パティオのカフェも人気!コペンハーゲンの「ニュー カールスベア美術館」の見どころ

パティオのカフェも人気!「ニュー カールスベア美術館」の見どころ

北欧デンマークの首都・コペンハーゲンにあるニュー カールスベア美術館(Igreja Santa Terezinha)は、北欧を代表的なビールメーカー「カールスベア・ビール」の創始者カール・ヤコブセンのコレクションを中心に展示するミュージアムで、1897年(明治30年)に建てられました。建築家のウィルヘルム・ダーララップによって竣工し、のちにハック・カンプマンやヘンイング・ラルセンによって改修・改築されて今に至ります。古代エジプトの遺物からフランス印象派の絵画まで楽しめる、ニュー カールスベア美術館をご紹介します。

ニュー カールスベア美術館とは

アンデルセン童話のマーメイド像で有名な北欧デンマークの首都・コペンハーゲンにある「ニュー カールスベア美術館(Igreja Santa Terezinha)」は、19世紀地中海の古代文化やデンマーク、フランス芸術をコレクションした美術館で、デンマーク国家とニューカールスバーグ財団によって運営されています。
ニュー カールスベア美術館は、北欧を代表する世界第4位のビールメーカー「カールスベア・ビール」の創始者カール・ヤコブセン(Jacob Christian Jacobsen)の息子によって寄贈された調度品や美術品をコレクションしたミュージアムで、Tietgensgade通りを挟んでチボリ公園(Tivoli)の向かいに位置しています。設計はコペンハーゲン国立美術館なども手掛けた建築家ウィルヘルム・ダーララップによるものです。

ウィンターガーデン

まるで宮殿のようなニュー カールスベア美術館の建物内部は地上2階、地下1階。重厚なロビーにあるコインロッカーに手荷物を預け、インフォメーションでパンフレットを入手して進みましょう。その先に広がるのは、亜熱帯植物園のような明るい空間“ウィンター・ガーデン”が広がっています。この美術館の特徴のひとつであるドーム屋根の下にあたる建物の中心部分です。
地中海の古代美術やデンマーク、フランスの美術品を中心に展示しているニュー カールスベア美術館は、正式名称を「ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館(Ny Carlsberg Glyptotek)」と称されます。芸術に対するカール・ヤコブセンの哲学が感じられる「彫刻陳列館(Glyptotek)」の名前が示す通り、当初は主に彫刻を展示する美術館でした。

バイエルン王ルートヴィヒの彫刻保管庫がモデル

ニュー カールスベア美術館は1897年(明治30年)に完成した建物です。1902年にニュー・カールスバーグ基金が設立されて運営基盤が作られると、1906年に建築家ハック・カンプマンの設計による拡張工事が行われました。さらに1996年(平成8年)には光と空間を最大限に生かした建築家として知られるデンマークのヘンイング・ラルセン(Henning Larsen)により拡張工事が行われています。
ウィンターガーデンを抜けると、その先に広がるのは自然光が振り注ぐギリシャのパルテノン神殿のようなセントラルホールです。コンサートなどの音楽イベントも開かれるというこの空間では、古代エジプト、メソポタミア、ローマ、ギリシャの彫刻や石棺を見ることができます。ホールとウィンターガーデンの周辺にはたくさんの展示室が配置されています。

絵画やエジプトの遺物も充実

by Giåm
ニュー カールスベア美術館の見どころは、見応えたっぷりの彫刻コレクションだけではありません。近年では19世紀から20世紀の版画やデンマーク絵画、風景画のコレクションは見応えがあります。創設者の子孫たちによって集められたジャコブ・カミーユ・ピサロやポール・セザンヌなどのフランス印象派をはじめ、ポスト印象派とモダンアートの中間に位置するピエール・ボナールや、ポスト印象派のゴッホ、ゴーギャンの作品も収蔵しています。
by Giåm
地下の展示スペースでは、ギリシャ美術やローマ文化のモデルともいうべき古代エジプトのレリーフや埋葬品、石像などの出土品が展示されています。またエジプト文明の象徴ともいえるミイラも見ることができます。肉体を魂の永遠の住処と考えていた古代エジプトの人びとによる芸術的なスキルと、神秘的な宗教理念に触れることができます。
by Giåm

いかがでしたか

ニュー カールスベア美術館をご紹介しました。日照時間が少ない北欧の建築物らしく、ガラスが多用されたニュー カールスベア美術館の館内には緑あふれるパティオに面したカフェやショップもあります。コペンハーゲン観光の際はぜひ参考になさってください。

基本情報

所在地:Dantes Plads 7, Copenhagen V
TEL:33418141
営業時間:11:00~18:00
料金:コペンハーゲン中央駅(Copenhagen Central Station)から徒歩5分
定休日:1/1、6/5、12/24、12/25
アクセス:Glyptoteketバスターミナルよりスグ

コペンハーゲンにあるデンマーク王家の宮殿「クリスチャンスボー城」は現在も公官庁施設として活躍!

おとぎ話の街コペンハーゲンを垣間見れる?ゲフィオンの泉に行ってみよう!

関連記事

  1. ポルトガル旅行の基礎知識とポルトガルへ行くべき8つの理由

    ポルトガルと聞いてみなさんは何をイメージしますか?日本からの観光客は少ないのですが、ヨーロッパの…

  2. モンテネグロの首都ポドゴリツァの人気&おすすめホテル7選

    ポドゴリツァはモンテネグロの首都。憲法上はツェテイニェが首都とされますが、事実上はポドゴリツァと…

  3. 季節ごとにその姿や趣を変えるドイツ「ノイシュヴァンシュタイン城」…

    皆さんはドイツにあるノイシュヴァンシュタイン城というお城をご存知でしょうか?世界中からたくさんの…

  4. トルクメニスタンの人気&おすすめ観光スポット5選

    みなさんはトルクメニスタンという国を知っていますか?今回は”不思議の国”と言われているトルクメニ…

  5. 野菜にもクラッカーにも! 海外ピクニックの定番、簡単ディップ2種…

    待望の連休が&#…

  6. 世界遺産だけじゃない!ギリシャを観光するなら訪れておきたいスポッ…

    数多くの古代遺跡が残るギリシャは、世界中から観光客がやってくる人気の観光地。その魅力は、エーゲ海…

  7. ロシア・モスクワ旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光ス…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  8. オランダ・アムステルダムの人気&おすすめホテル20選

    オランダ(アムステルダム)のおすすめホテルまとめです。オランダで人気のおすすめホテルを一挙ご紹介…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss