ニュージーランドの歴史を感じられる人気&おすすめ観光スポット20選

まるで絵本!オセアニア・ニュージーランドの歴史を感じる旅、おすすめスポット20選

日本から飛行機で約10時間、南半球に位置する国ニュージーランドは、自然がとても美しくオセアニアの中でもオーストラリアに次ぐ大国です。ニュージーランドの魅力はなんといっても豊かな大自然。日本では見ることのできないようなスケールの美しい自然を肌で感じることができ、大人から子供まで楽しめるアクティビティを求めて世界から多くの観光客が訪れます。また、オークランド、ハミルトン、ウェリントン、クライストチャーチ、ダニーデンなどの大都市はヨーロッパ風の街並みで、ニュージーランドの歴史を感じる人気の観光スポットです。今回はオセアニア・ニュージーランドの「歴史を感じる旅」をテーマに、おすすめの観光スポットをご紹介したいと思います。

1.オークランド博物館 Auckland War Memorial Museum (ニュージーランド、オークランド)

帆の街(City of Sails)と呼ばれるオークランドは美しい港街で潮風を感じながらのんびりと過ごせます。ニュージーランド北島北部に位置するニュージーランドの最大都市で国際色豊かな都市です。都会でありながら周辺に豊富な自然環境をもっているのが特徴的な都市です。
オークランド博物館は、シティ中心からやや東に行ったパーネル地区にある広大な公園オークランド・ドメインにあります。丘の上にひときわ目立つ白いゴシック様式の建物で、建物自体も歴史を感じます。マオリ文化や世界大戦、オセアニアニュージーランドの自然など幅広いテーマの展示があります。ニュージーランドの歴史を感じる旅には欠かせないおすすめスポットです。

基本情報

【住所】The Auckland Domain, Parnell, Auckland, New Zealand
【電話】+64 9 309 0443
【アクセス】ブリトマート(Britomart)駅からリンクバス(City Link)で約20分
【開館時間】10am-5pm
【定休日 】クリスマス
【入場料】大人$25

2.M J サヴェージ記念公園 Michael Joseph Savage Memorial (ニュージーランド、オークランド)

MJJ サヴェージ記念公園は、オークランド中心から東に海岸線を行った丘にある公園で広々とした芝生と、ミッションベイやオークランド市街、ランギトト島の美しい景色が眺められるおすすめのスポットです。

元首相のマイケル・ジョセフ・サヴェージ(Michael Joseph Savage)を記念して造られました。マイケル・ジョセフ・サヴェージは、1930年代後半にはニュージーランドの一般的な生活レベルを向上させて、ニュージーランドを住みよい国にしたと言われています。その後オセアニアからの移民が増加して来ます。そんな近代の歴史を感じる旅をのんびりと感じてみて下さい。

基本情報

【住所】10Hapimana st, Orakei, Auckland
【開園時間】随時
【アクセス】オークランド中心街のコマースストリート(Commerce Street)からバス769,757,767,745番利用、タマキドライブ(Tamaki Drive Opp Atkin Avenue)下車後、徒歩6分

3.フェリー・ビルディング Ferry Building (ニュージーランド、オークランド)

1912年に建てられた・バロック・スタイルのフェリー・ビルディングは、歴史的建造物の一つで歴史を重みを感じる美しい建物です。現在もフェリー乗り場、カフェとして利用されています。オセアニアからの移民が多いオークランドのメイン・ストリートのクイーン・ストリートの起点にあります。歴史を感じる旅のおすすめスポットです。

基本情報

【住所】99Quay Street, Auckland
【電話】+64 99797070

4.カテドラル聖マリア大聖堂 Cathedral Church of St. Mary (ニュージーランド、オークランド)

オークランド市街地東側のお洒落なパーネル地区、オークランド・ドメインのやや東にある木造教会で1886年に建設された教会です。教会は美しい構造で内部はステンドグラスがとてもキレイで、歴史を感じる旅には欠かせないパーネルでも随一の観光おすすめスポットです。入口に係の方がいて日本語で書かれた説明文を貸してくれるそうです。オセアニアからの移民が多いオークランドですが、景観はヨーロッパです。

基本情報

【住所】Parnell Rd. and St. Stephen’s Ave., Auckland Central
【入場】無料

5.デボンポート Devonport (ニュージーランド、オークランド)

オークランド中心街の対岸に位置するデボンポートは、独特の歴史がそのまま保存されて、街の通りには1800年代後半から1900年代前半にかけて建築された木造のコロニアル風のコテージが並んでいて、カフェレストラン、工芸品、骨董品、アート・ギャラリーとして営業しています。

天然の要塞とも呼ばれたオークランド、デボンポートは海軍の基地があった所でノース岬(North Head)には、海軍関係の様々な品や海軍にまつわる歴史が展示された博物館もあります。歴史を感じる旅としておすすめスポットで、のんびりと丘の上から眺める景色がとても素敵です。

基本情報

【住所】Devonport, Auckland
【アクセス】オークランドからデボンポートへのフェリーが15~30分ごとに運航

6.イーデン・パーク Eden Park (ニュージーランド、オークランド)

1900年に設立されたラグビー、クリケットのニュージーランド最大のスタジアムです。オセアニア・ポリネシアの選手もいるスーパー・ラグビーのブルース(Blues)の本拠地で、ラグビーのワールド・カップでは第一回大会の1987年(ニュージーランド、オストラリアの共催)、第6回の2011ニュージーランド大会の決勝で使用されました。

1987年の第一回大会の初トライ(NZ All BlacksのMicael Jones)の銅像がスタジアムの敷地に建っています。ラグビーの歴史を感じる旅におすすめスポットです。

基本情報

【住所】Reimers Avenue, Private Bag 56906, Dominion Road, New Zealand
【電話】+64 9-815 5551

7.ホビット村 Hobbiton Movie Set (ニュージーランド、マタマタ)

by Arbron
オセアニア・ニュージーランドの北島のオークランドから南へ約180km車で3時間の小さな街は牧場地帯に囲まれ、緑豊かな牧草が広がる酪農とサラブレッドの飼育の街です。
オセアニア・ニュージーランドの大人気のツアーは、映画ロード・オブ・ザ・リング、ホビットの舞台となったホビット村の観光です。小人達の村と家がかわいらしくて素敵です。オークランドからの日帰りツアーもあります。片道3時間程度です。ロマンチックな方にはとてもおすすめスポットで、遠い遠い昔の物語の浸り壮大な歴史を感じる旅となることでしょう。食事、結婚式のオプションもありますので大好きな方はどうぞ。

基本情報

【住所】501 Buckland Road, Hinuera, Matamata 3400, New Zealand
【電話】+64 7 888 1505
【ガイドツアー時間】8.30~15:30
【所要時間】2時間
【定休日】年中無休
【料金】$79/大人17歳以上
  • 501 Buckland Rd, Hinuera, New Zealand

8.ワイトモ・グローワーム洞窟 Waitomo Glowworm Caves (ニュージーランド、ワイトモ)

ワイトモは、ニュージーランドの北島北西に位置する代表的な観光地です。地下に広がる洞窟を観光にした小さな街です。
ワイトモはマオリ語でワイは水、トモは洞窟、グローワームは英語で土ボタルの意味で約3,400万年前から約2,300万年前に出来た洞窟にはオセアニア・ニュージーランドにしか生息していない土ボタルがいます。鍾乳洞の見学後に船で洞窟を進むと幻想的な光景を観ることが出来ます。

とてもロマンチックな光景はまるで星空の様ではるか彼方の星空と地形の成り立ちに歴史を感じる旅となることでしょう。オークランドからの日帰りツアーもあり、人気のおすすめスポットです。鍾乳洞の中は寒いので夏でも上着があると良いです。

基本情報

【住所】39 Waitomo Village Rd, Waitomo Caves, Otorohanga 3943, New Zealand
【電話】+64 7-878-8227
【営業時間】夏季9:00~17:30、冬季9:00~17:00の30分毎
【定休】年中無休
【料金】$46/大人

200km3時間

  • waitomo cave,New Zealand

9.タマキ・マオリ・ビレッジ Tamaki Maori Village (ニュージーランド、ロトルア)

ロトルアは、北島最大の観光都市でマオリ語で第2の湖という意味で、ニュージーランドでタウポ湖に次いで2番目に大きなロトルア湖周辺に広がっている街です。

ニュージーランド最大の都市オークランドから車で4時間(230km)、地熱活動による火山湖や間欠泉、温泉が点在しています。大型温泉施設(ポリネシアンスパ)、一風変わった泥温泉(ヘルズゲート)など幅広い温泉があるのと、自然を生かしたアクティビティ、ラフティング、トラウトフィッシング等も楽しめる屈指の観光地です。

かつてオセアニア、ポリネシアから船で渡って来たと言うニュージーランドの先住民マオリの文化に触れられます。ロトルアから15分の森にあるマオリ・ビレッジは、マオリの生活、文化、ハカ、歌、料理を楽しく体験出来ておすすめです。宿泊も出来ます。マオリの歴史を感じる旅には欠かせないおすすめスポットです。

基本情報

【住所】1220Hinemaru St, Rotorua 3010, New Zealand
【電話】+64 7-349 2999
【料金】$120/大人1人 ※バス送迎、3.5hのツアーとハンギ(Hangi)マオリの伝統料理付き
【宿泊】$250/大人1人

10.ロトルア博物館 Rotorua Museum (ニュージーランド、ロトルア)

by dbaron
温泉地として有名なロトルアの中心地から東にある、政府が1890年代に造った温泉保養施設ガバメント・ガーデン内にあるロトルア博物館は、温泉治療の様子や、マオリの歴史、タラウェラ山の大噴火の様子などが展示されていてオセアニア、ポリネシア、ニュージーランドの中でもマオリの文化の根付くロトルアの歴史を感じる旅のおすすめスポットです。屋上の展望台からは、ロトルア湖を一望出来ます。

基本情報

2017/4月まで閉館です。
【住所】Government Gardens, Rotorua
【電話】+64 7-350-1814
【営業時間】夏期9:00~20:00、冬期9:00~17:00 ※南半球なので日本と季節が反対です
【定休日】無休
【料金】大人$20、子供$8

11.トンガリロ国立公園 Tongariro National Park (ニュージーランド、トンガリロ)

かつてニュージーランドの先住民マオリの聖地でしたが、自然保護を目的に1894年ニュージーランド初の国立公園となりました。ニュージーランドの北島の中心の南にある山岳地帯でオセアニア・世界初のユネスコの世界遺産(複合遺産)にも登録されました。壮大な自然の景観を楽しんだり、多くのハイキング・ツアーもあり、大自然を体感出来るおすすめスポットで大自然の歴史を感じる旅を体感して下さい。

基本情報

【住所】Manawatu-Wanganui 4691 New Zealand
【開場時間】24時間
【入場料】無料
【アクセス】鉄道:オークランドから約5時間30分、ウェリントンから約5時間40分
バス:オークランドから約7時間、ウェリントンから約6時間20分

12.ミッション・エステート・ワイナリー Mission Estate Winery (ニュージーランド、ネイピア)

ニュージーランド北島の東海岸沿いの街ネイピアは有数のリンゴ、梨、ブドウの産地でワインは、ニュージーランドで最も歴史があり、50以上のワイナリーがあります。テイスティングは無料で5〜6種類のお勧めワインが頂けます。

1931年の地震の復興に伴い当時の流行であったアールデコ様式の建物建築が統一して行われ、世界でも有数のアールデコ様式の建築物がまとまって残る美しい街です。ゴルフ、釣り、トレッキング、マリンスポーツと楽しめます。

オセアニア・ニュージーランドのワインの名産地の一つホークス・ベイ(Hawks Bay)にある1851年にフランス人から伝わったニュージーランド最古のワイナリーでニュージーランドワインの発祥地です。フランスの伝統と最新の技術でワイン製造をしています。

広大な敷地で景色も美しいワイナリーはテイスティングを楽しめお土産にもとてもおすすめです。レストランも併設していますので、ワインを楽しみながらのんびりと心地良い風を浴びるのが特におすすめです。ニュージーランドのワインの歴史を感じる旅のおすすめスポットです。

基本情報

【住所】198 Church Road, Taradale, Hawke’s Bay
【電話】+64-6-8459350
【テイスティング】月~土9:00~17:00、日10:00~16:30

13.国会議事堂 Parliament Buildings (ニュージーランド、ウェリントン)

ニュージーランドの首都ウェリントンは北島の最南端の街でニュージーランドではオークランドに次いで大きく、オセアニアの首都の中では最も人口が多い街です。1865年にオークランドに変わり、ニュージーランドの首都となりました。世界最南端の首都でもあります。風の街としても有名です。
オセアニア最大の首都ニュージーランドのウェリントンにある国会議事堂は、無料のガイドツアーが毎日行われていて、予約無しでも建物1階にある観光案内所で受付可能です。おおらかで、観光客向けに親切ですね。写真撮影には制限があります。1990年代に建てられた特徴的な構造の国会執務室は蜂の巣のような形をしているためビーハイブBeehiveと呼ばれています。歴史を感じる旅におすすめのスポットです。

基本情報

【住所】Conner of Lambton Quay & Molesworth Street, Wellington
【電話】+64 4-471-9503
【開館時間】 10:00~16:00(土~15:00)、日12:00~15:00
【定休日】無休
【料金】無料

14.テパパ博物館 Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa (ニュージーランド、ウェリントン)

1998年に開館したテパパ博物館は、ウェリントンの中心街にあり子供から大人までオセアニア・ニュージーランドの歴史を学びながら楽しめる博物館です。日本語のパンフレットもありますので、観覧前に入手すると知識がついて理解度が大幅に増えて楽しさが広がります。

ニュージーランドの島の成り立ちから動植物の生態系の展示、中でも世界最大のダイオウイカの約10mの標本は圧巻です。ヒトの歴史では、マオリ族、白人が来てからの近代の文化が紹介されています。オセアニアニュージーランドの歴史を感じる旅のおすすめスポットです。館内にはカフェもありますので、ゆっくりと観覧下さい。

基本情報

【住所】55 Cable St, Te Aro, Wellington 6011, New Zealand
【電話】+64 4-381-7000
【営業時間】月~水、金~日10:00~18:00、木10:00~21:00
【休業日】無休
【入館料】無料

15.ケーブル・カー WELLINGTON CABLE CAR (ニュージーランド、ウェリントン)

ウェリントンのシンボルとなっているケーブル・カーは真っ赤な外観が鮮やかで古い車体も人気があります。観光おすすめスポットとしてだけでは無く地元住民の生活の足としても利用されています。市街の乗り場は、ちょっと判りづらく、商店街のアーケードを入って行きます。でも入り口には案内の看板がありますので見逃さない様にして下さい。

1902年開業でニュージーランドでは最古のケーブル・カーで、歴史を感じる旅となることでしょう。終点ケルバーンKelburnからの市街の展望は見事です。植物園、ケーブル・カー博物館、天文台があります。

基本情報

【住所】280 Lambton Quay, Wellington, New Zealand
【電話】+64 4-472 2199
【アクセス】ウエリントン駅から徒歩10分
【運行時間】月~金7:00~22:00、土8:30~22:00、日祝8:30~21:00、10分毎に運行
【乗車料金】片道$4、往復$7.5/大人

16.オールド・セント・ポール教会 Old St Paul’s (ニュージーランド、ウェリントン)

ウェリントン駅の近くにあるオールド・セント・ポール教会は1866年に建てられたゴシック・スタイルの木造教会です。オセアニア・ニュージーランドの英国国教会の大本山でしたが、1970年代に新しい教会ができた際に博物館となりました。今は教会ではありませんが、木造建築とステンドグラスの美しさと木のぬくもりがあり、古き良きニュージーランド開拓時代の雰囲気は、歴史を感じる旅となることでしょう。観光のおすすめスポットです。

基本情報

【住所】34 Mulgrave Street, Thorndon, Wellington
【電話】+64 4 473 6722
【入館時間】9:30~17:00
【定休日】クリスマス
【料金】無料

17.クライストチャーチ植物園 Christchurch Botanic Gardens (ニュージーランド、クライストチャーチ)

ニュージーランド南島の中部、カンタベリー平野にあるクライストチャーチは、ニュージーランドでは2番目、南島では最大の街です。緑溢れる街並みからイングランド以外で最もイングランドらしい街と言われていて数多くの公園があります。
クライストチャーチの中心部にある広大な敷地165haのハグレイ公園(Hagley Park)の中にある1863年に当時の英国王子の婚礼のお祝いに植樹したのが始まりで30haもある植物園です。

ニュージーランド国内を始めアフリカアメリカオセアニアアジアの植物が綺麗にガーデニングされていてカフェ、プールもあり四季折々の花をのんびりと散策するのがおすすめです。樹齢100年以上の大木も多数ありその歴史を感じる旅になることでしょう。市内中心部でアクセスも良くのんびり、ゆったり出来るおすすめスボットです。

基本情報

【住所】Rolleston Avenue, Christchurch 8013, New Zealand
【電話】+64 3 941 7590
【開園時間】11-2月 7:00-21:00、3,10月 7:00-20:30、4-9月 7:00-18:30
【休園日】無休
【入園料】無料

18.星空ツアー Observatory Tours (ニュージーランド、テカポ)

ニュージーランドの南島の中心部にあるテカポは、マッケンジー盆地の北端に位置しテカポ湖周辺は人気の高い観光保養地です。高地にあり周囲が自然に囲まれて空気が綺麗なので世界一と言われている美しい星空が観られます。テカポ湖の湖畔にある善き羊飼いの教会は1935年に建てられた風景との調和がとても美しく多くの観光客が訪れます。
世界一美しい星空が観える場所として有名なテカポ湖は世界中からその美しい星空を観に観光客がやって来る観光地でおすすめスポットです。

テカポ湖から10km車で20分程にあるマウント・ジョン(Mt. John、標高1,029m)の頂上で星空観測のツアーがあり、テカポ湖畔のホテルからバスで送迎してくれます。日本語のツアーもあります。頂上には観測所があり日本の大学も共同研究をしています。

今、私達が観ている星は近くても恒星だと4年前、遠いと272万年前(さんかく座銀河)と遠い昔の光を観ているのです。因みに250万年前が石器時代で、とてつもない正に天文学的数字の歴史を感じる旅にはとてもおすすめです。

基本情報

【住所】State Highway 8, Lake Tekapo 7945
【電話】+64 3 680 6960
【営業時間】夏期 10:00- 24:00(11/1- 3/31).冬期10:00-22:00(4/1-10/31)
【営業時期】一年中
【ツアー料金】$140/大人

クイーンズタウン Queenstown (ニュージーランド、クイーンズタウン)

by Omyos
まるで絵本の様な街 クイーンズタウンはニュージーランド南島の南部オタゴ州の中央部のワカティプ湖(Lake Wakatipu)の畔にある世界有数の観光地です。1862年にショットオーバー川で金脈(ゴールド)が発見されてゴルドラッシュに沸いて発展しました。周囲の山々に囲まれた美しさがヴィクトリア女王にふさわしいと言うことから名付けられました。バンジージャンプ発祥の地です。
ニュージーランドの南島の南西部の自然が造った絶景がとても美しい観光地でフィオードランド国立公園(Fiordland National Park)のフィヨルドです。ユネスコの世界遺産(自然遺産)です。
オセアニア・ニュージーランドの人気の観光地の一つ、ミルフォード・サウンドは1,000年前にマオリが発見されたとされています。地球の何年、何万年と言う長い年月をかけて作られたフィヨルドの地形はとても壮大で歴史を感じる旅におすすめスポットです。中でも壮大な景色を眺めるクルーズは大人気でおすすめです。クイーンズランドからバスでのツアーもあります。

基本情報

【住所】Milford Sound Visitor Terminal, Milford 9679, New Zealand
【電話】+64 800 656 501
【アクセス】クイーンズランドから車で5時間
【所要時間】2時間
ディナー、朝食付きのオーバーナイト・クルーズもあります
  • New Zealand

20.ダニーデン駅 Dunedin Station (ニュージーランド、ダニーデン)

ニュージーランドで5番目、南島で2番目に大きな街ダニーデンは、1860年代のゴールドラッシュ時代に栄えた街で、スコットランドからの移民が多くスコットランドに次ぐスコットランドらしい街です。
1906年に完成したダニーデン駅は、フレミッシュ・ルネッサンス様式の建築で観光名所となっています。駅舎にはお土産品も販売されていて駅構内も入れます。

観光用のタイエリ峡谷鉄道(Taieri George Railway)が毎日運行されていて、ダニーデンの中心街からセントラル・オタゴの牧草地を進み森林、タイエリ峡谷の険しい谷の奥へと続くニュージーランドの鉄道の歴史を感じる旅として人気があります。オセアニア、南半球最大の大鉄橋の見事な景観は特におすすめスポットです。

基本情報

【住所】22 Anzac Ave, Dunedin, New Zealand
【入場料】無料
【運行】タイエリ渓谷鉄道の発着

最後に

ニュージーランドは先進国でありながら自然が沢山あり、とても美しい国でおすすめスポットが満載です。南半球にあるので日本とは季節が逆です。新しい国ですが自然、オセアニア、マオリの歴史、英国・ヨーロッパとの歴史を感じる旅を楽しんで下さい。

ニュージーランド・オークランドの「ホーリー トリニティ 大聖堂」の見どころと周辺のおすすめスポット

ニュージーランドの首都ウェリントンのカフェやアート・映画製作スタジオなど5つの魅力

関連記事

  1. オーストラリア女子旅におすすめの観光スポット20選

    女子旅で行くオーストラリア!おすすめ観光スポットの世界遺産や大自然、南十字星をみることもオースト…

  2. 札幌でドライブデートしよう!どの季節でも楽しめるスポット10選

    札幌でドライブデートしたいなと考えている人におすすめのスポット10選をご紹介します。札幌は都心からも…

  3. イラン・シーラーズにある万華鏡のように美しいステンドグラスの絶景…

    イランにあるナスィロール・モルク・モスクはご存知ですか?ナスィーロル・モルク・モスクとは、イラン…

  4. 札幌旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポット・旅行…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  5. ハワイ アメリカ海軍基地 真珠湾(パールハーバー)は見ておくべき…

    真珠湾パールハーバー (Pearl Harbor) は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島の一つ…

  6. のんびり、ゆった〜り。新潟のおすすめスーパー銭湯15選

    寒くなってくると、ついつい温泉につかってゆっくり過ごしたくなっちゃいますよね。温泉旅行に行かなくても…

  7. シドニーにある狂気を感じる遊園地「Luna Park」の魅力をご…

    オーストラリアの人気観光都市「シドニー」。海や緑の大迫力の自然と、モダンな高層ビル群がダイナミッ…

  8. パプアニューギニアの「フリ族」はカツラに命をかける!

    みなさん、パプアニューギニアという国をご存知ですか?オーストラリアのちょっと上にある「地球最後の…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss