卒業旅行でディズニーリゾートへ行くなら、お得なキャンパスデーパスポートを使おう!

卒業旅行でディズニーリゾートへ遊びに行きたい学生は必見!「キャンパスデーパスポート」を手に入れて、お得にパークを遊び尽くしましょう♪購入方法や期間の詳細と一緒に、期間中に開催されるイベントもご紹介していきます。【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

キャンパスデーパスポート「春キャン」とは?

毎年1月~3月まで学生はお得に入園できる「キャンパスデーパスポート」が販売されます。ちょうどこの時期は卒業シーズンでもあり、首都圏をはじめ全国各地の学生達が最後の思い出づくりに遊びに来ています。

対象になる学生は大学生、大学院性、短大生、各種専門学生、高校生、中学生です。

ちなみに国内だけではなく、海外の学生でもOK。

2016年のキャンパスデーパスポートでは、小学生と幼児も対象に入っていましたが、2017年からは対象になっていませんのでご注意を。

ここからはキャンパスデーパスポートの販売期間や購入方法を詳しくご紹介していきます。

販売期間と利用期間

2017年のキャンパスデーパスポートでは、2017年1月6日(金)~3月17日(金)まで利用することが可能です。販売期間はもう少し早くからスタートし、2016年11月6日~2017年3月17日まで。

販売期間は購入場所によって異なるため、ディズニー公式HPでチェックしておきましょう。

通常パスポートよりいくら安いの?

2017年のワンデーパスポートの値段は大人(18歳以上)7400円。高校生・中学生(12歳~17歳)6400円となっています。

2017年キャンパスデーパスポートでは、大人(大学生・大学院生・短大生・専門学生)は6800円。

高校生・中学生は5800円とどちらもワンデーより600円安くなります。

2日間パークで楽しむ場合は「キャンパス2デーパスポート」がお得!

遠方から遊びに来る学生さんも多く、ランドとシーどちらも行きたい!という場合は「キャンパス2デーパスポート」がお得です。このパスポートでは連続した2日間で利用することができ、初日からランド・シーの2つのパークを自由に行き来できます。

大学生・大学院生・短大生・専門学生の場合、キャンパス2デーパスポートは13200円と値段もキャンパス1デーパスポートよりもお得になります。

キャンパス1デーパスポートで購入した場合、2日間で13600円かかりますので、合計で400円お得になりますよ。

高校生・中学生のキャンパス2デーパスポートの値段は11600 円。

こちらは安くはなりませんが入園保障が付いてきます。

キャンパス1デーパスポートは、入園制限がされた場合は入園することができません。

キャンパス2デーパスポートのみ入園保障が付いてきます。

そのためキャンパス1デーパスポートで来園する際は、最も混雑する3月はなるべく避けて、スタートしたばかりの1月に遊びに行く方が入園制限のリスクが減りますよ。

 

購入方法

購入方法については、キャンパス1デーパスポートとキャンパス2デーパスポートで購入できる場所が異なりますのでご注意を。まず「キャンパス1デーパスポート」の販売場所は

・東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのチケット販売窓口

・東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト(ディズニーeチケット)

・舞浜駅以外のJRの主要駅

・旅行代理店(ANAセールス、近畿日本ツーリスト、ジャルパックなど)

・ディズニーストア(一部店舗を除く)

・コンビニ(サークルKサンクス、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)

次に「キャンパス2デーパスポート」の販売場所は

・東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト(ディズニーeチケット)

・舞浜駅以外のJRの主要駅、JR「みどりの窓口」

・旅行代理店(ANAセールス、近畿日本ツーリスト、ジャルパックなど)

・ディズニーストア(一部店舗を除く)

・コンビニ(サークルKサンクス、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)

またキャンパス2デーパスポートはお得な宿泊付きプランもあり、ディズニーブランドホテルをはじめ、ディズニーリゾートと提携しているオフィシャルホテルで販売されています。

注意して頂きたいのはキャンパス2デーパスポートの場合、パーク入口にある販売窓口では購入できません。
事前の準備が必要となりますよ。

自宅の近くに購入できそうな店舗が無い場合は「ディズニーeチケット」での購入がおすすめ!ネット環境が整い、プリンターさえあれば自宅で簡単にチケットを購入することができます。

購入する時と当日は学生証を忘れずに!

パークの公式HPには「ご購入時に入園されるご本人の学生証をご提示ください」と記載されていますので、購入する際は学生証を持っていきましょう。また窓口や店舗ではなく、ディズニーeチケットなどインターネットで購入した場合には、当日エントランスで学生証の提示を求められますので、出かける直前に学生証をしっかり確認し、忘れないようにしましょう。

春キャン中に開催される季節限定イベント

ディズニーでは一年中素敵なイベントが開催され、毎年プログラムやテーマが変わるので何度行っても楽しめます。春キャン中にはどんなイベントが開催されるのか気になりますよね?

ここから春キャン中に開催されるイベントをランド・シー共にご紹介!

パーク中が氷の世界に包まれる「アナとエルサのフローズンファンタジー」【ランド】

2014年に公開された映画『アナと雪の女王』は大ヒットを飛ばし、劇中で流れる「レット・イット・ゴー」は社会現象を巻き起こしました。その「アナ雪」をテーマにしたイベントがディズニーランドで2015年からスタートし、今では冬の恒例イベントとなっています。

2017年では1月13日(金)~3月17日(金)まで開催。

パークの至る所にミニ雪だるまの「スノーギース」が散らばり、ワールドバザールにはエルサがつくった氷の結晶が飾られアナ雪ムード全開♪

アナやエルサをはじめ、雪だるまのオラフなどアナ雪に登場する愉快な仲間たちが繰り広げるパレードやグリーティングショーが催されます。

何と言っても一番の見どころはナイトエンターテイメント「フローズン・フォーエバー」。

シンデレラ城にプロジェクションマッピングを投影し、アナ雪の名曲と共に迫力ある映像を堪能することができます。

 

ダッフィー限定グッズやグルメが登場「スウィート・ダッフィー」【シー】

ディズニーシーだけのオリジナルキャラクター「ダッフィー」。
その愛らしいルックスで大勢のゲストを虜にしています。そんなダッフィーをテーマにしたイベント「スウィート・ダッフィー」が毎年1月~3月までの冬の期間に開催されており、2017年で9年目を迎える人気イベントです。

この期間中にはスウィート・ダッフィーだけしか手に入らないオリジナルグッズや美味しいグルメが登場します。

また「アメリカンウォーターフロント」はダッフィー一色に染まり、見ているだけでワクワクする可愛い装飾があちらこちらに。

ダッフィーはひとつひとつ手作りのため、一体ずつ顔が微妙に違っています。

また着せ替え用のダッフイー専用洋服もあり「自分だけ」のダッフイーに仕上げることができるのも人気の理由。

さらにディズニーシー以外では手に入れることができない、徹底したマーケティングにより爆発的な大ヒットに繋がったと言われています。

お友達とお揃いのダッフィーを抱っこして、パークを一緒に遊んでみてはいかがでしょう。

 

スリル度130パーセントアップ!「タワー・オブ・テラー: Level 13 “シャドウ・オブ・シリキ”」【シー】

ディズニーシーで不動の人気を誇る「タワー・オブ・テラー」は、垂直落下が体験できる「フリーフォール」タイプの絶叫系アトラクション。2012年からスタートした期間限定バージョン「タワー・オブ・テラー: Level 13」では、落下回数が増え、より一層恐怖を感じる演出効果が施されています。

「シリキ・ウトゥンドゥ」がエレベーターのロープを切断し、火花を散らして停止したり、プレショー(アトラクションに乗る前のショー)での演出も追加されていたりなど、映像や音もパワーアップしていますよ。

学生に大人気のアトラクションなので、春キャンシーズンの3月に入るとスタンバイ平均180分待ちになります。

1月に遊びに行くか、パーク開園と同時にファストパスを取りにいくのが良いでしょう。

みんなで乗れば盛り上がること間違いなし!

春キャンで学生最後の思い出づくり♪

「キャンパスデーパスポート」を上手に利用し、ディズニーリゾートで友達とたくさんの思い出をつくりましょう。
首都圏に住んでいる学生は「制服ディズニー」で楽しむのも良いですね。
地方に住んでいる学生は「お泊りディズニー」で2日間丸ごと遊び尽くしてみてはいかが?受験シーズンが終わり新たな生活が始まる春、家に居てはもったいないですよ。
友達を誘ってみんなで旅行へ出かけましょう!

ディズニーのモノレール「ディズニーリゾートライン」に乗ろう!

雨の日でも安心♪ディズニーランドを思いっきり楽しむ方法!

関連記事

  1. 奈良県・御所市のお祭り・イベント5選

    葛城山や金剛山がある奈良県・御所市です。春夏秋冬問わず景色はキレイで、いつ行っても年中行事があり…

  2. 横浜の人気観光スポット『横浜中華街』の行き方・最寄り駅

    kanegen世界最大級の規模を誇るチャイナタウン、横浜中華街。横浜有数の観光地であり、地元…

  3. ディズニーリゾートには、ディズニーリゾート発着の便利な夜行バスを…

    ディズニーリゾートには、発着がディズニーリゾートの便利な夜行バスがあります。遠方から足を運ぶ方にはと…

  4. グーグル、YouTube動画トレンドを発表、GW前に旅行系の視聴…

    ゴールデンウィークを前にグーグルがユーチューブで見られる旅行関連の動画視聴ランキングを発表。車中泊へ…

  5. とにかく楽しい!日本全国の驚きのトリックアート美術館12選

     https://flic.kr/p/bBioyTようこそ、トリックアートの世界へ。…

  6. 夏限定の黄色い絶景に魅せられる!関西のおすすめ“絶景ひまわり畑”…

    夏限定の絶景と言えば?海や花火はもちろんですが、見逃せないのが黄色の絶景"ひまわり畑"。1度はあ…

  7. この可愛さはこだわりの賜物。大阪新町の「餅匠しづく」の和菓子が食…

    パンケーキやパフェなど、様々な洋菓子の美味しいお店も多い、グルメの街「大阪」。そんな大阪府新町に…

  8. しまなみ海道『来島海峡大橋』の絶景ビューポイントと周辺の観光&グ…

    来島海峡を挟んで四国と大島を結ぶ、愛媛県にあるしまなみ海道最大の橋、来島海峡大橋。この橋だけでも見応…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss