バリ島から30分の天国!秘境リゾート「レンボンガン島」で癒されてきた

バリ島から30分の天国を発見。秘境リゾート“レンボンガン島”で癒されてきた

癒しの海外旅行先といえば、インドネシアの「バリ島」。日本から直行便もあって行きやすため、夏休みの旅行先として考えている方も多いのではないでしょうか。ゆったりとくつろげるホテルやヴィラ、神秘的な伝統文化やマリンアクティビティなど、非日常を味わえる魅力の詰まった島です。そんなバリ島の魅力をさらにグレードアップさせたような大自然の広がる秘境リゾート「レンボンガン島」について、今回ご紹介します。(掲載されている情報は2018年6月公開のものです。必ず事前にお調べください。)

一度訪れたらリピートしたくなる魅力の詰まった「バリ島」

東南アジアで人気の旅行先によく登場するインドネシアの「バリ島」。ゆったりとくつろげるビーチリゾート地であり、夏休みに訪れようと思っている方も多いのではないではないでしょうか?
バリ島までは、日本からは直行便で8時間ほど。温暖な気候に、美しいビーチ、日本人の舌にもよく合うインドネシア料理、フレンドリーで穏やかなバリの人々。何もかもが魅力的で、一度訪れるとリピートしたくなる人も多いと思います。
バリには、「クタ地区」、「ウルワツ地区」、「ウブド地区」など様々の観光エリアがあり、筆者は2週間ほどで5か所以上宿を変えてバリ島を回りましたが、その中で最も思い出に残った場所「レンボンガン島」をご紹介しようと思います。

大自然に囲まれた秘境リゾート「レンボンガン島」

「レンボンガン島」は、バリ本島の「サヌール」という場所からボートで30分ほどで行くことのできる離島。島1周3時間ほどあれば歩けてしまうような小さな島ですが、魅力がたっぷりとつまっています。
photo by indiansummer
バリ本島からボートで30分で着くため、デイクルーズやツアーなどで訪れるにもおすすめの島です。バリ島のように大きなリゾート施設はなく、大自然が残る田舎らしいところが筆者は気に入りました。白砂のビーチもあり、こじんまりとしていて人も少ないので、のんびりとした時間を過ごせます。
photo by indiansummer
ボートから海を眺めていると、レンボンガン島に近づくにつれて、海の色がますます鮮やかなブルーに変化していくのが分かります。バリ島からのスピードボートは多少揺れるので、酔いやすい方は酔い止めなどの用意が必要かもしれません。
ダイビングやサーフィンに絶好のスポットであるレンボンガン島。レンボンガン島の周辺は美しいサンゴ礁に囲まれており、バリ本島からのダイビングツアーやスノーケリングツアーも多数あります。
レンボンガン島のビーチからスノーケリングもできますが、ツアーに参加して少し離れたスノーケリングポイントにボートで連れていってもらえば、さらに種類豊富な海洋生物に出会えます。筆者はなんとマンタの群れに遭遇できました!
photo by indiansummer
「Dream Beach」というレンボンガン島で人気のビーチの近くには、高台の上に設置された景色が抜群のブランコがあります。心地良い風に吹かれながら目の前の青い海に向かってブランコをこぐ時間は、癒しのひと時です。

レンボンガンの海は、波がとにかくすごい。

レンボンガン島に着いてまず驚いたのが、大迫力の波です。この島にはサーフポイントも多く、世界中のサーファーからも人気の島となっています。バリ自体はサーフィンができることで有名なのですが、レンボンガン島もまたサーファーの楽園のようです。

Devil’s Tear

photo by indiansummer
この島には、「Devil’s Tear(デビルズ ティアー)」という面白い名前をした波の名所があります。大自然の力を感じられる場所であり、レンボンガン島の中でも特に人気の観光スポットとなっています。
ド迫力の波、そして波の勇ましい音が一帯に鳴り響きます。また、すごい勢いで波が岩にぶつかることで発生する水しぶきを太陽光が照らし、時間帯によっては虹が見れることもあります!
photo by indiansummer
絶え間なく押し寄せる波は、とにかくすごい迫力。海の方へ近づくと、水しぶきで全身濡れるので、タオルや着替えなどを持参することをおすすめします。カメラなどの電子機器も濡れてしまわないように気をつけてくださいね。

詳細情報

  • Jungutbatu, Nusapenida, Klungkung Regency, Bali, Indonesia
  • +91 44 6531 5613

日帰りじゃもったいない、宿泊するのがおすすめ!

photo by indiansummer
レンボンガン島には、日帰りツアーで訪れる観光客も多いですが、筆者の経験上半日ではこの島の魅力を全て知ることはできません!この島先ほどご紹介した以外にもまだまだ魅力があるからです。
photo by indiansummer
島に宿泊する人のみが堪能できる、この美しい夕焼けと星空。水平線に徐々に沈んでいく夕日は、空を鮮やかな色に変え、海を照らします。そして真っ暗になると、満天の星空が現れます。田舎の島なので、街頭がほとんどなく、夜道は懐中電灯や携帯のライトで照らして歩くことになりますが、だからこそ普段は見ることができないような無数の星を見ることができました。
photo by indiansummer
ちなみに、レンボンガン島で筆者が泊まった宿は、「クリフ パーク レンボンガン(Cliff Park Lembongan)」です。断崖絶壁の上に建っており、朝起きた瞬間から食事をしている時、寝る直前まで海を眺めながら生活できます。
photo by indiansummer
そして何と言ってもこのインフィニティプールが魅力的。目の前には大海原が開けており、すぐ下には波が打ち寄せてきます。そして夕日が海の先に沈んでいくのもしっかりと見られます。ソファに寝転がって波の音を聞きながら、何もしない贅沢を満喫してみてはいかがですか?

詳細情報

hotelsCombinedで見る
  • Sunset Point, 80771 レンボンガン, インドネシア

少し足を延ばしてバリの秘境リゾートへ。

photo by indiansummer
バリの離島「レンボンガン島」の魅力についてご紹介しました。クリアブルーの海と白い砂浜に囲まれたこの島で、時間を気にしないのんびりとした滞在を満喫してみてはいかがでしょうか?(掲載されている情報は2018年6月公開のものです。必ず事前にお調べください。)

インドネシア・バリ島に行ったら絶対に訪れたい人気&おすすめスポット7選

最近SNSでよく見かけるバリ島のフォトジェニックな絶景ブランコ「Bali Swing(バリスイング)」が気になる!

関連記事

  1. 大阪で緑の自然が溢れる初心者の方にもおすすめのサイクリングロード…

    大阪のサイクリングロードは、市街地の景色でなんだか微妙かも…なんて思っている方はいませんか?実は…

  2. 映画「海街diary」のロケ地 古都『鎌倉』の撮影場所や原作でお…

    美しい4姉妹の日常を描いた映画『海街diary』の舞台となったのが、古都・鎌倉です。「海街」の名の通…

  3. ハノイで人気&おすすめのお土産物屋さん13選

    旅行の1つの楽しみと言えばお土産探しですね。 ただ、特に東南アジアはどこを探しても同じようなもの…

  4. 紫陽花が咲き乱れる梅雨こそベストシーズン!鎌倉デートにおすすめの…

    梅雨の時期って、なかなか外にも出られず、どんよりとした天気に気持ちも下がりがちですよね。そんな時…

  5. この秋は鎌倉にGO!これから見頃を迎える風情ある“紅葉スポット”…

    たくさんの風情ある寺院や、 神社がたくさんある日本の古都“鎌倉”。 デートや友達とのお出かけ…

  6. ベトナムの首都ハノイの人気&おすすめ観光スポット15選

    ベトナムといえば有名な世界遺産も多く,グルメも雑貨も大満足の大人気観光地ですね。その首都ハノイは…

  7. オールインクルーシブが最高な「クラブメッド・北海道 サホロ」の5…

    冬は、スキーやスノーボードなどスノーアクティビティを楽しむ季節ですよね。今年、冬の季節を目一杯楽しむ…

  8. マレーシアの人気&おすすめのダイビングスポット15選

    東南アジアの国マレーシア周辺は海がとても綺麗なので素晴らしくおすすめできるダイビングスポットが沢…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss