プーケット女子旅をフリープランで行きたい方への完全旅行ガイド

【トランジットから宿泊まで】無敵のプラン!プーケット女子旅完全ガイド

みなさんこんにちは。寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。こんなにも寒いと、南国へも行きたくなるはず。今回は女子旅人気トップのタイ、プーケットの女子旅をフリープランで行きたい方へ、完全ガイドをご紹介します。(※記載の情報は2018年2月時点のものです。必ず事前にお調べください。)

完全フリープランで行ってみたいけど。

せっかくの女子旅だし、時間に左右されずに行動できる、「フリープラン」がいい。と考えている方も多いはず。フリープランとは、ホテルと宿だけ旅行会社のものを予約し、あとは自由にプランニングするというもの。
その他に、航空券も宿泊先もすべて自分たちで決めていく、完全フリープランもありますよね。筆者はつい先日、この完全フリープランでプーケットに行ってきました。今回はおすすめ完全フリープランをご紹介。

①宿泊先はAirbnbがおすすめ。【宿泊先編】

まずはじめに、気になるのが「宿泊先」です。手厚いサービスや空港からのアクセスが嬉しいホテルで、快適に過ごすのか、価格を優先し、最近ブームの「Airbnb」(エアビーアンドビー)などの別荘やアパートを借りるほうがいいのか..
完全フリープランの筆者が宿泊したのは、空港からタクシーで一時間ほどのところにあるコンドミニアムでした。プールやジムが使い放題のリッチなアパートで、実際に住んでいる人もいます。
アメニティは全部そろっていて、タオル数枚、ヘアドライヤーなども完備。ホテルにはないお皿などの食器、ケトル、電子レンジなどがあるので、自炊して節約することもできちゃいました。値段はなんと6日間の滞在で1人約1万円。(価格変動の可能性があります)
なんといっても、一番の魅力は、全長100mの巨大プール。宿泊客・住民であれば、夜の10時まで使い放題でした。プーケットだから絶対に海は行きたいけれど、プールだって外せない、そんな方におすすめです。

詳細情報

hotelsCombinedで見る
  • Vichitsongcram Rd Kathu Phuket

アクセス:空港からリムジンタクシーで約1時間。電話番号は、連絡をとるホストによって異なります。

②格安航空券はトランジットが心配 【トランジット編】

航空券の準備で大切なのが、「航空券」ですよね。すでに航空券の価格比較サイトなどは複数あり、数社の中から最安値を見つけることが容易になってきました。しかし格安航空券で気になるのはトランジット。
最高でも3~4時間の待ち時間でトランジットができるなら、空港内のカフェレストラン、航空会社のラウンジなどで過ごすのがおすすめです。長旅はリラックスして、現地で使うエネルギーをとっておきたいもの。

おすすめスポット「CAPSULE BY CONTAINER HOTEL」

プーケットに行く途中、マレーシア・クアラルンプールでトランジットがなんと12時間あった筆者は、こちらのカプセルホテルに泊まりました。価格は9時間で日本円で約3000円。シャワールームやタオル、歯ブラシ、ペットボトルの水などが付いてこの値段。
ホテル内は、カラフルでとっても可愛らしく、女性が好きそうなデザインで溢れていました。暇つぶしに本を読めたり、もちろんインターネットも使うことができたり、快適に過ごすことができます。
部屋1つ1つは、もはや「カプセル」とは程遠く、とっても可愛いんです。コンセントの差し込み口が枕元にあり、壁には折り畳み式のテーブルが。朝、メイクをするのにとっても便利でした。
もちろん、待ち時間が10時間を超える場合、ウーバーなどのタクシーを使って、一度空港の外に出るのもいいでしょう。一度に二か国訪れることができるなんて、なかなかない機会。是非観光してみましょう。
筆者は、ぶらぶらとクアラルンプールを散策中、素敵なカフェを発見。朝ごはんが美味しいと評判のお店だったので、ここで朝食をとりました。おしゃれでゆったりとした空間が最高でしたよ。

詳細情報

  •  64000 Selangor, KLIA2 Arrival Ln, Malaysia
  • +603 8878 5724
  • Jalan Kerinchi, Kampung Kerinchi, 59200 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
  • 60 3-7610 2020
  • 800 Town and Country Blvd, Houston, United States
  • 60 3-2072 1188

③いよいよ到着。移動手段は?【移動編】

いよいよプーケット国際空港に到着。ホテルや滞在先までは、リムジンタクシーがおすすめです。海外でタクシーを乗るのは、ぼったくりや、盗難などが不安だという声もありますが、リムジンタクシーは事前に料金を払うので安心。
プーケットをはじめ、タイではバイク移動が基本です。その他、トゥクトゥクというバイクタクシーも人気ですが、レンタルバイク屋さんは道のいたるところにあるので、そこで滞在日数の間、借りたほうが安いでしょう。

④アクティビティを楽しもう。【アイランドホッピング編】

プーケットに来たら絶対にやるべきなのは、「アイランドホッピング」。プーケットの周辺には沢山の島があり、映画の舞台になった秘境の島や、カヌーが楽しめる洞窟が大迫力の島々などが多く存在します。
筆者が訪れたのは、アドベンチャーな雰囲気が漂う「ジェイムスボンド島」、「コーラル島」、「パナク島」、「ホン島」などです。後半の2島は、シーカヌーで探索することができました。これぞリアルインディージョーンズ。
大体のオプショナルツアーでは、軽食かランチがついてきます。そのままボートの上で食べるものや、島に到着して、島のレストランで食べるものもあります。どれもローカル感溢れてとっても美味しいですよ。
  • 2000 S College Ave, Philadelphia, United States
  • 電話番号を追加する

⑤アクティビティを楽しもう【エレファントトレッキング編】

タイに来たからには、オプショナルツアーで「エレファントトレッキング」をするのもおすすめです。筆者はプーケット中心地から車で2時間で本土まで行ってトレッキングを行いました。
エレファントトレッキングは、予約する旅行会社などにより価格が異なりますが、筆者はエレファントトレッキングの他に、竹の筏で行うラフティングや、ウミガメ保護機関の見学などがひとつになったパッケージプランにしました。

アクセス:カオラック地区へは、プーケット市内から車で約2時間

  • 26/63 Moo 7, Tambon Khuekkhak, Amphoe Takua Pa, Phang Nga, 82190, タイ

⑥ナイトマーケットを満喫!【夜遊び編】

プーケットの中心街、パトンの周辺では、週末になると数々のナイトマーケットが開催されます。本当のローカル感を味わいたいなら、ナイトマーケットで新鮮な魚介類やB級グルメを堪能しましょう。
牛肉や、鶏肉、ダック、中にはクロコダイルの串焼きまであって、どれもとても美味しかったです。日本とは比べものにならないくらい大きな野菜は、ボリューム満点でコストパフォーマンスもよいです。
また、海に囲まれているだけあって、新鮮な魚介類も豊富に売られています。中でも、巨大なロブスターイカなど、鯛など見ているだけでお腹いっぱいになるほど、たくさんの海の幸が売られています。
また、日本に上陸して早くも話題になった「ロールアイス」は、液体窒素で瞬間的に固めて作り、ヘラでくるくると巻いて食べるアイスクリーム。ナイトマーケットでも食べることができました。本場の味はやはり最高。

詳細情報

  • 141/2 Yaowarat Road, Phuket Town Phuket, Thailand
  • +66 99 152 1919

⑦オールドタウンを散策しよう【フォトジェニ編】

最後にご紹介するのは、プーケットイチのフォトジェニックエリア、「オールドタウン」です。街は、アジア中東のテイストがミックスされた建築様式で、とってもかわいいんです。ぜひカメラを持っていきたいところですよ。
筆者が事前にリサーチして行った「A.dessert.moments」は、日本の女の子も大好きなフォトジェニックスイーツの宝庫でした。かき氷が主で、パイナップルやスイカ、ココナッツの実をくりぬいて器にしたかき氷はとっても可愛い。
また、オールドタウンに入ってすぐのところにあるホームメイドアイスクリームのお店「THAIVETRO」は、もともとはアクセサリーショップでしたが、今では大人気のアイス屋さんになったそうです。
プーケットでは、最近ホームメイドアイスクリームがはやっているそうで、街のいたるところでアイスクリームさんを見かけました。どこもおしゃれで写真映えするお店ばかり。ぜひチェックしてみてください。

詳細情報

  • 83000 Amphoe Muang Phuket, Phuket, Thailand (5,209.80 km)
  • +66 81 849 1588
  • 12 Thanon Talang, Tambon Talat Nuea, Amphoe Mueang Phuket, Thailand
  • 96 635 8881

行くなら、完全フリーでプーケット!

いかがでしたか。今回は、完全フリープランで行きたいプーケット女子旅をご紹介しました。これからの旅行シーズンの参考になれば幸いです。ぜひ、宝物になる旅をしましょうね!(※記載の情報は2018年2月時点のものです。必ず事前にお調べください。)

タイに行ったら絶対に訪れたいバンコクの有名レストラン10選

映画 「ザ・ビーチ」 の舞台・タイの秘境『ピピ島』のエメラルドグリーンの海へ

関連記事

  1. ホーチミン市内のど真ん中、全ての起点となるドンコイ通り周辺のおす…

    ホーチミン市内のど真ん中、全ての起点となるドンコイ通り周辺のスポットです。ホーチミンに来たら、ま…

  2. インドネシアの首都ジャカルタの人気&おすすめのレストラン5選

    インドネシアの首都ジャカルタは「東南アジア最大の都市」とも言われ、数多くの人気レストランがありま…

  3. 最先端のベトナムリゾート・ダナンがこれから絶対流行る5つの理由

    近年流行り続けているアジアリゾート。お値段も比較的手頃で物価も安く、穴場的な場所がたくさん存在し…

  4. シンガポール旅行の最新の人気&定番おすすめのお土産8選

    アジアでも人気の旅行先、シンガポール。シンガポール旅行に行った際のお土産に迷ったときにぜひ参考にして…

  5. シンガポールに行ったら絶対に体験したいおすすめのアクティビティ5…

    シンガポールでは、日本でお目にかかれないような壮大なスケールのアクティビティがあります。シンガポ…

  6. バンコクの注目の新スポット「エカマイ・トンロー」のおすすめグルメ…

    バンコクのおしゃれエリアといえばサイアムやスクンビットをイメージする方も多いと思いますが、 …

  7. 一度は行ってみたい!タイのおすすめ絶景スポット7選

    日本からも近く海外旅行先としても人気の高いアジア。比較的安く滞在できるのも魅力の一つですよね。今…

  8. 世界で最も美しい洞窟 ベトナムの秘境「フォンニャ ケバン国立公園…

    世界で最も美しい洞窟 ベトナムの秘境「フォンニャ ケバン国立公園」ベトナム中部のフエの北西にある…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss