マレーシアの人気&おすすめスイーツ15選 カラフルで美味しいスイーツがいっぱい!

マレーシアは、マレー系、中国系、インド系に、19世紀以前に中国系の男性とマレー系の女性が結婚して、現在まで独自に発展したニョニャ系が同居する多民族国家です。料理と同じくスイーツに関してもそれぞれの民族を代表する、美味しいおすすめの味が沢山あり、現地で色々なスイーツを食することは、マレーシア旅行の楽しみの一つとなっています。今回はそんなマレーシアのおすすめスイーツを15選で紹介します。

1. アイスカチャン

とってもカラフルで楽しいスイーツ、アイスカチャン

フルーツの他に豆やカラフルなゼリー(無味)、スイートコーン等具沢山のかき氷に練乳がかかったもの。甘さの中にスイートコーンの塩味がからまり、まろやかな味になっています。

出典:www.tourismmalaysia.or.jp

アイスカチャンは、かき氷の上にスイートコーン、豆、ゼリー、ナッツなどをトッピングしたら、練乳をかけて完成です。その組み合わせにギョッとするかもしれませんが、あまじょっぱさと食感が癖になること間違いなし!

出典:tabizine.jp

アイスカチャンは、マレーシアシンガポールで定番人気のかき氷で、シロップが2種類以上かかっておりとてもカラフルで、トッピングが多いのが特徴です。シロップはそれほど甘くなく、トッピングには豆、仙草ゼリー、スイートコーンなどが定番です。常夏のマレーシアを散策しながら、アイスカチャンを食べて一休みするというのが、おすすめパターンです。

2. マンゴーロロ

マンゴーがフレッシュだから、とても美味しい

マンゴーの果肉をトッピングし、その上からマンゴーソースをかけたかき氷。南国のフルーツ・マンゴーをふんだんに使った贅沢なかき氷。マンゴーの甘さがあとを引きます。

出典:www.tourismmalaysia.or.jp

放課後の学生などがみんなで嬉々として食べているイメージが強かったのですが、なかなか美味しいマンゴーロロでした。マンゴーの果肉も濃厚に甘くてクリーミー。

出典:eateat.blog25.fc2.com

南国マレーシアは、トロピカルフルーツの宝庫。マンゴーも安くて美味しいということで、定番のデザートになっているのが、マンゴーロロ。かき氷にマンゴーの果肉とマンゴータピオカのシロップをたっぷりのせたデザートで、地元民にも大人気です。かき氷はかなり細かく削ってあるのが美味しさのポイント。フルーツとしてのマンゴーも色々種類があるので、食べ比べてみて下さい。

3. チェンドル

細長い緑色のゼリーの、食感が楽しいスイーツ

小豆や緑色のゼリー状のものにココナッツミルクをかけたかき氷。ニョニャ料理のスイーツで、グラムラカ(マラッカ名産のパームシュガー)の甘さが引き立ちます。

出典:www.tourismmalaysia.or.jp

「チェンドル」は、パンダンの葉で色と味をつけた緑色のゼリーで、東南アジア一帯で食べられているデザートです。 パンダンとは、熱帯地帯に自生しているタコノキ科タコノキ属の常緑樹。

出典:www.tabikids.jp

アイスカチャン、マンゴーロロに続いて、こちらもかき氷の定番デザート。かき氷に小豆やパンダンリーフで色をだした細長い緑色のゼリーをのせ、グラムラカと呼ばれるマラッカ産のパームシュガーとココナッツミルクをかけたデザートです。パームシュガーは椰子砂糖で、独特のコクのある甘さが特徴で、スイーツだけでなく料理にもよく使われます。

4. ブブチャチャ

マレーシアでは珍しい温スイーツ、ブブチャチャ

ココナッツミルクの中に、フルーツやタロイモ、サツマイモ等が入ったデザート。冷たいデザートが多いマレースイーツの中でも珍しく、あたたかいココナッツミルクが特徴です。

出典:www.tourismmalaysia.or.jp

ブブチャチャとは、ココナッツミルクのデザートです。作り方は簡単ですので、明日にも作ってみてください。材料は、ココナッツミルクと椰子砂糖、具材には(かぼちゃ、さつまいも、バナナ)など、好きなものをチョイスしてください。

出典:blogs.yahoo.co.jp

マレーシアシンガポールで人気のブブチャチャ。常夏の国マレーシアだけあって、1.~3.は、かき氷ベースの冷たいスイーツでしたが、今度はココナッツミルクを温めた、温スイーツです。濃厚な椰子砂糖にココナッツミルクを加えたコクのあるスープに、カボチャやタロイモなどの具が絶妙にマッチしたスイーツで、ココナッツミルクが好きな人には是非おすすめします。

5. パイナップルタルト

日本のお土産におすすめの、パイナップルタルト

見た目は少し地味ですが、その美味しさは格別!タルトは見事にサクサク、そして肝心のパイナップルはペースト状になっていて程よい甘さ。

出典:tabizine.jp

サクサクのパイ生地の上にペースト状になったパイナップルの果肉がたーーーーーっぷり載っています。パイ生地は、カレーパフと同じようなサクサクした食感。マラッカのほとんどのお店がホームメードで作っています。

出典:blog-tourismmalaysia.jp

パイナップルタルトは、世界遺産の街マラッカの名物菓子。タルトのサクサク感と、パイナップルジャムのほどよい甘さとフルーティーな香りが絶妙にマッチした、誰にでもおすすめできるスイーツです。マラッカにはパイナップルタルトのお店が沢山あって、日持ちもするお菓子なので、お土産にも是非おすすめします。

6. クエラピス

ういろう状の蒸しケーキ、クエラピス

普通マレー半島の方で「クエ・ラピス」というとニョニャ料理で出てくる、ピンクや青色で、日本のういろうみたいなお菓子なんですが、サラワクでは、蒸しケーキ。モッチモチです。

出典:blog-tourismmalaysia.jp

焼いたクエラピスも最近はココア色や緑のパンダン色、イチゴ色のみならず、断面が花模様や幾何学模様になった、ぎゃっ!と驚くようなカラフルなものも出回っています。

出典:peranakan.blog.shinobi.jp

クエラピスのクエは「ケーキ」、ラピスは「層」を表し、英語にすると「レイヤーケーキ」となります。クエラピスは2種類あり、一つはニョニャ料理で食べられるウイロウっぽい蒸し菓子で、色が大変鮮やかな、マラッカ名物のお菓子です。もう一つは西洋文化から伝わった、焼き菓子的なクエラピスで、どちらが好みか食べ比べてみることを、おすすめします。

7. オンデオンデ

餅の色は、パンダンリーフの緑色

キャッサバともち米を練り合わせた餅皮の中に、黒砂糖とココナッツなどの餡を入れ、茹でる、揚げるなどの調理をする。餅皮に香り付けと色づけのパンダンの葉を混ぜたオンデオンデは鮮やかな緑色をしている。

出典:ja.wikipedia.org

オンデオンデを食べたとき、じゅわっと出てくる黒蜜の正体はグラマラッカと呼ばれる、ココナッツの樹液を煮て固めた天然黒糖。

出典:tonyjsp.com

こちらもマラッカ特産の、ニョニャのスイーツ。オンデオンデは、パンダンの葉で緑色に着色した餅菓子でコクのある黒糖蜜を包み込み、ココナッツフレークとゴマをトッピングした、人気のスイーツです。甘党の方には、是非おすすめのスイーツです。出来立てのオンデオンデをその場で食するのが、おすすめの食べ方です。

8. クエアンクー

縁起物のニョニャスイーツ、クエアンクー

アンクー・クエとは⇒プラナカンや中国系のお菓子で、 赤ちゃんのお祝いに配られる。ちょっぴり甘い餅の中に緑豆の餡などが入っている。いやーー色おかしいやろぉって突っ込みたい感じですが、ところがどっこい、です。めちゃ、おいしかった。

出典:museedulouvre.kyotolog.net

バナナリーフの上に乗せられたアンクー・クエは、薄い餅の中に、緑豆の餡がぎっしり詰まっています。一口食べると、緑豆の香りが口いっぱいに広がります。

出典:discover-singapore.net

お次もニョニャのスイーツです。亀の甲羅の形をしたクエアンクーは、赤ちゃんの1カ月のお祝いなど、祭事のときによく食べる、おめでたいお菓子です。中には緑豆餡やココナッツ餡が入っており、外側の色によって、中に入っている餡の種類がわかるようになっています。中国菓子が好きな人には、是非おすすめのスイーツです。

9. プルッタイタイ

ド派手な青色のスイーツ、プルッタイタイ

鮮やかなブルーにどきりとしますね。伝統的には、着色料ではなく、花の天然色素を使います。ブンガ・テランというマメ科の植物です。

出典:gathery.recruit-lifestyle.co.jp

「目を閉じて食べたらお赤飯」と紹介している雑誌があってなるほどと思ったのですが、ほんのり甘く味をつけた、もち米のお菓子です。

出典:www.ab-road.net

こちらもニョニャスイーツ。合成着色料を使ったかのような鮮やかな青色をしたお菓子は、かなり衝撃的ですが、ブンガトゥラン(英名:ブルーピーフラワー)というマメ科の青い花から抽出した天然の色です。食感的にはもっちりとしており、味の方もお上品で、ドギツさはありません。話のタネに是非一度試食することをおすすめします。

10. ビンカウビ

タピオカとココナッツミルクで作った、ビンカウビ

日本の店で出しても人気があるのでは、と思うのはこのビンカ・ウビ。マレー風ういろう、と人には説明していますが、タピオカの粉にココナッツ・クリームと砂糖を加えて焼いた、もちもちとした歯ごたえのあるお菓子です。

出典:www.ab-road.net

タピオカ粉にココナッツ・クリームと砂糖を加え、焼いたもの。もちもちとした歯ごたえと、あっさりした甘さで日本人のファンも多いお菓子です。

出典:gathery.recruit-lifestyle.co.jp

こちらもニョニャのスイーツ、ビンカウビ。タピオカ粉を使っているので、食感がモチモチしており日本人が好みそうなスイーツです。テイスト的にもタピオカ+ココナッツは、様々なスイーツを生み出している最強の組み合わせといえます。今回15選でニョニャスイーツを5つ紹介しましたので、是非食べ比べてみてください。

11. ロティティシュ

特大だけど、薄いから完食できます
あまりにでっかいので、このように折り曲げます

これ、美味しいですよ!もちろんかなり甘いのですが、パリッと焼かれたロティの生地がとても香ばしくて、薄く焼いたパイのような食感です。ザラメもガリガリとしてて、食感のコントラストも良い感じです。スイーツとしては全然アリですね。

出典:blog.goo.ne.jp

「ロティ」はパン。「ティッシュ」はティッシュ。ティッシュのように薄いパンという意味。インドの料理らしいが、フランス料理のなかで「ロティ」は「焼く」という意味です。どちらが起源かわかりませんが、とにかくそういう意味らしいです。

出典:tabenokoshikinshi.blog137.fc2.com

マレーシアにはロティの料理やスイーツが色々あります。ロティティシュは、鉄板で焼いた薄いパイ生地に練乳と砂糖をかけた特大のスイーツです。焼きムラがあって色々な食感が楽しめ、練乳や砂糖のかけムラも色々な味が楽しめて、一度食べるとクセになります。油で揚げてないので、ヘルシー志向の方にもおすすめします。

12. カヤトースト

朝食になるスイーツ、カヤトースト

薄いパンをこんがりトーストし、バターとココナッツジャムを挟んだサンドイッチ。サクッとしたトーストの歯触りと、バターとココナッツの甘さが見事にマッチしています。

出典:www.tourismmalaysia.or.jp

マレーシアやシンガポールのコーヒーショップ(喫茶店)では、トーストしたパンにカヤジャムとバターをサンドしたものと甘いコーヒー、そして半熟卵のセットが朝食の定番メニューとなっています。

カヤトーストは、マレーシアの朝食や軽食として、地元民に人気のシンプルなスイーツです。香ばしく焼いた薄めのトーストに、カヤジャムと薄切りにしたバター挟んで作ります。カヤジャムというのは、ココナッツミルクと卵、砂糖で作ったジャムで、マレーシアの何処にでも売っていますが、良質のココナッツミルクを使っているカヤジャムは香りと値段が違います。マレーシア土産におすすめします。

13. アイスクリームゴレン

レストランではお洒落なデザート、アイスクリームゴレン

日本にもアイスクリームの天ぷらというのがありますが、原理は一緒でこちらのはどら焼き風の生地でサンドされたアイスクリームを注文するとフライヤーで揚げてくれます。

出典:www.nikibix.com

通常屋台やレストランで食べますが、最近ではスーパーでも冷凍食品として手に入りますので是非お試し下さい。

出典:www.malaysia-magazine.com

日本でいう、「アイスクリームの天ぷら」にあたるスイーツが、アイスクリームゴレン。さっくりしたパイのような衣に入ったアイスクリームを揚げたスイーツで、アイスはバニラやクッキークリームからタロイモまで、様々なアイスを使います。マレー系住民に人気があります。屋台でも手軽に食べられ値段も安いので、一度食後のデザートとして試食されることをおすすめします。

14. ピサンゴレン

アジア各国の定番スイーツ、揚げバナナ

なんとマレー系の人々はバナナを油で揚げているのです。しかも、これは筆者の妻の大好物。最初は怪しい食べ物だと思いあまり食べる気になりませんでしたが、2年ぐらい前から口に突っ込まれられているうちに、おやつとして自然に食べるようになりました。慣れればまあまあです。

出典:www.jinend.com

マレーシアでは、ピサンゴレンは、ピサンゴレン用の特別なバナナを使うんですっそれを使うと、油で揚げても身がしっかり残るんですよ。前に聞いたら、ピサンゴレン用のバナナはピサンゴレンでしか食べられないとか。生で食べるのは無理だそうですよ。

出典:www.tour.ne.jp

安くて美味しい、地元民の定番おやつが、ピサンゴレン。揚げバナナです。屋台でよく売っていますね。バナナは果肉がしっかりしており、揚げるのに最適なピサンゴレン用の品種を使います。甘さと同時に酸味もあるのが美味しいですが、アツアツでも冷めても美味しいので、一度屋台で試食してみることをおすすめします。

15. ココナッツタルト

世界一美味しいと言われている、「梁池記老餅家」のココナッツタルト

中華料理のデザートで人気があるエッグタルト、マラッカの名物スイーツのパイナップルタルト。結構アジアには美味しいタルト菓子がありますよね。ペナンでも見つけちゃいました。それがココナツタルト。

出典:www.tour.ne.jp

新鮮なココナッツを使ったリオンさんのタルトは絶品で、1日240個限定だが、売り切れ必至。マレーシア国内はもちろんのこと、外国のメディアにも取り上げられるほどの人気ぶりだ。

出典:www.asahi.co.jp

15選のラストは、ココナッツタルト。マレーシア全土でココナッツタルトが定番人気のお菓子というわけではないのですが、ペナンに「世界で最も美味しい」と、評判のお店があるので紹介します。お店の名前は、「梁池記老餅家」といって、住宅街にある小さなお店で、1日240個限定。ペナンに旅行されるスイーツ好きの方は、是非行ってみることをおすすめします。
梁池記老餅家 (LEONG CHEE KEE BISCUTS)
住所: 8-C,People’s Court,Campbell Street,10100 Penang
電話: 016-4019211
マレーシアのおすすめスイーツ15選いかがだったでしょうか?南国ならではのトロピカルフルーツを使ったスイーツから、日本にもありそうなスイーツまで、バラエティに富んでますね。マレーシアに旅行の際は、是非屋台やフードコート、レストランなどで、マレーシアスイーツを色々食べてみて下さい。きっとお気に入りのスイーツが見つかるはずです。

アジア最大のマレーシア・クアラルンプール国際空港へのアクセスやおすすめスポット

マレーシア旅行の接待に喜ばれるお土産が見つかるおすすめのお土産屋さん5選

関連記事

  1. 女子力あげちゃう?ピンク×インスタ映えが楽しめるお店7選

    見ているだけで思わず気分が上がる「ピンク」。そんなピンク効果を使ってピンクを基調としたカフェやスポッ…

  2. マレーシアの穴場リゾート地「コタキナバル」のおすすめ観光スポット…

    大自然に触れたい!夏を楽しみたい!という方にはもちろん、夏っぽいことしたいけど夏は忙しい…と…

  3. 豚まん発祥のお店!兵庫・神戸の老舗グルメ「老祥記」の豚饅頭とは

    今や日本人に馴染みのある豚まんなどの中華まんですが、元は中国の天津包子(テンチンパオツー)と呼ばれる…

  4. チキンライスだけじゃない!シンガポールに行ったら食べたいもの10…

    日本から飛行機で7時間あまり。まとまったお休みが数日あれば気軽に行けちゃうシンガポールは、マレー…

  5. 韓国釜山2泊3日のモデルコース。韓国リピーターがおすすめする定番…

    韓国第2の都市「港町釜山(プサン)」。日本からのアクセスも良く、日本人観光客も年間通して多く訪れます…

  6. 温泉や観光と一緒に立ち寄りたい!箱根の“ちょっぴりユニークな”カ…

    冬の国内旅行の醍醐味といえば、温かい温泉。 中でも東京からも程近く、 休日のプチ旅行にもぴっ…

  7. 和歌山マリーナシティで人気&おすすめのカフェ・レストラン5選

    和歌山マリーナシティ周辺でおすすめのカフェ・レストランをご紹介します。ファミリーやグループでも気…

  8. プーケットの女子旅におすすめのお洒落カフェ7選

    最近海外旅行先として人気を集めているタイ・プーケット。ビーチや離島がたくさんあったり、タイ料理を…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss
    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

    Warning: A non-numeric value encountered in /home/kiraukyo/travelzaurus.xyz/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694