ドイツの人気&おすすめのクリスマスマーケット10選 それぞれの特徴と楽しみ方を徹底解説

ドイツ好きにおすすめ!地方別で教えるドイツのクリスマスマーケット10選徹底解説

ドイツ観光の冬のイベントといえば、クリスマスマーケット。近年は日本全国で開催されていますが、発祥国はやっぱりドイツ。冷えた冬の街で、本場のホットワインとソーセージで温まりながら、クリスマスを待つドイツ人のウキウキムードを楽しみませんか。地元ドイツ人に人気のクリスマスマーケットを、それぞれの特徴と楽しみ方と共に、この記事で日本のみなさんにご紹介しますよ!(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

1. ニュルンベルク/バイエルン州(南ドイツ)
2. ミュンヘン/バイエルン州(南ドイツ)
3. シュトゥットガルト/バーデン・ヴュルテンベルク州(ドイツ南西部)
4. フランクフルト/ヘッセン州(ドイツ南西部)
5. ドレスデン/ザクセン州(ドイツ東部)
6. ライプツィヒ/ザクセン州(ドイツ東部)
7. エアフルト/テューリンゲン州(ドイツ東部)
8. ベルリン/ベルリン州(ドイツ東部)
9. ドルトムント/ノルトライン・ヴェストファーレン州(ドイツ西部)
10. ケルン/ノルトライン・ヴェストファーレン州(ドイツ西部)

 

ケルンのクリスマスマーケット(ケルン大聖堂前)

ケルンのクリスマスマーケット(ケルン大聖堂前)

クリスマスマーケットとは、キリスト教でアドベントと呼ばれる、クリスマス前の4週間ほどの準備期間に開催されるイベントのこと。ドイツドレスデンが発祥とされていて、近年は東京横浜大阪はもちろん、世界中で開催されています。英語では’christmas market’ですが、ドイツ語圏では’Weihnachtsmarkt’(ヴァイナハツマルクト)という名前で親しまれています。
ニュルンベルクのクリスマスマーケット

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

クリスマスマーケットでは、冷たい冬の日にうれしいホットワイン(グリューワイン)やホットチョコレートなどの飲み物はもちろん、ドイツ各都市ごとの名産ソーセージや郷土料理などの軽食、クリスマス用の飾りやお土産が販売されています。また、スケートリンクや移動観覧車も定番です。みなさんも冬のドイツへ飛び出して、ホンモノのクリスマスマーケットを楽しみませんか?

1. ニュルンベルク/バイエルン州(南ドイツ)

Nürnberger Christkindlesmarkt (ニュルンベルガー・クリストキンドレスマルクト)

ハウプトマルクト

ハウプトマルクト

日本国内はもちろん、世界でも最も知られているクリスマスマーケットといえば、間違いなくニュルンベルクのクリスマスマーケット。ドイツの南の玄関口・ミュンヘンから高速鉄道ICEで約1時間20分のニュルンベルクは、炭火焼きソーセージとレープクーヘン、そして中世のゆったりとした旧市街が有名で、ドイツ人誰もが知っている観光都市。
by bmyd
ハウプトマルクトを中心として開催されるニュルンベルクのクリスマスマーケットには、赤白のクラシックなスタイルのお揃いの屋根をした180ものかわいい露店が店を構えています。マーケットの名前のクリストキンドルとは、キリスト教における天使のこと。南ドイツオーストリアでは、サンタの代わりにクリストキンドルがプレゼントを届けるんだとか。ニュルンベルクのクリスマスマーケットは、例年クリスマスイブまで開催されます。

詳細情報

2. ミュンヘン/バイエルン州(南ドイツ)

Münchner Christkindlmarkt (ミュンへナー・クリストキンドルマルクト)

マリーエン広場

マリーエン広場

ニュルンベルクも位置するバイエルン州の州都で、有名サッカーチームの本拠地でもある、ドイツで3番目に大きい都市・ミュンヘン。日本人に大人気な観光都市で、クリスマスマーケットももちろん定番です。ミュンヘンの中心広場であるマリーエン広場から、ミュンヘン随一のショッピング街・ノイハウザー通りへ続く大規模なクリスマスマーケットは、ミュンヘンの冬の風物詩です。
クリッペの装飾品

クリッペの装飾品

そんなミュンヘンのクリスマスマーケットの特徴は、Kripperlmarkt(クリッパールマルクト)と呼ばれる、クリッペ(宗教的なドイツのクリスマス飾り)のための装飾が販売されている市があること。マリーエン広場から少し離れた、市街地北側の英国庭園内、中国風の塔の周辺では、メリーゴーランドやホンモノの馬車への乗車も楽しめますよ。このクリスマスマーケットは、例年クリスマスイブまで開催されます。

詳細情報

3. シュトゥットガルト/バーデン・ヴュルテンベルク州(ドイツ南西部)

Stuttgarter Weihnachtsmarkt (シュトゥットガルター・ヴァイナハツマルクト)

マルクト広場

マルクト広場

世界で最も大きいクリスマスマーケットは、シュトゥットガルトのクリスマスマーケット。世界有数の国際空港があるフランクフルトから高速鉄道ICEで約1時間半、ミュンヘンから高速鉄道ICEで約1時間15分のシュトゥットガルトは、ドイツでも有数な豊かな都市なので、クリスマスマーケットの規模もとにかく大きいんです!
くるみ割り人形の出店

くるみ割り人形の出店

300の屋台が連なると言われているシュトゥットガルトのクリスマスマーケットは、宮殿広場(Schlossplatz)からシラー広場・カール広場、そして最大の会場であるマルクト広場まで、途切れることなく線のように連なっています。ライトアップされた新宮殿も見逃せません。また、無数のカラーバリエーションがあるくるみ割り人形は、お土産として必須です。このクリスマスマーケットは、例年12月23日まで開催されます。

詳細情報

4. フランクフルト/ヘッセン州(ドイツ南西部)

ドイツのクリスマスマーケットの攻略法

中世の面影残す街ドイツ・ケルンの人気&おすすめの観光スポット7選

関連記事

  1. アルプスの名峰マッターホルンの麓の村・ツェルマットの人気&おすす…

    ツェルマットは、スイスアルプス観光の王道とも言うべきマッターホルンを抱く街です。ここは世界有数の…

  2. 世界で最も有名な洞窟レストラン「Grotta Palazzese…

    いつかは行きたい洞窟レストランの中でも世界で1番有名な「Grotta Palazzese(グロッ…

  3. 世界進出が続くフランスパリのパティスリー「ラデュレ」!スイスのジ…

    フランスパリのパティスリーの「ラデュレ」は世界進出が続いております。そんな「ラデュレ」の新店舗が…

  4. マケドニア旅行におすすめの素敵なホテルや日本人宿7選

    海外へ旅行するとなると気になるのがその国の人気があるホテルです。ホテルの中でも、マケドニアには安…

  5. オランダ・アムステルダムで泊ってみたいお洒落でモダンなホテル7選…

    ヨーロッパの旅行先の中でも注目度が高いとは言えないオランダ・アムステルダムですが、観光地を始めと…

  6. ドイツ・ベルリンの巨大な干し草ロールを転がす個性的な祭り「ポプラ…

    お祭が開催されるのは毎年9月、ただし普通のお祭りではありません!ベルリンでは大小様々なお…

  7. 女子旅に人気!ミッフィーの生まれ故郷オランダ・ユトレヒトのんびり…

    オランダ第四の都市ユトレヒト。ミッフィーの町としても知られるこの場所は、日本人をはじめ多くの観光…

  8. インパクト抜群!バルト三国のひとつリトアニア世界遺産「十字架の丘…

    いくら好きだったり信仰しているといっても、ものには限度というものがありますよね。しかし盲目になっ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss