ペルーに行くなら絶対にこの目で見てみたい『ナスカの地上絵』の魅力を紹介!

ペルーの代表的な観光ポットである『ナスカの地上絵』、一生に一度はこの目で確かめてみたいですよね。このまとめでは、ペルーへ行くなら絶対外せない、ナスカの地上絵の魅力についてご紹介します。

ナスカの地上絵とは

ペルーの首都リマから南へ400km、アンデス山脈と太平洋にはさまれた砂漠地帯に刻まれた巨大な地上絵。幾何学模様あり、動植物をかたどった具象図形あり、とさまざま。

出典:www.hankyu-travel.com

1500年〜3000年前に描かれたと言われるこれらの絵は、なんと1900年代に入ってから発見されました。
未だに謎に包まれたナスカの地上絵は、人びとを魅了し続け、ペルーでの屈折の観光地として人気を博しています。

ナスカの地上絵の見どころ

ハチドリ、クモ、サル、キツネ、シャチ、コンドル、トカゲ、宇宙飛行士のような人間など動植物を描いた絵が約30個、1万3千本を超える滑走路のような幾何学図形や、数10キロにわたる直線が約300本以上認められている。

出典:www.cosmos.zaq.jp

代表的な絵としては、長さ46mのクモ、96mのハチドリ、55mのサル、65mのシャチ、180mのイグアナ、135mのコンドルが挙げられる。それらの絵の中で最大のものは、鳥を描いたもので、全長285mある。

出典:ww5.tiki.ne.jp

ナスカの地上絵はどのようにして描かれたのか?

絵を構成する線の作り方は単純で、地面を削って溝を掘っただけである。
深さが10cm程度で、幅が数十センチから2メートルの溝を掘っていくことにより、ナスカの地上絵は描かれていた。

出典:ww5.tiki.ne.jp

砂漠地帯にあること土地は白っぽい色をしており、掘った溝の部分だけ白い線となって残ります。地上絵を至近距離で見ると、車が走ったような跡にしか見えません。

ナスカの地上絵の謎に迫る!

ナスカ文明人の高度な技術に脱帽!

現在では、正確な測量技術を使って、大きな原画の一点から放射状に原画の線上に取った各点を同じ倍数で拡大するといった手法で地上絵を作成した、とする有力説が唱えられている。

出典:wikitravel.org

熱気球を使って描いた、宇宙船説、などさまざまな見解があったようですが、現在では測量技術によって描かれた説が有力なようです。

ナスカ文明は、高度な技術と豊かな絵心を持った人たちがたくさんいたと考えられます。
高度300メートル以上からしか全体像が分からないような、大きな絵を各技術が当時あったとすると、驚きですね。

地上絵はなぜ描かれたのか?

ナスカの地上絵をめぐっては、その目的として「天文観測説」「宇宙船発着場説」「雨乞い説」「宇宙人落書き説」など多くの仮説が唱えられていますが、どれも決め手に欠けることは否めません。

出典:www.hankyu-travel.com

何千年もの間、どうして残っていたのか

ナスカ文明は、紀元前100年ごろから紀元後800年くらいまで、ペルーの中南部のイカや、ナスカの砂漠地帯で繁栄していた文明である。だとすると、この地上絵は2000年ほどの時を経てもまだ残っていたということになる。

出典:ww5.tiki.ne.jp

このような単純な構造の線が残っているのは、この地方独特の年間降水量たったの十数ミリというカラカラの気候によるものです。

雨がほとんど降らないため植物が育つこともなく、居住地としても適さないため、発見されるまで人が足を踏み入れる機会が滅多にありませんでした。

地上絵を楽しむためには?

セスナで空中遊覧!

ナスカには地上絵遊覧飛行を催行している航空会社が数社あり、いずれも街のオフィスや旅行代理店、ホテルのカウンター、あるいはバスターミナル付近にいる客引きなどを通じてツアーを申し込むことができる。

出典:wikitravel.org

乗客定員が3人〜10人ほどの小型機で運用されています。機体が小さいうえ、地上絵が見られるようかなり旋回したり揺れたりするので、酔い止めを準備しておくのがおすすめです。

ミラドールと呼ばれる観測塔から観覧!

地上絵の研究と保護活動に情熱を捧げ、多大な貢献を残したマリア・ライヘ女史が建てた地上絵の観測塔で、高さはおよそ20m。ミラドール周辺にある「手」「木」「トカゲ」の地上絵を見下ろす事ができます。

出典:www.geocities.jp

自分の足で観測塔へ登ることで、間近で地上絵を見ることができます。地上絵の大きさを実感できる絶好のスポットといえるでしょう。階段を数段下るだけで、何の絵なのか分からなくなるほどです。

ナスカの地上絵へのアクセス

【ナスカへ行き方】
ナスカはペルーの首都、リマから南に444km離れています。●バス
リマからナスカ:長距離バスで6〜8時間(Cruz del SurとOltursaのバスがイカとパラカスを経由して運行)
※クスコからは夜行バスで14時間、アレキパから9時間
※オルメーニョ社とクルスデスル社がおすすめ
※イカからはミニバスがひっきりなしに出ていて、満員になったら出発

●飛行機(リマ・イカからナスカ)
リマからイカ経由にてナスカまで
(リマ→イカ 約1時間のフライト、イカ→ナスカ セスナ機に乗り換え約30分のフライト)
※イカの飛行場からナスカ地上絵を旋回してイカ空港へ戻ることも出来ます
※ナスカに着陸はしません

いかがでしたか?
ペルー旅行では外せない『ナスカ地上絵』をご紹介しました!ぜひ行く機会があったら参考にしてくださいね。

ペルーだけじゃない!世界中にある”◯◯のマチュピチュ”まとめ

「今までに行った旅行先で一番よかったとこはどこ?」ランキング1位はペルーの空中都市マチュピチュ!

関連記事

  1. 金沢に行ったら絶対に訪れるべき人気&おすすめ観光スポット39選

    東京〜金沢を結ぶ北陸新幹線。北陸新幹線が開通されて以来、「金沢」がじわじわと注目を浴びはじめてい…

  2. 伝説のパワースポット「聖域の岬」に存在する神秘的なブルーのパワー…

    石川県能登半島に日本三大聖域の一つである聖域の岬とよばれる珠洲岬(すずみさき)があります。この地…

  3. ジャマイカの人気ビーチリゾート!・モンテゴベイの人気&おすすめの…

    ジャマイカ・モンテゴベイを知っていますか?美しいカリブの海と英語圏であることから、特に欧米で人気…

  4. 京都のお寺・仏像巡りのおすすめスポット15選

    日本の観光のおすすめスポットといえば、「京都」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。京都に…

  5. マヤ遺跡観光の拠点はメキシコのメリダ!野生のフラミンゴも見れるメ…

    メキシコというと、おいしいメキシコ料理などをイメージする人が多いかもしれません。歴史に興味がある…

  6. 縁結びの出雲大社門前にチーズケーキ×モナカの新感覚スイーツ「いず…

    ビンに入った&#…

  7. 京都への弾丸旅行におすすめの「PIECE HOSTEL」は格安で…

    日本人だけでなく世界の人にとっても多くの魅力を放つ京都。日本の趣と情緒あふれるこの町は、どの季節…

  8. 京都の手ぶらで行けて気軽にバーベキューを楽しめるおすすめスポット…

    なるべく手軽に楽しみたい「BBQ」。遠出したり準備がちょっと面倒だったりと敬遠しがちな人も多いの…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss