バンコクから日帰りでも行けるパタヤの人気&おすすめの観光スポット15選

外国人向けの保養地、歓楽地としてタイで最も古い歴史を持つパタヤ・ビーチ。ここ数十年は海の青さやビーチの美しさで勝るプーケットやサムイ島に人気の座を奪われていましたが、近年再開発が進みファミリー向けの色々な観光スポットができて再び人気を取り戻しつつあります。そして魅力はなんといってもバンコクからハイウェイで1時間ちょっとで行けるお手頃さ。「今さらパタヤ?」って思っていらっしゃる方々も是非チェックしてください。パタヤのおすすめ観光スポット15選。

1. パタヤビーチ

約4kmのメインビーチは、地元の子供たちや外国人がよく海水浴をしたり、デッキチェアでくつろいだりしています。ビーチに沿ったメインの海岸通りでショッピングや食事がおすすめ。タイ料理だけでなく世界各国の料理が味わえます。夜はビア・バーがオープンし、世界有数の歓楽街と化します。
弓状のビーチが美しいパタヤハワイのようなリゾート地ほどの広大さはないですが、パラソル付きのビーチチェアもいたるところにあり、ゆったりとくつろぐ事ができます。マリンスポーツ好きにはおすすめのスポットです。
アクセス: パタヤ・バスターミナルから乗り合いタクシーで10分

2. ラン島

パタヤビーチの海の色に満足できない人は、船に乗ってラン島まで行くことをおすすめします。人は多いですが綺麗なビーチが7カ所あり、ソンテオやバイクでちょっとした島内探検気分も味わえます。静けさを求めるのでなければ、バンコクから日帰り旅行でも訪れる価値があります。マリンスポーツ好きにも是非おすすめの島です。
ゴージャスな雰囲気は皆無ですが、大衆的ビーチリゾートが楽しめるラン島。リゾートというよりは”大衆向け海水浴場”というイメージが近いです。海が非常に綺麗なため、それだけで楽しむ事ができます。スキューバダイビング・シュノーケル・ウィンドサーフィン・水上スキー・パラセーリングなどの海で遊ぶためのアトラクションが豊富に揃っており、特におすすめは、船底が透明になっているグラスボトムボートに乗船して海底の珊瑚礁を観光するアトラクションです。
アクセス: パタヤ桟橋から船で50分、高速ボートで20分

3. パタヤ水上マーケット

※画像はイメージです。

バンコク郊外の古くからある水上マーケットと違い、こちらは人工の水上マーケットですが、園内をタイの4地域に区分し、なかなか雰囲気のあるテーマパークになっています。伝統的なタイのお菓子を食べたり、タイの伝統的民族衣装に身を包み記念写真を撮ったり、半日滞在しても飽きないおすすめ観光スポットです。
パタヤ市内から車で約20分ほどの場所にあるこちらのマーケットは、2008年にオープンした比較的新しい文化施設です。実際に小舟に乗って、おばちゃんと買い物の交渉ができます。船に乗った人々が、踊りや楽器を演奏したりしており、にぎわっています。その他にも、タイならではの食べ物の種類も多く、グルメも楽しめます。
Pattaya Floating Market
住所: 451/304 Moo 2, Sukhumvit Road Pattaya
電話: 038-706-340

4. パタヤ・エレファント・ビレッジ

※画像はイメージです。

タイといえば象。現在ではパタヤに限らずタイの主な観光地には象に乗ったり、象のショーを見学したりできる観光スポットが存在します。やはり、象乗り未体験の人、家族旅行で来た人たちには、一度はおすすめのアクティビティですね。象に餌をあげたり、いっしょに写真を撮ったりすれば、タイ旅行の良い想い出となるでしょう。
タイに来たからには一度はトライしたいエレファント・ライド。パタヤ中心部から車で15分ほどの場所で挑戦することができます。川の中に入ったり、ジャングルの中をトレッキングしたりと、60分間思う存分象と楽しむ事ができます。さらに、象のショーを見る事もできますよ。
Pattaya Elephant Village
住所: 54/1 Moo 2, Tambol Nong Prue, Pattaya
電話: 038-249-818

5. アランカーン・シアター

タイの歴史を伝統舞踊を観ながら学べる大掛かりなショーで、レーザー光線、花火などを大胆に使った、タイならではの演出が素晴らしいです。バンコクにこのタイプのショーをこの規模で見せる劇場は無いので、是非行ってみて下さい。現地にてディナー付きのツアーに参加するのがおすすめです。
収容約2,000席、見応えのあるタイの伝統ショーは必見。70メートルもある壮大な舞台で、レーザ光線や大迫力の音響、そして花火や水をふんだんに使用した伝統舞踊ショーを楽しめます。タイの歴史も同時に学ぶ事ができます。1日1回行なわれているショーは、日本語でも内容が表示されたりと、日本人にもわかりやすくなっています。
Thai Alangkarn Theatre
住所: Sukuhmvit Rd. K.M. 155 Jomtien
電話: 038-256-000

6. ティファニー

出典:www.youtube.com

ティファニーズショー : ショー(1/2) – YouTube

タイで最も歴史のあるニューハーフショー 洗練されたパフォーマンスは必見の価値あり http://www.cool-bangkok.com/sightseeing/sightseeing.php?id=00972

ニューハーフ・ショーの聖地パタヤでは、老舗のティファニーとアルカザールで大人気のショーが楽しめます。ティファニーでは、毎年世界的なニューハーフのコンテストが開催されることで有名です(2010年は、はるな愛が優勝)。パタヤに来たら話のタネに一度は鑑賞してみてはいかがですか。
ニューハーフのショーを観るために、わざわざパタヤを訪れるファンもいるほど。東南アジアで最初のニューハーフショー、老舗中の老舗として知られるこちらのショーは、40年以上に渡って愛され続けています。約1000世の大劇場では、毎日夕方以降に3回ほどショーが開催されます。ステージ終了後には記念撮影をすることができるので、記念にどうぞ。
Tiffany’s Show
住所: 464 Moo 9, Pattaya 2nd Road
電話:038-421-700

7. ジョムティエン・ビーチ

パタヤの南5kmにあるジョムティエン・ビーチは、パタヤ・ビーチよりビーチの幅が広く綺麗なので、実際に海水浴に訪れている人はパタヤ・ビーチより多いです。車でメインストリートをずっと南下していくと、海沿いに有名で美味しいシーフード・レストランが何軒かあり、ディナーにおすすめです。
静かで綺麗なビーチを求めて、パタヤ・ビーチ宿泊客も遊びに来ます。象牙色に輝く砂浜と青く澄んだ海が特徴で、パタヤビーチとは雰囲気が異なり比較的落ち着いたビーチ。家族づれにもおすすめです。
アクセス: パタヤの南5km。路線バス、乗り合いタクシー、バイク等で20分

8. パタヤ・パーク・タワー

高さ170mの56階からワイヤーを使って降りるという、スリリングなアトラクションが人気のパタヤ・パーク・タワー。ワイヤーケーブルを使い宙づり状態で降りる方法、2人乗りのゴンドラで降りる方法、6人乗りのゴンドラで降りる方法と、自由に選べます。敷地内にはウォーター・パークもあるので、家族連れにおすすめ。
ジョムティエンビーチの最北端に位置するタワーで、最上階からはパタヤビーチ・ジョムティエンビーチの2つのビーチのパノラマビューを堪能することができます。52階は展望パノラマレストランで、55階が展望台になっており、最高の眺めが堪能できます。
Pattaya Park Tower
住所: 345 Jomtien Beach, Pattaya City
電話:038-251-201

9. ワット・プラ・ヤイ

サウス・パタヤの外れにある丘の上、パタヤで一番大きな仏像があるお寺がワット・プラ・ヤイです。黄金の大仏はなかなか見応えがありますが、近くの展望台から見るパタヤ・ビーチの全景もかなり美しいピクチャー・スポットとしておすすめです。バイクをレンタルしてパタヤからジョムティエンに行く途中に寄るのがよいと思います。
パタヤの丘の頂上にそびえ立つ、90メートルほどの高さがある巨大な黄金の仏陀。各曜日ごとを表す7つの仏陀が周囲を囲みます。自分の生まれた曜日の仏陀にお祈りすると良い事があるそう。
アクセス: パタヤビーチから車で約15分

10. カオ・シー・チャン

カオ・シー・チャンは、1984年にプミポン国王の在位50年を記念して、山の斜面に彫刻された壁画です。金を使って仏陀の線画を描いています。パワー・スポットとして訪れる人も多いようです。近くにはシルバーレイク・ワインヤードというワイナリーがあって、タイのワインやお土産を売っていますので、ついでに寄ってみてください。
パタヤのパワー・スポットとして、訪れる外国人も多いカオ・シー・チャン。高さ160メートルの彫刻の溝には、なんと金が流し込まれています。パタヤ中心部からバイクで約40分ほどの場所にあり、大きな山を削ってできたものです。無料で観覧できるのもうれしいポイント。
アクセス: パタヤビーチから車で約30分

11. サンクチュアリ・オブ・トゥルース

パタヤの北、ナクルア・ビーチにある建設中の高さ105mの巨大なモニュメントで、釘を一切使わず木材のみで造られています。外観はクメール様式の仏教寺院風ですが、仏像やヒンズー教の神々の像が装飾されています。1981年着工し、完成は2025年の予定だとか。タイ版サグラダ・ファミリアを是非訪れてみて下さい。
園内にはレストランもあり、1日2回タイ・ダンスのショーもやっています。木彫りの彫刻がびっしりと施された施設であるため、ものすごく装飾過多でゴージャスな建物になっています。
The Sanctuary of Truth
住所: Naklua Soi 12, Pattaya-Naklua Rd.
電話: 038-367-229

12. ロイヤル・ガーデン・プラザ・パタヤ

飛行機が突き刺さった衝撃的なビルが、ロイヤル・ガーデン・プラザ
「ルイス・タッソー蝋人形館」「リプリーズ・ビリープ・イット・オア・ノット」の2大アミューズメントの他に、お化け屋敷、迷路、シミュレーター・ライドなど、3階はアトラクションがてんこ盛りのミニ遊園地になっている、ロイヤル・ガーデン・プラザ。もちろん、ショッピング、食事もできます。雨の日などに訪れるのがおすすめです。
白を基調とした建物に入る青いロゴが、ビーチタウンにぴったりです。飛行機が突っ込んでいるように見えるモニュメントがシンボルで、もの珍しさからたくさんの観光客が訪れます。クーラーが効いていて快適に過ごせるこちらの施設は、オアシスさながら。開店時間は少し遅めなので注意が必要です。
Royal Garden Plaza Pattaya
住所: 218 Moo 10, Pattaya Beach Road
電話: 038-710-294

13. サイアム・カントリー・クラブ

※画像はイメージです。

パタヤのあるチョンブリ県には、難易度の高い素晴らしいゴルフ・コースが沢山あり、世界中からゴルフ好きの観光客が腕試しにやってきます。サイアム・カントリー・クラブは「オールド」「プランテーション」「ウォーターサイド」の3コースあり、ビジターもプレー可能です。起伏のある変化に富んだ戦略性のあるレイアウトが、ゴルファーの挑戦欲を掻き立てます。
タイ屈指の難関コース、サイアム・カントリー・クラブ。30年以上の歴史を誇る、伝統ある名門コースです。多くの国際大会も開かれました。2010年には、LPGAホンダクラシックにおいて宮里藍選手が優勝もしています。大きな木々が並ぶ、自然豊かで壮大なコースは非常に美しく、タイ屈指の名門ゴルフ場です。
アクセス: パタヤビーチから車で20分

14. カオキアオ・オープン・ズー

旅行サイト「トリップアドバイザー」の2014年人気スポット「アジアの動物園」部門で、堂々2位に選ばれたカオキアオ・オープン・ズー。サファリパークと動物園の良いところがうまく融合されており、独特の雰囲気があります。家族連れならゴルフのカートをレンタルして(有料)、見学するのがおすすめです。
パタヤを代表する動物園として親しまれています。一つの山がまるごと動物園になっており、サファリパークさながらのダイナミックさを体感できます。園内で象に乗る事もできるので、記念にどうぞ。象だけでなく、動物をかなりの至近距離から眺めることができます。動物と触れ合うことができ、一日中楽しめます。
アクセス: パタヤビーチから車で50分

15. シーラチャー・タイガー・ズー

トラ好きなら絶対外せない!シーラチャー・タイガー・ズー
トラ好きには世界一素晴らしい動物園かもしれません。なんと200匹!赤ちゃんトラを抱っこして写真も撮れます(有料)。トラ、ワニ、象、豚などのショーも開催されており、タイに生息する動物をフィーチャーした動物園です。何匹ものサソリを体にはり付けた、サソリ女がいるのもこの動物園です。
子供のトラにミルクをあげて、写真が撮れるなんて夢のようですよね。炎の輪をジャンプでくぐり抜けるトラのショーや、象・ワニのショーなど、様々な動物ショーが開催されるので、ぜひ訪れてみてください。
アクセス: パタヤビーチから車で40分

タイを満喫しよう!

15選では足りませんでした!今回取り上げられなかった観光スポット、「パタヤ・アンダー・ウォーター・ワールド(100mの水中トンネルのある水族館)」、「モンキー・トレーニング・センター」、世界中の有名な建物を25分の1の大きさで再現した「ミニ・サイアム」などなど、家族向けの人気スポットがまだまだ沢山あります。是非パタヤに行ってみて下さい!

バンコクの人気グルメランキングTOP10

蕎麦を食べるなら絶対ココ!佐渡の絶品そばランチ7選

関連記事

  1. バリ島だけじゃない!インドネシアのまだあまり知られていないけどお…

    1万3,466もの大小の島々から構成されるインドネシア、いつもバリ島が注目されがち…でもインドネ…

  2. 古事記にも登場するパワースポット!「稲佐の浜」でしたい5つのこと…

    神々が集まる出雲市の「稲佐の浜(いなさのはま)」は最強のパワースポットだと思いませんか。古事…

  3. ポルトガル旅行の基礎知識とポルトガルへ行くべき8つの理由

    ポルトガルと聞いてみなさんは何をイメージしますか?日本からの観光客は少ないのですが、ヨーロッパの…

  4. シンガポール在住者が教える!シンガポールで本当に美味しいおすすめ…

    シンガポールに来たらおすすめしたいのがグルメ!みなさん観光を目当てに来られる方が多いと思いますが…

  5. 見てるだけじゃつまらない!“鳥取砂丘”でやりたい7つのこと

    日本最大級の砂丘「鳥取砂丘」。時間や季節によって異なる幻想的な景色を楽しむことができます。でもせっか…

  6. ロンドン観光最新情報!バッキンガム宮殿の衛兵交代式の攻略法

    ロンドン(イギリス)にあるバッキンガム宮殿の衛兵交代式は1705年から始まったとされています。…

  7. 桜の季節だけの絶景!関西の1泊2日桜を楽しむおすすめお花見デート…

    外の気候も暖かくなってきて、桜の季節が近づいてきました。桜は、春のこの時期にぜひともみたい絶景で…

  8. 三重県・伊勢の人気&おすすめのデートスポット7選

    伊勢神宮で知られる三重県伊勢の魅力は、内宮・外宮や、参道での食べ歩きだけではありません。ほかにも…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss