マレーシアで最も美しい離島「レダン島」への行き方

マレーシーシアにある離島の中でも、1位2位を争うと言われているほど美しいレダン島。まだ観光客は少なく、今のうちにぜひ行っておきたいビーチリゾートの一つです。 先日レダン島へ実際に行ってきましたので、行き方をご紹介します!

このまとめ記事の目次

レダン島はどこにあるの?

レダン島は、マレーシア東側にある南シナ海にある島。マレー半島の東海岸側にある「クアラ・トレンガヌ」という町の沖合46kmに浮かんでいます。
アクセス方法は「クアラルンプール(飛行機)→クアラトレンガヌ(船)→レダン島」です。
レダン島へいけるのは、風が穏やかな4〜9月の半年のみ。10〜3月はモンスーンの影響でオフシーズンとなり、ホテルや船がクローズされることもあるので注意しましょう。

4〜9月の乾季がシーズン

レダン島へいけるのは、風が穏やかな4〜9月の半年のみ。10〜3月はモンスーンの影響でオフシーズンとなり、ホテルや船がクローズされることもあるので注意しましょう。

1、まずは首都クアラルンプールへ

まずはマレーシアの首都・クアラルンプールを目指します。東京(羽田・成田)、大阪札幌からクアラルンプールへの直行便が運航しており、所要時間は約7時間。便数が豊富なエアアジアとマレーシア航空のほか、日本航空(JAL)と全日空(ANA)も運航しています。

エアアジアは羽田23:45発→クアラルンプール06:10(+1)と、会社帰りでもいけるスケジュールなので、使い勝手がよいです。

①エアアジア

利便性が高い格安航空券

日本でもおなじみ、アジア初のLCCであるエアアジアでは、日本各地からクアラルンプールまでを結んでいます。便数も多く、スケジュールを立てやすいのでおすすめです。発着地は下記のとおり(2017年3月現在)。
羽田-クアラルンプール:週7便
成田-クアラルンプール:週4便
関空-クアラルンプール:週5便
札幌-クアラルンプール:週4便

②マレーシア航空

マレーシアへの旅といえば、昔からあるマレーシア航空。成田からクアラルンプールまでは週10便も運航しています。そのほか関空からも週7便運航。

③日本航空(JAL)

おなじみJALは成田ークアラルンプールまでを週7便運航しています。日本人のスタッフも多いので、海外に慣れていない人でも安心。

④全日空(ANA)

こちらもおなじみ、ANA。JAL同様に成田からクアラルンプールまでを週7便運航しています。

2、クアラルンプールから国内線でクアラトレンガヌへ

2014年までは「ペルジャヤ航空」がクアラルンプールからレダン島への便を運行していたようですが、現在はチャーター便のみ。
というわけで、クアラルンプールからは国内線を利用してレダン島へのジェッティがある「クアラトレンガヌ」へ向かいます。所要時間は約50分。
1日4便〜と便数が豊富で、往復4800〜9000円と安いエアアジアがおすすめです。

LCCが発着するKLIA2ターミナルへの移動方法

日本からクアラルンプール国際空港(KLIA:ケーエルアイエー)へ行くのにエアアジアを使ったのであれば問題ありませんが、それ以外(LCC以外)の飛行機で行った場合、エアアジアを乗り場である「KLIA2(ケーエルアイエーツー)」ターミナルに移動する必要があります。

KLIA2 は クアラルンプール国際空港の第2ターミナルではなく「2㎞ほど離れた場所にある低コスト航空用の別の空港」という位置づけなのでご注意を。移動には時間がかかります。

移動手段は「KLIAエキスプレス特急」と呼ばれる電車が便利。KLIAとKLIA2を結ぶ最速・最安値公共交通機関として、地元の人たちも多く利用しています。

「KLIA Transit」と書かれたピンクの看板が目印

駅はクアラルンプール国際空港(KLIA)内の2階層降りた場所にあります。ピンクの看板が目印なので、辿っていきましょう。
KLIA←→KLIA2間の料金は一人RM2(約60円)。改札の手前に販売機が置いてあるので購入しましょう。なお、クレジットカードを利用すると一人1.8RMと安くなるようです(英語対応)。by umiya

料金はRM2(約60円)と安い

KLIA←→KLIA2間の料金は一人RM2(約60円)。改札の手前に販売機が置いてあるので購入しましょう。なお、クレジットカードを利用すると一人1.8RMと安くなるようです(英語対応)。

改札ゲートのQRコードリーダーでチケットを読み取り、駅構内で電車を待ちます。朝や夜の忙しい時間帯には15分間隔、それ以外は20分間隔で運行。所要時間は約3分とあっという間です。by umiya

朝は15分間隔で運行

改札ゲートのQRコードリーダーでチケットを読み取り、駅構内で電車を待ちます。朝や夜の忙しい時間帯には15分間隔、それ以外は20分間隔で運行。所要時間は約3分とあっという間です。

クアラトレンガヌへは長距離バスで向かうこともできる

飛行機で行くのが一般的ですが、クアラルンプールの市内から長距離バスでクアラトレンガヌまで行くこともできます。所要時間は約8時間と長いですが、節約したい、旅の移動を楽しみたいという方はぜひ。

レダン島はどこにあるの?

レダン島は、マレーシア東側にある南シナ海にある島。マレー半島の東海岸側にある「クアラ・トレンガヌ」という町の沖合46kmに浮かんでいます。
アクセス方法は「クアラルンプール(飛行機)→クアラトレンガヌ(船)→レダン島」です。
レダン島へいけるのは、風が穏やかな4〜9月の半年のみ。10〜3月はモンスーンの影響でオフシーズンとなり、ホテルや船がクローズされることもあるので注意しましょう。

4〜9月の乾季がシーズン

レダン島へいけるのは、風が穏やかな4〜9月の半年のみ。10〜3月はモンスーンの影響でオフシーズンとなり、ホテルや船がクローズされることもあるので注意しましょう。

1、まずは首都クアラルンプールへ

まずはマレーシアの首都・クアラルンプールを目指します。東京(羽田・成田)、大阪札幌からクアラルンプールへの直行便が運航しており、所要時間は約7時間。便数が豊富なエアアジアとマレーシア航空のほか、日本航空(JAL)と全日空(ANA)も運航しています。

エアアジアは羽田23:45発→クアラルンプール06:10(+1)と、会社帰りでもいけるスケジュールなので、使い勝手がよいです。

①エアアジア

利便性が高い格安航空券

日本でもおなじみ、アジア初のLCCであるエアアジアでは、日本各地からクアラルンプールまでを結んでいます。便数も多く、スケジュールを立てやすいのでおすすめです。発着地は下記のとおり(2017年3月現在)。
羽田-クアラルンプール:週7便
成田-クアラルンプール:週4便
関空-クアラルンプール:週5便
札幌-クアラルンプール:週4便

②マレーシア航空

マレーシアへの旅といえば、昔からあるマレーシア航空。成田からクアラルンプールまでは週10便も運航しています。そのほか関空からも週7便運航。

③日本航空(JAL)

おなじみJALは成田ークアラルンプールまでを週7便運航しています。日本人のスタッフも多いので、海外に慣れていない人でも安心。

④全日空(ANA)

こちらもおなじみ、ANA。JAL同様に成田からクアラルンプールまでを週7便運航しています。

2、クアラルンプールから国内線でクアラトレンガヌへ

2014年までは「ペルジャヤ航空」がクアラルンプールからレダン島への便を運行していたようですが、現在はチャーター便のみ。
というわけで、クアラルンプールからは国内線を利用してレダン島へのジェッティがある「クアラトレンガヌ」へ向かいます。所要時間は約50分。
1日4便〜と便数が豊富で、往復4800〜9000円と安いエアアジアがおすすめです。

LCCが発着するKLIA2ターミナルへの移動方法

日本からクアラルンプール国際空港(KLIA:ケーエルアイエー)へ行くのにエアアジアを使ったのであれば問題ありませんが、それ以外(LCC以外)の飛行機で行った場合、エアアジアを乗り場である「KLIA2(ケーエルアイエーツー)」ターミナルに移動する必要があります。

KLIA2 は クアラルンプール国際空港の第2ターミナルではなく「2㎞ほど離れた場所にある低コスト航空用の別の空港」という位置づけなのでご注意を。移動には時間がかかります。

移動手段は「KLIAエキスプレス特急」と呼ばれる電車が便利。KLIAとKLIA2を結ぶ最速・最安値公共交通機関として、地元の人たちも多く利用しています。

「KLIA Transit」と書かれたピンクの看板が目印

駅はクアラルンプール国際空港(KLIA)内の2階層降りた場所にあります。ピンクの看板が目印なので、辿っていきましょう。
KLIA←→KLIA2間の料金は一人RM2(約60円)。改札の手前に販売機が置いてあるので購入しましょう。なお、クレジットカードを利用すると一人1.8RMと安くなるようです(英語対応)。by umiya

料金はRM2(約60円)と安い

KLIA←→KLIA2間の料金は一人RM2(約60円)。改札の手前に販売機が置いてあるので購入しましょう。なお、クレジットカードを利用すると一人1.8RMと安くなるようです(英語対応)。

改札ゲートのQRコードリーダーでチケットを読み取り、駅構内で電車を待ちます。朝や夜の忙しい時間帯には15分間隔、それ以外は20分間隔で運行。所要時間は約3分とあっという間です。by umiya

朝は15分間隔で運行

改札ゲートのQRコードリーダーでチケットを読み取り、駅構内で電車を待ちます。朝や夜の忙しい時間帯には15分間隔、それ以外は20分間隔で運行。所要時間は約3分とあっという間です。

クアラトレンガヌへは長距離バスで向かうこともできる

飛行機で行くのが一般的ですが、クアラルンプールの市内から長距離バスでクアラトレンガヌまで行くこともできます。所要時間は約8時間と長いですが、節約したい、旅の移動を楽しみたいという方はぜひ。

クアラルンプールの絶対泊まりたい人気&おすすめホテル5選

マレーシアの穴場リゾート「コタキナバル」の人気&おすすめホテル5選

関連記事

  1. ペナン島のジョージタウンにある英国統治時代の要塞跡『コーン ウォ…

    ペナン島北部のジョージタウンにある『コーン ウォリス要塞(Fort Cornwallis)』…

  2. 羊がのんびり寛ぐオークランドの人気スポット「コーンウォール公園」…

    ニュージーランド北島の北部に位置する都市オークランドの人気スポット「コーンウォール公園(Corn…

  3. シンガポールのアラビアンムード満点・異国情緒あふれる『ブギス /…

    シンガポール『ブギス / アラブ・ストリート周辺』のおすすめ情報です。アラビアンムード満点で、異…

  4. カンクンだけじゃない!メキシコの人気&おすすめのリゾート5選

    まだ、あまり知名度が低いメキシコのリゾート地ですが、カリブ海と太平洋に挟まれたその大地はマヤ文明…

  5. クアラルンプール(マレーシア)のおすすめ観光スポット10選

    巨大モールがひしめき、CNNの“世界の買い物都市”で上位に入るなどショッピングの街としても有名な…

  6. バリ島で話題のお洒落スポット「チャングー」の人気&おすすめのカフ…

    チャングーとは人気観光地であるバリ島の中で急激に開発が進んでいるエリア。お洒落なカフェやレス…

  7. カンボジアのため息が出るほど美しい隠れた秘境「ロン島」の魅力

    今や海外旅行先としても定番になりつつある東南アジアの親日国「カンボジア」。カンボジアと言えばアン…

  8. 世界屈指のビーチリゾート オーストラリア「ゴールドコースト」3…

    次の連休、どこに行くか迷っていませんか?「非日常な空間でのんびりしたい」「大自然に癒されたい」「…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss