南太平洋に浮かぶ15の島々からなる国「クック諸島」でしたい7つのこと

知らないなんてもったいない!秘密の楽園“クック諸島”で叶えたい7つのこと

ディズニー映画『モアナと伝説の海』はご覧になりましたか? その世界観を実際に体験できると言われているのが『クック諸島』。欧米の方々からの人気とくらべて、まだ日本人にはあまり知られていないクック諸島は、実は最高のバケーション先なんです。今回は、そんなクック諸島で絶対に叶えたい7つのことをご紹介します。

「クック諸島」って知ってる?

提供:クック諸島観光局
クック諸島は、南太平洋にぽつりと浮かぶ島国。15の島々からなる国で、飛行機で3時間強の距離のニュージーランドと自由連合の関係にあります。赤道を挟んでほぼハワイの反対側にあって、気候はハワイとよく似ていますが、季節はオーストラリアなどと同じく日本とは逆。

日本からは(ニュージーランドの)オークランド経由が便利な行き方なのですが、2017年7月21日からニュージーランド航空が羽田からオークランドへの直行便を運航することとなり、より身近になりました。この便を使ったパッケージツアーなども登場し、旅ツウの間では早速、話題になっている、いま注目の旅先の一つなんです。

提供:クック諸島観光局
そんなクック諸島は、周囲を24もの珊瑚環礁に囲まれ、「太平洋の秘宝」「秘密の楽園」などと呼ばれています。

遠浅の海でのマリンスポーツはもちろんのこと、山側でのトレッキングなどのアクティビティも最高に楽しい。また、ポリネシア直系の海洋民族である「マオリ」の人々によって静かに育まれてきた文化も、とっても興味深く魅力的なんです。今回は、ディズニー映画『モアナと伝説の海』の世界観を実際に体験できる島「クック諸島」で叶えたい7つのこと、をご紹介します。

①“天国”の名を持つサンドバーで絶景写真を撮る

手つかずの自然が各所に残り、各所で見たことのないような絶景と出会えるクック諸島。そんななかでも絶対に訪れたい場所が、15の島のなかの一つ「アイツタキ島」にある「ワンフット・アイランド」のラグーン。アイツタキ島は、クック諸島の玄関口「ラロトンガ島」から国内線で約50分の距離に所在する島ですが、飛行機からの途上にも見えるラグーンの美しさが、とにかく格別。この淡いブルー(アイツタキ・ブルーと呼ばれます)と真っ白な砂のコントラストは、日本ではお目にかかれない種類の色味ですよね。提供:クック諸島観光局

手つかずの自然が各所に残り、各所で見たことのないような絶景と出会えるクック諸島。そんななかでも絶対に訪れたい場所が、15の島のなかの一つ「アイツタキ島」にある「ワンフット・アイランド」のラグーン。

アイツタキ島は、クック諸島の玄関口「ラロトンガ島」から国内線で約50分の距離に所在する島ですが、飛行機からの途上にも見えるラグーンの美しさが、とにかく格別。この淡いブルー(アイツタキ・ブルーと呼ばれます)と真っ白な砂のコントラストは、日本ではお目にかかれない種類の色味ですよね。

提供:クック諸島観光局
そして、アイツタキ島からワンフット・アイランドに向かう1日ラグーンクルーズツアーに参加すると辿り着けるのが、写真の「サンドバンク(砂州)」。ワンフット・アイランドに隣接し、水に浸かりながら歩いていくと辿り着けるこちらのサンドバンクは、“天国”を意味する「ヘブン」の名を持つ絶景ポイントです。

白い美しいサンドバーがライトブルーの海に浮かぶ光景は、ただひたすら美しい。360度、さえぎるものがないパノラマを、是非、写真にも写して帰りましょう。

②世界で唯一の無人島の郵便局から手紙を出す

提供:クック諸島観光局
そして、続けて体験したいのが、世界でたった一つしかない、無人島の郵便局での手紙の投函。先にご紹介したワンフット・アイランドで、郵便局に立ち寄ると、上陸記念として裸足のマークがとってもフォトジェニックなスタンプが押印できるんです。

そんなスタンプを押したハガキに思いをしたためて・・・世界中のどこにいてもメールや電話で当たり前につながっていられるようになった現代だからこそ、あえて手書きで気持ちを伝えてみる。自分が日本に帰る方が先になっちゃうかもしれませんが、秘密の楽園から届く手紙なんて、なんだかロマンチックではないですか?

ちなみにハガキ以外の心を届ける小さなお土産として、国内で普通に使われているコインやお札もオススメ。世界でもクック諸島だけという「3ドル札」や、写真のような三角形のコインも珍しく、会話も盛り上がりそう。クック・アイランドは記念通貨の生産国としても有名。「ハロー・キティ」や「銀河鉄道999」「北陸新幹線」などの記念通貨も作っているんです。提供:クック諸島観光局

ちなみにハガキ以外の心を届ける小さなお土産として、国内で普通に使われているコインやお札もオススメ。世界でもクック諸島だけという「3ドル札」や、写真のような三角形のコインも珍しく、会話も盛り上がりそう。

クック・アイランドは記念通貨の生産国としても有名。「ハロー・キティ」や「銀河鉄道999」「北陸新幹線」などの記念通貨も作っているんです。

③ホンモノのポリネシアンダンスを観る

提供:クック諸島観光局
ハワイや、タヒチ、イースター島などと同じ「ポリネシア」文化圏に属するクック諸島には、これらの国々の中でもとりわけ伝統文化が色濃く残っています。住んでいる方々も80%以上がポリネシア人。美しい自然と素朴な人々が暮らす、どこか懐かしい空気感に「50年前のハワイを見ているよう」という人もいるのだそう。
マオリの人々が伝えて来たポリネシア文化の中でも特に、実際に目にして帰りたいのが「ポリネシアンダンス」のショー。タヒチアンダンスのスタイルに非常に近いクック諸島のポリネシアンダンスは優美かつ情熱的。独特の腰だけを揺らす動きに目を奪われます。男性たちによる、キレのある激しい動きに火があわさる大迫力の踊りも注目。リゾートホテルのディナーショーなどでも見られますが、ラトロンガ島に2009年にオープンしたマオリの文化に触れられる観光施設「テ・ヴァラ・ヌイ・ヴィレッジ」で見るのもオススメ。ポリネシア伝統の料理と共に、ダンスと音楽のパフォーマンスを楽しめます。テ・ヴァラ・ヌイ・ヴィレッジには他にも、ポリネシア伝統の彫刻や編み物、ココナッツの利用方法、ダンスの衣装の作り方の実演など、様々なアクティビティが用意されています。提供:クック諸島観光局

マオリの人々が伝えて来たポリネシア文化の中でも特に、実際に目にして帰りたいのが「ポリネシアンダンス」のショー。タヒチアンダンスのスタイルに非常に近いクック諸島のポリネシアンダンスは優美かつ情熱的。独特の腰だけを揺らす動きに目を奪われます。男性たちによる、キレのある激しい動きに火があわさる大迫力の踊りも注目。

リゾートホテルのディナーショーなどでも見られますが、ラトロンガ島に2009年にオープンしたマオリの文化に触れられる観光施設「テ・ヴァラ・ヌイ・ヴィレッジ」で見るのもオススメ。ポリネシア伝統の料理と共に、ダンスと音楽のパフォーマンスを楽しめます。テ・ヴァラ・ヌイ・ヴィレッジには他にも、ポリネシア伝統の彫刻や編み物、ココナッツの利用方法、ダンスの衣装の作り方の実演など、様々なアクティビティが用意されています。

④珊瑚の海で色とりどりの熱帯魚に出会う

提供:クック諸島観光局
そして、もちろんこの素晴らしい海を、存分に楽しんで帰るのも忘れてはならないですよね。熱帯性気候のクック諸島では年間を通じて泳ぐことが可能。透明な海のキラキラ輝くさまを、ただひたすら眺め、夕暮れ時に真っ赤に染まる時間までビーチでぼーっとしているだけでも日頃の疲れがすべて飛んでいくのを感じることができます。
提供:クック諸島観光局
ラロトンガで最も美しいと言われる「ムリビーチ」のラグーンを、グラスボトムボートで訪れるツアーも人気。船の上から眺める色鮮やかな熱帯魚たちの種類の多さに、びっくりさせられます。それもそのはず、このあたり一帯は自然保護区に指定されているんです。

その後、ツアーはシュノーケリングスポットに立寄、思う存分、キラキラの魚たちとたわむれられます。クライマックスは「コロミリ島」でのBBQ。新鮮な魚をワイルドに頬張りましょう。

⑤緑の秘境にトレッキングに出かける

提供:クック諸島観光局
まるで太古の時代にタイムスリップしたかと思うほど、そのままに鮮やかな姿を残す山側の自然もクック諸島の魅力。

トレッキングツアーのほか、4WDでジャングルを巡るサファリツアーもあり、歩いては行けないような奥深い自然の中に分け入っていくこともできます。写真は「ウィグモアの滝」。忽然とあらわれるその神秘的な姿に心洗われること間違いなしです。

提供:クック諸島観光局
こちらは「アチウ島」の「アナタキタキ洞窟」。鬱蒼とした熱帯雨林を抜けた先にある石灰岩でできた洞窟です。洞窟の中には、世界でここでしか出会えない「コペカ」という鳥が住んでいるのだとか。
提供:クック諸島観光局
ちなみにクック諸島は、移動も楽々。国際空港があるラロトンガ島でも、島の一周が32キロと小さく、道路の最高速度も50キロとのんびりペース。便利なバスでスポットめぐりをしたり、スクーターなど借りて自身での探索することもできちゃいます。治安もバツグンに良いので安心。

⑥マオリ語のゴスペルを聴く

ポリネシアの文化を色濃く残す一方で、ニュージーランドなど近隣国からの影響も受けるクック諸島。島民のほとんどが実はクリスチャンで、週末には多くの人が教会のミサに出かけます。礼拝は、英語とマオリ語で行われ、マオリ語で歌われるゴスペルを聴くことも。ミサは観光客でも参加可能。ただし、あまりリゾート気分全開な肌を露出しすぎた服装ではなく、少し控えめな装いで、感謝や畏敬の念を持って行きましょう。またミサに参加させてもらう場合は、心ばかりの献金も忘れずに。提供:クック諸島観光局

ポリネシアの文化を色濃く残す一方で、ニュージーランドなど近隣国からの影響も受けるクック諸島。島民のほとんどが実はクリスチャンで、週末には多くの人が教会のミサに出かけます。礼拝は、英語とマオリ語で行われ、マオリ語で歌われるゴスペルを聴くことも。

ミサは観光客でも参加可能。ただし、あまりリゾート気分全開な肌を露出しすぎた服装ではなく、少し控えめな装いで、感謝や畏敬の念を持って行きましょう。またミサに参加させてもらう場合は、心ばかりの献金も忘れずに。

そうそう。クック諸島は、ハネムーナーの聖地でもあります。島の小さな教会で2人だけの結婚式をあげて、ビーチでロマンチックなフォトシューティング、なんて憧れちゃいますよね。提供:クック諸島観光局

そうそう。クック諸島は、ハネムーナーの聖地でもあります。島の小さな教会で2人だけの結婚式をあげて、ビーチでロマンチックなフォトシューティング、なんて憧れちゃいますよね。

⑦ラグジュアリーなホテルで“何もしない”を楽しむ

日本では、まだあまり知られていませんが、ニュージーランド人を中心に、年間12万人が訪れる人気のビーチリゾート「クック諸島」。小さな島国にも関わらず、実はラロトンガ島だけでも50を超える宿泊施設があり、ラグジュアリーな高級ホテルからバックパッカー用のゲストハウスまで、旅のスタイルに併せて色々な過ごし方ができます。憧れのビーチをのぞむヴィラなど、ちょっぴり贅沢してもお値段はリーズナブルなのも、とっても嬉しいところ。提供:クック諸島観光局

日本では、まだあまり知られていませんが、ニュージーランド人を中心に、年間12万人が訪れる人気のビーチリゾート「クック諸島」。

小さな島国にも関わらず、実はラロトンガ島だけでも50を超える宿泊施設があり、ラグジュアリーな高級ホテルからバックパッカー用のゲストハウスまで、旅のスタイルに併せて色々な過ごし方ができます。憧れのビーチをのぞむヴィラなど、ちょっぴり贅沢してもお値段はリーズナブルなのも、とっても嬉しいところ。

提供:クック諸島観光局
こちらの水上バンガローが素敵なホテルは「Aitutaki Lagoon Resort(アイツタキ・ラグーン・リゾート )」。こんな美しい場所では、終日、“何もしない”が正解。静寂のなか、風の音や海の揺れるさまに触れながら、夜にはワインをいただきながら、ポリネシアンダンスのショー。

そうそう、クック諸島は近くのオーストラリアやニュージーランドの文化からも影響を受けているので、ワインも食事も、とっても安くておいしいんです。ホテルのスパで、全身、揉みほぐしてもらうのも、もちろん最高の贅沢として体験したいですよね。

いかがでしたか?

いかがでしたでしょうか? まだ日本からの観光客はそこまで多くないクック諸島。人波で混雑などしていない静かで、とにかく美しいビーチを独り占めにしながらの、最高のバケーションを過ごしてみませんか? 今年の夏休みの予定がまだの方は、今ならリゾートホテルでの宿泊付きのおトクなパッケージツアーもあるので是非、チェックしてみてください。幾つかの島を巡るツアーもあり、初めての方でも安心&効率よく素敵時間を楽しめてしまいます。提供:クック諸島観光局

いかがでしたでしょうか?

まだ日本からの観光客はそこまで多くないクック諸島。人波で混雑などしていない静かで、とにかく美しいビーチを独り占めにしながらの、最高のバケーションを過ごしてみませんか? 今年の夏休みの予定がまだの方は、今ならリゾートホテルでの宿泊付きのおトクなパッケージツアーもあるので是非、チェックしてみてください。幾つかの島を巡るツアーもあり、初めての方でも安心&効率よく素敵時間を楽しめてしまいます。

サモアの首都アピアの人気&おすすめホテル7選

南太平洋に浮かぶ楽園「クック諸島」の『アイツタキ島』は世界で最も美しいビーチがある絶景アイランド!

関連記事

  1. オーストラリアの絶景「スプリングブルック国立公園」は光る世界遺産…

    至る所に美しい自然が広がっているネイチャーカントリー「オーストラリア」。今回はそんなオーストラリ…

  2. 映画「ホビット」や「ロードオブザリング」のロケ地として実際に使わ…

    映画「ホビット」や「ロードオブザリング」のロケ地として実際に使われた「ホビット村」。実はそれがそ…

  3. パラオの人気&おすすめのショッピングスポット5選

    珊瑚礁に囲まれた世界遺産の島「パラオ」。手付かずの自然と、エメラルドグリーンに輝く海が歓迎し…

  4. フィジーに行ったら楽しみたい人気&おすすめアクティビティ・現地ツ…

    せっかくフィジー諸島までやってきたのなら現地のアクティビティを楽しみたいですよね。今回のまとめ記…

  5. 世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフや世界最古の熱帯雨林で知られ…

    オーストラリア・ケアンズは、オーストラリア大陸北東岸にある美しい港湾都市。世界最大のサンゴ礁を誇…

  6. ニュージーランドの首都ウェリントンの人気&おすすめの高級ホテル7…

    海外へ旅行するとなると気になるのがその国の高級ホテルです。特にニュージーランドウェリントンにはお…

  7. 地球最後の秘境!パプアニューギニアで大自然に触れたり神秘的な異文…

    遠いようで意外と手軽にいくことができる南太平洋の国、パプアニューギニア。パプアニューギニアでは、…

  8. ニュージーランドを100%満喫するためのおすすめ旅行プラン20選…

    日本の10分の1位の面積のニュージーランド。小さな国の中に、ハイキングや乗馬、クルージングな…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss