ハワイの暮らすようにゆったりと過ごせる「マウイ島」に行くべき6つの理由

聖地のパワーを受けとめる!いまマウイに行くべき6つの理由

世界有数の星の観測地ハレアカラや、ハワイ王族の聖地ハナ、クジラやイルカが訪れる深く美しい海や、プロサーファーをも魅了するビッグウェーブ。今回は、豊かな自然の中、神秘的なパワーを浴びながら、旅人であっても、まるで暮らすようにゆったりと過ごせるマウイ島に行くべき理由を、たっぷりお伝えします。

1845年までハワイ王国の首都であったラハイナの町のあるマウイ島には、ハワイ王族の聖地ハナや世界有数の星空に包まれることのできるハレアカラ山、奇岩がそびえるイアオ渓谷など神秘的なスポットがいっぱい。

全世界からの玄関口であるオアフ島と比べると、観光客の絶対数が少ない分、より時間の流れがゆったりとして、まるで暮らすように過ごせるのも魅力です。今回はそんなマウイ島に行くべき理由をご紹介します。

①大地のエネルギーをたっぷりもらえるから/ハナ

まずはとにかくこの圧倒的な景観美。島の南東部にあたる「ハナ」は「天国のような」という冠つきで呼ばれることも多い秘境的なエリア。
古代ハワイ王族が“みそぎ”をしたと言われる滝や池が、そこここにあり、神秘のパワー「マナ」が宿ると言われています。こうした場所で水に浸かる際には、ティーリーフで体を清め、香り良い花のレイを捧げ、祈りの気持ちをもって入るのがハワイ流。
ほかにも、全米ナンバーワンになったこともある白砂のハモアビーチや、山から海に向かうせいせいとした景色が圧巻のワイユの丘など、ハナは心洗われるような景色で溢れています。

②ローカル気分でのんびり過ごせるから/アップカントリー

マウイの玄関口カフルイ空港からアップカントリーと総称されるパイアやハイク、マカワオといった町はローカルの人々が多いエリア。

絶好のサーフスポットが所在することから、世界中からプロサーファーが移り住んでいるエリアでもあり、彼らが心身を整えるために持ち込んだヨガやオーガニックフードなどによるライフスタイルが独特のカルチャーを形成しています。

街の中には、ふらりと立寄り参加できるヨガスタジオも。
海をながめながらピクニック。近くのスーパーで買ってきたデリをつつきながら、ただのんびりするだけの休日なんて、最高の贅沢ですよね。

③大迫力の波に乗るサーファーたちに会えるから/パイア

アップカントリーの海側、パイアのホオキパビーチは、ウインドサーフィン、カイトサーフィンの聖地とも呼ばれ、世界各国からプロサーファーが集まるスポット。豪速で海面を駆け抜け、時折、華麗なジャンプを決めてみせる。そんなサーファーの姿は見ているだけで飽きることがありません。
ちなみにカイトサーフィンは、文字どおり、専用のカイト=凧で風をつかみ、ボードに乗って水上を滑走するウォータースポーツ。日本ではあまり見かけることのないスポーツですが、マウイでその格好よさに触れ、ハマってしまう人も多いのだとか。
町なかにはプロショップも。各国からプロが集まるエリアだけあって、熟練の職人が常駐して、体型やスキルに合わせてボードを削るなど絶妙の状態に調整してくれます。
さらに11月から3月にかけての冬場には、ホオキパビーチに程近いペアヒというエリアに「ジョーズ」と呼ばれる巨大な波がやってきます。

高さ20メートル、時速50キロをゆうに超えるという波に挑む姿には、興奮させられること間違いなし。

④クジラや熱帯魚が歓迎してくれるから/モロキニほか

ジョーズの波がやってくるのとほぼ同じ時期、1月から4月にかけての冬場には島の近海に数多くのクジラたちも訪れます。

北太平洋に生息するザトウクジラの半数以上にあたる1万2000頭あまりが出産のためにハワイにやってくるのだそう。赤ちゃんを交えたクジラの家族が、雄大な動きで泳ぐさまやジャンプするさまは海辺から見られるほか、ホエール・ウォッチングのツアーに参加することで、より間近に見ることもできます。

美しい海が見せてくれるのは、クジラたちだけではありません。たとえば、南東のマケナから約5キロの沖にある三日月型の無人島・モロキニ島は、シュノーケリングのベストスポット。
環境保護地区となっているこのエリアでは、約250種類の熱帯魚たちに出会えます。

特筆すべきはその透明度。約50メートルの先までクリアに見えるマリンブルーの海で、トロピカルカラーの魚たちや珊瑚礁を思う存分、観察。年間通じて水温も20度〜と温かく、いつ訪れても楽しめるのも嬉しいところですね。

⑤素晴らしい星空と雲海を堪能できるから/ハレアカラ

そしてマウイ島でおそらく最も人気といえる観光地がこちらハレアカラ山。

標高3055メートル。ハワイ語で「太陽の家」「神の家」の意味を持つ世界最大の休火山で、夕刻からの日の入りの光景、そして広がる一面の星空がとにかく素晴らしいんです。

雲海を鮮やかに染めながら沈んでいく太陽の姿は圧巻の一言。レンタカーなどで頂上に行くこともできますが、天体観測つきのツアーに参加すればプロ仕様の望遠鏡で夜空の星たちをよりクリアに見られてオススメです。

⑥大人のリゾートも充実してるから/カアナパリほか

もちろんリゾートホテルも充実しています。特にラハイナのある島の西側から南側にかけての、カアナパリ、ワイレアといったエリアには、ウェスティンやフォーシーズンズ、リッツ・カールトンやアンダーズといった高級リゾートホテルも多く所在。

と言っても、数多くの旅行者が集まり賑やかなオアフ島のワイキキビーチのリゾートなどとは異なり、静かでのんびりとした大人時間が流れています。

レストランやバーからビーチアクティビティまで何でも揃うのが、こうしたリゾートホテルの魅力。敷地内から一歩も出ず、思い思いの過ごし方で休日を楽しむのも素敵ですね。
夕暮れ時には美しい日の入りを見ながら、乾杯。。。とろけそう。

マウイで素敵な休日を!

いかがでしたか?

大自然のパワーを感じられる海や山の景勝地から、ローカルの町から充実のリゾート地まで。次のお休みには、暮らすように過ごせるハワイ、マウイ島にいらしてみてはいかがでしょう。

ハワイ島でしか見られない地球の胎動を感じる絶景6選

ハワイ・マウイ島のアップカントリーでガーリーで女子力高すぎな休暇を楽しむ

関連記事

  1. ニュージーランド女子旅で行きたい絶景&グルメスポット10選

    11月に入り、年末年始の旅行先など悩み始めた方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、日本と季…

  2. おしゃれな街を堪能!神戸観光のおすすめモデルコース5選

    神戸観光におすすめのモデルコースをご紹介します。様々なジャンルのモデルコースをご紹介するので、お好み…

  3. 『サンマリノ共和国』ルパン三世の舞台にもなった 世界で5番目に小…

    山頂の独立国として有名な「サンマリノ」はイタリアの中にある世界で5番目に小さな国、かつ世界最古の共和…

  4. 連休取れたら、天国を見に行くんだ…ヴェニス・ビーチ(米カリフォル…

    ヴェニス・ビーチは、アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルスの西部にあります。「西海岸」「カリフ…

  5. マレーシアで絶対に行きたい絶品グルメが食べられる人気&おすすめの…

    日本人にも人気があるマレーシアは、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部にあるイギリス連…

  6. 愛媛観光の新名所!海に近すぎる”下灘駅”…

    "道後温泉"や"みかん"で知られる愛媛県。四国カルストや松山城など、数々の観光名所がありますが、…

  7. 山梨県・河口湖畔に建つ「久保田一竹美術館」でしたい5つのこと

    中央道河口湖インターから車で15分、河口湖湖畔に建つ「久保田一竹(くぼたいっちく)美術館」をご紹…

  8. アンコールワットで有名なカンボジアのシェムリアップ観光でしたい7…

    アンコールワットがあることで有名なカンボジアのシェムリアップ。一度は行ってみたいと考えている方も…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss