島根県・津和野のおすすめ観光スポット!定番から穴場まで詰まった10選

島根県の西部にある津和野町は、
津和野藩亀井氏の城下町として栄え、
昔ながらの街並みが「山陰の小京都」としての風情を感じます。

周辺には、同じく城下町として発展した萩市もあるため、
萩とセットで訪れる観光客も多いです。

今回は、津和野のおすすめ観光スポットを10選ご紹介します。
(なお情報は記事掲載時点のものです。
詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)。

1:津和野城跡
2:太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)
3:殿町通り
4:森鷗外旧宅
5:津和野カトリック教会
7:鯉の米屋
8:永明寺(ようめいじ)
9:西周旧宅(にしあまねきゅうたく)
10:津和野民俗資料館

1:津和野城跡 / JR山口線津和野駅から車5分

津和野城は、町の南部にある、標高370mの霊亀山山頂に存在していました。
鎌倉時代、西国防備を命じられてやってきた吉見頼行が、
30年かけて津和野の地に築城しました。
石垣は室町時代の末期に造られました。
しかし、落雷に遭い、天守が焼失し、明治初期に石垣を残して解体されました。
その後は再建されることが無く、石垣のみの城跡となっています。

津和野城跡は、晩秋の朝になると、運が良ければ雲海も見られます。
このため、山陰の天空の城とも言われています。

津和野の街は雲で覆われていても、海のような雲が見られるのはとても貴重で、
幻想的な景色を描いてくれます。
そのため、晩秋の午前中は観光客が多くなります。
なお、津和野城跡へは太鼓谷稲成神社の参道からリフトで登れます。

詳細情報

津和野城跡
  • 島根県鹿足郡津和野町後田イ71-2

2:太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ) / JR山口線津和野駅から車5分

日本五大稲荷の一つに数えられている太鼓谷稲成神社は、
津和野の町から西の方向を見ると赤くて鮮やかな建物が目を惹きます。

「稲荷」ではなく「稲成」となっているのは、
願望成就・大願成就といった思いを込めているからです。
鳥居の参道から本堂までは徒歩で15分かかりますが、
途中の朱色で塗られた鳥居がトンネルのように続いており、
その姿には美を感じます。
お正月には参拝客で混雑します。

太鼓谷神社の境内には、宝物殿もあります。
大正13年に北白川宮大妃殿が御参拝された際に
宝物の贈呈があったことがきっかけで設置されました。
神狐彫刻・神狐子連彫刻などの郷土資料や、
椋木潜(むくのきひそむ)らの和漢蔵書を収めた養老文庫もあります。
御参拝のついでに訪問するといいでしょう。

詳細情報

太鼓谷稲成神社
  • 島根県鹿足郡津和野町後田409
  • 0856720219

3:殿町通り / JR山口線津和野駅から徒歩5分

山の中にある津和野は、城下町として栄えてきた歴史があります。
その中でも、殿町通り周辺は津和野で最も古い佇まいを残しています。

周辺には、カトリック教会・藩校養老館跡などの観光スポットが存在し、
太鼓谷稲成神社への参道へ続く通りにもなっています。
郷土料理店や土産店もあるので、散策するのも楽しいですよ。

殿町通りは、津和野のメインストリートといえます。
掘割(ほりわり)と呼ばれる水路には、
たくさんの大きな鯉が悠々と泳いでいます。
土塀を背景に、ハナショウブも綺麗に咲いており、
掘割を泳ぐ鯉とのコラボレーションは、優雅な絵巻のような雰囲気です。

詳細情報

津和野殿町通り
  • 島根県鹿足郡津和野町後田

4:森鷗外旧宅 / JR山口線津和野駅から車で5分

森鴎外は、江戸末期に津和野で生まれ、
幼少期を旧宅で過ごしました。
旧宅には勉強部屋や調剤部屋も存在します。
この事から、森鴎外は医学博士になるため
必死に勉強していたことが伺えます。

鴎外の旧宅は老朽化により改修され、現在は国の史跡となっています。

旧宅には記念館が隣接しています。
展示室が2つに分かれており、
第一展示室では遺品や直筆原稿など、
第二展示室では津和野で過ごした幼少期をフルスクリーン映像で
紹介しています。

また、第一から第二へ向かう途中では、
ガラス越しに津和野の街並みを一望できます。

詳細情報

森鴎外旧宅
  • 島根県鹿足郡津和野町町田イ230
  • 0856-72-3210

5:津和野カトリック教会 / JR山口線津和野駅から徒歩8分

続いてご紹介するのは、
殿町通りにあります「津和野カトリック教会」です。
ドイツ人のシェーファー神父によって建てられました。
こちらの教会は西洋ゴシック様式で建てられており、
古い街並みの中で際立った存在です。
また、教会の中は、畳敷きになっています。

津和野カトリック教会は、ゴシック様式で建てられた西洋風の教会で、
内部は畳敷きとなっています。
古い街並みの中に、このような教会はまさに際立った存在です。
明治時代、政府が発令したキリシタン禁止令によって、
多くのキリシタンが津和野の乙女峠に連れられて迫害され、
殉教した方の慰霊のために建てられました。

津和野カトリック教会を訪れたら、
乙女峠マリア聖堂もおすすめです。
昭和26年にキリシタン殉教の地に建てられました。

明治元年にキリスト教が禁止されていた頃、
長崎から乙女峠に連れて来られたキリシタンは、
津和野藩から改宗を求められるも応じなかったため、
殉教という悲しい選択肢を迫られました。
マリア聖堂のステンドグラスには、当時の様子が描かれています。
(※津和野カトリック教会から乙女峠マリア聖堂まで徒歩10分かかります。)

詳細情報

津和野カトリック教会
  • 島根県鹿足郡津和野町後田66-7
  • 0856-72-0251

6:堀庭園 / JR山口線津和野駅から車で15分

堀庭園は、津和野の町中から北西へ8km進んだ山の中にあります。
そこは、かつて石見銅山で繁栄した豪族・堀氏の庭園です。
客殿は書院造となっており、
客殿の2階から庭園を眺めると、静寂な空気に包まれ、落ち着いた気分になります。

堀庭園と言えば紅葉の名所でもあります。
10月下旬になると、庭園の木々が色づき始め
11月半ばには園内が色鮮やかな紅葉に彩られます。

客殿「楽山荘」の2階から、紅葉の庭園を眺めれば、
そこには、言葉では言い表せない程綺麗な景色が広がります。
紅葉の時期は混雑が予想されるため、余裕を持って行くことをおすすめします。

詳細情報

堀庭園
  • 島根県鹿足郡津和野町邑輝795
  • 0856-72-0010

7:鯉の米屋 / JR山口線津和野駅より徒歩8分

山口線津和野駅を降りて徒歩3分、
「鯉のおる米屋」という看板が目に付きます。
そこが「鯉の米屋」です。

店の奥に池があり、そのなかでは、色とりどりの鯉が泳いでおり、
落ち着いた雰囲気です。
餌を与えると皆その方向へ泳ぐので、その姿は圧巻です。

鯉の米屋は、吉永米店という名前で営業しており、
昔ながらの米俵を軒に展示しています。

明治10年に創業で、以前は精米するために水車を使っていました。
そのため、店に水路があり、
鯉を鑑賞していただく事を目的に鯉を飼うようになりました。
米屋となっていますが、鯉の鑑賞だけでも気軽に立ち寄れます。

詳細情報

鯉の米屋
  • 島根県鹿足郡津和野町後田
  • 0856720011

8:永明寺(ようめいじ) / JR山口線津和野駅より徒歩7分

永明寺は、深い木々に囲まれたなだらかな坂を上り、
門をくぐった先にあります。

室町時代、吉見氏によって覚皇山によって建てられました。
目の前に広がるのは、歴代の津和野城主の菩薩寺であり、
巨大な茅葺き屋根が特徴です。
本堂や鐘楼は江戸時代の1720年に再建されました。
境内の奥には森鴎外の墓も存在し、見ごたえのある場所です。

本堂の奥には寺宝館があります。
1982年に開館されました。
津和野城主ゆかりの品物や仏像・古文書が主に展示されています。
中でも、ルソンの壺は16世紀終わりごろ、
南洋貿易の際に手に入ったものです。
なお、ルソンという名前はフィリピン諸島にある島の名前にもなっています。

詳細情報

覚皇山永明寺
  • 島根県鹿足郡津和野町後田口107
  • 0856-72-0137

9:西周旧宅(にしあまねきゅうたく) / JR山口線津和野駅から車で6分1

西周旧宅は、哲学者・西周が21歳まで過ごしていた住居です。
ペリーの来航によって、欧米各国との差を感じた西周は、
ヨーロッパの学問を日本に広めるためにオランダに留学しました。
帰国後は江戸幕府の最後の将軍・徳川慶喜の政治顧問を務め、
明治になってからは憲法の草案作成に携わるなど、様々な場面で活躍しました。

西周は、森鴎外と親戚関係にあります。
医者の家で生まれ、幼い頃から勉学に励み
哲学者や医者になったという点が共通しています。

そのため、西周の旧宅は津和野川を挟んで
森鴎外旧宅の向かい側にあります。
茅葺き屋根の家と勉強部屋となった土蔵は国指定の史跡です。
森鴎外旧宅と併せて観光するといいでしょう。

詳細情報

西周旧居
  • 島根県鹿足郡津和野町後田
  • 0856-72-3210

10:津和野民俗資料館 / JR山口線津和野駅から徒歩10分

津和野の中心部に存在し、鯉が泳ぐ掘割(ほりわり)の中にあります、
津和野民俗資料館は、津和野藩の藩校・旧藩校養老館の剣道道場を
そのまま使用した資料館です。
かつては森鴎外や西周(にしあまね)もこちらの藩校に通いました。

館内は、武家・商家・農家・芸能の4つに展示が分かれています。
それぞれの分野に関して
様々な生活道具がそのまま再現されて展示されています。
どれも当時の様子を忠実に描いています。
展示されている数は、民俗資料も含めて合計約2,000点です。

詳細情報

津和野民俗資料館
  • 島根県鹿足郡津和野町後田
  • 0856-72-1771

歴史ある津和野町へ出かけませんか

いかがでしたか?
「山陰の小京都」津和野の観光スポットを紹介しました。

殿町通りや津和野城跡のように、
津和野町はかつて城下町として栄えていたこともあり、
昔懐かしい街並みが広がります。
山陰へ行く機会があれば、是非とも津和野に足を運んでみませんか。

これぞ、日本の趣。島根県「足立美術館」の紅葉が11月中旬より見ごろに

横浜初心者におすすめ!横浜人気観光スポット10カ所の上手な巡り方

関連記事

  1. 冬はお鍋の季節!あったかお鍋で体の芯の芯まで温まろう。『東京都内…

    秋もどっかに影を潜めてしまって寒い時期がやってきましたね。こんな日には友人たちとテーブルを囲んで体の…

  2. ベトナムのピンク一色の教会「タンディン教会」がフォトジェニックだ…

    外国にはド派手な装飾のトンデモ建築物を目にする方も多いかと思います。今回はベトナムからピンク一色…

  3. 『沖縄旅行 おすすめの時期・ベストシーズンはいつ?

    沖縄旅行でおすすめの時期がいつなのか気になる人も多いのではないでしょうか?沖縄は、季節によって楽しみ…

  4. 初めてのオーストラリア・ケアンズ旅行で絶対に外せないおすすめ定番…

    ケアンズに行かれる方!初めて行くなら有名スポットをたくさん回って充実した旅行にしたいですよね?今…

  5. 次の休日はココへ。超お得な「みさきまぐろきっぷ」で巡る日帰り旅行…

    普段忙しくてなかなか旅行に行けない… そんなあなた!1日でプチ旅行ができてしまう 「みさきま…

  6. 富士山の麓で大自然を満喫するおすすめの山梨1泊2日プラン

    今度の旅行、どこに行くかお決まりですか?1泊2日の旅行は、できるだけ移動時間をかけずかつ、充実し…

  7. 「ジェイティード カフェ」のスムージーがフォトジェニックな上にヘ…

    大阪にあるセレクトショップに併設されているカフェ「ジェイティード カフェ」。そこで飲めるスムージ…

  8. ワインの産地として有名な山梨県甲州市勝沼の美味しいと評判のランチ…

    山梨県甲州市勝沼はワインの産地として多くの人に知られます。四季折々の変化を楽しめる自然豊かな街で…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss