ハワイ・オアフ島の開発が進み続々と新店がオープンしている注目の最新エリアをご紹介!

まだワイキキで満足してるの?ロコも大注目のオアフ最新エリア

ワイキキビーチで過ごす休暇は最高。でももし宜しければ、あと1日、2日、有休を伸ばして、もっと充実のハワイを楽しんでみてはいかがでしょう? 今回は「アラモアナ」や「ワード」「カカアコ」、「ダウンタウン」「チャイナタウン」など、開発が進み、続々と新店がオープンしているオアフ島の注目エリアをご紹介します!

もしかして、ワイキキ周辺だけで遊んでない?

ハワイ諸島の玄関口、オアフ島の中心エリアと言えば、ワイキキビーチ。モアナサーフライダーやロイヤルハワイアンなどの老舗ホテルに、サーフィンのレジェンド、デューク・カハナモク像のある白くきれいなビーチに、次々と新顔の登場するショッピングセンターやレストランなど。いつ行っても懐かしく、かつ、いつ行っても新鮮な出会いがあるワイキキだけに、「別にそれ以上、行く先を拡げないでもいいんじゃない?」という方も多いかも。でも、せっかくだからもう少しだけ、足を伸ばしてみませんか? 今回は、破竹の勢いで開発が進み、ワクワクでいっぱいの3エリアについてご紹介します。

ハワイ諸島の玄関口、オアフ島の中心エリアと言えば、ワイキキビーチ。モアナサーフライダーやロイヤルハワイアンなどの老舗ホテルに、サーフィンのレジェンド、デューク・カハナモク像のある白くきれいなビーチに、次々と新顔の登場するショッピングセンターやレストランなど。

いつ行っても懐かしく、かつ、いつ行っても新鮮な出会いがあるワイキキだけに、「別にそれ以上、行く先を拡げないでもいいんじゃない?」という方も多いかも。でも、せっかくだからもう少しだけ、足を伸ばしてみませんか? 今回は、破竹の勢いで開発が進み、ワクワクでいっぱいの3エリアについてご紹介します。

あのショッピングセンターも大リニューアルの「アラモアナ」

アラモアナビーチ

まずはワイキキビーチから海沿いを西に進んだ「アラモアナ」エリアから。こちらは巨大ショッピングモールの「アラモアナセンター」があるので、行ったことがあるという方も多いかも。

アラモアナセンターから道路(アラモアナ・ブルバード)を挟んだ向かいの「アラモアナビーチ」はロコに人気のビーチ。約1kmにわたる白い砂浜が美しく、ワイキキと比べると、人も少ない穴場です。

アラモアナセンター

「アラモアナセンターには行き飽きた」という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は2015年末に一大リニューアルを終えたばかり。高級デパートの「ブルーミングデールズ」がオープンし、北側の「ノードストローム」も移転。他にも注目ショップが続々と開店しているんです。写真はオシャレな雑貨やアクセサリーなどでも大人気の「ANTHROPOLOGIE」。

「アラモアナセンターには行き飽きた」という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は2015年末に一大リニューアルを終えたばかり。高級デパートの「ブルーミングデールズ」がオープンし、北側の「ノードストローム」も移転。他にも注目ショップが続々と開店しているんです。写真はオシャレな雑貨やアクセサリーなどでも大人気の「ANTHROPOLOGIE」。

あるいは「アラモアナセンターには行ったことがあるけれど、センターから外には出たことがない」という方もいらっしゃるかも。でも、徒歩圏内に定番のダイナーや雑誌やテレビの取材もひっきりなしなレストランほか素敵なお店も多いので、挑戦してみたいのはもったいない!

MW RESTAURANT

写真はアラモアナセンターを挟み、アラモアナビーチと逆側にあるレストラン「MW RESTAURANT」。

ハワイでは知らない人のいない有名店「Alan Wong’s Restaurants」で働いていたシェフのウェイド・ウエオカさんと、パティシエのミシェルさんご夫婦によるお店で、地元食材を活かした“ハワイ・リージョナル・キュイジーヌ”のお店としてメディアにも再三とりあげられています。

特に注目は、ミシェルさんが手がけるおいしすぎるデザートの数々。こちらはハワイ産のイチゴを使ったシェイブアイス。生のイチゴをそのまま食べるよりイチゴ感たっぷり!のかき氷の中にはタピオカや餅、アイスクリームなどが。時折、口に入るミントもアクセントとなり、何度食べても飽きない絶品です。

特に注目は、ミシェルさんが手がけるおいしすぎるデザートの数々。こちらはハワイ産のイチゴを使ったシェイブアイス。

生のイチゴをそのまま食べるよりイチゴ感たっぷり!のかき氷の中にはタピオカや餅、アイスクリームなどが。時折、口に入るミントもアクセントとなり、何度食べても飽きない絶品です。

Side Street Inn

地元のダイナーの雰囲気を味わってみたい方には、アラモアナセンターの西側の路地にある「Side Street Inn」がオススメ。『レバレッジ・シンキング』などの著書があり、1年の半分以上はハワイに住んでサーフィンをしたり仕事をしたりというノマドライフを謳歌していることで知られる本田直之さんもオススメのお店なんですよ!

地元のダイナーの雰囲気を味わってみたい方には、アラモアナセンターの西側の路地にある「Side Street Inn」がオススメ。『レバレッジ・シンキング』などの著書があり、1年の半分以上はハワイに住んでサーフィンをしたり仕事をしたりというノマドライフを謳歌していることで知られる本田直之さんもオススメのお店なんですよ!

皆が注文するのは、「ポークチョップ」と「キムチフライドライス」。どちらもガッツリ、量も豪快なのでビックリしないでくださいね。濃いめの味付けのこれらをローカルのビールなど飲みながら、お喋りしながら食べていると、なんだかハワイに住んでいるような気分にもなってきます。

皆が注文するのは、「ポークチョップ」と「キムチフライドライス」。どちらもガッツリ、量も豪快なのでビックリしないでくださいね。濃いめの味付けのこれらをローカルのビールなど飲みながら、お喋りしながら食べていると、なんだかハワイに住んでいるような気分にもなってきます。

‘IOLANI

ハワイ通の女子の御用達、大人きれいなワンピースの買えるアロハウエア専門店「’IOLANI」もこのエリア、「Side Street Inn」の近くにあります。人気バンド「マノアDNA」のカワカミファミリーが経営するお店で、工場を併設。サラサラでグルグルに丸めても全くシワにならない生地が特徴で、スーツケースに入れ、旅先でのオシャレにもオススメです。

急速な開発で世界中が注目!アート溢れる「ワード&カカアコ」

続けてご紹介するのが、アラモアナからさらに西に進んだエリアの「ワード」や「カカアコ」。ワードには、インテリア&雑貨の「ピア・ワン・インポート」など個性的なモールの集まる「WARD VILLAGE」があり、「ここが一番、落ち着く」というハワイ通のリピーターも多い場所です。このエリアが今、凄い勢いで進化しているのです。

続けてご紹介するのが、アラモアナからさらに西に進んだエリアの「ワード」や「カカアコ」。ワードには、インテリア&雑貨の「ピア・ワン・インポート」など個性的なモールの集まる「WARD VILLAGE」があり、「ここが一番、落ち着く」というハワイ通のリピーターも多い場所です。

このエリアが今、凄い勢いで進化しているのです。

それというのも、2019年に鉄道路線「ホノルル・レイル・トランジット」の開通が決まっているから。オアフ島・西部の「カポレイ」から、「ホノルル空港」を経て、「ダウンタウン」や「カカアコ」、そして「アラモアナ」が終着駅となるこの路線の完成を見込み、ワードやカカアコは今、高級コンドミニアムの建設ラッシュ。人気スーパーの「ホールフーズ」をはじめ、既に多くの魅力的なお店が色々とやってくる想定なんです。

それというのも、2019年に鉄道路線「ホノルル・レイル・トランジット」の開通が決まっているから。オアフ島・西部の「カポレイ」から、「ホノルル空港」を経て、「ダウンタウン」や「カカアコ」、そして「アラモアナ」が終着駅となるこの路線の完成を見込み、ワードやカカアコは今、高級コンドミニアムの建設ラッシュ。人気スーパーの「ホールフーズ」をはじめ、既に多くの魅力的なお店が色々とやってくる想定なんです。

カカアコはストリートアートで注目のエリア。もともと倉庫街であった街並に色鮮やかな様々なテイストの絵が描かれていて、お気に入りを探しては写真に撮って、インスタなどにアップするだけでも楽しい。そのうえ、地元のアーティストやクリエイターの作品を買える「ART+FLEA」や、路上パフォーマンスで盛り上がる「Pow! Wow! HAWAII」など、定期的にアートイベントも行われており、目が離せません。

カカアコはストリートアートで注目のエリア。もともと倉庫街であった街並に色鮮やかな様々なテイストの絵が描かれていて、お気に入りを探しては写真に撮って、インスタなどにアップするだけでも楽しい。そのうえ、地元のアーティストやクリエイターの作品を買える「ART+FLEA」や、路上パフォーマンスで盛り上がる「Pow! Wow! HAWAII」など、定期的にアートイベントも行われており、目が離せません。

カカアコの町なかにはフリーWi-Fiも。イベント情報は、our kaka'ko(http://www.ourkakaako.com/)にも詳しくでているんでチェックしてみてくださいね。

カカアコの町なかにはフリーWi-Fiも。イベント情報は、our kaka’ko(http://www.ourkakaako.com/)にも詳しくでているんでチェックしてみてくださいね。

PAIKO

ワード&カカアコエリアには、アーティスティックな気分を盛り上げてくれるオシャレなショップもいっぱい。たとえばこちらのお花屋さん「PAIKO」は、寄せ植えを楽しめるちょっと変わったコンセプトショップ。キラキラ輝くカラフルな石や砂を好みのポットに入れ、そこに観葉植物をアレンジ。自分オリジナルの素敵なお部屋のアクセントが完成します。

ワード&カカアコエリアには、アーティスティックな気分を盛り上げてくれるオシャレなショップもいっぱい。たとえばこちらのお花屋さん「PAIKO」は、寄せ植えを楽しめるちょっと変わったコンセプトショップ。キラキラ輝くカラフルな石や砂を好みのポットに入れ、そこに観葉植物をアレンジ。自分オリジナルの素敵なお部屋のアクセントが完成します。

fishcake

フィッシュケーキ、つまり、カマボコ、という変わった名前のこちらのお店は、インテリアの専門店。ローカルアーティストが作った一点もののアクセサリーなども売られており、こだわりのコーヒーを出すカフェも併設。同じ建物の中には起業家向けのインキュベーションオフィスもあって、ハワイで新しいビジネスをしたい!頑張る若者も集まってきている注目スポットです。

フィッシュケーキ、つまり、カマボコ、という変わった名前のこちらのお店は、インテリアの専門店。ローカルアーティストが作った一点もののアクセサリーなども売られており、こだわりのコーヒーを出すカフェも併設。同じ建物の中には起業家向けのインキュベーションオフィスもあって、ハワイで新しいビジネスをしたい!頑張る若者も集まってきている注目スポットです。

MORI BY ART+FLEA

ワードビレッジにあるワードウェアハウスの中のショップ「MORI BY ART+FLEA」。こちらのオーナーのアリー・イシクニさん(写真右)が、実は、先にご紹介したアートイベント「アート+フリー」の主催者でもあるんです!

ワードビレッジにあるワードウェアハウスの中のショップ「MORI BY ART+FLEA」。こちらのオーナーのアリー・イシクニさん(写真右)が、実は、先にご紹介したアートイベント「アート+フリー」の主催者でもあるんです!

店内はローカルアーティストのショーケースになっており、アリーさんをはじめ店のスタッフが探してくる素敵な小物やアクセサリー、服やインテリア雑貨などで溢れています。そのときどきで紹介されるアーティストや販売されている物が異なるので、訪れるたび新鮮な出会いのあるのも楽しいところ。

店内はローカルアーティストのショーケースになっており、アリーさんをはじめ店のスタッフが探してくる素敵な小物やアクセサリー、服やインテリア雑貨などで溢れています。そのときどきで紹介されるアーティストや販売されている物が異なるので、訪れるたび新鮮な出会いのあるのも楽しいところ。

HONOLULU BEERWORKS

カカアコには、ブリュワリーを併設するビアホール「HONOLULU BEERWORKS」も!

カカアコには、ブリュワリーを併設するビアホール「HONOLULU BEERWORKS」も!

もともとあった倉庫を活かした店内は、天井が高くですごく開放的!開け放った窓から入ってくる風を楽しみながらいただくローカルビアの味は最高です。

もともとあった倉庫を活かした店内は、天井が高くですごく開放的!開け放った窓から入ってくる風を楽しみながらいただくローカルビアの味は最高です。

オフィス街に溢れる最先端!「ダウンタウン&チャイナタウン」

ワード&カカアコからさらに西に進むと、オアフ島の政治とビジネスの中心地「ダウンタウン」があります。周辺は、イオラニ宮殿やカメハメハ大王像、ハワイ州立美術館など歴史と文化の宝庫。

ワード&カカアコからさらに西に進むと、オアフ島の政治とビジネスの中心地「ダウンタウン」があります。周辺は、イオラニ宮殿やカメハメハ大王像、ハワイ州立美術館など歴史と文化の宝庫。

ダウンタウンの先にはチャイナタウンが広がります。界隈にはこのエリアで働くローカルが集うカフェやレストランが軒をつらね、次々と最新ショップもオープンしています。写真は人気店の一つ「LIVE STOCK TABERN」。近くに大学もあることから、安くておいしいプレートランチが買えるお店もたくさんあるんですよ!ベトナム料理にタイ料理、イタリアンにクレープ、モロッコ料理など選び放題!

ダウンタウンの先にはチャイナタウンが広がります。界隈にはこのエリアで働くローカルが集うカフェやレストランが軒をつらね、次々と最新ショップもオープンしています。写真は人気店の一つ「LIVE STOCK TABERN」。

近くに大学もあることから、安くておいしいプレートランチが買えるお店もたくさんあるんですよ!ベトナム料理にタイ料理、イタリアンにクレープ、モロッコ料理など選び放題!

LITTLE VILLEAGE

チャイナタウンがあるなら、本格派の中華も食べて帰りたい!という方は、こちらの「LITTLE VILLEAGE」はいかがでしょう? 近くには飲茶の専門店などもありますが、ハワイらしいオシャレさを好む方には、こちらが評判よし。

チャイナタウンがあるなら、本格派の中華も食べて帰りたい!という方は、こちらの「LITTLE VILLEAGE」はいかがでしょう? 近くには飲茶の専門店などもありますが、ハワイらしいオシャレさを好む方には、こちらが評判よし。

内装はカフェのようなオシャレさですが、お料理は本格派。日本で言うところのエビマヨ「Honey Walnut Shrimp」や、具沢山の焼きそばなど、メニュー数も量も多いので、みんなでワイワイ分け合いたい!

内装はカフェのようなオシャレさですが、お料理は本格派。日本で言うところのエビマヨ「Honey Walnut Shrimp」や、具沢山の焼きそばなど、メニュー数も量も多いので、みんなでワイワイ分け合いたい!

Roberta Oaks

近くには洗練された服や小物の並ぶセレクトショップもたくさん。こちらの「Roberta Oaks」はハワイのローカルデザイナーの手によるオリジナルブランドで、今では全米に100店舗以上も広がっている人気店。センス抜群のアロハや、女性用のワンピースなど目移りしてしまいます。

近くには洗練された服や小物の並ぶセレクトショップもたくさん。こちらの「Roberta Oaks」はハワイのローカルデザイナーの手によるオリジナルブランドで、今では全米に100店舗以上も広がっている人気店。センス抜群のアロハや、女性用のワンピースなど目移りしてしまいます。

owens & co

お土産探しなら、絶対にこちら。チャイナタウンの「owens & co」は、お店のロゴの下に書かれた「lovely little things」という言葉がぴったり!の小物やインテリア雑貨でいっぱい。

お土産探しなら、絶対にこちら。チャイナタウンの「owens & co」は、お店のロゴの下に書かれた「lovely little things」という言葉がぴったり!の小物やインテリア雑貨でいっぱい。

かわいすぎるブレスレット。アンクレットにしたらビーチでの注目度も上がりそう!

かわいすぎるブレスレット。アンクレットにしたらビーチでの注目度も上がりそう!

MADRE CHOCOLATE

こちらもお土産探しにオススメの「MADRE CHOCOLATE」。地元産の素材を可能な限り使うことにこだわており、生産も島内。カカオ農場へのファームツアーや、店内でのチョコレート作り体験講座など、意欲的なワークショップも色々行っています。

こちらもお土産探しにオススメの「MADRE CHOCOLATE」。地元産の素材を可能な限り使うことにこだわており、生産も島内。カカオ農場へのファームツアーや、店内でのチョコレート作り体験講座など、意欲的なワークショップも色々行っています。

もちろん東側も魅力はいっぱい!

ちなみにここまで、ワイキキビーチの西側エリアを紹介してきましたが、もちろん東側のダイヤモンドヘッド周辺や、その先に続く「カパフル」や「カイムキ」といったエリアも大注目。カパフルにはプレートランチやマラサダ、シェイブアイスの定番店があり、ご存知の方も多いかも。そしてカイムキは流行に敏感なローカルが多く住んでいるオアフ島屈指のグルメタウンなんです。

ちなみにここまで、ワイキキビーチの西側エリアを紹介してきましたが、もちろん東側のダイヤモンドヘッド周辺や、その先に続く「カパフル」や「カイムキ」といったエリアも大注目。カパフルにはプレートランチやマラサダ、シェイブアイスの定番店があり、ご存知の方も多いかも。そしてカイムキは流行に敏感なローカルが多く住んでいるオアフ島屈指のグルメタウンなんです。

AVENUE’S BAR + EATERY

素敵なお店がたくさんありすぎるので、今回は、1店舗だけオープンしたてのバー「AVENUE'S BAR + EATERY」をご紹介。

素敵なお店がたくさんありすぎるので、今回は、1店舗だけオープンしたてのバー「AVENUE’S BAR + EATERY」をご紹介。

こちらのカクテルはとにかく独創的で最高!ハーブの「セージ」で風味をつけたウォッカに柑橘をあわせた「Sage + Monks」や、中国のチャイの風味をつけたラムをベースにした「The Sparrow + The Lord」など、名前もユニークですよね。

世界各国のローカル料理をハワイ島でとれる食材でアレンジしたフードメニューも人気で、今オアフ島でいちばん賑わっているお店の一つです。

いかがでしたか?

いかがでしたか?ワイキキビーチで過ごす休暇は最高。でももし宜しければ、あと1日、2日、有休を伸ばして、もっと充実のハワイを楽しんでみてくださいね。

いかがでしたか?

ワイキキビーチで過ごす休暇は最高。でももし宜しければ、あと1日、2日、有休を伸ばして、もっと充実のハワイを楽しんでみてくださいね。

ハワイ・オアフ島に行ったらやってみたい人気&おすすめのアクティビティ5選

ハワイのビッグアイランド「ハワイ島」に行ったら体験したい8つのこと

関連記事

  1. 今年の秋“紅葉×湖”の絶景を見るならここ!「オンネトー」の紅葉シ…

    今年も紅葉のシーズンが到来します。日本国内にたくさんある紅葉スポットですが、今回お勧めするのは、北海…

  2. メルボルンの街を彩る「ホワイトナイト・メルボルン 2018」開催…

    2018年2月17日(土)の夜19時から翌朝7時まで、メルボルンの街を彩るオールナイト・エンター…

  3. 和歌山県の人気&おすすめの公園15選 お金をかけなくても楽しく遊…

    子供さんとのお出掛け、どこ行こう?って迷いませんか?特に、お給料日前なんて、出来たらお金をあんま…

  4. 【一度は行きたい場所・観光地 日本の絶景 50選】No.40 …

    正面に富士山&#…

  5. ラスベガス旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポット…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  6. 長崎のおしゃれな雨でも楽しめるおすすめの観光スポット7選

    長崎のおしゃれな雨でも楽しめるおすすめの観光スポット7選を紹介します。長崎にはすてきな観光スポットが…

  7. 女子に人気の海外旅行先「ベトナム女子旅」でやりたい8つのこと

    近年人気の海外旅行先の1つでもある、東南アジアのベトナム。観光やローカルグルメにビーチリゾートな…

  8. バリ島・ジンバランの人気&おすすめスポット5選

    ショッピングモールの「ジンバランコーナー」が完成してから、一気に活気あふれる街となったジンバラン…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss