バングラデシュの首都「ダッカ」のおすすめ観光スポットまとめ

イスラム教徒が90%を占める南アジアの国・バングラデシュ人民共和国は、1971年(昭和46年)にパキスタンから独立建国しました。その首都ダッカはかつてムガル帝国の都があった地で、市街を走るリキシャ(人力車)は40万台ともそれ以上ともいわれ、いつも混雑しているアジア最貧国ですが、現地人の写真好きは有名で、旅人を人懐こい笑顔でもてなしてくれるどこか懐かしい癒しの楽園でもあります。独立戦争にまつわる資料館やイスラム教寺院モスク、ローカル感タップリの生鮮市場や現役外輪蒸気船“ロケットスチーマー”など、マーケットなど見どころ豊富です。

バングラデシュってどんな国?

インドの東、ベンガル湾に面した南アジアの国バングラディシュ(Bangladesh)は、1971年(昭和46年)3月26日に勃発したバングラデシュ独立戦争を経てパキスタンから独立し、東パキスタン地域のベンガル人独立派によって建国された人口1億6,000万人の国で、都市国家を除けば人口密度は世界最高といわれます。バングラデシュとはベンガル語で「ベンガル人の国」という意味だそうです。
シェイク・ハシナ・ワゼ首相によれば、豊かな大地を表す深いグリーンに赤丸で太陽を表したバングラデシュの国旗は、日本の日の丸に由来するものだそうです。そんな親日国バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka city)はガンジス川支流のデルタ地帯にある水路の町で、人口約1,200万人。人口の急増にともなって町は混沌としており、住みやすい都市ランキングでは内戦状態のダマスカスに次いでワースト2位だそうです。

主な観光スポット①ラールバーグ城

ダッカ最大のモスク「ラールバーグ城(Lalbagh Fort)」はダッカの代表的な観光スポットです。678年(天武天皇7年)にムガル皇帝アウラングゼーブの息子・モハマド・アザムによって建設が始まりましたが未完のまま放置され、現在は敷地内の庭園に建てられた太守シャイスタハーンの宮殿やビビパリ霊廟、オーディエンスホール、城壁などが残るのみとなっています。
1857年(江戸天保8年)に始まった植民地支配に対する犯行運動“インド大反乱(Indian Rebellion)”では、イギリス東インド会社軍に対する250名のインド人傭兵がラールバーグ城に立てこもりました。現在は博物館としてムガル帝国時代の武具や細密画などが展示されています。モニュメントやハマム(浴場)などの遺構も現存しており、なかなか見応えのあるスポットです。

ラールバーグ城の基本情報

所在地:Dhaka City, Bangladesh
TEL:+880 2-9673018
営業時間:9:30〜13:00 13:30〜17:00(曜日と季節により若干異なります)
料金:TK200
定休日:日曜祝日
アクセス:ヘーズラット・シャジャラル国際空港より車で50分

主な観光スポット②ダッカ博物館

ダッカ博物館(Liberation War Museum)は現代のバングラディシュを理解するために一度は足を運んでおきたい歴史スポットです。ダッカにはより大きくて立派なバングラデシュ国立博物館(Bangladesh National Museum)もありますが、「解放戦争の博物館」とも呼ばれるダッカ博物館は1971年の独立戦争に特化した展示で、戦争や建国当時の様子についても詳しく知ることができます。
1971年に東パキスタン地域のベンガル人独立派とパキスタン中央政府の間で戦われた“バングラデシュ独立戦争”は、反独立派のイスラム過激派組織による大量殺戮や“第三次インド・パキスタン戦争”を引き起こし、12月16日のバングラデシュ独立で終焉を迎えました。この博物館では山と積まれた当時の遺骨や、日本をはじめ世界中で行われた支援活動の様子など、貴重な資料が展示されています。

ダッカ博物館の基本情報

所在地: 5 Segun Bagicha, Dhaka City 1000, Bangladesh
TEL:02-955 9091
営業時間:10:00~17:00
料金:Tk5
定休日:金曜日
アクセス:ヘーズラット・シャジャラル国際空港より車で約40分

主な観光スポット③スターモスク

イギリス製と日本製のタイルで飾られた「タラ・モスク(Tara Mosque)」は“スターモスク”とも呼ばれ、ダッカに現存する古いモスクの中で最も美しいスポットともいわれます。その名の通り星のモチーフがいたるところに散りばめられた可愛いモスクで、裕福なイスラム教徒により18世紀に建築されたものです。
タラ・モスクの内装はイスラム教モスク特有の美しい草木柄のモザイクで飾られています。建設当時のドームは3つでしたが、1926年と1987年に増築されて現在に至ります。タイルはイギリスや日本から取り寄せられたものだそうで、よく見ると中には富士山が描かれたものもあり、そこだけ見るとまるで銭湯のようにも見えてくるという風情の、ちょっとユニークなモスクです。

スターモスクの基本情報

所在地:Armanitola, Abul Khairat Rd, Dhaka, Bangladesh
TEL:+880 1764-198966
営業時間:随時見学可能
料金:無料
アクセス:ヘーズラット・シャジャラル国際空港より車で49分

いかがでしたか?

バングラデシュの首都ダッカをご紹介しました。乗り物の運賃や買い物はすべて値段交渉が前提ですので、言い値を定価と勘違いしてしまうと“ボッたくられた”気がして残念な思い出になってしまうこともあるようです。ダッカを旅する際は主体性を持って楽しみたいですね。

バングラデシュの首都ダッカにある旧市街「オールドダッカ」のカオスな光景に価値観が変わるかも?

世界最貧国だけど!魅力あふれるバングラディシュの活気と混沌に満ちたおすすめ観光スポット15選

関連記事

  1. 絶景!立山連峰が眺められる展望台など富山市の人気&おすすめ観光ス…

    富山県といえば、富山県中新川郡立山町にある黒部ダム、黒部峡谷トロッコ電車などの観光スポットを思い…

  2. 京都観光で行ってみたい今SNSで話題の京都カフェ8選

    京都としえば大人気観光スポット。皆さんの中にも多くの方が京都に訪れたことがあるかもしれません。そ…

  3. 和歌山県・高野山のおすすめ宿坊・旅館5選

    高野山といえば日本仏教の聖地です。高野山にはたくさんの宿坊があります。宿坊は、昔は僧侶のみが宿泊…

  4. 四国八十八ヶ所霊場のお遍路めぐり!香川県・善通寺周辺の人気&おす…

    善通寺周辺にある、おすすめのホテルを5つご紹介します。総本山善通寺まで徒歩7分のお遍路参拝や観光…

  5. 極彩色の街並み・中南米グアテマラの人気&おすすめ観光スポット15…

    中南米に位置するグアテマラは、実は多くの観光スポットに溢れた魅惑の国です。中南米ならではのラテン…

  6. 富山県の江戸時代から伝わる伝統的な秋祭り『おわら風の盆』の魅力を…

    富山県で代々行われているお祭り、『おわら風の盆』。実はこのお祭り、江戸時代の元禄まで遡るとても由…

  7. 南アフリカ・ヨハネスブルグで「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」が…

    2018年2月24日(土)〜4月8日(日)の期間、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」が、南アフリ…

  8. 徳島県に行ったら絶対に食べたい人気&おすすめご当地グルメランキン…

    鳴門の渦潮で有名な徳島。海の幸を活かした郷土料理、ご当地グルメが満載です。徳島には全国的にも有名…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss