【2021】京都・嵐山の紅葉スポットおすすめ12選!定番の名所から秋絶景まで

京都観光の代表格「嵐山」へ紅葉を見におでかけしませんか?

嵐山エリアには紅葉の名所として名高い庭園や、奥まった大自然に包まれた山寺、嵐山を代表する景勝地である「渡月橋」から眺める絶景など、おすすめしたい紅葉スポットがたくさん!

定番の名所のほか、嵐山通が知るような名所もご紹介します。

※この記事は2021年10月4日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
記事配信:じゃらんニュース

渡月橋【嵯峨中ノ島町】

嵐山の桂川にかかる橋は、秋には錦織のような紅葉が見られるスポットに

(画像提供:嵐山保勝会)
(画像提供:嵐山保勝会)

[見頃時期]11月中旬~12月上旬

嵯峨野と嵐山を隔てて流れる桂川に架かる渡月橋(とげつきょう)。

承和年間(834~848)に僧道昌によって架橋されたのが最初とされ、亀山上皇が橋の上空を移動していく月を眺め、「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから渡月橋と名付けられました。

現在使われている橋は1934年6月に完成したものであり、嵐山を代表する観光名所の一つ。秋には嵐山中が赤や黄色に色づき、見事な紅葉と橋のコラボレーションが見られます。

艶やかな錦織のような紅葉を、ぜひ写真に収めてください。

ライトアップ・お祭り情報

未定

\口コミ ピックアップ/
嵐山のシンボル!!桂川の素晴らしい流れを間近で感じることができました。 嵐山公園や北側には天龍寺や嵐電の駅、有名な竹林があり行く価値ありです。
(行った時期:2019年9月)

橋と川と山のコントラストが素晴らしく川縁にしばらく座って楽しみました。橋を見て感動したのは初めてで渡月橋に来て良かったと思いました。涼しくて時間を忘れるほどゆっくり川の流れを見ていました。必ずまた行きたいと思います。
(行った時期:2019年7月)

■渡月橋
[住所]京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町
[アクセス]【電車】京福電車(嵐電)嵐山駅より徒歩2分
[駐車場]なし
「渡月橋」の詳細はこちら
「渡月橋」の口コミ・周辺情報はこちら

天龍寺【嵯峨天龍寺芒ノ馬場町】

嵯峨嵐山の四季を映す、池泉回遊式の庭園。真っ赤に色づく紅葉も見事

(画像提供:天龍寺)
(画像提供:天龍寺)

[見頃時期]11月中旬~12月上旬

京都でも格式ある臨済宗の禅寺。開山夢窓國師が作庭した、嵐山・亀山・小倉山を借景とした池泉回遊式の庭園「曹源池庭園」が特に有名です。

中央の曹源池を囲むように、嵯峨嵐山の豊かな自然に抱かれる庭園は、絵画の世界のような美しさ。

紅葉の季節になると山々が赤く染まり、色づいた葉が池の水鏡のように映し出される様は感動的ですよ。

2021年11月13日(土)~30日(火)は早朝参拝として7時30分に庭園参拝ができます。

天龍寺は京都の西の端に位置するため「この期間は京都で最初に朝日があたる場所」としても話題だそう。三密の心配も少ない早朝参拝にぜひ訪れてみて。

ライトアップ・お祭り情報

11月13日~30日に早朝参拝を開催

\口コミ ピックアップ/
紅葉に合わせて庭園のみですが早朝7時半から公開されていました。嵐電の嵐山駅から近いのでアクセスも良いです。境内に入り庭園参拝受付まで歩いている途中でも真っ赤に色付いた紅葉が楽しめます。嵐山を借景に大方丈の前の曹源池に映りこむ紅葉は絶景です。他にも蕾でしたが苔の上に竜胆が沢山咲いていました。白い小紫「白実小紫」は初めて見ました。
(行った時期:2019年11月)

天龍寺の塔頭宝厳院。秋の特別拝観で17時30分からライトアップされています。ここはぜひ1度大切な人に見せたい風景。もちろんひとりでもおすすめ。圧倒的なモミジの数と美しいライトアップが圧巻です。ぜひ!!
(行った時期:2019年11月)

■天龍寺
[住所]京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
[参拝時間]8時30分~17時
[定休日]なし※行事により参拝停止日あり
[拝観料]庭園【大人】500円【子ども】300円※諸堂参拝は各300円追加
[アクセス]【電車】京福電鉄嵐山線嵐山駅より下車すぐ【車】京都縦貫自動車道沓掛ICより約20分
[駐車場]あり(有料)
「天龍寺」の詳細はこちら
「天龍寺」の口コミ・周辺情報はこちら

野宮神社【嵯峨野々宮町】

紅葉時期は神社の境内も真っ赤に染まる。参拝とともに、色づく葉を愛でて

(画像提供:野宮神社)
(画像提供:野宮神社)

[見頃時期]11月中旬~11月下旬

京都の嵐山や嵯峨野の紅葉を楽しむなら、「野宮神社」もぜひ参拝してみて。

伊勢斎宮・源氏物語旧跡にも由来し、縁結びの神様、子宝安産の神様として全国から崇敬を集め、地元で愛される神社です。

野宮大黒天のそばにある神石「お亀石」をなでながらお祈りすると、1年以内に願い事が成就すると言われています。ふたりで手を重ねながらなでて、愛を確かめ合うのもステキですね。

紅葉の季節はいっそう趣があるので、秋風を感じながらゆっくり散策してみてください。

\口コミ ピックアップ/
嵐山のスポット「竹林の小径」は嵯峨野に広がる竹林で、途中にある野宮神社黒木鳥居が有名です。縁結びの神様です。
(行った時期:2020年2月)

■野宮神社
[住所]京都府京都市右京区嵯峨野々宮町1
[参拝時間]9時~17時
[定休日]なし
[料金]無料
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩15分【車】名神高速道路京都南ICより約30分
[駐車場]なし
「野宮神社」の詳細はこちら
「野宮神社」の口コミ・周辺情報はこちら

龍安寺【龍安寺】

巧みな技法が光る石庭に、油土塀越しの紅葉が季節の彩りを添える

(画像提供:龍安寺)
(画像提供:龍安寺)

[見頃時期]11月下旬~12月上旬

1994年、ユネスコで採択された条約に基づき、「古都京都の文化遺産」の1つとして世界遺産リストに登録された「龍安寺(りょうあんじ)」。

大雲山と号した、臨済宗妙心寺派に属する古刹の一つであり、さまざまな技法を凝らした枯山水の平庭「方丈庭園」も有名です。

白砂に15個の石が整然と配され、「虎の子渡しの庭」とも呼ばれる石庭は史跡・特別名勝にも指定されています。

秋が深まるにつれて境内の400本ものもみじが見事に色づき始め、美しい石庭に季節の彩りを添えてくれます。

油土塀にかかる真っ赤なもみじはまさに絵画のようで、訪れる人の目を楽しませてくれますよ。

※2021年12月6日~2022年3月18日まで工事の為、拝観停止

\口コミ ピックアップ/
枯山水等の庭園を見に訪問しました。14とか15とかいう石数とか遠近法を考えた周りの塀に注目しました。手前にある池の「蓮の花」に外国人は写真撮りまくり。私はその周りの庭園のコケが非常に美しいと思いました。
(行った時期:2019年10月)

世界遺産・龍安寺は石庭が有名です。枯山水の平庭で、15の岩が立っています。右端にたって見ないとすべての岩は見ることができません。徳川光圀が寄進した銭形手水鉢もありました。
(行った時期:2019年7月)

■龍安寺
[住所]京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13
[拝観時間]【3月~11月】8時~17時【12月~2月】8時30分~16時30分
[定休日]なし※2021年12月6日~2022年3月18日まで工事の為、拝観停止
[拝観料]【大人(高校生以上)】500円【小中学生】300円
[アクセス]【電車】京福電鉄龍安寺駅より徒歩7分【車】名神高速道路京都東ICより約30分
[駐車場]あり(石庭参拝者に限り1時間無料)
「龍安寺」の詳細はこちら
「龍安寺」の口コミ・周辺情報はこちら

大河内山荘庭園【嵯峨小倉山】

昭和初期の映画俳優が丹精込めて作庭。秋には錦のように艶やかな紅葉

(画像提供:大河内山荘庭園)
(画像提供:大河内山荘庭園)

[見頃時期]11月中旬~11月下旬

百人一首にも詠まれる「小倉山」の南面に、戦前を代表する映画俳優大河内伝次郎(1898~1962)自らが丹精込めて創作した庭園です。

数多くの松、桜、楓が興を添え、庭園に向かう竹林の素晴らしさにも圧倒されます。さらに徒然草にゆかりの双ヶ丘に連なる洛西の風光が楽しめるなど、「数多い京の庭園のなかでも屈指」と絶賛される名園です。

秋になると見事な紅葉が色づき、赤や黄色、緑が織り交ざった山々の景観は艶やかな京織物のよう。

園内からは保津川の清流や比叡山、京都の街並みまで一望でき、紅葉とのコントラストも抜群です。

■大河内山荘庭園
[住所]京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町8
[開園時間]9時~17時
[定休日]なし
[料金]【大人】1000円【子供】500円
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩約15分【車】名神高速道路京都南ICより約30分
[駐車場]あり(10台 無料)
「大河内山荘庭園」の詳細はこちら
「大河内山荘庭園」の口コミ・周辺情報はこちら

常寂光寺【嵯峨小倉山】

紅葉が降り注ぐ「塀のない寺」。静寂に包まれた境内で秋を堪能

(画像提供:常寂光寺)
(画像提供:常寂光寺)

[見頃時期]11月中旬~11月下旬

小倉山の中腹にあり、静寂に包まれた山寺は、京都でも紅葉の名所の一つとして有名。

険しい階段が続きますが、「塀のない寺」としても知られていて、参拝者や観光客が気軽に立ち寄れる雰囲気も魅力です。

秋が深まる頃には、空も足元も覆いつくすような紅葉が見られ、眼前が赤一色の世界が見られますよ。

本堂は伏見桃山城客殿を移築し造営されたもので、仁王門の仁王像は運慶作と考えられています。

さらに重文の多宝塔や妙見堂、小倉百人一首でおなじみの藤原定家にゆかりのある時雨亭跡などもあり、貴重な歴史と文化を継承しています。

■常寂光寺
[住所]京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
[拝観時間]9時~17時
[定休日]なし
[拝観料]【大人(中学生以上)】500円【子供(小学生)】200円
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩20分【車】名神高速道路京都南ICより約30分
[駐車場]あり(5台無料)
「常寂光寺」の詳細はこちら
「常寂光寺」の口コミ・周辺情報はこちら

総本山 仁和寺【御室大内】

秋には北池に映る御殿や紅葉も見事。京の格式が漂うお寺で季節を感じて

(画像提供:総本山 仁和寺)
(画像提供:総本山 仁和寺)

[見頃時期]10月下旬~11月下旬

徒然草の「仁和寺(にんなじ)にある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて…」という一説を古典の授業で知った人も多いはず。

その仁和寺は真言宗御室派本山で、皇族や貴族とのゆかりが深く、「仁和寺御殿」とも称されています。

京都では珍しい道路に面した「二王門」(京都三大門のひとつとも言われています)から広大な境内に入ると、国宝の「金堂」をはじめ、重要文化財の五重塔や御影堂、観音堂、御殿内の遼廓亭や飛濤亭などの壮麗な御所風建築物が目を惹きます。

秋が深まると境内の木々が美しく色づき、北庭の池に映る御殿にも紅葉が映えてとても綺麗です。京都の趣と格式が漂うお寺で、秋を堪能してください。

ライトアップ・お祭り情報

仁和寺の風景を未来に残すプロジェクト『仁和寺 もみじライトアップ』を開催
●開催期間:2021年10月29日~12月5日の金土日祝のみ開催(※11月19日・20日は除く)
●時間:18時~21時(17時30分受付開始、20時受付終了)
●拝観料:大人:1000円(拝観料の一部が文化財保護に充当)高校生以下:無料(次世代への文化支援として)
●会場:総本山仁和寺境内(京都市右京区御室大内33)
●受付:仁和寺二王門横 受付(門を入って左)
※駐車場はないので公共交通機関を利用ください

\口コミ ピックアップ/
今回、京都旅行を30年ぶりにしてきました。嵐山駅付近は、繁華街のような様変わりでしたが、仁和寺は、厳かな世界遺産らしい落ち着いた気持ちになれました。嵐電の観音電車にも乗り、電車の中吊り広告が千手観音の手がつるされていて、電車の中から楽しめました。
紅葉の時期はもっと景色も良い頃ですので、是非行ってほしいです。パワースポットありますよ。
(行った時期:2019年10月)

■総本山 仁和寺
[住所]京都府京都市右京区御室大内33
[配管時間]3月~11月:9時~17時(受付終了30分前)、12月~2月:9時~16時30分(受付終了30分前)
[定休日]なし
[拝観料]【大人(一般)】800円【子供(高校生以下)】無料
[アクセス]【電車】嵐電北野線御室仁和寺駅より徒歩3分【車】名神高速道路京都南ICより約40分
[駐車場]あり(有料)
「総本山 仁和寺」の詳細はこちら
「総本山 仁和寺」の口コミ・周辺情報はこちら

祇王寺【嵯峨鳥居本】

庭園が真っ赤に染まる見事な「散り紅葉」。平家物語の悲話も胸に参拝

(画像提供:祇王寺)
(画像提供:祇王寺)

[見頃時期]11月中旬~12月上旬

竹林と青もみじに囲まれた静かな草庵は、紅葉の名所の一つ。白拍子の祇王が平清盛の心変わりにより都を追われて入寺した、悲恋の尼寺といわれています。

祇王、祇女、刀自らの墓といわれる宝篋印塔や、清盛の供養塔である五輪塔もあります。

草庵には本尊大日如来のほか、祇王らの仏像も祀られています。平家物語をたどる歴史旅を楽しみ、風に揺れる葉の音に癒されながら参道を歩くのもいいですね。

真っ赤な散り紅葉は11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。

年間通して授与される朱印のほか、春、夏、秋、冬の季節朱印を授与してもらうこともできるのでぜひチェックしてみて
※季節朱印の授与開始時期はSNSで告知

\口コミ ピックアップ/
苔による自然美がとても美しいお寺です。順路を歩いて10分もすれば一周できる程の広さですが苔がよく整えられていてとても綺麗です。またとても静かなので自分の歩く音以外は聞こえません。庭園の一部に祇王寺に自生している苔を紹介しているスペースがあります。御朱印は書いてもらう物ではなく、書置きが頂けます。
(行った時期:2020年2月)

■祇王寺
[住所]京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
[拝観時間]9時~17時(16時30分受付終了)
[定休日]1月1日
[拝観料]【大人】300円【小中高生】100円
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩約25分【車】名神高速道路京都南ICより約35分
[駐車場]なし
「祇王寺」の詳細はこちら
「祇王寺」の口コミ・周辺情報はこちら

栂尾山 高山寺【梅ヶ畑栂尾町】

明恵上人や鳥獣戯画などで知られる古刹。晩秋を彩る紅葉を愛でて

(画像提供:栂尾山 高山寺)
(画像提供:栂尾山 高山寺)

[見頃時期]11月中旬~11月下旬

奈良時代、京都市右京区の栂尾(とがのお)に創建され、鎌倉時代に明恵(みょうえ)上人によって中興された古刹です。1994年には世界文化遺産にも登録されたお寺です。

1万点に及ぶ古経典・古文書・墨蹟などの文化財も多く蔵し、擬人化された動物たちが生き生きと描かれた国宝「鳥獣人物戯画」を所蔵する寺として知っている人も多いはず。

境内には「日本最古之茶園」碑が立ち、明恵上人が栽培したお茶が宇治へと伝わり、各地に広まったといわれています。

「塀低くもみじ遅しや高山寺」と高浜虚子が詠んだように、晩秋の頃になってようやく周囲の山々と境内の木々が色づき始めます。石水院から一望できる、見事な紅葉を鑑賞してください。

■栂尾山 高山寺
[住所]京都府京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
[参拝時間]8時~17時
[定休日]なし
[拝観料]石水院【大人(一般)】800円【小学生】400円【修学旅行生】500円【身障者手帳所持者】500円※秋期は入山料別途500円必要
[アクセス]【電車】JR京都駅よりJRバスで約55分、もしくは市営地下鉄烏丸線四条駅より市バス8系統で約50分※栂ノ尾バス停下車すぐ【車】京都縦貫自動車道沓掛ICより約40分
[駐車場]あり(市営駐車場※11月中のみ有料)
「栂尾山 高山寺」の詳細はこちら
「栂尾山 高山寺」の口コミ・周辺情報はこちら

小倉山 二尊院【嵯峨二尊院門前長神町】

「モミジの馬場」という参道名で知られる、嵐山の紅葉名所の一つ

(画像提供:小倉山 二尊院)
(画像提供:小倉山 二尊院)

[見頃時期]11月中旬~12月上旬

「二尊院」の名は本尊に釈迦如来と阿弥陀如来の二像を祀ることに由来しています。境内は小倉山の東麓を占め、堂々とした建物が並んでいます。

「モミジの馬場」という参道名でも親しまれ、嵐山の紅葉は平安時代から和歌に詠まれ続けるほどの美しさ。参道両端から色づいた鮮やかな紅葉がせり出すように枝を伸ばす様子は圧巻です。

燃えるような紅葉に包まれる本堂や石段、築地塀。そして晩秋の散り紅葉と、紅葉名所にふさわしい美景がたくさん見られ、沿道を通る人びとや参拝者の心を癒しています。

■小倉山 二尊院
[住所]京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
[拝観時間]9時~16時30分
[定休日]なし
[拝観料]【大人】500円【小人(小学生以下)】無料
[アクセス]【電車】京福嵐山本線嵐山駅より徒歩15分【車】京都縦貫自動車道沓掛ICより約24分
[駐車場]あり(10台無料)
「小倉山 二尊院」の詳細はこちら
「小倉山 二尊院」の口コミ・周辺情報はこちら

嵯峨釈迦堂(清凉寺)【嵯峨釈迦堂藤ノ木町】

池遊式庭園の弁天堂にかかるもみじに、京の風流な秋の訪れを感じて

(画像提供:嵯峨釈迦堂)
(画像提供:嵯峨釈迦堂)

[見頃時期]10月下旬~11月中旬

「お釈迦様」を本尊とし、嵯峨の釈迦堂として親しまれている清凉寺。

嵐山渡月橋からまっすぐ北にさかのぼり、左手に大本山天龍寺を見ながらJR嵯峨野線を越えた場所にあり、「光源氏のモデル」といわれる源融の別荘もここに位置していたといわれています。

京都府指定文化財である本堂(釈迦堂)や仁王門のほか、池遊式庭園や諸堂の周りにはもみじの木がいくつもあり、秋には色とりどりの葉で目を楽しませてくれます。

特に弁天堂 川中島のもみじは色鮮やかな紅葉となり、京都の秋の深まりを感じさせますよ。

■嵯峨釈迦堂(清凉寺)
[住所]京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
[参拝時間]9時~16時(時間変更あり)
[定休日]なし
[入山料]【大人】400円【中高生】300円【子ども】200円
[アクセス]【電車】JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩10分【車】名神高速道路京都南ICより約35分
[駐車場]あり(有料)
「嵯峨釈迦堂(清凉寺)」の詳細はこちら
「嵯峨釈迦堂(清凉寺)」の口コミ・周辺情報はこちら

金蔵寺【大原野石作町】

朱塗りの門にかかる美しいもみじ。歴史ある山寺で小さな秋を見つけて

(画像提供:金蔵寺)
(画像提供:金蔵寺)

[見頃時期]11月中旬頃

718年(養老2年)、元正天皇の勅願で創建されたといわれ、「今昔物語」にも登場する天台宗の古刹です。現在の建物は桂昌院の再建であり、朱塗りの門が周りの景観に自然に映えて目を惹きます。

山の斜面や、石垣と石段の間に堂宇が建ち並び、山門から本堂へと続く参道や護摩堂を彩るもみじの美しさは格別です。

都会の喧騒から遠く離れた山道を通り、赤く染まった木々の葉を愛でながら、厳かな気持ちで参拝してみてください。

周りには高さ約12mもの産(さん)の滝、鳥帽子岩などがあり、素晴らしい眺めも楽しめますよ。道が細いので、車での参拝時には気をつけてください。

\口コミ ピックアップ/
このお寺は紅葉が大変綺麗で有名で、紅葉の時期は特に混雑します。周辺は散策に適しているので、散歩しながら紅葉楽しめます。
(行った時期:2019年5月)

■金蔵寺
[住所]京都府京都市西京区大原野石作町1639
[参拝時間]8時~17時
[定休日]なし
[拝観料]志納(300円)
[アクセス]【電車】阪急電鉄京都本線東向日駅より阪急バスで約20分※灰方バス停下車徒歩約60分【車】京都縦貫自動車道大原野ICより約15分
[駐車場]あり(無料)
「金蔵寺」の詳細はこちら
「金蔵寺」の口コミ・周辺情報はこちら

\こちらの記事もチェック!/
京都のおすすめ紅葉名所!見頃時期やライトアップ情報もご紹介
京都の紅葉名所「東福寺」の見頃や見どころを紹介!混雑回避や周辺情報も
【京都】嵯峨野トロッコ列車の車窓から見える絶景を紹介!予約方法や保津川下りも
【京都】伏見稲荷大社の楽しみ方!必見の千本鳥居や本殿など見どころ&まわり方
京都観光に役立つ情報をまとめて紹介!文化遺産やグルメ、京都ならではの体験も

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、感染拡大防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。
※掲載の価格は全て税込価格です。

政宗も愛した名湯!仙台「秋保温泉」でおすすめの宿7選をご紹介

センスと可愛いが盛りだくさん!仙台市にある“外さないおしゃれカフェ”7選

関連記事

  1. 京都の人気&おすすめのお茶漬け専門店6選

    日本人にとって昔から親しまれている「お茶漬け」もなかなか専門店で食べることってないですよね。そん…

  2. 金沢の人気&おすすめ観光スポットランキングTOP20

    金沢へ旅行をした事がありますか?庭園、美術館、街並、グルメなど、小京都と言われる金沢には、京都と…

  3. サラベス大阪店限定!高級食パン専門店「嵜本」とのスペシャルコラボ…

    ニューヨーク&#…

  4. 【大阪お土産】意外とスイーツ激戦区!地元民が選ぶお土産20選

    大阪のグルメといえば、ソース味の粉もんという偏見はありませんか?大阪で10年くらし、関東圏の友人から…

  5. 京都女子旅におすすめのフォトジェな京都1日散策プラン

    日本の古き良き風情や歴史を感じられる人気観光地・京都。今回はそんな京都にある、SNS映え間違いな…

  6. 話題のモロッカンオイルなど雑貨やお土産などモロッコの観光&ショッ…

    安くてかわいい雑貨がたくさん見つかる。話題のモロッカンオイルも格安でゲットできる。青い街・砂漠・…

  7. 夏の金沢旅行で食べたい!和カフェ「つぼみ」のかき氷が絶品すぎると…

    「ミシュランガイド富山・石川2016」で二つ星に選ばれた老舗料亭「杉の井」が営む甘味処「つぼみ」…

  8. 女子へのハワイ土産は「ロングス」で十分!自慢してバラまけちゃうコ…

    ハワイ旅行へ行ったら、職場の女子にお土産を配って自慢したい!でもお金はかけたくない!そんな方へハ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss