ハワイ・オアフ島で絶対に食べたい絶品ロコグルメをご紹介!

1日5食でも食べ飽きない?ハワイ・オアフ島の絶品ロコグルメ

パンケーキにロコモコを食べ、グラスに傘のささったトロピカルカクテルを飲んだらハワイのグルメは終わりでしょ!?だなんて、とんでもない!気軽に食べられるプレートランチや移民文化が育てた多国籍料理、伝統料理に新世代シェフが作り出す創作料理まで、食べても食べても行きたいお店が出てくるハワイ・オアフ島。その魅力をギュッとまとめてご紹介します。

旅先として大人気のハワイ。なかでもその玄関口であるホノルル国際空港を擁するオアフ島は絶大な人気を誇り、リピーターも多数。美しい海や、数あるリゾートホテルの品質の良さなど「変わらないこと」への安心感ももちろんありますが、同時に「訪れるたびに新しい発見がある」ことも多くの人を引きつけているポイントのようです。

老舗から新世代シェフのレストランまで、幅広い選択肢がある「グルメ」も、そんな新旧両面の良さを持ち合わせるオアフの魅力の一つ。今回は、そんなオアフ島グルメの魅力を5つに絞ってご紹介しちゃいます。

①朝食はパンケーキ派?アサイー派?

とは言え、ハワイといえば、まずは「パンケーキ」という方は多いのでは。

パンケーキブームの火付け役となった、生クリームてんこ盛りの「Eggs’n Things(エッグスンシングス)」(写真)や、フルーツたっぷりのパンケーキが素敵な「Cafe Kaila(カフェカイラ)」、パッションフルーツのピューレがかかったリリコイパンケーキで知られる「Moke’s Bread &Breakfast(モケス ブレッド アンド ブレックファースト)」など、オアフ発の人気店が日本にも次々と支店が上陸して話題になりました。

日本でも食べられる・・・といっても本店にはやはり本店ならではの魅力が。ボリュームも違えば、具だくさんのオムレツやワッフルといったパンケーキ以外のメニューもあるので見逃せません。

さらには日本未上陸のお店を攻める楽しみも。例えば写真の「Boots & Kimo’s(ブーツ&キモズ)もその一つ。パンケーキ全面を覆う白いマカデミアナッツソースは程よい甘みとナッツの香りで癖になる味と評判です。

朝食ならパンケーキより「アサイーボウル」でしょ、という方もいるかもしれませんね。

ヤシ科の一種であるアサイーの果実はポリフェノールや鉄分、カルシウム、食物繊維などが非常に豊富なスーパーフード。それ自体は味がほとんどないため、ヨーグルトやイチゴなどと合わせてスムージーにしたり、そこにバナナや各種ベリーをトッピングしたアサイボウルにして食べられることの多いフルーツです。

写真はHilton Hawaiian Villageのレストラン「Tropics Waikiki Bar & Grill(トロピックス・バー&グリル)」のアサイー。

オアフには、このアサイーボウルが食べられる名店もたくさんあって、ヘルシー指向のローカルの朝食などとして人気なんです。

写真はアサイーボウル発祥の店と言われる「Diamond Head Cove Health Bar (ダイヤモンドヘッドコーヴヘルスバー)」。たっぷりのフルーツにグラノラ、蜂蜜に加え、「ピーポレン」と呼ばれる蜂花粉が効いてます。ちなみに最近はドラゴンフルーツを使ったピタヤボウルもオススメなんだそう。

②ロコ気分たっぷりのプレートランチ

次に挑戦したいのが「プレートランチ」。肉や魚のグリルやフライといったおかずと、ごはんや麺などの主食を一つのお皿に盛りつけたハワイ風のお弁当で、公園やビーチなど好きな場所で気楽に食べられるのが魅力。

“ランチ”と言っても、夜も買えることの多いプレートランチ。頼み方のポイントとして、おかずを選んだら、よくある質問が「Mac or Green?(サイドはマカロニサラダにしますか?グリーンサラダですか?)」と「Brown or White?(ご飯は玄米?白米?)」。ちなみにご飯の量は、アイスクリームと同じ「スクープ」で数えます。

写真はロコモコなどで知られる老舗「Rainbow Drive-In(レインボードライブイン)」。

昔ながらのプレートランチは、お肉にマカロニサラダに白米という、いわゆるガッツリ系が定番でしたが、最近は有名店「Kaka’ako Kitchen(カカアコキッチン)」に代表されるような魚介や野菜を中心にしたヘルシー系も人気です。

写真左は「Diamond Head Market & Grill(ダイヤモンドヘッド マーケット&グリル)」の定番アヒジンジャーというマグロのグリル。ノースショアのカフクという町の名物ガーリックシュリンプのプレート(写真右)も一度は食べたい味!

ほかにも、タイ料理、韓国料理といったアジア料理から、イタリアン、はてにはレバノン料理まで、多種多様な料理が気軽な価格と場面で楽しめるので、是非、挑戦してみてくださいね。

③昔ながらのハワイアンフードも押さえたい

ところで、ハワイ料理と言えば、パンケーキや「スパムにぎり」、パイナップルとグレービーソースのかかったごはん「ロコモコ」などをイメージされる方も多いのでは。確かにそれらもハワイの代表的な食ではあるのですが、本来のハワイの伝統料理は、もっと違うものなんです。
代表的な料理というと、たとえばこんな感じ。生のサーモンとトマト、タマネギなどを細かく切って和えた「ロミサーモン」や、タロイモの葉で豚や鶏などを包んで蒸し焼きにした「ラウラウ」、デザートにはココナッツミルクで作ったゼリー「ハウピア」。
ラウラウの中身はこんな感じ。塩のみの味つけで、肉と葉を干しながら、ロミサーモンやタロイモの根で作った「ポイ」などとお皿の上で混ぜ合わせながらいただきます。

こちらが「ポイ」。鉄分、カルシウム、ビタミンがたっぷり含まれ、発酵による独特の酸味があります。

写真のお店は1947年の創業以来、伝統料理の維持や発信に熱心に取り組んできたお店「Highway Inn(ハイウェイイン)」。オシャレなお店の中に飾られた創業時の写真も、とっても素敵なんです。

そのほかの伝統料理というと例えば、生のマグロ(アヒ)を海藻や醤油で和えた「アヒポキ」は食べたことがある方も多いかも。最近は、胡麻油で韓国風にしたり、サウザンアイランドドレッシングで洋風にしたりと、いろんな味が開発されていて、食べ比べするのも面白いんです。
写真はハワイ大学近くにある「Fresh Catch(フレッシュキャッチ)」。好きな種類のポキをごはんと一緒にプレートにしてくれます。新鮮でおいしい!

④本場もビックリな充実の多国籍料理

多様な国からの移住者を受け入れてきたハワイは、本場さながらの各国料理が楽しめる場所でもあります。レストランの数が多く、競争が激しいオアフは特に、名店揃い。どこから行くか、迷ってしまいます。

特に、ベトナム料理店は町じゅういたるところにおいしいお店があって、ハズレなし。写真の汁麺「フォー」のように、たっぷりのハーブが別添えで出てくることが多く、ちぎっていれながらいただきます。

写真は「Pho bistro(フォー・ビストロ)」というお店。ちなみにベトナム料理では最近、ベトナム風のサンドウィッチなどを出す「The Pig & The Lady(ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディー)」というお店もローカルの間で人気なんだとか。

韓国料理店も、ベトナム料理に負けず劣らず多く見かけます。注文する前から、野菜たっぷりの前菜が次から次へとテーブルに並べられる本場っぽさが、たまりません。そのうえ、メインのお肉などは、写真の骨付きカルビのように、とにかく本気のアメリカンサイズ。お得感もたまりません。

写真は「Ah-Lang Korean Restaurant(アーラン・コリアン・レストラン)」。こちらは決められたルールに従って食べないと猛烈に怒り出す・・・というオーナー(本当は凄く優しいんです!)も名物の知る人ぞ知るお店です。

こちらはテレビ番組『孤独のグルメ』で紹介された阿佐ヶ谷のレストランのモデルとなった料理を出すお店として知っている方も多いかも。牛テールを、ほろほろに崩れる寸前まで煮込んだスープが最高においしい「Asahi Grill(朝日グリル)」です。

肉の固まりを小皿にとって、おろし生姜と醤油でいただき、残ったスープに中に白飯を入れておじやのようにしていただくのがローカル流。厳密に言うと日本料理、ではないのかもしれませんが、名前やその味わいに、日系移住者のスピリッツが感じられる逸品です。

日本食、と言えば、最近は、さぬきうどんやラーメンのチェーンが次々とオアフに上陸し、各所に行列を作っています。レストランに並んで入るという感覚のない海外旅行者には、並んで食べるということ自体がエンターテインメント感覚で楽しいみたい。

写真は皆さんご存じ「丸亀製麺」。オアフでもっとも賑わうワイキキにあって、いつも人の列ができています。

⑤進化し続けるハワイ・リージョナル・キュイジーヌ

新しい動きとして注目されるのは、ヘルシー&オーガニックブーム。スーパーなどでも、小麦を食べない人のための「グルテンフリーパスタ」や、緑茶を発酵させて作った健康飲料水「コンブチャ」など、健康志向の食べ物が数多く並んでいます。
一流ホテルのレストランメニューも、このとおり。ベジタリアン(菜食主義)やビーガン(完全菜食主義)のためのお皿が、ずらりと並びます。こちらはノースショアの人気リゾート「Turtle Bay Resort(タートル・ベイ・リゾート)」のメインダイニング「Kula Grille(クラグリル)のメニュー。
Kula Grilleでは、地産地消にもこだわり、地元の生産者と直接、契約を結ぶことで毎日、新鮮な野菜や魚を使った料理を出しているのだそう。

こうしたトレンドの源流は、中国系ハワイアンの父と日本人の母を持つアラン・ウォン氏や、日系ハワイアンのロイヤマグチ氏などの有名シェフが確立した「ハワイ・リージョナル・キュイージーヌ」と呼ばれるスタイル。

ハワイ産の食材や伝統的なハワイ料理を、フレンチや中華、和食など各国の方法で調理する創作料理のことで、いまもどんどん進化を続けているんです。

ハワイLOVE☆@bozocamyxus

「アラン ウォンズ」 ハワイで最も権威のある「ハレアイナ賞大賞」になんと、10回も輝いたお店。ハワイ産の厳選食材を使い、ハワイ料理をベースにさまざな国の要素を融合させた創作料を堪能することができます。 https://t.co/k0rLQtmIrw

2016-01-10

アラン・ウォン氏のアランウォンズ。行ってみたい!
ほかにも、オアフでは新世代と呼ばれているミッシェル&ウェイド・ウエオカ夫妻の「MW Restaurant」や、エド・ケニー氏の新しいレストラン「Mud Hen Water(マッド・ヘン・ウォーター)など注目のレストランが次々と!

オアフ島でグルメざんまい

いかがでしたか?

ほかにも、オアフ島には魅力的な料理やレストランがいっぱい。海辺のレストランでサンセットディナーも素敵だし、やっぱり本場のステーキやハンバーガーも食べたいし・・・と迷ってしまいます。

思い思いのスタイルで、おいしいものを囲み、楽しい時間を過ごしてくださいね!

ハワイ・オアフ島の絶対に外さない本場の絶品アサイーボウル15選

ハワイ・コオリナ地区のディズニーのホテル「アウラニディズニー」のおすすめグルメスポット

関連記事

  1. 歴代城主の愛した名湯!松本・浅間温泉「枇杷の湯」で日帰り入浴|長…

    長野県の城下町、松本の奥座敷とも呼ばれる浅間温泉。開湯から1000年以上もの歴史があり、松本城の歴代…

  2. ブラジル最大の都市サンパウロの人気&おすすめ観光スポット5選

    経済的に発展したブラジルの都市サンパウロ。サンパウロを訪れる方にぜひおすすめの人気観光スポット5…

  3. 高松空港で買える人気&おすすめのお土産ランキングTOP15

    高松空港でのお買い物は済みましたか?高松空港の定番からおすすめの人気お土産まで、ランキング形式で…

  4. 夏だからあえて行きたい!日本の「海なし県」8県の人気&おすすめ観…

    日本は島国です。そのため、周りを海に囲まれています。多くの都道府県は海があり、海のあるところには…

  5. 大分県のやまなみハイウェイ周辺の人気&おすすめカフェ・レストラン…

    やまなみハイウェイはおすすめのドライブルートです。今回は大分県のやまなみハイウェイ周辺でおすすめ…

  6. ソロモン諸島の最大の島・ガダルカナル島の人気&おすすめホテル7選…

    ガダルカナル島はソロモン諸島の最大の島。首都であるホニアラがある島でもあります。今回はそんなガダ…

  7. 女子旅で行きたい!インスタ映え間違いなしの世界のフォトジェニック…

    2017年の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」という言葉。2018年になりましたがまだまだフ…

  8. エジプトの人気&おすすめのゲストハウス20選

    エジプトのおすすめのゲストハウス20選をご紹介します。エジプトは歴史が深く、ピラミッドやスフィン…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss