帯広行くならここ行こう!定番から穴場まで、おすすめの観光地15選

北海道といえば、日本国内の旅行先として不動の人気を誇る場所ですが、みなさんは「帯広」を訪れたことはありますか?今回は、帯広旅行の際におすすめな場所を15個ご紹介します。帯広ならではの自然や歴史、文化を感じることができる場所から、美味しい帯広名物を買える場所、ちょっと珍しいお土産ショップまで、定番から穴場まで掲載しています!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

【自然を感じる】
1. 真鍋庭園(まなべていえん) / 稲田町東(いなだちょうひがし)
2. 岩内仙峡(いわないせんきょう) / 岩内町西
3. 緑ヶ丘(みどりがおか)公園 / 緑ヶ丘
【動物たちと出会う】
4. おびひろ動物園 / 緑ヶ丘
5. 八千代牧場 / 八千代町西(やちよちょうにし)
6. 帯広競馬場 / 西十三条南(にしじゅうさんじょうみなみ)
【フォトスポットを巡る】
7. 愛国駅 / 愛国町
8. 幸福駅 / 幸福町東
【温泉でゆったりくつろぐ】
9. オベリべリ温泉水光園(すいこうえん) / 東十条南(ひがしじゅうじょうみなみ)
【帯広について知る】
10. とかち農機具歴史館 / 川西町(かわにしちょう)
11. ビート資料館 / 稲田町(いなだちょう)
【帯広名物を楽しむ】
12. 六花亭 帯広本店 / 西二条南(にしにじょうみなみ)
13. 北の屋台 / 西一条南(にしいちじょうみなみ)
【お土産を買う】
14. とかち物産センター / 西二条南
15. Agri-Fashion(アグリファッション) / 大正本町

帯広ってどんなところ?

帯広とは日高山脈のふもとにある十勝平野のほぼ中心に位置するまちです。帯広は、日本の食糧庫とも呼ばれる十勝地方の中で、農畜産物が有名でありながらも、商業や流通の中心地でもあります。そのため、にぎやかな市街地の雰囲気と視界が開けた静かな農村の雰囲気と、2つの側面を感じながら観光を楽しむことができる場所です。では、さっそく帯広観光の際におすすめの場所を見ていきましょう!

【自然を感じる】

まず初めにご紹介するのは、「真鍋庭園」です。この庭園は、JR帯広駅から車で約10分の場所に位置しており、樹木の輸入・生産・販売をしている農業者が運営する植物園のような雰囲気をもつ庭園です。1966年から一般公開されているこの庭園は、時代と共に刻々と変化・拡張を続けられ、現在では庭園の面積は2万4000坪と非常に広く、人々に親しまれています。
この庭園は、「ヨーロッパガーデン」や「日本庭園」など、数種類のテーマガーデンから成り立っており、園内を一周するだけで様々な植物が織りなす美しい風景を楽しむことができます。庭園内にはニジマスや鯉の池、滝など、植物以外にも見どころはたくさんありますよ。またカフェや休憩所も用意されているので、ちょっと歩き疲れた時にも嬉しいですね!

詳細情報

真鍋庭園
  • 北海道帯広市稲田町東2-6
  • 0155482120
次にご紹介するのは、「岩内仙峡(いわないせんきょう)」です。こちらのスポットは、帯広駅から車で約50分の場所に位置している、岩内川(いわないがわ)の渓谷です。この渓谷は、春の時期は桜やツツジでピンクに、夏の時期は色々な木々の葉っぱで緑に、秋は紅葉で赤や黄色に染まり、季節ごとに景色がガラッと変わる美しい渓谷です。
特に10月上旬から中旬の間の日曜日に開催される、「岩内仙峡もみじまつり」はとても有名で、地元の農産物を販売するコーナーやステージイベントも行われ、多くの見物客でにぎわいます。また、渓谷内にはつり橋やアスレチック遊具などがあり、大人はもちろんですが、子供たちにとっても楽しい場所ですよ!

詳細情報

岩内仙峡
  • 北海道帯広市岩内町西1線49

3. 緑ヶ丘(みどりがおか)公園 / 緑ヶ丘

次にご紹介するのは、「緑ヶ丘公園」です。こちらの公園は、JR帯広駅から車で約10分の住宅街の中に位置しています。公園のその名の通り、夏は緑が、秋は紅葉がとても美しい公園です。また、本州の平地ではなかなか見ることができない白樺や、ぴんと立った耳が特徴的なエゾリスなどが見られ、亜寒帯気候に属する北海道らしい風景も楽しむことができます。
ところで、こちらの公園はかつてギネスブックに登録されたこともあるのですが、何によってかご存知ですか?それは、世界一長いベンチです!なんとその長さは全長約400メートル、普通の速度で歩いても約5分かかる長さなんです。公園内には帯広美術館や帯広百年記念館などの施設もあるので、お散歩を楽しみながらそういったスポットに立ち寄るのもいいですね!

詳細情報

帯広市緑ヶ丘公園
  • 北海道帯広市緑ヶ丘2
  • 0155-21-3172
北海道立帯広美術館
  • 北海道帯広市緑ケ丘2緑ヶ丘公園
  • 0155226963
帯広百年記念館
  • 北海道帯広市緑ヶ丘2緑ヶ丘公園内
  • 0155-24-5352

【動物たちと出会う】

4. おびひろ動物園 / 緑ヶ丘

次にご紹介するのは、「おびひろ動物園」です。こちらの動物園は、ひとつ前にご紹介した緑ヶ丘公園内にあります。ホッキョクグマやキリン、クジャク、アザラシなど幅広い動物が飼育されており、また北海道内では唯一のインド象が飼育されています。
園内中央のエリアには、小さなアトラクションが設置されています。どのアトラクションもとても激しいものではなく、比較的動きがゆったりしたものが多いので、子供から大人まで楽しむことができます。ファミリーでのおでかけなら、子供も喜ぶこと間違いなしです。

詳細情報

おびひろ動物園
  • 北海道帯広市緑ケ丘2
  • 0155242437

5. 八千代牧場 / 八千代町西(やちよちょうにし)

次にご紹介するのは、「八千代牧場」です。こちらの牧場は、帯広駅から車で約50分の場所に位置しています。すぐ西側の隣には日高山脈が広がっており、総面積は約975ヘクタール(東京ドーム210個分)もあるとても広い牧場です。こちらの牧場は、観光を中心に行う牧場ではないため動物の近くに行くことは残念ながらできませんが、場内に設置された展望台からは、広大な牧場の風景を眺めることができます。
さて、こちらの牧場にはレストハウスが用意されており、そこのレストランでいただけるソフトクリームやステーキが絶品なんだとか。また、6月の中旬には「八千代牧場まつり」というイベントが開催され、農畜産物の加工販売コーナーや、農業をテーマにしたアトラクションなどが設置され、老若男女問わず楽しく農畜産業にふれあえます。

詳細情報

八千代牧場
  • 北海道帯広市八千代町西4線187-1
  • 0155-60-2514
次にご紹介するのは、「帯広競馬場」です。こちらの競馬場は、JR帯広駅から車で約10分の場所に位置する競馬場で、日本で唯一のばんえい競馬場です。ばんえい競馬とは、かつて北海道開拓の時代に、農耕馬として使用された体重約1トンのばん馬(ばんば)たちが、最大1トンにもなる重い鉄ソリを曳き、その速さを競うという競馬です。
ばんえい競馬で活躍するばん馬は通常の競馬で活躍する馬とは違い、スピードだけではなく、パワーや持久力なども必要になります。重い鉄ソリを曳きながら直線のコースに設置された障害物を颯爽と駆け抜ける姿は、帯広競馬場でしか見ることができませんよ。また、レースを楽しんだ後は、競馬場に隣接されている「馬の資料館」で馬の資料などを見てみると、より良い旅の思い出になるでしょう!

詳細情報

帯広競馬場
  • 北海道帯広市西13条南9
  • 0155-34-0825
馬の資料館
  • 北海道帯広市西13条南8

【フォトスポットを巡る】

次にご紹介するのは、「旧愛国駅」です。JR帯広駅から車で約20分の場所に位置しています。こちらの駅舎は、旧国鉄の広尾線(ひろおせん)の1つの駅だった時代に「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで有名になりました。現在広尾線は廃線となっており、この駅舎も記念館として残されています。
この駅舎周辺には、旧国鉄時代に使われていた蒸気機関車や、旧愛国駅からお隣の旧幸福駅行きの切符のモニュメント、またハート型の小さな噴水などが設置されています。そのため、観光客の撮影スポットとしても有名ですよ!

詳細情報

愛国駅
  • 北海道帯広市愛国町基線39

8. 幸福駅 / 幸福町東

次にご紹介するのは、「幸福駅」です。こちらの駅舎は、JR帯広駅から車で約30分の場所に位置しています。この駅舎も愛国駅と同じように、旧国鉄・広尾線の1つの駅でしたが、現在広尾線は廃線となったので、現在は駅舎としては使われていません。しかしその駅名の縁起の良さから、観光地として今も有名です。
こちらの駅舎の中は、ピンク色の幸福切符がたくさん取り付けられているので、駅舎の中に入ると一面ピンクの世界が広がります。また駅舎周辺にある売店では、お土産として「愛国から幸福ゆき」の切符も販売されています。カップルで訪れるのはもちろん、友達同士や家族で訪れても幸せな気分になれますよ!

詳細情報

幸福駅
  • 北海道帯広市
  • 0155-22-8600

【温泉でゆったりくつろぐ】

9. オベリべリ温泉水光園(すいこうえん) / 東十条南(ひがしじゅうじょうみなみ)

次にご紹介するのは、「オベリべリ温泉水光園」です。こちらはJR帯広駅から車で約15分の場所に位置しており、モール温泉を楽しむことができる施設です。モール温泉とは、世界的に見ても珍しい、植物性の有機物を多く含む天然温泉のことを指します。温泉を定義する法律などで明確な定義は示されていないものの、北海道遺産にも登録されていることや、湯上りの肌触りが良くなるともいわれていることで有名な温泉です。
そんな貴重なモール温泉をここ帯広で、比較的低価格の銭湯のようなスタイルで楽しむことができるのがこの温泉施設の魅力です。観光客はもちろん地元の方にも人気のオベリベリ温泉 水光園ですが、お風呂の数はたくさんあるので、ゆっくりくつろぐことができますよ。予定がキツキツになりがちな旅先で、ゆっくり温泉に入って体を休めてみませんか?

詳細情報

オベリベリ温泉 水光園
  • 北海道帯広市東十条南5-6
  • 0155234700

【帯広について知る】

次にご紹介するのは、「とかち農機具歴史館」です。この歴史館はJR帯広駅から車で約20分の場所に位置しています。ここでは、帯広を含む十勝地方において、明治時代以降に使われた農機具の展示をしており、なんとその数は150点以上もあるんです。
自然環境や土壌、また時代などによって遂げられた、人力から畜力、そして機械に至るまでの変遷について知ることができます。入場料無料の資料館なのに、展示物はすべて見ごたえのある本物の農機具であるところも見どころの一つですよ。なお、冬季である12月から4月は閉館しているのでご注意ください。

詳細情報

とかち農機具歴史館
  • 北海道帯広市川西町基線61
つぎに紹介するのは、「ビート資料館」です。ここはJR帯広駅から車で約15分ほどの場所に位置している資料館です。ビートとは、別名では甜菜(てんさい)・サトウダイコンとも呼ばれており、冷温帯における砂糖の原料植物として重宝されています。
実は帯広を含む十勝地方では昔からこのビートの生産がさかんでした。この資料館では、そんなビートの歴史や、そこから砂糖を作る方法などについて詳しく知ることが出来ます。ここを訪れると、普段お世話になっているお砂糖に対する見方ががらりと変わりますよ。甘いものが大好きなあなたにもおすすめな場所です。

詳細情報

ビート資料館
  • 北海道帯広市稲田町南8線西14 ビート資料館
  • 0155488812

【帯広名物を楽しむ】

12. 六花亭 帯広本店 / 西二条南(にしにじょうみなみ)

次にご紹介するのは、「六花亭 帯広本店」です。こちらのお店はJR帯広駅から車で約5分、徒歩で約10分の場所に位置しており、北海道を代表する銘菓の一つとして有名です。お店の中には、濃厚なバタークリームとレトロなパッケージで有名な「マルセイバターサンド」をはじめとして、様々な種類のお菓子が並んでおり、お土産選びの場所としてもぴったりです。
店内にはイートインスペースや別フロアの喫茶ルームが併設されており、ここでしか食べられない六花亭のお菓子もいただくことができるんです。一番人気はホットケーキで、シンプルなホットケーキにメイプルシロップと、あのマルセイバターサンドにも使われているバターを載せていただくのが最高です!他にも限定のお菓子がたくさんあり、それらが評判を呼んで特に休日は多くの方で賑わっています。

詳細情報

六花亭帯広本店
  • 北海道帯広市西二条南9-6六花亭本店1階
  • 0120126666

13. 北の屋台 / 西一条南(にしいちじょうみなみ)

次にご紹介するのは、「北の屋台」です。こちらは、JR帯広駅から徒歩で約5分の屋台村で、ホテルが立ち並ぶエリアの真ん中にあるので、帯広観光の際に比較的訪れやすいスポットです。ここには焼き鳥や居酒屋、中華やフレンチ、おばんざいなど、様々なジャンルの料理を提供する屋台が並んでいます。
ここにある屋台はどれもこぢんまりとしており、地元の常連客や屋台のオーナーともとても距離が近く感じられるのが特徴です。それぞれの屋台にそれぞれの個性があり、十勝の美味しい食材を使ったグルメを堪能することができます。1つの屋台でお腹いっぱい食べるのもよし、いくつかの屋台をめぐってみるのもよし、グルメなあなたにはたまらない場所ですよ!

詳細情報

北の屋台
  • 北海道帯広市西1条南10-7 いきぬき通り
  • 0155238194

【お土産を買う】

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

次にご紹介するのは、「とかち物産センター」です。こちらのお店はJR帯広駅に直通する商業施設内にあるお土産店です。帯広市をはじめ、ここには十勝地方の19市町村の特産品や物産情報が集まってきます。十勝産の豚を使った「とかちハヤシ」や豚丼のタレなど、定番のお土産から、豚丼チョコや豚丼おかきといった珍しいお土産も用意されています。このお店の近くには観光情報センターもあるので、観光のスタート地点としてはもちろん、駅近なので電車の待ち時間にふらっと立ち寄るのもおすすめですよ。

詳細情報

とかち物産センター
  • 北海道帯広市西2条南12エスタ東館2階
  • 0155227666
※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

最後にご紹介するのは、「Agri-Fashion(アグリファッション)」です。こちらのお店は、農業スタイルのイノベーションを目指す会社が運営するセレクトショップです。「農業をしない人がこのお店に行ってもつまらないのでは?」とお思いのあなた、そんなことはありません。農業や十勝をモチーフにした普段使いできそうなアパレル商品や雑貨も取り扱っているので、親しい友人や家族へのお土産としてもおすすめなんです。きっと定番の帯広土産とは少し違ったユニークなグッズが見つかるはずですよ!

詳細情報

アグリ・ファッション
  • 北海道帯広市大正本町本通3-6

いかがでしたか?

今回は、北海道・帯広観光の際におすすめな観光スポットを15個ご紹介しました。
どこか気になる場所はありましたか?
ぜひ今度の休暇には、美しい自然や農村風景、美味しい名物などなど、
魅力が盛りだくさんの帯広旅行を検討してみてくださいね。

札幌の奥座敷。「定山渓温泉」で一度は泊まりたい最高の宿7選

「洞爺湖温泉」を満喫したい!あなたがすべき7つのこと

関連記事

  1. 山梨県「石和温泉」の人気の日帰り温泉旅館をランキングTOP7

    山梨県「石和温泉」は、年中通して果物が豊富です。いちごにぶどう・かきや・桃など美味しい旬の果物を…

  2. 関西(大阪・神戸・京都)のロマンチックな冬のデートスポット10選…

    みなさん、冬に関西のデートスポットを訪れたことはありますか?関西にはその土地柄や文化を活かしたイ…

  3. 和歌山県の女子旅に人気&おすすめ観光スポット20選

    和歌山と聞いて何を思い出しますか?「…みかん?他は?」なんて思っていませんか?いえいえ、そんなことは…

  4. 山梨名物『ほうとう』『ワイン』『温泉』のエリア別おすすめのお店・…

    山梨といえば、富士山・武田信玄・信玄餅・くろ玉・鳥もつ煮などの郷土料理、甲斐サーモンなどたくさん…

  5. 京都旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポット・旅行…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  6. 大阪のパン屋さん「パンとお話 Appleの発音」の可愛くて美味し…

    最近、フォトジェニックなパンが人気を集めていますよね。実は今、大阪にあるパン屋さんが話題を呼んで…

  7. 『横浜の雨の日でも楽しめる おすすめ屋内デートスポット10選』

    お天気が不安定なこの時期、デートプランもその日の気温や天気に左右されがちですよね。なるべくなら行先を…

  8. 人混みを避けて二人だけ。東京都内でのんびりデートが楽しめる10の…

    どこをみても人、人、人。それが東京のよくある姿ですよね。ですがそんな東京の喧騒がもう嫌だ!という…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss