プーケットのパトンビーチで遊んで食べて癒される1日プラン

食べて遊んで癒されて。プーケット、パトンビーチエリアの1日プランはこれだ

タイはもちろん、アジアの中でも人気のビーチリゾートであるプーケット。物価も安く、時差もたったの2時間なので、思い立ったらすぐに行ける南国リゾートです。ビーチで遊んだり、本場のタイ料理を堪能したり、極楽のスパで癒されたり、ナイトライフを楽しむのがプーケットならではの魅力。そこで、プーケット観光のハイライトでもあるパトン・ビーチ・エリアを思う存分楽しむ1日プランをご紹介します。 (※掲載されている情報は2017年12月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

プーケットの基本情報

タイの人気ビーチリゾートであるプーケットプーケットに行くには、日本から直行便はないためバンコクを経由するのが一般的です。バンコクまでの所要時間は5時間半から7時間ほどで、バンコクからプーケットは、約1時間半。時差は、タイの方が2時間遅いです。
タイの乾季は11月から3月。11月、12月は、雨が少なく気温も比較的低いため、旅行するには最適です。そしてベストシーズンである1月から3月は、晴天の日が続き、海も穏やかななので、マリンアクティビティをするには絶好の気候です。

【11:00】パトン・ビーチを散策

photo by travelvibes
まずは、プーケットのメインビーチである「Patong Beach(パトン・ビーチ)」へ。パトン・ビーチまで徒歩で行ける距離のホテルも多く存在しますし、少し離れたホテルの場合は無料シャトルバスがあることも。白砂浜のきれいなビーチに着くと、南国の島に来たことを実感できます。
photo by travelvibes
photo by travelvibes
乾季の海は穏やかで、海水浴やパラセーリングなどのマリンアクティビティが人気です。午後になると、大勢の人で賑わうので、海風に当たりながらのんびり過ごすなら午前中がおすすめ。また、ビーチ沿いの遊歩道には屋台が並んでおり、アンダマン海に獲れた海鮮の塩焼きが売られていたりします。

詳細情報

  • 112 Thaveewong Road, ตำบลป่าตอง Patong Beach, ภูเก็ต タイ
  • +66 76 340 442

【12:00】大型ショッピングモール、ジャンクセイロンへ

「Jungceylon(ジャンクセイロン)」は、パトン・ビーチ・エリアの中心部にある巨大なショッピングセンター。パトン・ビーチから一本入った通りにあります。4つのエリアに分かれており、ショップやレストランカフェはもちろん、スパやシアターもあり、必要なものは全て揃っていると言っても過言ではありません。

ショッピングの前にまずは腹ごしらえ

photo by travelvibes
photo by travelvibes
ジャンクセイロンはかなり広いため、まずはフードコートに行って昼食を食べましょう。ジャンクセイロン内のフードコート「Food Bazar(フード・バザール)」は清潔感があり、中華やエスニック料理など約20軒が並んでいます。街の屋台で食べるよりは少し高いですが、衛生面に関しては屋台より安心していただけます。
photo by travelvibes
受付で現金をカードにチャージしてもらい、食べたいお店でカードを渡して清算するというスタイルです。料理のメニューも写真が貼られていて分かりやすいです。フードコート内でも十分本格的なプーケットの名物料理が味わえますよ。

タイのショッピングモールを堪能

お腹いっぱいになったら、タイらしい雑貨や洋服を見ましょう。お土産に良さそうなものがたくさん揃っています。もちろん世界的にメジャーな洋服ブランドやサーファーブランドも入っています。大型スーパーの「Big C」もモール内にあり、ばらまき土産を探すのも楽しいですよ。

小腹が空いたら

photo by travelvibes
ショッピングを終えたら、おやつの時間。30度ほどあるプーケットでは、やはりアイスは欠かせませんよね。日本の店舗はない「Dairy Queen(デイリークイーン)」のアイスクリームやシェイクは、ショッピングモール内でも大人気です。

詳細情報

  • 181/4 Sansabai, Soi Raj-U-Thid 200 Pee Road Patong Beach, 83 83150, Thailand
  • +66 76 600 111

【15:00】買い物で疲れた身体はマッサージでリセット

photo by travelvibes
プーケット観光では、スパやマッサージを気軽に受けられるのも魅力のひとつ。繁華街にあるのは、足のマッサージがメインですが、せっかくならスパ専用のベッドや個室がある雰囲気の良いお店へ。日本よりリーズナブルな価格のため、日本ではあまりマッサージに行かないという方もこの際試してみましょう。

タイで人気のスパチェーン店「Let’s Relax」

photo by travelvibes
「ジャンクセイロン」から徒歩で10分もかからないところにある「Let’s Relax」は人気のスパチェーン店です。要予約のスパが多い中、こちらはその場で受付ができるため、思い立ったらすぐに行けますよ。メニューは豊富で、常に観光客で賑わっています。
※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

photo by travelvibes
スパメニューの中でぜひ試していただきたいのが2500年の歴史を持つ「タイ古式マッサージ」。指圧とストレッチを組み合わせたもので結構強力なため、自分の骨がポキポキなる音にびっくりするかもしれません。しかし終わった後は全身の凝りがほぐされて身体が何倍も軽く感じることでしょう。メニューは1時間か2時間を選択できます。ウェルカムドリンクとマッサージ後にもお茶とお菓子のサービスがあるのも嬉しいですね。

詳細情報

  • 184/14 Pangmuang Sai Kor Rd. Pathong, Krathu, Thailand
  • +66 53 303 030

【17:30】パトン・ビーチのサンセットにうっとり

photo by travelvibes
サンセットタイムの「パトン・ビーチ」には、海の向こうに沈む夕日を見にたくさんの人々が集まります。夕日をバックにパラセーリングなどのマリンアクティビティをする観光客もいます。パラセーリングは、濡れることなく楽しめるので水着を持っていなくても大丈夫ですよ。
photo by travelvibes
夕日が海に反射する景色は、思わず時の流れを忘れてしまうほど美しいです。夕日が沈んだ後も、空がさらに鮮やかなオレンジ色やピンク色に染まることもあるので、ゆっくりと待っていれば素敵な写真を残せるかもしれませんね。

詳細情報

  • 112 Thaveewong Road, ตำบลป่าตอง Patong Beach, ภูเก็ต タイ
  • +66 76 340 442

【18:30】地元で人気のタイ料理を堪能

パトン・ビーチでサンセットを堪能したら、少し歩いて「P.S Hotel Restaurant(ピーエス・ホテル・レストラン)」へ。パトン・ビーチ・エリアの中心部にあるホテルの一階に入っているレストランです。お手頃な価格でしっかりとタイ料理やプーケットの名物料理を味わえると地元の人からも人気だそうです。
photo by travelvibes
英語で書かれたメニューには、しっかりと写真も載っていて注文しやすいです。イチ押しメニューは、「Khao Opu Sup-pa-rod(カオ・オップ・サッパロ)」というスパイスの効いたパイナップル炒飯です。パイナップルの器に入った南国らしいこの料理、日本のタイ料理店でもなかなか見かけないフォトジェニックな一品ですね。

詳細情報

  • 316/2 Phrabaramee Road, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Phuket 83150, Thailand
  • 076-340184

【20:00】バングラ・ロードで夜の街を楽しむ

photo by travelvibes
ナイトライフを楽しむなら、「Bangla Road(バングラ・ロード)」へ。夕飯をいただいた「P.S Hotel Restaurant」からも、ショッピングセンターの「ジャンクセイロン」からもすぐの通りです。
photo by travelvibes
バングラ・ロードは、日が沈んだ後、歩行者天国になり、賑やかさを増します。バーが集結しており、深夜まで大勢の人々が集まり盛り上がる、まさにナイトライフの中心地。バーに繰り出して、お酒を片手に外国人たちと騒ぐのもプーケットの夜の魅力です。

詳細情報

  • Thanon Bangla, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Thailand
  • 0835960759

食べて遊んで癒されるプーケット旅。

いかがでしたか?プーケットのパトン・ビーチ・エリアの1日プランをご紹介しました。ビーチで南国気分を味わい、現地プーケットの名物料理を食べて、タイらしいお土産を買って、極楽スパで癒されて、ナイトライフを楽しんで、素敵なプーケットの1日を過ごしましょう。

次の旅行で行きたい!手軽に行ける東南アジアの定番以外の注目スポット10選

タイに行ったら絶対に訪れたい!マンゴースイーツ専門店「マンゴタンゴ」

関連記事

  1. 中国のハワイ・人気リゾート「海南島」の絶景スポット6選

    みなさんは「海南(かいなん)島」という島をご存知ですか?こちらは中国にある島で、アジアのハワイと…

  2. 現地徹底取材!おすすめアジアンビーチリゾート10選 透き通る青い…

    日常から解き放たれて、最高の休日を楽しみたい!そんな旅におすすめしたいのが“アジアのビーチリゾート”…

  3. 世界遺産の宝庫カンボジアの人気&おすすめの観光スポット20選

    アンコールワットで有名なカンボジアですが、実はまだまだ知られていない世界遺産に指定されている穴場…

  4. この夏行きたい!シンガポール女子旅でしたい10のこと

    この夏の旅の計画はもう立てましたか?まだ考え中という方にもおススメなのがシンガポールです。今回は…

  5. 世界一怪しいテーマパーク『スイ・ティエン公園』が怪しすぎると話題…

    ”世界一怪しい”と聞いて何を想像しますか?今回はそんな怪しいものがのびのびと表現されている、世界…

  6. バリ島からたった1時間の秘境離島「ペニダ島」は想像を絶する美しさ…

    女子旅で定番の旅先といえば、ご存知東南アジア・インドネシアの「バリ島」。そんなバリ島からたっ…

  7. シンガポールの人気観光スポット「マリーナベイサンズ」を100%満…

    みなさんに人気の旅行先、シンガポール。数ある観光名所の中でも建物の上に船の形をしたプールが乗った…

  8. 韓国釜山2泊3日のモデルコース。韓国リピーターがおすすめする定番…

    韓国第2の都市「港町釜山(プサン)」。日本からのアクセスも良く、日本人観光客も年間通して多く訪れます…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss