ラスベガス旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポット・旅行プラン10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。ラスベガスでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

ラスベガスの看板とも言えるネオンサイン

ラスベガスの看板とも言えるネオンサイン

image by iStockphoto / 66081083

ラスベガスのメイン通りといえる、「ストリップ大通り」の入口に立っているネオンサインです。
多くの観光客がこのサインの前で写真を撮るため、正にラスベガスの看板とも言えるでしょう。
ラスベガスはアメリカのネバダ州にある都市で、あまり大きくはない街です。
それとは裏腹に、豪華なホテル群、昼夜を問わないカジノやエンターテインメント、巨大ショッピングモールやビジネスにおける展示会や見本市のコンベンション産業などで、世界的に有名な都市となりました。
毎日大多数の観光客が訪れ、2014年には4千万人を超える観光客が訪れて、最高記録となったようです。

ホテル「ベラージオ」前の噴水ショー

ホテル「ベラージオ」前の噴水ショー

image by iStockphoto / 36598960

ラスベガスのメインであるストリップ大通りに面する、ホテルベラージオ。
ここでは、有名なハリウッド映画「オーシャンズ11」にも登場する無料の噴水ショーを見ることができます。
昼間は青空をバックに、夜は光り輝くネオン街を背に、どこかで聞いた事のある歌や曲に合わせて、右へ左へ、時には天高く、噴水が踊るようなショーを見せてくれます。
ラストの午前0時にはアメリカ合衆国の国歌である「The Star Spangled Banner」に合わせて踊る噴水ショーは必見です。
無料のショーの中ではトップクラスの人気のショーであり、ホテル前での開催という事もあり、買い物ついでに気軽に楽しむ事ができるのも、魅力のひとつです。

カジノゲーム

カジノゲーム

image by iStockphoto / 88073465

ラスベガスと言えばカジノゲームですが、「英語が苦手」や「どうやったらいいか分からない」という初心者にもおすすめなのが、スロットマシンやルーレットです。
スロットマシンは機械相手なので、ほとんど英語が話せなくても大丈夫です。
マシンに記載されている金額と同じコインや紙幣を利用して、ボタンやバーを押せば、すぐにゲームが始まります。
低額なマシンもたくさんあるので、気軽に楽しむことができます。
また、ルーレットもとても簡単なルールで楽しめます。
投げ込まれたボールが、円盤に配置された番号、色のどこに入るかを当てるゲームです。
自分の直感を信じて、試してみるのはいかがでしょうか。
一晩で億万長者、というのも夢じゃないのがラスベガスの醍醐味です。

ホテル「ルクソール」

ホテル「ルクソール」

image by iStockphoto / 44172328

ストリップ大通りでもひときわ目をひくスフィンク像。
実はこれもホテルなのです。
言わずとも知れたエジプトの象徴スフィンクス。
そしてその後ろにはピラミッドがそびえ立っています。
もちろん、こちらのピラミッドもホテルの客室として泊まる事ができます。
夜になるとピラミッドから発せられる青白い光は、衛星からも確認できる程強い光だそうですよ。
ホテルの外も中もエジプトらしい雰囲気が漂い、一瞬アメリカに来ている事を忘れてしまいそうです。

グランドキャニオン

グランドキャニオン

image by iStockphoto / 64993229

ラスベガスは砂漠地帯です。
その砂漠の真ん中にある街を離れると、広大な大自然が広がります。
映画で見たようなどこまでも真っ直ぐな道…青い空、広がる大地、そしてこの世界遺産にも登録されたグランドキャニオン国立公園も、ラスベガスが誇る大自然のひとつです。
日常では味わえない大地の広さ、山の大きさ…一体自分が見ている景色は、どのくらいの距離があるのだろうか?と、距離感が麻痺してしまうほどの広大な地形には、大自然の驚異すら感じられます。

観光には、軽飛行機で空からの景色を楽しみながらのコースや、少し時間がかかりますが、バスでのんびりと荒野を走るコースもあり、どちらもネバダ州の自然を楽しむのにおすすめです。

フリーモントストリート

フリーモントストリート

image by iStockphoto / 80027987

ラスベガスのダウンタウンであるフリーモントストリート。
ストリップ大通りの華やかな雰囲気とは違い、下町のような印象があります。
観光名所としても有名で、巨大なアーケードの天井では毎晩無料のショーが行われています。
200万個以上の電球とスピーカーで、アーケードには映像が映し出され、光と音のアトラクションを楽しむことができます。
ストリップ大通りのホテルの豪華な食事とは違った庶民的なレストランも多く、また、ワイヤーケーブルで吊られ、天井を滑空するというアトラクションもあるようです。
ストリップ大通りとはまたひと味違うラスベガスの雰囲気を味わうことができます。

カジノフロア

カジノフロア

image by iStockphoto / 61080062

ラスベガスのほとんどのホテルでは、フロントのある1階にカジノフロアが広がっています。
初めてラスベガスを訪れる時は「あれ?フロントはどこ?」と迷子になることも多いほど、どのホテルのカジノフロアも広々としたスペースです。
これは、宿泊のお客様であれ、通りがかりのお客様であれ、少しでもカジノで遊んで行って欲しいという意向から、フロントとカジノが同じフロアになったという説もあるようです。

もちろん、昼までもカジノフロアは賑わいを見せていますが、夜になるとカジノフロアには観光客が溢れ、スロットマシンからテーブルゲームまで、一喜一憂しながら楽しそうにカジノを楽しんでいます。
カジノフロアでは、ドリンクが無料に設定されているホテルも多いので、側を通ったウェイトレスに声をかけると、席まで持ってきてくれます。
その際、チップは忘れずに渡しましょう。

ホテル「エクスカリバー」

ホテル「エクスカリバー」

image by iStockphoto / 35291036

ストリップ大通りには、目を惹くホテルがいくつもそびえたっています。
ラスベガスにはどんどん新しいホテルが建ち、いつ行っても飽きる事なく楽しむことができます。
その中でもファミリー向けのホテルが「エクスカリバー」です。
中世ヨーロッパをイメージした造りとなっており、さながらお城の外観は、小さな子供たちに夢と冒険のワクワク感をもたらしてくれるディズニーランドにいるようです。
ホテルの地下には大きなゲームセンターがあるので、立地の良さもさることながら、子供連れのファミリー層に人気があるのもうなずけます。

ラスベガスでショーを楽しむ

ラスベガスでショーを楽しむ

image by iStockphoto / 4900448

ラスベガスと言えば、カジノの次に、毎夜繰り広げられる華麗なショーと言っても過言ではないくらい、ショービジネスが根強い街です。
シルク・ドゥ・ソレイユが代表するエンターテインメントのショーはいくつも開催されていますし、コミカルなマジックショーやモノマネショー、アクロバティックなダンスショーや、セクシーなショーまで幅広くあります。

有名アーティストがコンサートを開くことも多く、過去にはセリーヌ・ディオンもコンサートを開いており、現在では歌姫として名高いマライア・キャリーが2017年までの公演契約をしているようです。
数あるショーの中でも特におすすめなのが、シルク・ドゥ・ソレイユのエンターテインメントショー。
有名なものでは「O(オー)」「ミスティア」「KA(カー)」などがあります。
どれもパフォーマンスはもちろん素晴らしいものですが、舞台装置に驚くような仕掛けがあるものもあり、ショーを見るだけでもラスベガスに来た甲斐があったと思わざるを得ません。
人気のショーはチケットもなかなか予約できないので、早めに予約をしておくと良いでしょう。

ラスベガスを楽しむ

ラスベガスを楽しむ

image by iStockphoto / 15814382

ラスベガスには、観光客でスーツを着ている人はほとんど見かけません。
皆、リラックスしていて各々が「非日常的な旅」を楽しんでいるように見えます。
街全体のエンターテインメント性が高く、ホテル巡りをしているだけでも十分に楽しめてしまいます。
大人はもちろん、子供や学生、カップル、新婚旅行、着席してみることができるショーであれば年配の方でも楽しむことができます。
大きなショッピングモールもいくつもあり、少し郊外へ足をのばせば、アウトレットモールもあります。
グルメ、ショッピング、ショー、大自然、どれをとっても満足のできる旅行ができる場所、それがラスベガスです。

さあ、旅に出よう

歴史を感じる旅、異文化を感じる旅、最新のおもてなしに触れる旅。
様々な旅のスタイルがあります。
ラスベガスに行く際の10のアイディアはいかがでしたか。
次の旅のヒントにしてください。

金沢旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポット・旅行プラン10選

ドイツ・ベルリン旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポット・旅行プラン10選

関連記事

  1. 2019春 USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に新アトラクシ…

    2019年春、2017年の大ヒットアニメーション映画「SING/シング」をテーマにした“新!スー…

  2. 【最新版】 北海道観光のおすすめ絶景スポット20選

    北海道には、その広大な大地でしか見ることのできない、息を呑むような観光におすすめの絶景スポットが…

  3. 『バチカン市国のサンピエトロ大聖堂』って、どんなとこ? ローマ在…

    世界で最も小さな独立国「バチカン市国」。世界中に存在する12億人のカトリック信者たちの総本山…

  4. バリ島の世界遺産から絶品グルメまで人気&おすすめの観光スポット2…

    インドネシア「バリ島」のおすすめ人気観光スポットのまとめです。バリ島は日本から片道約7時間で…

  5. 世界174か国・42万人の旅行者の投票で選ばれた「ヨーロッパで最…

    世界174か国・42万人の旅行者に選ばれた「ヨーロッパで最高の旅行先」ベルギーのブリュッセルに拠…

  6. 雨の日でも楽しめる!神戸・三宮のおすすめお出かけスポット30選

    おしゃれなカフェやお店がたくさんあり日々多くの人で賑わう神戸・三宮。せっかくのお出かけなのに雨・・な…

  7. ベトナム・ハノイ旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光ス…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  8. グアムのおすすめ観光スポット・旅行プラン10選

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

PAGE TOP
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss