南国なのに、辛さ控えめでとっても食べやすいフィリピン料理。スタンダードなおすすめ15選

東南アジアの島国フィリピンは、日本ではバナナやパイナップルなどの南国フルーツが有名で、フィリピン料理はあまり知られていません。「南国の料理=とっても辛い!」というイメージが湧きますが、フィリピンは常夏の国にもかかわらず、タイ料理などと異なり辛い料理がほとんど無いんです。だから日本人でも無理なく食べられる、おすすめ料理がたくさんあります。今回はそんなフィリピンの、スタンダードでローカルな料理を紹介していきます。初めてのフィリピン旅行で是非食べたい、おすすめ15選!

1. アドボ

日本人の口に合う、定番料理アドボ

アドボはフィリピンの煮込み料理。鶏肉は骨付きを使うとさらにおいしくできます。鶏肉がなければ、豚肉だけで作ってもよいでしょう。肉は必ず熱湯をかけて臭みを取ります。黒砂糖を使うとコクがでます。

出典:www.misbit.com

アドボ(スペイン語、タガログ語:Adobo)とは、マリネを意味する単語。また、フィリピンの肉や野菜の煮込み料理の名称でもある。酢が使われることが多く、常温での保存性を高めた料理法であるといえる。

出典:wpedia.goo.ne.jp

15選のトップはフィリピンの定番料理、アドボ。肉や野菜の煮込み料理で、鶏肉、豚肉などを醤油、酢、ニンニクなどに漬けて、その後で野菜などと甘辛く煮込みます。フィリピンに行ったら真っ先に食べてほしいおすすめ料理ですが、最近では輸入食材の店でもアドボの素を売っていますので、本場の味を知っている人は自分で作ってみるのも面白いでしょう。

2. カレカレ

ピーナッツソースが美味しさの決め手、カレカレ

カレカレとは、牛テールと野菜をピーナッツ風味のスープで煮込んだ料理のこと。牛テールのゼラチン質とピーナッツのコクの相性が良く、人気のあるメニューの1つです。

出典:www.shapla.jp

“ブタのしっぽ”や“野菜”などを”ピーナッツクリーム”で煮込んであります。味付けは横の小皿にある”バコオン”というえびを発酵させたものを好みによって”カレカレ”と一緒に食べます。日本で言うところの「肉じゃが」のような定番料理です。

出典:deepsouth1965.jugem.jp

カレカレはアドボと並んで、フィリピン国民に人気の定番料理です。肉と野菜をピーナッツソースで煮込んだ料理で、コクがありますが、マイルドな味わいが外国人にもウケています。肉はオックステールを使うのが基本ですが、他に牛の他の部分の肉や、豚肉、ヤギ肉など使われることがあります。辛いのが苦手な人にも、おすすめできる料理です。

3. パンシットカントン

フィリピン庶民の日常食、パンシットカントン

パンシットというのは焼きそばのようなフィリピンの庶民食。よくパーティなどで提供されることの多い食べ物だったりします。パンシットにもビーフンを使用したパンシット・ビーフンと広東麺を使用したパンシット・カントンがあります。

出典:www.excitecebu.com

フィリピンで、日常の食卓をはじめ街のファーストフード、誕生日のパーティーなど、様々な場面でよく目にする中華麺です。フィリピン料理は中国の影響も強く受けているので、こういう麺がよく使われるそうです。ちなみに「カントン」という名前は、広東料理の広東からきているのだとか。

出典:www.shapla.jp

パンシットはフィリピンの麺料理で、中華麺を使った焼きそば風のパンシットカントンは、誕生日やパーティーなどのお祝い事の際に大皿で皆で食べる料理として、大変人気があります。「カントン」は、中国の広東地方から来ていて、中華麺を八宝菜に混ぜたような中華風の料理です。カラマンシーを絞って食べるのが定番です。日本でもインスタント麺が買えますので、試食することをおすすめします。

4. シャンハイルンピア

ビール党にはたまらない、シャンハイルピア

ルンピアシャンハイは豚挽き肉の揚げ春巻き、パーティーのおつまみでよくでます。辛めのチリソースをつけていただきます。ビールのおつまみに最高!

出典:kirinkan.hamazo.tv

フィリピンやインドネシアのルンピアは、福建料理の「潤餅」(ルンピン、ルンピア)が変化したものと考えられています。日本の春巻との違いは、味つけや包み方。気軽につまむものなので、日本のものよりも細長くスティック状に巻く傾向があるよう。

出典:gathery.recruit-lifestyle.co.jp

シャンハイルンピアはフィリピンの揚げ春巻きで、安くて美味しいので地元民に人気があります。同じ東南アジアのタイやベトナムなどにも同様の料理があります。シャンハイルンピアの具材は豚肉、モヤシで、春巻き自体はかなり小ぶりになっています。チリソースまたは醤油、酢に、カラマンシーを絞ったタレにつけて食べます。ビール党には是非おすすめの料理といえます。

5. ティノーラマノック

野菜がたっぷり入った、 ティノーラマノック

隼人瓜、手羽先、ほうれん草が入ったフィリピンの家庭料理。生姜風味で日本人好みのスープです。簡単、おいしいよ。

出典:cookpad.com

フィリピンは気候の関係か揚げものが多く、野菜が日本の家庭料理と比較すると少ない(予算の関係で少ない場合もある)ので、野菜入りのスープは何とも嬉しかったりします。

出典:globalleaner.blogspot.jp

ティノーラマノックは家庭でよく作られる、青パパイヤと鶏肉(マノック)のスープです。味付けは塩味ベースで、生姜の香りがほのかにするさっぱり系のスープです。フィリピン料理は野菜料理が少ないので、野菜をたっぷり入れるティノーラマノックは、ヘルシー志向の方に是非おすすめの料理といえます。

6. エスカベッチェ

高級魚の甘酢あんかけ料理、エスカベッチェ

フィリピンでよく食べられる白身魚のラプラプを一匹丸ごと揚げてしまいます!あとは、炒めた赤ピーマンや人参、ニンニクなどと合わせたピリ辛で酸味のあるとろっとしたソースをかけるだけ。

出典:blog.kitchhike.com

揚げた魚に甘酸っぱいケチャップ入りのソースをかけています。フィリピンはこういったケチャップ味やトマトソース味の料理が多いので、スペイン語を思わせる料理名は一度確認するといいかもしれません。

出典:magazine.campus-web.jp

エスカベッチェは、かつてフィリピンを統治していたスペインの影響を受けた料理です。白身魚のラプラプという高級魚を揚げて、ケチャップの入った甘酢あんをかけた美味しい料理で、子供から大人まで人気があります。ラプラプは日本でいえばクエやハタのような魚で、赤と茶褐色の2種類あります。フィリピン人には赤いラプラプの方が人気があります。

7. トルタンタロン

シンプルな家庭料理、トルタンタロン

焼きなすの皮をはぎ、末広がりになるようにつぶし、溶き卵をつけて焼く。最初に片面を焼いているときに卵が生の面に玉ねぎみじん切りやひき肉をぱらぱらかけてひっくり返すレシピもあります。

出典:tabisite.com

ナスを裂き開いてつぶしひき肉をつめ卵で閉じたもの。塩味がベースになっていて、塩さえ振りすぎなければ美味しい。ご飯のおかずになる。

出典:onigiri-web.com

トルタンタロンは、家庭で簡単に作れる地元民に定番人気の焼きナスのピカタです。シンプル、安い、美味しいと3拍子揃った、ご飯がすすむおかずで、最初にナスを素焼きしておくのが美味しさのポイントです。フィリピン滞在中にこの料理を好きになった人は、レシピが載っているウェッブサイトが多数ありますので、挑戦してみてください。

8. レリエノンバングース

フィリピンで人気のある魚、バングースの詰め物

スープにしてもグリルにしても万能なフィリピンの大衆魚「バングース」の詰め物。そぼろ状にしたバングースと細かく刻んだ野菜にレーズンなどをトマトソー スで味付けしグリルする。

出典:japph.com

そぼろ状にしたミルクフィッシュ(バングース)と細かく刻んだ野菜にレーズンなどの詰め物。路上でバーベキューのようにグリルしている姿を見かけます。

出典:globalleaner.blogspot.jp

レリエノンバングースは、バングースという魚をそぼろ状にして、細かく刻んだ野菜やレーズンなどをトマトソースで味付けした人気料理です。バングースは、フィリピンではティラピアと並ぶ大衆魚。小骨が多い魚ですが、焼いたり、揚げたり、スープにしたり、色々な料理に使われる地元民の大好きな魚です。輸入食材の店でも売っていますので、食べてみて下さい。

9. ピナクベット

野菜たっぷりのフィリピン料理、ピナクベット

ルソン島イロカノ地方の野菜料理で、いわゆる野菜炒めですが味付けにエビや魚の塩辛を使います。魚介の旨味が野菜と合って郷愁を感じます。日本人が好む味付けです!!

出典:magazine.campus-web.jp

多くの野菜(カボチャ・オクラ・ナス・ゴーヤ・エンドウ等)をバゴオン(フィリピンの塩辛)で炒めた料理で、白いご飯にもバッチリでヘルシーなメニュー。

出典:phbaguio.blogspot.jp

ピナクベットはルソン島北部の料理ですが、現在はフィリピン各地で食されています。色々な野菜を炒めてから、バゴオンというフィリピンの塩辛で煮込むという料理です。ご飯のおかずにも最適で、野菜がたっぷり取れるのもグッドポイント。フィリピン滞在中に野菜不足を感じた方、ヘルシー志向の方には、是非おすすめの野菜料理です。

10. ビコールエクスプレス

フィリピン料理は基本は辛くありませんが、ビコール地方のこの料理は別。トウガラシとココナッツミルクで煮込んだ豚肉の相性がよく、ご飯がすすみます。

出典:globalleaner.blogspot.jp

フィリピン料理は辛い料理が少ないのですが、このビコール・エクスプレスはピリ辛。タイ料理のような辛さに比べると、マイルドな気がします。

出典:recipe.pasyal.info

ビコールエクスプレスは、ルソン島南部ビコール地方の名物料理で、肉や魚介を、フィリピンの塩辛バオゴンやココナッツミルク、唐辛子で煮込んだ料理です。ココナッツミルクを使用しているとはいえ、フィリピン料理にしてはかなり辛いので、「フィリピン料理は刺激的に物足りない」という人には、おすすめの料理といえます。

11. シニガン

フィリピンを代表するスープ、シニガン

このシニガンと呼ばれるスープは日本では味噌汁に相当する最もポピュラーおかずと言える。ヒポンはタガログ語で海老のこと。具によってシニガン~となります。えび入りは少し高級な部類で、出汁が効く分おいしい。

出典:onigiri-web.com

シニガンのメニューには、エビを使ったもの、豚を使ったもの、牛を使ったもの、魚を使ったものなどさまざまありますが、初心者には豚を使ったものがおすすめです。骨つきの肉なのでスープにいいダシが出ており、酸味の中にコクがあります。

出典:www.spintheearth.net

シニガンはフィリピンを代表する、タリマンドの酸味が効いたスープ料理です。メインの具は豚肉、海老などで、それに空芯菜、ナス、インゲン、大根などの野菜をたっぷり入れます。タイ料理のポテークのような透んだスープで、酸味だけで辛さはありません。フィリピンではスープを飲むというより、ご飯にかけて食べます。

12. シシグ

ビールのおつまにぴったりの、シシグ

ビールのおつまみとして親しまれるこの一品は、豚肉の耳、顔などの部位をオーブンなどでカリッと焼き、それを刻み醬油、ビネガー、唐辛子で味付けしされた料理。

出典:globalleaner.blogspot.jp

豚肉の切れ端をしょう油とビネガー、唐辛子で味付けした物に生卵をのせて、鉄板の上でかき混ぜて食べます。ビールのおつまみとして、また定食メニューとしても定番。

出典:allabout.co.jp

酒のおつまみとして大人気のシシグは、細かく切った豚ほほ肉を、醤油やビネガー、ニンニクなどと一緒に炒めた料理で、生卵がのっかっており、それを鉄板で混ぜて食べます。脂っこくて味付けもしっかりしているので、ビール党の方には特におすすめします。お酒を飲まない方は、ご飯に混ぜて召し上がってください。

13. レチョン

豪快な子豚の丸焼き、レチョン
フィリピンの伝統料理、お祝いの際に食べるレチョン

パリパリと香ばしい皮と、ジューシーな豚肉の食感のコントラストが楽しめる子豚の丸焼き。甘いソースをつけていただきます。

出典:allabout.co.jp

マニラとセブでは味付けが異なり、一般的にはセブレチョンは味付けがしっかりしていてフィリピン人に人気です。時間のある方は両方試してみてはいかがでしょうか。

出典:www.spintheearth.net

フィリピンの結婚式やお祭りなどの祝賀行事には欠かせないのが、子豚の丸焼きのレチョン。炭火でゆっくり焼き上げるので、皮がぱりぱりして大変香ばしく、これをレバーで作ったソースをつけて食べます。フィリピンレストランで食べることができ、マニラなどではレチョンの専門店もあります。豚以外に鶏のレチョンもあります。

14. クリスピーパタ

ビールのおつまみにぴったり、豚足を揚げたクリスピーパタ

豚足を揚げたもの。しょう油とビネガーのタレにつけて食べます。ご飯のおかずとして、ビールのおつまみとしても!

出典:allabout.co.jp

豚のモモ肉を皮付きで骨ごと揚げます。パリパリなのに皮の内側のコラーゲンの食感がたまりません!かぶりついて豪快にどうぞ!

出典:r.gnavi.co.jp

こちらも豚肉の料理、クリスピーパタは豚のすねや豚足を揚げた料理で、皮のパリパリ感と肉のジューシー感が味わえる、レチョンに負けず劣らずフィリピン料理で大人気の料理です。レチョンとは違い、行事には関係なく普段からレストランで食べられます。ビール党のおつまみにも是非おすすめします。

15. キニラウ

酸味のあるさっぱりした料理、キニラウ

海水魚を酢でしめたマリネ風の料理。魚を四角に小さく切って、キュウリ、葱を刻んだものや生姜等で和えます。

出典:www.bing.com

キニラウ(キラウィン)は、生魚の切り身やカキにカラマンシーの汁、ニンニク、ショウガ、タマネギ、トウガラシ、食塩などで味を付けた酢じめである。

出典:ja.wikipedia.org

15選のラストはキニラウ。ミンダナオ島のダバオという町の家庭料理で、新鮮な生の魚介類をマリネしています。カラマンシーという、シークワサーに似た柑橘系のフルーツを絞って、ショウガ、ニンニク、タマネギ、唐辛子などで和えます。常夏のフィリピンで、さっぱりした酸味のある料理が食べたくなったら、是非おすすめします。
フィリピン料理おすすめ15選でした。スタンダードな料理ばかりですので、フィリピン旅行の際は片っ端から食べてみて下さい。きっとお気に入りの料理が見つかるはずです。現在は日本でも輸入食材の店で、アドボはじめシニガンやカレカレなどの料理の素が売っていますので、気に入った料理は、是非自分でも作ってみて下さい。

セブだけで満足してない?ボートでたった15分の楽園スミロン島に行かなきゃ損!

フィリピンのボラカイ島でしか見られない子供達が作るサンドアートが凄すぎる!

関連記事

  1. 夏の風物詩「NAKED 花火アクアリウム」が品川で開催!2019…

    2019年7月13日(土)~9月29日(日)の期間、マクセル アクアパーク品川では、日本最高峰の…

  2. 便利な「北鉄バス1日フリー乗車券」で移動もラクラク!金沢旅行でし…

    金沢観光をするのに非常に便利なのが、「北鉄バス1日フリー乗車券」です。金沢の定番観光スポットを全…

  3. 三重県鈴鹿市の人気&おすすめ観光スポット7選

    今回ご紹介するのは、三重県の北部にあり、自動車やバイクのサーキットで良く知られる街、鈴鹿市です。…

  4. ブラジルの手つかずの自然が生み出した秘境「バイア・ド・サンチョ」…

    2016年のリオデジャネイロオリンピック開催で盛り上がりを見せている「ブラジル」。実はここブラジ…

  5. エジプトに行ったら絶対に行きたい!定番から穴場までおすすめ観光ス…

    ピラミッドやスフィンクスをはじめ、数々の観光スポットを有する国、エジプト。悠久の歴史にタイムスリ…

  6. 人気観光地「金沢」の旅の充実度120%おすすめ2泊3日旅行プラン…

    今注目の旅行先「金沢」。そんな金沢に先日旅行で行ってきた筆者が“金沢2泊3日”の旅行プランをご紹…

  7. 暑い夏はそうめんでひんやり。関東にある”イマドキ”なそうめんの専…

    夏になると食卓に度々登場する素麺(そうめん)。家で食べるものっていう認識がありませんか?そんな素…

  8. 金沢でおすすめの美味しい焼き肉屋さん人気ランキングTOP5

    今回は、金沢でお勧めな焼肉をランキングで紹介したいと思います。深夜やっている焼肉屋や個室があると…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss