妖怪ブームの今!大人も子供も楽しめる日本全国の妖怪スポットまとめ 

子供の間で大流行が続いている「妖怪ウォッチ」。それに触発されて妖怪ブームが来ています。日本の妖怪って、怖いんだけど、どこか愛らしいですね。全国には、妖怪にフューチャーした観光スポットがあります。ちょっと、異世界を体感してみますか!

1. 水木しげるロード【鳥取県】

妖怪といえば、水木しげる。鳥取県の境港市は、水木しげるさんのふるさとです。「水木しげるロード」は、妖怪たちがブロンズ像になってあちこちに顔を出している、しげるマニアでなくてもワクワクするスポットです。

境港駅前から本町アーケードにいたる約800メートルに、ブロンズ像が153体も並んでいます。鬼太郎やねずみ男・猫むすめくらいならわかりますが、かなり難易度が高い妖怪もいて、ひとつひとつ見ていくのが楽しいですね。

夜になればライトアップされる像もあります。

のんびり歩いていると、妖怪と人間の境目なんて消えていってしまいそうです。

 

鬼太郎グッズも、そうでないショップも♪

水木しげるロードぞいは、各店舗も妖怪づくしです。鬼太郎グッズのお店もありますが、ごく普通の商店も、水木しげるデコレーションで仕上がっています。一反木綿や砂かけ婆などのパンも販売され、ここでしか買えないグッズもあるので、ファンは要チェックですよ。

ここで買った下駄なら、夜にひとりで歩きだしても不思議じゃないかも?

■ 基本情報

  • ・名称: 水木しげるロード
  • ・住所: 鳥取県境港市大正町215
  • ・アクセス: JR境港駅下車すぐ
  • ・電話番号: 0859-47-0121 境港市観光協会
  • ・料金: 無料
  • ・所要時間: 約1時間
  • ・オススメの時期: 通年
  • ・公式サイトURL:
  •  http://www.sakaiminato.net/site2/page/guide/point/miru/mizuki/mizuki/(境港市観光協会)

 

地図はこちら


大きな地図で見る

2.遠野のカッパ淵【岩手県】

岩手県の遠野は、妖怪の聖地でもあります。民俗学者の柳田邦夫による『遠野物語』を読むと、みちのくのロマンあふれる光景が広がってきます。勝手な想像ですけどね。

勝手な想像ですが、遠野の「カッパ淵」にいくと、なんというのか「ああ、ここならいても不思議じゃないかも」と思ってしまうんです。べつに、どうということのない水田に、小川が流れている風景。でも実際に見た人だけが共感できる「いるかも」感の強さはものすごいです。

 

町中にカッパが!

『遠野物語』には、ほかにもいろいろな妖怪話があるのですが、やはり遠野市としてもカッパに力を入れたいようです。JR遠野駅前には、このようにカッパが群れていますし、駅舎の屋根にもカッパがいます。

カッパ淵をぬけたところにある常堅寺には、カッパ狛犬がいます(下の写真)。頭にお皿があり、ちゃんと水がたまっていますよ。お供えは、やはりキュウリ。カッパですもんね。

■ 基本情報

  • ・名称: カッパ淵
  • ・住所: 岩手県遠野市土淵町土淵
  • ・アクセス: JR遠野駅→早池峰バス坂の下、または大出行きで15分、
  •       バス停:足洗川下車、徒歩7分
  • ・電話番号:   0198-62-1333 (遠野市観光協会)
  • ・料金: 無料
  • ・所要時間: 20分
  • ・オススメの時期: 通年
  • ・公式サイトURL: http://www.tonojikan.jp/kanko/kappabuchi.shtml

 

地図はこちら


大きな地図で見る

3.山口敏太郎の妖怪博物館【東京都】

東京お台場のデックス東京ビーチにできた「山口敏太郎の妖怪博物館」。作家であり、オカルト研究家でもある山口敏太郎の「いわくつき」コレクションが展示されている博物館です。おどろくのは、その狭さ。もともと広くないところへ、謎の物体が、壁だけでなく床の上にもギッシリと置いてあります。

あんまり大勢が入ると身動きもできないかも。そのせいか、いつもわりと空いています(笑)。目玉はジャッカロープやチュパカブラ(アメリカのUMA)のミイラ。ジャッカロープは角が生えたうさぎです。未確認生物で、悪さもせずただかわいい。そのほか、カッパのミイラが展示されている時もあるらしいです。

 

時には本気の展示も

しかし時には、本気の展示物もあります。川鍋暁斎の肉筆画などは、ド迫力ですねえ。川鍋暁斎は、最後の浮世絵師と呼ばれた、幕末から明治に活躍した日本画家です。妖怪の絵なども書いていますが、肉筆画というのはあまり見る機会がありませんね。

■ 基本情報

    • ・名称: 山口敏太郎の妖怪博物館
    • ・住所:  東京都港区台場1丁目6-1デックス東京ビーチ4F 台場一丁目商店街内
  • ・アクセス: お台場海浜公園を下車、駅からの連絡通路で徒歩2分
  • ・営業時間: 11:00~21:00
  • ・定休日: 不定休 施設に準ずる
  • ・電話番号: 03-3599-5052
  • ・料金: 600円
  • ・所要時間: 約30分
  • ・オススメの時期: 通年
  • ・公式サイトURL: http://odaiba-decks.com/entertainment/post/shop84.php

 

地図はこちら


大きな地図で見る

4.ガングリユマタの片足ピンザ【沖縄県】

宮古島の子供ならだれでも知っている妖怪が「ガングリ・ユマタ 片足ピンザ」です。なんだか、呪文のようですが、「ガングリユマタ」という言葉のうち、ユマタ=四つ角のこと。ガングリについては、出所不明のようです。そしてピンザ=やぎの意味。はい、ヤマトンチュにはまったく意味がつかめませんね(笑)。

片足ピンザとは、後ろの片足のないヤギのことです。死後、どういう理由か妖怪になった後ろ足が一本しかヤギが、毎晩四つ角に立ち、人をおどすのです。ちなみに片足ピンザの大きさは子牛ほど。ガングリガングリと不気味な足音を立てながらやってきて、四つ角にいる人をハイジャンプで飛び越えるのです。

片足ピンザの出現するガングリユマタは、宮古島では超有名。だからタクシーに乗って「ガングリユマタまで」といえば、すぐに連れて行ってもらえます。ただ、昼間いっても単なる交差点です。町のど真ん中にあり、べつにピンザのお墓も石碑もなく、交通量の多いふつうの交差点です。

気になる気になる

気になると言えば、四つ角にある店「オクマクオ」。どちらから読んでもオクマで、「理容」と「三線 修理・販売」と看板にあります。入口は2か所ありますが、店内はどうなっているのか。こっちのほうがほっぽど気になるガングリユマタでした。

■ 基本情報

  • ・名称: ガングリユマタ(ガングルユマタとも言うらしいです)
  • ・住所: 宮古島市下里732-7
  • ・アクセス: 平良港から車で5分 徒歩15分
  • ・所要時間: 約5分
  • ・オススメの時期: 通年
  • ・宮古島キッズネット公式サイト:http://miyakojima-kids.net/B-ganguriyumata.html

 

地図はこちら


大きな地図で見る

5.大歩危(おおぼけ) 妖怪村【徳島県】

四国には山ふかい土地が多いのですが、徳島県三好市山城町もそのひとつ。こちらには妖怪に関する伝説がたくさん残っています。大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)という観光地があり、今でも自然が豊かな土地柄。平地はほとんどなく、昔から地すべりも多かったそうです。

そこで、子供に「危ない場所にはいくな」という意味を込めて、たくさんの妖怪話が作られてきました。今でも、地元の妖怪話に登場するほこらや墓、妖怪スポットが多数残っています。一つ目入道や子なき爺などの石像を見てまわる散策コースもありますよ。

 

妖怪の種類が多い~

妖怪村なので、いろいろなイベントに妖怪が出没します。もちろん写真撮影は許可されていて、どんどんとってもいいのですが、妖怪のあまりの多さに、小さな子供などはガン泣きすることも珍しくありません。おかあさん、ほどほどにしてくださいね(笑)。

道の駅 大歩危では、妖怪グッズも販売。「ドロメキ淵のエンコ」や「クモトリ淵の一つ目入道」など、ココでしか手に入らないものがたくさんあります。個人的にはこのエンコ人形、お腹の丸みが非常にいい感じですね。

■ 基本情報

  • ・名称: 妖怪屋敷・石の博物館・道の駅 1階が妖怪屋敷、2階が石の博物館の複合施設です
  • ・住所: 三好市山城町上名1553-1
  • ・アクセス: JR大歩危駅から歩いて20分
  • ・営業時間: 9時~17時
  • ・定休日: 3~11月 無休
  •      12~2月末日 毎週月曜 (月曜祝祭日の場合は翌日へ振替)
  • ・電話番号: 9:00~17:00
  • ・料金: 大人500円・小中学生300円
  • ・所要時間: 約1時間
  • ・オススメの時期: 通年
  • ・公式サイトURL:
  • http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&area;=2&uid;=SS000064

 

地図はこちら


大きな地図で見る

6.千貫森公園【福島県】

UFOは妖怪じゃないだろと言われれば、まったくそのとおり。ですが、あまりにも面白すぎるスポットなので、あえて妖怪系として紹介させてください。福島県福島市にある「千貫森公園」。

ここはあまりに形がキレイなので目印になり、昔から「峠山」とよばれていました。人工的に作られたものじゃないかと、まことしやかにささやかれている怪しい場所です。

一帯は千貫森一帯は公園として整備されていて、家族連れも楽しめる場所です。公園内には、UFOに関する資料を展示する「UFOふれあい館」があります。 UFOふれあい館に行く途中に、謎の生き物としか言いようがないオブジェが次々に登場します。

宇宙人といわれればそうですが、妖怪とみえないことも。参道には宇宙人の石碑もあり、公園全体があやしい雰囲気(笑)。ついには、看板までさげられています。

 

一度は行ってみるべき

かんじんのふれあい館まで登ると、中にはこんな資料が展示してあります。いや、他にもっとちゃんとした資料もあるんですが、まあ、インパクト抜群ということで、ご紹介します。

これはもう、宇宙人というより完全に妖怪ですな。

■ 基本情報

  • ・名称: 千貫森公園 UFOふれあい館
  • ・住所: 飯野町青木字小手神森1-299
  • ・アクセス: JR東北本線「福島」駅より川俣高校行きのJRバス又は福島交通バス
  •       「UFOの里」下車
  • ・営業時間: 午前9時から午後5時まで
  • ・定休日: 毎週月曜日(ただし祝日の場合はその翌日12月29日から翌年1月3日まで)
  • ・電話番号: 024-562-2002
  • ・料金: 大人400円、こども200円
  • ・所要時間: 約2時間
  • ・オススメの時期: 通年
  • ・公式サイトURL: http://ufonosato.com/

 

地図はこちら


大きい地図でみる

7.一条妖怪ストリート【京都府】

京都市上京区にある「一条 妖怪ストリート」。ここは一条通りの、下の森~西大路の間にある大将軍商店街です。一条通りは、平安時代に「百鬼夜行」があった場所として有名です。百鬼夜行とはいろいろな妖怪が、夜に行進するというもの。その伝説にちなんで妖怪ストリートが出現しました。

もともとは町おこしのために、妖怪をモチーフにしたのですが、今では各店先にこのような妖怪オブジェを並べて、雰囲気を盛り上げています。

どのオブジェも、なんとも言えない愛嬌がありますね。これが妖怪の魅力かも。

 

モノノケ市もあるよ

さて、妖怪ストリートでは、不定期に「モノノケ市」というイベントが開催されます。全国から集まった妖怪作家や同好会、企業が集まって妖怪のオリジナル雑貨や写真集、衣類、ぬいぐるみなどのグッズを販売する、アート系のフリーマーケットです。

メイン会場は、大将軍八神社の境内で、妖怪芸術団体「百妖箱」による運営です。グッズ販売のほか、これまで怪談会や茶会などのイベントも企画されました。当然このように、たくさんの妖怪がお買い物に出没するわけです。お客さんを見ているだけでも楽しいですね。

■ 基本情報

    • ・名称: 妖怪ストリート
    • ・住所: 京都市上京区一条通 上京区一条通下の森~西大路間
  • ・アクセス: 北野白梅町駅から南東へ歩いて約7分
  • ・電話番号: 075-461-2520 大将軍商店街振興組合
  • ・所要時間: 約1時間
  • ・オススメの時期: 通年
  • ・公式サイトURL: http://kyotohyakki.com/web_0317/top.html

これだけは絶対買って帰りたい!香川県の人気&おすすめのお土産10選

実際に取材をして厳選! 本当に綺麗な星を見ることができる日本の星空観測ポイント18選

関連記事

  1. 大阪・淀屋橋に宇治抹茶専門店「OMATCHA SALON 淀屋橋…

    2018年8月25日(土)から、大阪・淀屋橋にて、京都宇治の老舗茶問屋「北川半兵衛商店」の抹…

  2. 高知県に行ったら挑戦してみたい驚愕のデカ盛りグルメ8選

    高知県でデカ盛りのグルメがあります。このまとめではそんな多くの人の口コミとなっているデカ盛りグル…

  3. 群馬・松の湯温泉「松渓館」は1日2組限定!ぬる湯が名物のハイコス…

    関東随一の温泉大国と言われる群馬県。中でも松の湯温泉「松渓館」(吾妻郡東吾妻町)は、ぬる湯で知られる…

  4. 富士山へのドライブや富士急ハイランドに遊びに行く方におすすめの富…

    春はドライブが楽しいですよね。桜や色々な花々が綺麗に咲いていたり、暖かい気候がドライブにもってこ…

  5. 東京都内の子供と一緒に楽しめるおでかけスポット17選

    子供は体を使って遊んだりするの好きだし、遊びに行くって言葉に敏感ですよね。天候に関係なく遊べる所…

  6. 『日本国内の冬の絶景13選』この冬 絶対に行きたい!美しい日本の…

    秋が深まってきて、冬の足音が聞こえてくる時期。冬の旅行どこに行こうか悩んでいる方いらっしゃいませんか…

  7. 火口湖覗き、石巻グルメを味わう。「#宮城ドライブ」を楽しむ7つの…

    「#宮城ドライブ」で見つけた素敵なスポット達。宮城の観光といったら定番とも言える、御釜をのぞいてみた…

  8. 大阪・なんば周辺の人気&おすすめのお洒落カフェ10選

    都内からのアクセスも良く、手軽な旅行先として人気の「大阪」。実はこの大阪の"なんば"エリア周辺に…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss