶景が広がります。

■霧降高原
[住所]栃木県日光市所野
[見頃時期の営業時間]24時間開放
[アクセス]【電車】JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バス霧降高原行きまたは大笹牧場行きで「霧降高原」バス停下車すぐ
[駐車場]あり(無料)
「霧降高原」の詳細はこちら
「霧降高原」の口コミ・周辺情報はこちら

\こちらの記事もチェック!/
【日光】おすすめお土産!定番&美味しい湯波や酒饅頭などの和スイーツまで♪
【鬼怒川温泉】おすすめ日帰り温泉!日光観光とあわせて日帰り入浴も楽しもう
【絶対喜ばれる!栃木県のお土産】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました
おしゃれな「益子焼」が買えるお店!可愛い陶器を探しに行こう♪【栃木】
【栃木】カップルにおすすめのデートスポット!定番から穴場まで
【栃木】一度は訪れたい絶景スポットおすすめ!華厳滝・中禅寺湖など

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込み価格です。

栃木県・宇都宮の絶景スポットやグルメなどおすすめデートスポット12選

アップルパイに紅芋ソフト!イケアで「アップル&スイートポテトフェア」開催

関連記事

  1. あまりの美しさに、ついた呼び名は大西洋の楽園。テネリフェ島でした…

    太平洋の楽園と呼ばれるヨーロッパでは人気のリゾート地「テネリフェ島」。名前も聞いたことがない...そ…

  2. 【東海近郊】秋のドライブコース10選!日帰りデートにもおすすめ<…

    心地よい風が&#…

  3. 朝イチで行きたい京都の観光スポット8選

    人気の観光地、京都。日本人はもちろん、外国人観光客もたくさんいます。そんな京都の観光地は、日中は…

  4. 10月は隠れベストシーズン!“秋の沖縄旅行”をおすすめする7つの…

    暑い夏も終わり、気づけば秋の到来。しかし!この季節だからこそ行っておきたい場所が。それは、大人気…

  5. 残雪と新緑の絶景テラスがオープン!ゴールデンウィークは体験イベン…

    アウトドアで&#…

  6. この可愛さはこだわりの賜物。大阪新町の「餅匠しづく」の和菓子が食…

    パンケーキやパフェなど、様々な洋菓子の美味しいお店も多い、グルメの街「大阪」。そんな大阪府新町に…

  7. 金沢に行ったら絶対に買いたい人気お土産ランキングTOP40

    最近は観光地として人気を博している金沢。金沢21世紀美術館以外にも沢山の美術館があり、アートなま…

  8. 富山県の絶対に喜ばれる人気&おすすめのお土産ランキングTOP20…

    北陸新幹線が開通し、注目を集めている「富山県」。富山県のお土産と聞いてもあまりピンと来ないかもし…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss