愛にきてうどん県!「香川」でおすすめの観光名所・やりたいこと15選

香川県といえば、「うどん県」として有名ですが、うどんだけじゃない!おすすめの香川の観光名所・やりたいことを15選集めてみました。日本の全47都道府県で最も面積の狭い県ですが、グルメに自然、アートにパワースポット等、観光名所ややりたいことは沢山あります。もちろん、おすすめのうどん屋さんも!香川の魅力がギュッと詰まった15選、是非参考にしてみてくださいね。

1.海の神様、さぬきの「こんぴらさん」へ参る / 仲多度郡

かつて伊勢神宮のお蔭参り(おかげまいり)、京参りとともに庶民の三大行事の一つとして賑わったもう一つの庶民の大行事が金毘羅参り(こんぴらまいり)で、現在の金刀比羅宮(ことひらぐう)をお参りすることを言います。

出典:jp-isan.com

登れど登れど階段。。。 とどめの階段は急で、普段運動してない私は、ヒーヒーしながら登りました。頑張って登った人しか買えない幸せの黄色いお守りも無事get出来ました!!途中のお土産屋さんなどで、杖を貸してくれます。

出典:www.tripadvisor.jp

【香川観光でやりたいことその1:海の神様、さぬきの「こんぴらさん」へ参る】
四国でも定番の観光スポットといえば、「こんぴらさん」こと、金刀比羅宮です。象頭山にあり、大物主命と崇徳上皇を合わせて祀っていて、海の神様として昔から地元の人に親しまれてきました。何と言っても有名なのは参道の石段の数!本宮まで785段、奥社までの合計は1368段にも及んでいて、登るのは一苦労です。石段を登った人だけが授かれる「幸福の黄色いお守り」を是非GETしましょう!
■観光地名称 金刀比羅宮
■よみがな ことひらぐう
■所在地 仲多度郡琴平町892-1
■お問合せ先 金刀比羅宮 0877-75-2121
■アクセス JR琴平駅より徒歩30分、琴電琴平駅より徒歩30分、善通寺ICより車で約15分
■営業時間 表書院、宝物館 8:30~17:00(入館は16:00まで)
■定休日 無休
■料金 参拝は無料
■駐車場 近隣に町営駐車場有り(大型バス可)・有料

2.本場讃岐の釜揚げうどんはやっぱり違う! / 善通寺市

この出汁を想像するだけで、ごはん三杯はいけちゃいます。この出汁は、香川県伊吹島産のいりこ、高知産のかつお節、北海道産の昆布でとっているようですが、なかなか再現できるもんではありません。

出典:www.suehiloya.jp

【香川観光でやりたいことその2:本場讃岐の釜揚げうどんはやっぱり違う!】
うどん県にあるうどん屋さんは、星の数ほどありますが、この「長田 in 香の香」は、驚異の口コミ数でうどん通をもうらなせる美味しさで、絶対に立ち寄りたいうどん店です。特筆すべきはやはりくせになる“だし”です。この一度食べたら忘れないだしが、シンプルな釜揚げうどんをご馳走に変えるのです。お昼時は混み合うので、オープンし立てがおすすめです。
■長田 in 香の香
■営業時間/9:00~17:00
■定休日/水・木曜(祝日・お盆は営業)
■住所 善通寺市金蔵寺町1180
■電話番号 0877-63-5922
■釜あげうどん(小)250円。

3.これを見ればお金に不自由しなくなる!?「銭形砂絵」 / 観音寺市

白砂に描かれた「寛永通宝」

想像していたよりも、かなり大きな砂絵でした。展望台から、しばらくは見入っていました。春には、砂ざらえという、砂絵の中に入って、砂絵を整えるといった体験が出来ます。

出典:www.jalan.net

低いけれど山の上に展望場所があるので歩いて行くときはハイキングの気分になりそう。私は車で行きましたが。海を背景に見下ろす寛永通宝はなかなか乙なもので気に入りました。

出典:4travel.jp

【香川観光でやりたいことその3:これを見ればお金に不自由しなくなる!?「銭形砂絵」】
寛永10年(1633)藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたという「銭形砂絵」。有明浜の白砂で東西122m南北90m周囲345mもある巨大な「寛永通貨」が描かれています。この銭形砂絵は、見ると健康長寿、金運アップの効果があるといわれているので是非見るべき宇スポットです。琴弾山の展望台から眺めるのがおすすめです。
■観光地名称 銭形砂絵(琴弾公園内)
■よみがな ぜにがたすなえ
■所在地 観音寺市有明町
■お問合せ先 観音寺市商工観光課 0875-23-3933
■アクセス  高松道さぬき豊中ICよりR11、県道21経由、琴弾公園方面へ20分
■営業時間 夜間照明時間 日没~22:00
■駐車場 有り(大型バス可)・無料 (※但し、山頂展望台へは大型バス通行不可)
  • 香川県観音寺市有明町14-4025-1
  • 0875-23-3933

4.屋根型の山上から見る穏やかな瀬戸内海の景観 / 屋島

展望台からは、源平の古戦場「檀ノ浦」、那須与一の「扇の的」、義経の「弓流し」、平家軍船の泊地「船隠し」など平家物語に有名な屋島合戦の舞台が眼下に一望できる。

出典:www.tripadvisor.jp

獅子の霊巌展望台は、屋島に複数ある展望台の中でも1番夜景が美しい場所と言えます。この美しさは、屋島内だけに留まらず、香川県内でも1番美しい夜景と言っても過言ではありません。

出典:yakei-mn.com

【香川観光でやりたいことその4:屋根型の山上から見る穏やかな瀬戸内海の景観】
山頂が屋根のように平らで美しい溶岩台地である「屋島」。この地形は「メサ」と呼ばれ、約1400万年前の火山活動で噴出した溶岩の影響で周囲や上部に浸食が加わって形成された為、このような形となりました。「談古嶺(だんこれい)」、「獅子の霊巌(ししのれいがん)」、「遊鶴亭(ゆうかくてい)」の3つの展望スポットは、屋島三大展望台といわれ昼の景色も夜の景色も圧巻でおすすめです。
■観光地名称 屋島(山上)
■よみがな やしま・さんじょう
■所在地 高松市屋島山上
■お問合せ先 屋島山上観光協会 087-841-9443
■アクセス 琴電屋島駅より車で約10分、高松中央ICより車で約30分
■営業時間 ドライブウェイ開通時間6:30~22:00
■定休日 -
■料金 ドライブウェイ通行料金(往復)
* 乗用車・貨物車(普通・軽・小型) 630円
* マイクロバス・路線バス 1,570円
* 上記以外のバス・大型貨物車 2,520円
* 二輪自動車 (125ccを超えるもの) 440円
■駐車場 あり無料(大型バス可)
※但し、駐車場までの「屋島ドライブウェイ」(6:30~22:00)は有料

5.高さ日本一の石垣の上に鎮座する築城400年の「丸亀城」 / 丸亀市

樹木が伸び放題で石垣が殆ど見えない城が多い中、石垣の手入れがされきれいに石垣が積まれている姿が見え城本来の姿に近いと思えます。  天守閣は小さいがこの位置に巨大な天守は必要なさそう。

出典:www.jalan.net

天守閣は近くで見るとかなり小ぶりです。下から眺めた方が立派に見えます。天守閣付近からの眺めは素晴らしく、この日は曇っていましたが、丸亀市内は勿論、瀬戸大橋も見えました。

出典:www.tripadvisor.jp

【香川観光でやりたいことその5:高さ日本一の石垣の上に鎮座する築城400年の「丸亀城」】
「日本の100名城」にも選ばれている、丸亀城は、高さ日本一の美しい石垣が有名な、香川県の観光名所です。石垣の高さは60mで、ゆるい曲線が美しく、扇の勾配と呼ばれています。天守閣からの眺めが素晴らしい事も人気の理由の一つで、讃岐富士(飯野山)や瀬戸大橋まで綺麗に見る事が出来ます。
■観光地名称 丸亀城
■よみがな まるがめじょう
■所在地 丸亀市一番丁
■お問合せ先 丸亀市文化観光課 0877-24-8816
■アクセス JR丸亀駅より徒歩約15分、善通寺IC・坂出ICより車で約15分
■営業時間
・天守 開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
・大手一の門 10:00~16:00
■定休日 天守:無休、大手一の門:雨天時・水曜日(大手一の門を見学ご希望の際は、場内観光案内所(うちわ工房「竹」に声をかけてください。
■料金 (天守のみ)
大人200円、小人(小・中学生)100円、団体(20人以上) 1人につき上記の金額の2割引の額
■駐車場 丸亀城内資料館南側50台(大型バス可)・無料(9:00~17:00)
  • 香川県丸亀市一番丁香川県丸亀市一番
  • 0877-24-8816

6.回遊式大名庭園「栗林公園」で四季折々の花々を楽しむ / 高松

この公園はとても広く、入口も三か所ある。見るところによってとても雰囲気のある立派な公園。(私の感想では兼六園・偕楽園・後楽園よりも上位の感がする)。

出典:www.tripadvisor.jp

610円で乗れる和船に初めて乗船しましたが(2~3年前に行った時にはなかった)、色々と説明してもらいながら違った角度から眺める庭園は、これまた違った楽しみ方が出来てよかったです♪

出典:www.jalan.net

【香川観光でやりたいことその6:回遊式大名庭園「栗林公園」で四季折々の花々を楽しむ】
江戸時代に、讃岐高松藩の歴代藩主により百年余りの歳月をかけて完成した回遊式大名庭園「栗林公園」。春夏秋冬と四季折々の風物に恵まれた庭園では、春のウメ・サクラ、夏のハナショウブ・ハス、秋のカエデ、そして冬のツバキを楽しむ事ができます。園の池を、和船「千秋丸」に乗りながら優雅に眺めることもできる、香川観光定番で人気の観光名所です。
■観光地名称 栗林公園
■よみがな りつりんこうえん
■所在地 高松市栗林町1丁目20番16号
■お問合せ先 栗林公園観光事務所 087-833-7411
■アクセス JR栗林公園北口駅より徒歩約2分、琴電栗林公園駅より徒歩約10分、高松中央ICより車で約10分
■営業時間 開園時間
日の出・日没の時間にあわせて毎月変わります。
1月 7:00~17:00
2月 7:00~17:30
3月 6:30~18:00
4・5月 5:30~18:30
6・7・8月 5:30~19:00
9月 5:30~18:30
10月 6:00~17:30
11月 6:30~17:00
12月 7:00~17:00
■定休日 年中無休 ※商工奨励館・讃岐民芸館・掬月亭・日暮亭は、12月29日~1月1日の間、閉館
■料金 入園料: 大人410円、小人170円(20人以上の団体は、大人320円、小人140円)
※元旦と開園記念日(3月16日)は無料開放日
※小学生と中学生は小人料金。未就学児は無料。
■駐車場 有り(大型バス可)・有料
  • 香川県高松市栗林町1-20-16
  • 087-833-7411

7.ニューレオマワールドで光輝くイルミネーションにうっとり / 丸亀市

綺麗なイルミネーションがオススメです。 暗くなるとイルミネーションと3Dマッピングが楽しめます。子供連れの方は少し早めに入園して乗り物を楽しんでからホテルで夕食を食べてイルミネーションを見に行くのがいいですね。

出典:www.tripadvisor.jp

夜はパーク全体がライトアップされて幻想的な雰囲気になりなかなかキレイでした。プロジエクションマッピングは始まる前から長蛇の列ができていてなかなかの人気ぶりでした。

出典:4travel.jp

【香川観光でやりたいことその7:ニューレオマワールドで光輝くイルミネーションにうっとり】
中四国随一の規模を誇るテーマパーク、「ニューレオマワールド」園内は、豊富なアトラクションと多彩なイベントが魅力です。さらに人気でおすすめは、中四国最大級の、150万球のイルミネーションと、150基のライトアップが織りなす光のイリュージョン、「レオマ光ワールド」。360度3Dプロジェクションマッピングは、とても美しいです。
■観光地名称 ニューレオマワールド
■よみがな にゅーれおまわーるど
■所在地 丸亀市綾歌町栗熊西40-1
■お問合せ先 0877-86-1071
■アクセス 坂出ICより車で約25分
■営業時間 10:00~17:00(季節や曜日によりナイター営業あり)
■定休日 水曜日※季節などにより変動あり
■料金 入場料大人(中学生以上)1500円、3歳以上小学生未満1000円
■駐車場 有り(大型バス可)・無料 ※有料駐車場も有り ※ホテル・温泉専用無料駐車場も有り

8.ドルフィンセンターでイルカと触れ合い体験! / さぬき市

水族館のような場所ではなく、野外の囲われた場所で飼育されているイルカを見たり、触ったり、トレーナー体験できる施設です。 人間慣れしているイルカは近くに来てサービスしてくれます。

出典:www.tripadvisor.jp

イルカに餌やり体験とトレーナー体験をしました。 8歳と6歳の娘は大興奮で楽しんでいました。 2歳の娘は怖がってイルカに触るのは無理でした。 トレーナー体験で、イルカにジャンプさせるのは圧巻でした。

出典:www.jalan.net

【香川観光でやりたいことその8:ドルフィンセンターでイルカと触れ合い体験!】
40メートル四方に仕切った海の中で、バンドウイルカと一緒に泳げる体験プログラムを実施。他にも、エサやり体験や触れ合い体験などのプログラムがあります。水族館とは違い、囲いの中にいるイルカと直に触れ合えるので、イルカを身近に感じる事が出来、素敵な体験が出来ます。
■観光地名称 ドルフィンセンター
■よみがな どるふぃんせんたー
■所在地 さぬき市津田町鶴羽1520-130
■お問合せ先 0879-23-7623
■アクセス JR鶴羽駅より徒歩約20分、津田東ICより車で約10分
■営業時間 10:00~17:00(夏季は18:00まで)
■定休日 4月~9月・無休、10月~3月・水曜日
■料金 入場料:大人400円(中学生以上)、小人300円(4歳~小学生)
■プログラム:エサやり体験500円、トレーナー体験1500円(4歳~)、ふれあい体験5000円(中学生以上)、ドルフィンスイム8000円(中学生以上)
■駐車場 有り・無料 ※大型バスの場合は、お問い合わせください。

9.夕暮れのエンジェルロード(天使の散歩道)へ / 小豆郡

いつも見られるわけでないのでは、貴重価値もあるし、夕方時に訪れたので、夕陽の光が反射して、とても素敵でした。自然が織りなす絶景です。

出典:www.jalan.net

近くのホテルに泊まって、団体客が少ない早朝や沈む夕日を眺めながらロードを歩くと気分は爽快です。

出典:www.tripadvisor.jp

【香川観光でやりたいことその9:夕暮れのエンジェルロード(天使の散歩道)へ】
小豆島にある、1日に2回だけ姿を現す砂の道、それが天使の散歩道といわれるエンジェルロードです。
引き潮の時は向かいの余島まで渡ることができ、「大切な人と訪れ、ここで手をつなぐと二人の間に天使が舞い降り、願いを叶えてくれる」という噂もあり、カップルで立ち寄りたい人気スポットです。
■観光地名称 エンジェルロード(天使の散歩道)
■よみがな えんじぇるろーど(てんしのさんぽみち)
■所在地 小豆郡土庄町銀波浦
■お問合せ先 土庄町商工観光課 0879-62-7004
■アクセス 土庄港からバスで10分
■駐車場 乗用車22台  大型バス4台
  • 香川県小豆郡土庄町銀波浦
  • 0879-62-5300(小豆島観光協会)

10.瀬戸内海から5つの連峰がそびえる「五色台」 / 坂出市と高松市

五色台のふもとに住んでいるので、折に触れて訪れます。ミカン狩りができ、紅葉狩りができ、瀬戸内海の美しい景色が眺められます。桜の名所もあります。五色台の新名所「想い出桜」という枝垂桜です。訪れてみてください!

カーナビに従い、山道をクネクネと登って五色台に行ってきました。桜の花の季節で、途中の運転もゆっくり花を楽しみながらで、展望台に到着すると瀬戸大橋がバッチリ見えて、瀬戸内海らしい島々の景色を堪能しました。

出典:4travel.jp

【香川観光でやりたいことその10:瀬戸内海から5つの連峰がそびえる「五色台」】
春は桜、秋は紅葉と、シーズン毎に移り変わりが美しい五色台は、高松市・坂出市・国分寺町の1市2町にまたがる熔岩台地です。紅・黄・青・黒・白の五峰があり、五色台スカイラインが南北に走っているので、瀬戸内海の穏やかな島々や、シーズン毎に花々を楽しみながらドライブが出来る、人気の観光名所です。山中には第81番札所白峰寺、第82番札所根香寺、崇徳天皇陵、温泉や宿泊施設、キャンプ場、など様々な施設があり、観光客を楽しませてくれます。
■観光地名称 五色台
■よみがな ごしきだい
■所在地 坂出市と高松市
■お問合せ先 坂出市産業課にぎわい室 0877-44-5015
■アクセス JR高松駅より車で約30分、坂出北IC・高松西ICより車で約40分
■駐車場 展望台などあり
  • 香川県高松市亀水町

11.香川グルメはうどんだけじゃない!骨付鳥を豪快にかぶりつく! / 丸亀市

こちらの名物骨付鳥はやわらかな「ひな」としっかりとした肉質の「おや」の2種類。今日はひなをいただきました。とってもジューシーで大きな一皿もペロリと完食です。

出典:mr.gnavi.co.jp

【香川観光でやりたいことその11:香川グルメはうどんだけじゃない!骨付鳥を豪快にかぶりつく!】
香川と言えばうどんですが、そのうどんに次いで人気のソウルフードといえば、骨付鳥です。スパイシーに味付られた骨付鳥を一気にかぶりつく!そしてビールをグビッ!最高に幸せな時間です。骨付鳥にはおやとひながあるので、お好みでどうぞ。テイクアウトもできますので、夜食にもいいですね。
■店名 一鶴 丸亀本店 (いっかく)
■TEL・予約 0877-22-9111
■住所 香川県丸亀市浜町317
■アクセス
・JR丸亀駅北口より徒歩約1分。
・高松自動車道「坂出IC」より車で約20分。
■営業時間
[月~金]
11:00~14:00 (L.O 13:45)
16:00~22:00 (L.O 21:30)
[土・日・祝]
11:00~22:00 (L.O 21:30)
■定休日 無休
※他に丸亀に2店舗、高松に3店舗あり
【香川観光でやりたいことその12:雄大パノラマが眼下に!瀬戸大橋スカイツアーに参加】
岡山県と香川県を結ぶこの瀬戸大橋は、吊橋、斜張橋、トラス橋など、世界最大級の橋梁が連なる姿が美しく、人気の観光名所で、是非立ち寄りたい場所です。「瀬戸大橋スカイツアー」は、海面から175mの高さにある北備讃瀬戸大橋の塔頂部まで登る事ができ、一般人が普段は立ち入る事の出来ない橋台内の見学もできます。塔頂部から見下ろす雄大な瀬戸内海のパノラマは、圧巻です!
■応募方法/郵便はがきまたは、インターネット
■定員/600人(1日150人、抽選あり)
■所要時間/約1時間半
■集合場所/瀬戸大橋与島PA(与島プラザ)開催の30分前に集合
■参加費/500円 電話/086-483-1100(本州四国連絡高速道路株式会社 岡山管理センター)
■住所 坂出市与島町字西方587
■電話番号 086-483-1100
  • 岡山県倉敷市下津井田之浦

13.通称「猫島」と呼ばれている男木島でにゃんこと戯れる / 高松市

ねこ島と言われるだけあって本当に猫が多かったです!迷路みたいなとこもあるけど景色綺麗だし、島の人も優しいです。一人旅からカップル、家族連れ、年配のご夫婦までのんびり楽しめる島です。

出典:www.jalan.net

町中に猫たちがのんびりと暮らしています。この島では餌をやるのは禁止で、町中に餌禁止の張り紙が張られています。猫たちは餌を持っていなくても寄ってきてくれるし、とても人懐こいのでルールは守るようにしたいですね。

出典:www.tripadvisor.jp

【香川観光でやりたいことその13:】
女木島の約1キロ程度に隣りあう島、男木島は、源平合戦で那須与一が射た扇が流れついた事から「おぎ(扇)」の島名がついたといわれています。
御影石造りの様式灯台が有名なこの島ですが、近年では、たくさんの野良猫たちに会える島という事で、通称「猫島」として、猫好きの観光客の間で人気となっている観光名所です。
猫写スポットもたくさんあるので、猫たちを被写体に、ベストショットを狙ってみてはいかがですか?
島中にたくさんのアート作品も点在しているので、そちらも見るべきスポットです。
■観光地名称 男木島
■よみがな おぎじま
■所在地 高松市
■お問合せ先 男木島観光協会 087-873-0517
■アクセス 高松港から女木島まで約20分。女木島から男木島まで約20分。
■雌雄島海運 TEL087-821-7912
  • 宮城県石巻市田代浜仁斗田147-1,〒986-0023字

14.別名「鬼ヶ島」と呼ばれる小さな島、「女木島」 / 高松市

洞窟に着くまでに鬼の銅像みたいなものが指でこっちだよと方向を指してくれ、それを見ながら歩き、たどりつくのも楽しみの一つです。途中、お店があまりないので、水分等はあらかじめ用意していくと良いと思います。

出典:www.tripadvisor.jp

女木島は、別名「鬼ヶ島」と呼ばれていて、たくさんの鬼達がいろんな場所にいます。冬の季節風から家を守る「オーテ」築かれた石垣が美しく、瀬戸内芸術作品やモアイ像もいて、アートな島です!

出典:www.jalan.net

【香川観光でやりたいことその14:別名「鬼ヶ島」と呼ばれる小さな島、「女木島」】
高松市から沖合約4キロに浮かぶ島、「女木島」は、別名「鬼が島」と呼ばれ、島の中腹に鬼が棲んだとされる巨大な「鬼が島大洞窟」があります。島の名前の由来は、男木島と同じ那須与一が関係しており、与一が射た扇の一部が島に流れつき、讃岐の方言で壊れたことを「めげた」ということから「めぎ」の島名がついたといわれています。また、島に数点あるアート作品も趣があって人気の観光名所となっています。
■観光地名称 女木島
■よみがな めぎじま
■所在地 高松市
■お問合せ先 鬼ケ島観光協会 087-840-9055
■アクセス 高松港から女木島まで約20分。女木島から男木島まで約20分
■雌雄島海運 TEL087-821-7912
  • 香川県高松市女木島

15.島まるごとアート!「直島」のアート作品を撮影する / 香川郡

草間さんの赤かぼちゃ。赤血球みたいな銀色の椅子の向こう側にデカデカと立っていました。単体で見ると異様な感じがするのに、島全体で見るとすごく馴染んでいる印象でした。

出典:muf-muf.com

島全体が芸術と建築に溢れかえっている「直島」は、まるで異世界に来たかのような時間を過ごさせて頂きました。移動は自転車が一番効率が良いので、日帰りなら回るルートをよく計画して下さい。注)カメラを忘れずに!

出典:www.tripadvisor.jp

【香川観光でやりたいことその15:島まるごとアート!「直島」のアート作品を撮影する】
自然とアートと環境の島である直島は、島全体にアートがあふれていて、写真撮影をするにはもってこいの観光名所です。地中美術館、ベネッセハウス、家プロジェクトなど見どころも満載の絶対に立ち寄りたい観光名所です。カメラを持って出かけましょう!日帰りでも観光できますが、日数に余裕があるなら是非一泊して、ゆっくりじっくり直島のアートを堪能してみてください。
■観光地名称 直島
■よみがな なおしま
■所在地 香川郡直島町
■お問合せ先 直島町観光協会 087-892-2299
■アクセス 高松港からフェリーで約60分
  • 香川県香川郡直島町琴弾地
  • 087-892-2299

いかがでしたか?

愛にきてうどん県!「香川」でおすすめの観光名所・やりたいこと15選、いかがでしたか?
日本一小さい面積の香川県ですが、魅力はたっぷり!うどんから始まって、自然やアート、寺社詣り等、やりたいことが尽きません。
そんな小さくても魅力いっぱいの香川県を楽しんで下さいね!

香川観光でこれだけは押さえたい!うどん県で絶対やりたい5つのこと

小さな鎌倉?アートの島「直島」の古民家カフェおすすめ選

関連記事

  1. 和歌山県の人気&おすすめの民宿20選

    民宿といえば、海のそばにあるのがほとんどですが、熊野古道沿いにも民宿があるのを知っていましたか?…

  2. この夏オシャレ女子旅で行きたい長崎県のフォトジェニックな観光スポ…

    定番から穴場まで!カメラ好きは、ここさえ回れば大丈夫!そんな長崎のフォトジェニックスポットを7つ…

  3. クールで最先端の文化の発信地!京都で一度は泊まってみたいお洒落な…

    京都は、日本でトップクラスの観光スポット。そのため、たくさんの宿泊施設が集まっています。なかでも…

  4. ジャマイカの首都キングストンの人気&おすすめホテル7選

    海外へ旅行するとなると気になるのがその国の人気がある高級ホテルです。特にジャマイカのキングストン…

  5. 寒ブリだけじゃない!富山県の氷見市へ行きたい7つの理由

    “きときと”の魚たちで溢れる富山県氷見市。日本一おいしいと言われる寒ブリの水揚げ地として特に名高…

  6. 雲海に浮かぶ天空の城「福井・越前大野城」でしたい5つのこと

    まるでアニメの世界に描かれた、空の中から浮かび上がるような福井県の「越前大野城」。フォトジェニッ…

  7. 【関東~東北】サービスエリアの「絶品ソフトクリーム」24選!テイ…

    高速道路でド&#…

  8. 福井「越前松島水族館」でしたい5つのこと

    水族館は癒しの空間!北陸・福井を代表する「越前松島水族館」も癒しの空間であることに間違いありませ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss