徳島県の山奥にある廃校を利用したカフェ『ハレとケ珈琲』が素敵だと話題に!

”四国のへそ”とも言われる徳島県三好市に、廃校を活用した素敵なカフェがあるのをご存知ですか?ここ「ハレとケ珈琲」では、本格派フランス菓子と自然焙煎コーヒーが楽しめます。味はもちろんですが、元々廃校だったという建物の使い方がとてもお洒落で話題なのです。今回はそんな「ハレとケ珈琲」について紹介していきたいと思います。

▽ ハレとケ珈琲とは

「ハレとケ珈琲」は、徳島県三好市に2014年の夏終わりにオープンしたカフェです。東京でデザインの仕事をしていた店主と、バリスタの父、洋菓子研究家の母、そしてフランス菓子パティシエの妹などのバックアップのもと開かれたのだとか。
ここの建物の名前は「ハレとケ デザイン舎」。校舎の教室を改装し、各教室を休憩室、整体室、厨房、子供の図書館などとして活用しています。その中の一つ、「101」教室にあるのが「ハレとケ珈琲」なのです。廃校だとは思えないくらいお洒落な造りになっています!
中庭にあるウッドデッキでも、食べ物や飲み物を頂くことができるのです。天気のいい日は気持ちよさそうですね。
定期的にイベントやワークショップを開催しており、県内外問わず多くの人の”交流拠点”としての役割を担っています。そこに集う人たちの間でコミュニティーが生まれ、新しい何かが始まる・・・とても素敵なカフェですね♪
こちらは校舎が使われていた当時のままなのでしょうか?必要最低限しか手を加えず、”学校”らしさが所々で感じられます。ここを訪れると、まるでタイムスリップしたかのようにどこか懐かしい雰囲気を味わうことができます。

気になるカフェのメニューは?

醤油麹のピッツァ (1,000円)

※画像は他メニューです

※画像は他メニューです

こちらはお店イチオシの「醤油麹のピッツァ」。以前ここで行われた麹造りのワークショップから生まれたそうです。

欧風カレー フライドオニオンのせ (750円)

徳島県産の玄米を使用している「欧風カレー フライドオニオンのせ」も絶品です!たっぷりの牛肉の旨みとフライドオニオンの香ばしさがアクセントになっています。

ハレとケ コーヒー (550円)

こちらは「ハレとケ コーヒー」。こだわりの豆を手動で自家焙煎したコーヒーに淡路島の牛乳を加えたアイスカフェオレです。ツートーンが美しく、写真を撮らずにはいられません。
テーブルの上もとても可愛らしいですよね。細かいところまで気配りが良くされています。どこを撮ってもお洒落な写真が撮れちゃいます♪
「ハレとケ デザイン舎」には今後、宿泊施設や宿泊者対応のバーも開かれるようです。宿泊施設があれば、遠方からも行きやすくなります。是非一度足を運んでみてくださいね!

”廃校”から山奥の素敵なカフェへ!

いかがでしたか?”廃校”から人々の”活動拠点”の場として生まれ変わった山奥の素敵なカフェ。日々コミュニティーが作り出されるここを訪れれば、あなたも素敵な出会いをするかもしれません。

店舗詳細

ハレとデザイン舎

  • 徳島県三好市池田町大利大西15
  • 0883752208

大自然に囲まれた徳島県三好市の人気&おすすめの観光スポット7選

徳島県への女子旅にピッタリの人気&おすすめ観光スポット20選

関連記事

  1. 関東近郊の秋のドライブデートで訪れたい絶景スポット9選

    9月は夏が終わり秋へと移行する季節であり、絶景ポイントも比較的に過ごしやすくなってきます。この季…

  2. お洒落な街・広尾の人気&おすすめのお洒落カフェ8選

    おしゃれな街、広尾。おしゃれなのは街だけではなく、カフェもとってもおしゃれなんです。今話題のカフ…

  3. 旅の達人が教える!沖縄・国際通りのアクセス・ホテル情報や国際通り…

    国際通りは、沖縄ならではのおみやげが揃うショップや、毎晩三線ライブが楽しめる居酒屋など、沖縄でやりた…

  4. 長崎のおすすめグルメ「絶品スイーツ」人気ランキングBEST8!

    旅やおでかけにかかせない食べ歩き。長崎に行ったらぜひおさえておきたい人気スイーツをご紹介!わざわざ行…

  5. 【完全保存版】初めての札幌で絶対に行きたいスープカレー店おすすめ…

    北の大地、北海道・札幌で絶対に外したくない食の王道「スープカレー」。その歴史はまだまだ浅いものの、そ…

  6. 糖度40度の極上体験!愛知にある「芋花恋」のさつまいもスイーツが…

    ホクホクしていて、優しい甘さで包み込んでくれる焼き芋。いつ食べても、その美味しさが大好き!…

  7. 月岡温泉(新潟県)の人気&おすすめ旅館・ホテルランキングTOP1…

    次の連休の予定は決まっていますか?友だちと、夫婦と、恋人と、気軽に行ける国内旅行といえば…そう、温泉…

  8. 【帯広旅行のハイライト】絶対にまた行きたい・一押しレストラン!「…

    北海道グルメの中心と言っても過言ではない”「食の王国」十勝・帯広”。 十勝の雄大な恵まれた大地の中で…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss