中世の面影を残す街並みのローテンブルクで絶対に訪れるべきおすすめスポット9選

女子の心を鷲掴み。メルヘンな街“ローテンブルク”で行くべき9つのスポット

これからやってくる連休や夏の旅行。どこに行こうかなと悩んでいるあなたへ。今回は、ヨーロッパ在住経験のある筆者が自信をもってオススメする街、ローテンブルクを紹介させていただきます。中世の古き良き街並みがそのまま残っている、童話に出てきそうなとっても可愛らしい街、あなたもきっと行きたくなるはず!(※掲載されている情報は2018年5月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

①聖ヤコブ教会 (St. Jacobs Kirche)
②プレーンライン (Plonlein)
③市庁舎 (Rathaus)
④ケーテ・ウォルファルト (Kathe Wohlfahrt)
⑤マルクト広場 (Marktplatz)
⑥城壁
⑦テディランド (Teddyland)
⑧シュネーバル (Schneeball)
⑨ブルク公園 (Burggarten)

ローテンブルクってどんな場所?

ローテンブルクはドイツの南の方に位置する、まるで中世ヨーロッパにタイムスリップしたのではないかと思わせるほど昔の街並みがそのまま残っている街です。石畳の道に、オレンジ色の屋根、メルヘンな家、緑溢れる風景は一瞬現実を忘れてしまいそうになります。
by O S

※写真はイメージです

ドイツの都心から列車やバスなどで行くことができるので車がなくても心配はありません。フランクフルトからは約2時間半ほどで行けるので、日帰りで行くことも可能です。ドイツ旅行の合間、ヨーロッパ横断旅行の合間などにぜひいかがでしょうか?

①聖ヤコブ教会(St. Jacobs Kirche)

まず初めにご紹介するのは、ローテンブルグのどこからでも見える大きな教会、「聖ヤコブ教会」です。荘厳な外観と圧倒的なスケールの大きさに中に入る前から圧倒されること間違いなしです!
しかし、この聖ヤコブ教会の見所は中にギュっといっぱいつまっているのです。まず、とっても有名なのが彫刻家リーメンシュナイダーによる彫刻、「聖血祭壇」です。他にも、5500本も用いてつくられたパイプオルガンやステンドガラスなど見るべきものがたくさんありますよ。

詳細情報

  • St. Jakobskirche, Klostergasse 15, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany
  • +49 9861 40492

②プレーンライン(Plonlein)

続いてご紹介するのは、ローテンブルクに行ったら外せないスポット「プレーンライン」です。絵葉書などでも有名なこの場所は、ローテンブルクの良いところをギュっとつめたかのような風景をバックに写真を撮ることができます。もちろんSNS映えもばっちり!
石畳の道に、メルヘンな家、アーチになった素敵なトンネル、青い空、まるで絵本の世界に入ったかのような空間です。プレーンラインはウンテン・シュミート通りの一部であり、マルクト広場から歩いて3分ほどの場所に位置しているので迷うことなく辿りつけるはずです。

詳細情報

  • Untere Schmiedgasse 16, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany

③ローテンブルク市庁舎(Rathaus)

ローテンブルクを訪れた際、ぜひ足を運んでほしいのが「ローテンブルク市庁舎の展望台」です。こちらの展望台からはローテンブルクを一望できるようになっており、オレンジ色の屋根が連なっている景色は他ではなかなか見られないものになっています。マルクト広場からすぐのところにあるのでアクセスも抜群です。
展望台に登る際は、かなり急な階段をのぼるのですが、上に着いて景色を見ると疲れも吹っ飛ぶこと間違いなしです!定休日などもあるので行く前に必ず確認してから訪れるようにしましょう。こちらの展望台に上るためには、2ユーロかかるので注意してください。

詳細情報

  • Markt 1, 91541 Rothenburg ob der Tauber, ドイツ
  • +49 9861 40492

④ケーテ・ウォルファルト(Kathe Wohlfahrt)

視聴者の近くにあるのがこちらのお店、「ケーテ・ウォルファルト」です。こちらは、主にクリスマス雑貨を取り扱っているお店となっており、何店舗かあるうちのここが本店となります。1年中クリスマス気分を味わうことができる、心が躍るような空間となっています。
店内には、大きなクリスマスツリーやくるみ割り人形がありまるでテーマパークに来たかのような雰囲気です。ドイツのクリスマスの歴史についてのミュージアムも併設しているので、もし興味があったらのぞいてみましょう。

詳細情報

  • Herrngasse 1, 91541, Rothenburg, Bavaria, Germany
  • +49 4909 8614090

⑤マルクト広場(Marktplatz)

ローテンブルクの観光の中心とも言えるのがこちらの「マルクト広場」です。先ほどご紹介した市庁舎や市参事会酒宴館など多くの見どころ溢れる建物にぐるっと囲まれており、お店のテラス席にはお昼からビールを飲んでいる人もいてとても賑わっています。
とくに注目してほしいのが、こちらにある仕掛け時計です。ローテンブルクの英雄と言われている酔っ払い市長が時間になるとひょっこり出てきてビールを飲んでいる素振りを見せる、可愛らしいからくりを見ることができます。

詳細情報

  • Marktpl. 2, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany

⑥ローテンブルク城壁

観光名所を巡るのもいいけどのんびり散歩しながら街を楽しみたいという方にオススメなのが、ローテンブルク城壁です。ローテンブルクは、街をぐるっと城壁に囲まれており、階段がところどころにあるので自由に上がって上でお散歩することができるのです。
少し上からローテンブルクのメルヘンな街並みを眺めながら散歩するのは、ここでしか味わえないことです。城壁をぐるっと歩いていると、表の通りでは見えない、現地の人の暮らしなども垣間見ることもできます。ローテンブルクに来たら、ぜひ城壁にも足を運んでみてください。

詳細情報

⑦テディランド(Teddyland)

女性のハートを鷲掴みにするのがこちらのお店、テディランドです。テディベア専門のお店で、入り口には大きなテディベアがお出迎えしてくれます。場所もマルクト広場のすぐ近くにあるので迷うことなくたどり着けるはずです。
お店の中に入ると、テディベアのグッズがたくさん並んでおり、あれもこれもと目移りすること間違いなしです。ローテンブルク限定のテディベアなどもあるのでお土産などにも最適ですね。

詳細情報

  • Vorm Würzburger Tor 6-10, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany
  • 09861/8904

⑧シュネーバル(Schneeball)

小腹が空いたなあと思った時、ぜひ食べてほしいのがローテンブルク名産のシュネーバル。シュネーバルとは、シュネーが雪、バルが玉から、雪の玉という意味です。名前の通り、ころころとしており、さくさくした生地が絶品です!
種類も豊富で、砂糖がまぶされたプレーンのものからチョコレートやアーモンドがかかっているものもあります。食べ歩きにちょうどいい大きさで、ついつい食べ過ぎちゃうことも。シュネーバルの老舗と言われているのが”Backerei Striffler”です。ぜひ足を運んでみてください。

詳細情報

  • Untere Schmiedgasse 1, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany
  • +49 9861 6788

⑨ブルク公園(Burggarten)

最後にご紹介するのは、美しい緑と絶景を見ることができるブルク公園です。一面に緑の芝生と春には花が咲き乱れ、一息つきたい時や少し気分を変えたい時などにふらっと立ち寄りたい場所です。
高台にあるので、ローテンブルクを一望できることはさることながら、タウバー渓谷も見ることができます。また、日の入りの時間に合わせると、美しい夕日とオレンジ色の屋根がマッチして幻想的な景色も見ることができます。ローテンブルクのしめを、絶景でおさめてみるのはいかがでしょうか。

詳細情報

  • Burggasse, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany

魅力がたくさん、メルヘンな街ローテンブルク

いかがでしたか?ヨーロッパ在住経験のある筆者が旅行した中でも、ローテンブルクは街並み、雰囲気全てにおいてピカイチです。まるで童話の世界に入りこんだかのような非現実的な時間を過ごすことができます!ぜひ、次の旅行先にローテンブルクはどうでしょうか。

【2020】愛知の紅葉名所おすすめ8選。定番の香嵐渓やもみじ寺など!見頃時期も

ちょっと怖いけど行ってみたい!世界の幽霊が出るという噂のあるお城13選

関連記事

  1. インパクト抜群!バルト三国のひとつリトアニア世界遺産「十字架の丘…

    いくら好きだったり信仰しているといっても、ものには限度というものがありますよね。しかし盲目になっ…

  2. スコットランド唯一の中世教会・街のシンボル「グラスゴー大聖堂」

    スコットランド「グラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)」は、この街の創始者であり…

  3. イギリスへの旅行をおすすめする20の理由

    イギリスとは、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英:the United King…

  4. ドイツの人気&おすすめの格安ゲストハウス20選

    深い歴史と伝統、美しい町並みと世界遺産。ドイツには見どころがたくさんあります。そんなドイツの…

  5. 芸術!ローマ浴場の世界!温泉大国ドイツのサウナ&天然温泉7選を徹…

    温泉文化があるのは、日本だけじゃない!2000年以上の歴史を持つドイツの温泉地は、クアハウスとし…

  6. 初めてのヨーロッパ旅行ならドイツをおすすめする20の理由

    憧れの海外旅行。やっぱり定番のヨーロッパに行ってみたいけどどこがいいんだろう… そんなあなたにお…

  7. 世界遺産の5つの村チンクエ・テッレのひとつ、イタリアのカラフルな…

    水の都ヴェネツィアや青の洞窟カプリ島など青の絶景が有名な「イタリア」。ですがイタリアには"カラフ…

  8. 実は、にんじんのオレンジ色は「オランダ人によって作られたもの」だ…

    突然ですが、「にんじん」は何色と聞かれて、オレンジ以外を想い浮かぶことができますか?…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss