ミャンマーの定番から穴場までおすすめ観光スポット20選

長い間、軍事政権だったこともあり、気軽に足を運ぶことができなかったミャンマーですが、数年前からビザを取得することが容易になりました。仏教国であるミャンマーは美しい仏教遺跡の穴場観光スポットがたくさん。豊かな自然を体感することができます。また、数多くの民族と周囲の国々の影響を受けてきたミャンマー料理も観光客を楽しませてくれます。そんなミャンマーの定番・穴場観光スポット20選のご紹介です。

1.バガン遺跡群

カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並び世界三大仏教遺跡と呼ばれ、ミャンマーの中でも有名な仏教聖地の観光スポット。残されている仏塔の数はなんと3000基。一日かかっても回りきれないかもしれません。

基本情報

バガン遺跡群/Bagan
住所:Bagan Archaeological Zone, Bagan, Myanmar
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です。

2.ポッパ山国立公園

地球を守る神秘的なパワーを持っていると考えられているこの山。11世紀からの700年間、王になる人物はこの地を訪れて祀られているナッ神に参拝するというしきたりがありました。上の寺院はさえぎるものが何もない絶景が見られる穴場スポットです。

基本情報

ポッパ山国立公園/Mount Popa National park
住所:Bagan, Myanmar
入域料:US$2

3. アーナンダ寺院

バガン遺跡に数多くある寺院のなかで、最大級の大きさを誇るアーナンダ寺院。建物細部まで施された装飾はバガン遺跡の中でもっとも美しい芸術作品と呼ばれています。

基本情報

アーナンダ寺院/Ananda Temple
住所:Bagan, Myanmar
拝観時間:7:00〜21:30
休日:年中無休
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です

4.マンダレー旧王宮

建造されてからわずかわずか24年後の1885年、イギリス統治下にあったインド軍に攻めこまれ、王朝は消滅します。その後、第二次世界大戦に巻き込まれて城壁以外はすべて消失してしまいました。しかし1990年に一部が復元され現在に至る、歴史観光スポットです。

基本情報

マンダレー旧王宮/Mandalay Palace
住所:Mandalay, Myanmar
入域料:10000チャット

5.シュエターリャウン・パゴダ

全長55メートルもある巨大な黄金寝釈迦「シュエターリャウン寝仏」が安置されています。
イギリス植民地時代に鉄道技術者が密林に埋もれていたところを発見し、今ではミャンマーのはずせない観光スポットです。

基本情報

シュエターリャウン・パゴダ/Shwethalyaung Pagoda
住所:Bago, Myanmar
拝観時間:5:00〜23:30
休日:年中無休
入域料:10000チャット
カメラ撮影料:300チャット
ビデオ撮影料:500チャット

6.タビィニュ寺院

高さ約61メートル、バガンのなかで最も高いパゴダです。建物の二階には黄金の仏陀の坐像が祀られています。バガン三大仏教建造物のひとつで、有名な観光スポットです。寺院のすぐ近くを流れるイラワジ川を見る絶景穴場ポイント。

基本情報

タビィニュ寺院/Thabyinnyu Temple
住所:Bagan, Myanmar
拝観時間7:00〜18:00
休日:年中無休
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です。

7.ブーパヤーパヤー

金色に輝く美しい円筒形の仏塔が特徴的なバガン最古のパゴタです。すぐ目のまえを流れるエーヤワディー川を見るための名所としても人気の観光スポットです。雄大な川に夕日が沈む時間帯になると地元の人や観光客が大勢集まります。

基本情報

ブーパヤーパヤー/Bupaya Paya
住所:Bagan Archaeological Zone, Bagan, Myanmar
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です

8.シュエダゴンパヤー

「ミャンマーといえばここ!」といっても過言ではないほど有名な観光スポット。「聖なる黄金の塔」は高さ100メートルを誇り、全体が金色に輝いています。夜には全体がライトアップされていて、昼間とは違う雰囲気も楽しめます。

基本情報

シュエダゴンパヤー/Shwedagon Paya
住所:Dagon, Yangon, Myanmar
入場時間:4:00〜22:00
休日:なし
入場料:US$8(1日有効、出入り自由)
境内は土足、靴下、露出の高い服装が禁止です。

9.ゴールデンロック

いまにも転がり落ちそうな黄金の巨大な岩、ゴールデンロック。正式名称は「チャイティーヨーパヤー」です。夜明けが穴場時間。黄金の岩だけが浮かび上がり、とても神秘的な光景を目にすることができます。

基本情報

ゴールデンロック/Golden Rock
住所:Kyaiktiyo Yangon (Rangoon), Myanmar

10.インレー湖

湖の入り口にはニャウンシュエの町が広がっていて、お土産をおいている売店やレストランなどが集まっています。湖の西側には最近まで知られずにいた「インデイン遺跡」があり手付かずの遺跡が見られます。高原にあるため夏でも涼しく、避暑地としての新穴場スポットです。

基本情報

インレー湖/Inle Lake
住所:the Heart of the Shan Plateau,Myanmar
電話番号:+95-95215243
ホームページ:http://inlelake-myanmar.com
入域料:US$10

11.スーレー・パヤー

ダウンタウンの中心にある高さ48メートルのすらりとした八角形のパゴダ。金箔を買って、その場で自ら仏様の像に張ることができます。常に市民の参拝客や観光客でにぎわう人気観光スポットです。

基本情報

[アクセス]ヤンゴン市街の中心部
[拝観時間]4:00〜22:00
[拝観料]US 2 $

12.ウーべイン橋

タウンタマン湖にかかるウーべイン橋。全長1.2kmで世界最長クラスです。木造橋は静かな湖を見る穴場スポットです。マンダレーから南へ10km以上離れた古い街アマラプラの観光もかねて見に行きたい観光スポットです。

基本情報

住所:Pont U-Bein – Amarapura, Mandalay, Myanmar
アクセス:ヤンゴン国際空港からマンダレーチャンミャサジ空港までフライト約50分、空港から車で北へ約40分

13.ピュー王朝の古代都市

2014年ミャンマー初の世界遺産です。最近本格的な発掘調査が始まったので、全貌はまだ明らかになっていない穴場的な観光スポットです。あなたももしかしたら歴史的発見の一人になれるかもしれませんよ。

基本情報

住所:Pyay,Myanmar
アクセス:ヤンゴン北西約300km、車で約5時間。

14.ボージョーアウンサンマーケット) / ヤンゴン中心部ダウンタウン

交通が便利でかりやすく、初めての方にも行きやすい観光スポットです。雑貨、宝石、日用品、ヒスイ、衣類、漆器などたくさんの商品が売られています。お土産を一気に買える穴場スポットです。

基本情報

住所:Bo Gyoke Rd, Yangon, ミャンマー
営業時間:10:00~5:00 (月曜、祝日は休み)

15.Myanmar Gems Museum (宝石博物館)

ミャンマーは宝石の世界的な産地。展示室には世界最大のルビーの原石や巨大な真珠などが展示されていています。館内には宝石店があり、その場で購入することも可能な観光スポットです。

基本情報

住所:66 Kaba Aye Pagoda Rd., Mayangone T/S
電話:+95-1-665870
営業時間:9:30 ~ 16:00 (火曜日~日曜日) /  定休日:月・祝
入館料:US$5

16.ティリピサヤ スカイ ビストロ

ミャンマー料理、日本料理、西洋料理、東南アジア料理などのインターナショナルな食事を楽しむことができます。ヤンゴンで一番高い場所にあるレストランなので、景色を見ながら料理を楽しめる穴場観光スポットです。

基本情報

ティリピセヤ・スカイ・ビストロ The Thiripyitsaya Sky Bistro
住所:20F, Sakura Tower, 339 Bogyoke Aung San Rd, Kyautada Township, Yangon Myanmar
TEL:(01)255277
営業時間:AM10:00~PM23:00
アクセス:スーレーシャングリラホテルの向かいに建つ20F建ての「サクラタワー」の最上階。

17.ハミングバード

名誉ある「AA (イギリス自転車協会)ロゼットアワード」2つ星シェフが織りなす、現代風にアレンジされたラテンアメリカ料理レストランです。地元の農家や漁師と協力しながら、地元の食材を使用した鮮度たっぷりで高品質なものを食べることができる穴場。

基本情報

ハミングバード Humming Bird
住所:76 Phone Gyi Street, Lanmadaw Township, Yangon, Myanmar
TEL:(09)792327282
営業時間:AM9:00~PM23:00
アクセス:ヤンゴン市内からタクシーで約10分。2000チャット(約200円)~
ダウンタウンの大通り、ポンジー通り沿い。
看板がないので昼間は見つけにくいですが、夜間はライトアップされているので分かりやすいです。
※タクシー料金は初乗りが1,000チャット(約100円)~、メーターはなく事前の交渉制になります。
※ヤンゴン市内の車でのご移動は、渋滞が酷い為に所用時間はご参考まで。

18.シュエバズン

地元民なら誰でも知っている超有名菓子店です。シュエバズンとは<金の海老>と言う意味。その昔、ナンプラー作りをしていた名残で、今でも金色の海老がトレードマークとなっています。ミャンマースイーツを楽しみたい方は必見です。

基本情報

シュエバズン Shwe Pu Zun
住所:No 246/248, Anawrahta Road, Lanmadaw Township, Yangon Myanmar
TEL:(01)211709,(01)222305,(01)227171
営業時間:AM8:00~PM21:00(カフェテリア)、AM7:00~PM20:00(ベーカリーハウス)
アクセス:アノーヤター通りとランティッ通りの交差点。スーレーパゴダから車で5分。シュエバズンと伝えれば、タクシー運転手なら誰もが知っています。
※タクシー料金は初乗りが1,000チャット(約100円)~、メーターはなく事前の交渉制になります。
※ヤンゴン市内の車でのご移動は、渋滞が酷い為に所用時間はご参考まで。

19.ハッピーカフェ&ヌードルズ

麺の博物館のようなヌードル専門店。ゴック、バモー、ロイレム、チャイントン、ミッチーナなどの上ミャンマーの地方麺料理が並びます。これほど多くの麺料理が一店に揃う事はミャンマーでも珍しく、麺好きは必ず訪れるべき穴場観光スポットです。

基本情報

ハッピーカフェ&ヌードルズ Happy Cafe & Noodles
住所:104(B) Inya Road, Kamaryut Township, Yangon Myanmar
TEL:(01)536985、(01)705620、
営業時間:AM7:00~PM23:00、無休
アクセス:支店が何店かありますが、一番雰囲気がいいのはインヤー湖沿い、ヤンゴン大学の近くの本店。
・ヤンゴン市内からタクシーで約30分。3,000チャット(約300円)~
※タクシー料金は初乗りが1,000チャット(約100円)~、メーターはなく事前の交渉制になります。
※ヤンゴン市内の車でのご移動は、渋滞が酷い為に所用時間はご参考まで。

20.シャンヨーヤー

そんなミャンマーの東部、シャン州の伝統料理を「シャンヨーヤー」では食べることが出来ます。メニューには、ハーブを多用したヘルシーなメニューから、ガッツリ食べたい肉系メニューまで揃っていて、幅広い客層に対応しています。

基本情報

シャンヨーヤー Shan Yoe Yar
住所:No.169 War Tan St, Lanmadaw Tsp, Yangon, Myanmar
TEL:(01)221524,(09)5125955
営業時間:AM6:00~PM22:00
アクセス:ヤンゴン市内からタクシーで約15分。2000チャット(約200円)
以上、ミャンマーの定番・穴場観光スポット20選でした。ミャンマーは東南アジアの中でも、魅力あふれる観光スポットが点在し、治安もよく、リピート率が非常に高い国です。

この他にもミャンマーには魅力あふれる場所がたくさんあります。世界三大仏教遺跡の一つバガン遺跡を代表とする多くの遺跡があり、まだ世界遺産に登録されていない穴場スポットのうちに行くのがおすすめです。

また、ミャンマーのビーチも非常にきれいな海として有名なので、足を運んでみてください。

ミャンマー女子一人旅におすすめの観光スポット5選

ミャンマーの人気&おすすめのリゾートホテル20選

関連記事

  1. 世界遺産と現代アートが作りだす絶景!京都の世界遺産・二条城で“桜…

    2018年3月23日(金)〜4月15日(日)、世界遺産である元離宮二条城にて、『二条城桜まつり2…

  2. 南米コロンビアで絶対に訪れるべきおすすめの都市や街・観光スポット…

    海外へ旅行するとなると気になるのがその国の観光地や都市です。特に、コロンビアへ旅行に行ったら一度…

  3. シンガポールに行ったら絶対に食べたい人気&おすすめのシンガポール…

    楽天トラベルでは2013年から2015年の2年間でシンガポールに宿泊した方に対しアンケートを行い…

  4. 退職後に移住したい国ランキング第1位!南米エクアドルに行くべき5…

    今南米旅行に行けるとしたらあなたはどこに行きたいですか?おそらく多くの方がペルーやボリビアまたは…

  5. 絶対に行きたい!北海道のパワースポット20選 縁結びや子宝・恋…

    北海道には自然のエネルギー溢れるスポットや、かつて言い伝えがあった人神聖なスポットがたくさん存在しま…

  6. 一度食べたらやみつきになる絶品の美味しさ!今、注目の「ミャンマー…

    アジア最後の秘境とも呼ばれ、今注目度急上昇中の国・ミャンマー。今回はそんなミャンマーの料理にフォ…

  7. 松山市内にあるスーパー銭湯とは思えないスケールの「天然温泉 キス…

    道後温泉郷として有名な松山市にあるのが「天然温泉 キスケの湯」。最深1700mの天然温泉。西日本…

  8. 日帰りOK!GWの「栃木県ドライブ」にオススメしたい9つの場所は…

    皆さんは栃木県に行ったことはありますか。関東地方に住んでいる方は学生時代に行ったことがある方も多いか…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss