マウイの歴史を学べる「ベイリーハウス博物館」と周辺のお勧めスポット

マウイの歴史を学べる「ベイリー ハウス博物館」と周辺のお勧めスポット

ベイリー ハウス博物館(Bailey House Museum)は、ハワイで2番目に大きいマウイ島(Maui)西部の商業都市ワイルク(Wailuku)にある歴史ミュージアムです。1837年に移住してきた宣教師のエドワード・ベイリー(Edward Bailey)が1888年(明治21年)まで住んでいた邸宅を1974年(昭和49年)改修したもので、内部にはハワイの歴史を知るうえで欠かせないマウイの近代史が学べる貴重な資料が多数展示されています。小規模な施設ながら、国家歴史登録財にも指定されているベイリー ハウス博物館をご紹介します。

ベイリー ハウス博物館とは?

ベイリー ハウス博物館(Bailey House Museum)は、ハワイで2番目に大きいマウイ島(Maui)の西部に位置する行政地区・ワイルク(Wailuku)にある歴史的な観光名所です。

1837年にメアリー・フレイザー号に乗ってハワイに移住してきた医師で牧師のエドワード・ベイリー(Edward Bailey)と妻のキャロラインが1837年から1888年(明治21年)まで住んでいた住居の跡で、オリジナルは1833年に建てられました。

西マウイ山脈の麓に広がるワイルクは、ハワイ王国の創始者カメハメハ大王が頭角を現すまでこの地を治めていたマウイ島の最後の酋長ヘキリ(Kahekili)にゆかりの聖なる埋葬地で、マウイを代表する人気スポット「イアオ渓谷(Iao Valley State Park)」の入口に位置することから、現在は商業の中心地として賑わっています。

イアオ渓谷への通り道

ベイリー ハウス博物館は、ワイルク市街地からイアオ渓谷への通り道にあるため、多くの観光客が立ち寄ります。白いコロニアル風の洋館は棟続きで2棟あり、裏手には長さ10メートルのカヌーも飾られています。

もともとは、この地に入植したキリスト教宣教師たちによって建てられたもので、当時まだ“カパ”と呼ばれる木の皮で作られた服を着ていた地元の女性を集めて、宣教師の妻たちがキルトを紹介し、裁縫を教えたのだそうです。

第二次世界大戦中には民間防衛の本部として使用されたこともありましたが、1974年(昭和49年)に改修され、現在はマウイ島歴史協会によって運営されるマウイの歴史ミュージアムになりました。それほど大規模な施設ではありませんが、国家歴史登録財にも指定されている施設です。

マウイ島の近代史が学べるミュージアム

ベイリー ハウス博物館の館内には、マウイの歴史を分かりやすく解説した資料のほか、アンティークなハワイアンキルトや木製の食器、ラウハラ(ハラの葉)で編まれた“ラウハラマット”のような手工芸品、ハワイ王朝時代の武器や興味深い遺物などが展示されています。

野外の展示スペースではカヌーなども見られ、短時間で見どころをまわれることもあって満足度の高い人気スポットです。

ハワイ王朝時代に黄色の羽が珍重されて絶滅した珍しい鳥のはく製や、クジラの骨でできたレイ、絵が趣味だったというベイリーが描いたイアオ渓谷やワイルク地域の風景画も見どころです。

2階の展示室には大判キルトなど19世紀のハワイ文化を伝えるが遺物が詰まっています。ハワイアンキルトは、かつて布地が貴重品だったこの地で、子から孫へと親子何代にもわたって家宝のように大切にされてきたものです。

ハワイアンキルト パターンとステッチの魅力: 伝統と歴史がはぐくんだハワイの手仕事

ハワイアンキルト パターンとステッチの魅力: 伝統と歴史がはぐくんだハワイの手仕事

3,024円

www.amazon.co.jp

歴史スポット「カアフマヌ教会」

ベイリー ハウス博物館から徒歩で数分のところに建つのはカアフマヌ教会(Kaahumanu Church)です。 エドワード・ベイリーが1875年(明治8年)に建てたニューイングランド風ゴシック建築で、名称はカメハメハ大王の愛妻カアフマヌ女王(Queen Ka’ahumanu)にちなんでいます。

ハワイの王家の人たち体が大きく、平民との違いはルックスからも一目瞭然だったそうですが、カアフマヌも身長180センチ超えの美女だったといわれています。

カメハメハ亡きあと、カアフマヌは摂政としてハワイ古来の宗教を全面的に否定し、ヘイアウ(聖域)を破壊して神官らの絶大な権威を削ぐ政策をすすめます。自ら禁忌を犯して天罰がないことを民に示しました。

絶妙のタイミングで最初のニューイングランド系プロテスタントがハワイに到来すると、カアフマヌは宣教師とともに“野蛮な風習”を根こそぎにします。しかし、のちに即位した王リホリホは、王妃を伴い訪問したロンドンで病気にかかり亡くなってしまいました。

基本情報

所在地:103 S High St, Wailuku, HI
TEL:+1 808-244-5189
アクセス:ベイリー ハウス博物館から徒歩4分

いかがでしたか?

マウイの歴史が学べる人気の立ち寄り観光スポット「ベイリー ハウス博物館」をご紹介しました。よく手入れされた南国の花々が美しい庭を散策するのもおすすめです。人気のギフトショップもお見逃しなく。

基本情報

所在地:2375A Main St. Wailuku, Maui
TEL:(808)2443326
営業時間:10:00~16:00
料金:7USドル、 7歳未満無料
定休日:日曜
アクセス:カフルイ空港から車で15分

ハワイの手つかずの自然が残るカウアイ島の「ワイメア渓谷」が絶景すぎる!

一度は行きたい「西日本の絶景」12選。まだ見ぬ美しい景色で感動の体験を!

関連記事

  1. マレーシア女子旅のおすすめ観光&グルメスポット20選

    マレーシアの女子旅は観光!食べる!大自然や異国情緒たっぷりの世界遺産を巡る観光だけじゃない!美味…

  2. 実は気軽に行けるヨーロッパ?“プラハ旅行”をおすすめする10つの…

    チェコという国をご存知ですか? ヨーロッパの中心にある、 ビールが美味しい中世の街並みが残る…

  3. たくさんの野生動物に会える!北海道・知床で出会える野生動物10選…

     jetalone北海道知床は野生動物の宝庫です!エゾシカやキタキツネとこんなに近い距離で出…

  4. ハワイ・ワイキキでのんびり過ごせる穴場スポット「フォート デロシ…

    ホノルルといったらやっぱりワイキキビーチですよね!ワイキキビーチの「フォート デロシー ビーチ」…

  5. 佐賀県No.1の絶景「七ツ釜(ななつがま)」が思わず息を呑むほど…

    みなさん佐賀の絶景ってご存知ですか?なかなか絶景のイメージがない方も多いはず。そんなあなたに佐賀…

  6. 山梨県の子供と一緒に楽しみたいおすすめの遊び場5選

    読書や映画鑑賞、友達とご飯言ったり旅行したり、休日の過ごし方は沢山ありますよね。今回はそんな中で…

  7. 沖縄の北西部、車でアクセス可能な離島「古宇利島」でもっと素敵な時…

    古宇利島は沖縄の北西部にあり、車でアクセス可能な離島です。また、語源から「恋島(くいじま)」とし…

  8. ウユニ塩湖(ボリビア)旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss