全種類コンプリートを目指せ!ディズニーリゾートの「スーベニアメダル」

ディズニーリゾートで手に入る「スーベニアメダル」は、季節に合わせたデザインからレアキャラのデザインまで、種類が豊富です。一枚100円で購入でき、ついつい全種類集めてコレクションしたくなる♪そんな魅力と購入方法などをまとめてみました!【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

スーベニアメダルって何?

ディズニーリゾートには、ディズニーキャラクター達が刻印された、オリジナルデザインのスーベニアメダルが販売されており、お土産として人気があります。
中には訪れる度に購入するというコレクターが存在するほど。メダルは1枚100円とリーズナブルで、楕円形をした薄い銅でつくられており、ディズニーリゾートをはじめ、全国の有名観光地でもよく見かけますよね。

お手軽に購入できる事もあって、全種類集めるゲストも大勢います。
また、季節や月によって次々に新しいデザインのメダルが登場するため、パークへ訪れる度についつい買いたくなっちゃいます。

ショップでは販売しておらず、「メダリオン」と名付けられた専用のメダルメーカーのみの販売。

メダリオンはパークをはじめディズニーリゾート内のあちこちに設置され、コインを入れて作る形になります。
ガチャポンのようにセルフで購入でき、好きな時に買えるのも魅力です。

バラエティに富んだ多彩なメダルが大人気!

ディズニーリゾート内に設置されたメダリオンは数多く、さらに1台ずつメダルの柄が違うため、それぞれの場所でしか手に入りません。
全てがレアメダルというこだわりよう。しかも各エリアのコンセプトに合わせたデザインになっているところも感動です。

メダルの種類は大きく分けて3つあります。

1つ目は各エリアに合わせたデザインの「シリーズメダル」。

2つ目は季節のイベント毎に合わせて登場する「限定メダル」。

3つ目は月毎でデザインがチェンジする「マンスリーメダル」。

ランドには50種類以上、シーには25種類以上、そしてパーク以外の場所のメダルを全て合わせると100種類以上にも及びます。

ミッキーやミニー、ドナルドなどおなじみのキャラクター達はもちろん、ホセ・キャリオカ & パンチート、チャンドゥ、クラリス、ライトニング・マックウィーンなどちょっとレアなキャラクター達まで勢ぞろい♪

特に「2017」と年号が入っているメダルや「Halloween」と季節用語が入っているメダルは、コレクター達の間で人気。

どこで手に入れることができるの?メダリオンの設置場所

ランドとシー、それぞれのメダリオン設置場所をご紹介します。【ランド】

・ペニーアーケード(ワールドバザール)

・ホームストア(ワールドバザール)

・ウエスタンウェア(ウエスタンランド)

・プーさんコーナー(ファンタジーランド)

・ギャグファクトリー/ファイブアンドダイム(トゥーンタウン)

・パイレーツオブトレジャー(アドベンチャーランド)

・ゴールデンガリオン(アドベンチャーランド)

・パン・ギャラクティック・ピザ・ポート(トゥモローランド)

・トレジャーコメット(トゥモローランド)

・トゥモローランド・テラス(トゥモローランド)

【シー】

・ガッレリーア・ディズニー(メディテレーニアンハーバー)

・フィガロズ・クロージアー(メディテレーニアンハーバー)

・イル・ポスティーノ・ステーショナリー(メディテレーニアンハーバー)

・ヴィラ・ドナルド・ホームショップ(メディテレーニアンハーバー)

・アグラバーマーケットプレイス(アラビアンコースト)

・スリーピーホエール・ショップ(マーメイドラグーン)

・アーント・ペグズ・ヴィレッジストア(アメリカンウォーターフロント)

・ノーチラス・ギフト(ミステリアスアイランド)

・エクスペディション・フォトアーカイブ(ロストリバーデルタ)

ランドでは「トゥモローランド」、シーでは「メディテレーニアンハーバー」が最も多くメダリオンが設置されています。

各メダリオンには、つくれるメダルがディスプレイされており、チェックすることができます。

各テーマランド・テーマポートにピッタリの絵柄になっていますので、どんなデザインのメダルかあるかだけでも近くを通りかかったら、メダリオンを覗いてみては?

また、パークだけではなく、ディズニーのブランドホテルやオフィシャルホテル、ディズニーリゾートラインにもメダリオンが置いてあり、限定デザインのメダルが手に入ります。

できたて注意!完成したらすぐに平に伸ばす

メダリオンでつくられたメダルは、完成直後はとても熱いです。
もちろん火傷をするレベルではありませんが、小さいお子さんは熱くてびっくりしてしまうかも。ただし、熱があるうちに銅板を平にしておかないと、外側に少し丸まってしまいます。
気にしない方は良いですが、コレクション目的の場合は曲がっていると、後でケースなどに入れにくいという弊害が出てしまいます。

メダリオンにメダルを平にするスペースがちゃんと用意されていますので、手でしっかり伸ばしておきましょう。

熱すぎる場合は、少しだけ冷ましてからトライしてみてください。

お手入れ方法をチェック!保存方法に気を付けよう

スーベニアメダルは銅でできていますので、保存する際に一番気を付けておきたいのは錆。10円玉を思い浮かべてみるとわかりやすいです。
新品の10円玉はピカピカに輝いていますが、そのうち古くなってくると変色し、黒っぽくなりますよね。

それと同様に、スーベニアメダルも保存の仕方が悪いとだんだん黒くなってきてしまいます。

黒くなる原因は、空気に長く触れていると酸化が進むため。
また指紋や水がメダルに付着していても、酸化を早める原因になります。

保存する際にはしっかり指紋や油分・水分を綺麗に拭き取り、なるべく空気にふれないよう、ケースにしまっておくと良いでしょう。

ある程度は仕方がないですが、せっかく記念に買ったメダルですので、綺麗に残しておきたいところですよね。

もし、黒く変色してしまった場合は、10円と同じ要領でお酢などを用いて磨いてみると良いですよ。

アレンジ色々♪可愛いスーベニアメダルを作ってみよう

スーベニアメダルをアレンジして、自分だけのオリジナルグッズを手作りしてみるのも面白そうです。メダルの端の部分に小さな穴を空け、紐を通せばストラップになっちゃいます♪

メダルの柄に合わせたビーズや飾りを付けて素敵に仕上げてみましょう。

スーベニアメダルの保存にはコレ!コレクター達の愛用グッズ

スーベニアメダルのコレクター達の間で人気のアイテム「コレクションブック」をご紹介。スーベニアメダルを保存するための専用ファイルは3種類ありますが、その中でも一番人気が「コレクションブック」。

メダルがなんと45枚も収納でき、3つ折りタイプで本棚にも置けて便利です。

さらにメダルを入れるフィルムの下には、メモを書き込めるスペースがあり、遊びに行った日の感想や一口メモを残すことができちゃいます。

表紙もとても可愛らしいデザインで、イベント限定ブックやアニバーサリーブックなど、30種類近くあり、どれにしようか迷ってしまいます。

またパーク内で気軽に持ち歩きたい場合におすすめのアイテムに「ミニファイル」や「ホルダー」があります。

ミニファイルはブックよりも枚数が少ないタイプで、ホルダーはキーホルダーのように、カバンなどに付けて持ち運ぶことが可能です。

ランド・シーでデザインの違うアイテムが並んでいますので、ぜひメダルと一緒にこちらもゲットしましょう。

 

スーベニアメダルはここから始まった!メダリオン第一号機は「ペニーアーケード」

ディズニーリゾートで初めてスーベニアメダルが登場したのは1997年のことで、メダリオン第一号機が置かれた場所は「ワールドバザール」にあるゲームセンター「ペニーアーケード」でした。ゲームセンターと言っても、現代のゲーム機が置いてあるわけではなく、19~20世紀のアメリカで流行したレトロなゲームが遊べるワールドバザールらしいプレイスポット。

10円~100円のコインを入れて遊ぶゲーム機がたくさん置いてあります。

ここで誕生した初代スーベニアメダルは、シンデレラ城やディズニーランドのロゴが入ったシンプルなデザイン。

スーベニアメダルとは、もともと硬貨に刻印をしてつくったもの。
コインで遊ぶペニーアーケードにピッタリのアイテムだったわけです。

今ではその人気が広がり、ディズニーリゾート内の各地で手に入れることができるように。
お土産人気ランキングでも上位をキープしています。

コレクションに挑戦!私だけの宝物

スーベニアメダルがディズニーリゾートに登場してから20年が経ち、コレクションブックが何十冊にもなったという方も多いのでは?集めてきたメダルを見返すと、当時の頃を思い出して懐かしくなりますよね。
一枚一枚思い入れの深い自分だけの宝物。
まだ一枚も無い方は、ぜひつくってみてくださいね♪

ビッグバンドビートで大人なディズニーを体感しよう♪ショーを楽しむコツを紹介

未知の世界へ海底探検!ディズニーシーの大人向けアトラクション「海底2万マイル」の魅力と見どころ

関連記事

  1. ハワイに行ったら食べたいおすすめ絶品ハワイグルメ10選

    日本人に大人気の観光地、“ハワイ”。海はもちろんのこと、アサイーボウルやガーリックシュリンプ、ロ…

  2. 古代のインカ帝国の中心地ペルーのおすすめ世界最強パワースポット5…

    古代のインカ帝国の中心地であるペルーには、未だに謎の解けていない遺跡など世界最強のパワースポット…

  3. 一度は行ってみたい!世界のビーチリゾート26選

    世界には様々なビーチが沢山ありますが、今回は1度は行ってみたい至極のビーチリゾートをご紹介します。…

  4. ハワイに行ったら食べたい!絶品B級ご当地グルメ7選

    いよいよ夏到来!夏に行く旅行先と言えば、「ハワイ」ですよね。「実際に行く予定がある!」という方も…

  5. 日本酒と京都の名物料理を楽しめるお店「伏水酒蔵小路」で80種類の…

    みなさんは京都と言ったら何を思い浮かべますか?おそらく寺院や竹林など、古き良き日本の風景だと思い…

  6. 京都でSNS映えもバッチリな絶品サンドイッチが食べられるお店10…

    京都でサンドイッチのお店を訪れたことはありますか?実は京都には絶品のサンドイッチが食べられるお店…

  7. 愛媛県松山市にある空と繋がるホテル「瀬戸内リトリート 青凪」

    都会の喧騒の中、仕事に勉強にと、大変で忙しい毎日。そんな忙しい日々で本当の自分を忘れかけていませ…

  8. 一足先に夏気分!ゴールデンウィークに行きたい沖縄本島のおすすめス…

    ゴールデンウィークに沖縄に旅行にいくという方も多いのではないでしょうか?5月は平均気温24度と過…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss