デュッセルドルフ近郊の人気スポット「ネアンデルタール博物館」の見どころ

デュッセルドルフ近郊の人気スポット「ネアンデルタール博物館」の見どころ

ネアンデルタール博物館(Neanderthal Museum)は、ドイツ西部の都市メットマン(Mettmann)に所在する観光スポットです。自然保護区ネアンデル谷(Neandertal)のフェルトホッファー洞窟で1856年に見つかったネアンデルタール人の頭骨の化石が、世界で初めて研究対象となったことから、ミステリアスなネアンデルタール人に関する資料展示を目的として、1996年(平成8年)にオープンしました。デュッセルドルフから電車で15分、日帰りツアーにも最適な「ネアンデルタール博物館」をご紹介します。

ネアンデルタール博物館とは

ネアンデルタール博物館(Neanderthal Museum)は、ドイツ西側の都市メットマンに所在する観光スポットです。メットマン(Mettmann)は、デュッセルドルフの東に隣接する町で、1829年に世界で最初のネアンデルタール人の骨が出土したベルギーに続き、1856年に頭骨が見つかった場所で、この骨格が世界で初めて研究材料になったことから、特別な地として教科書などでも紹介されています。
ネアンデルタール人は、今からおよそ35万年前に出現し、2万年前に滅びました。そんな謎に包まれたネアンデルタール人にまつわる資料の展示を目的として、1996年(平成8年)に開館したのがネアンデルタール博物館です。デュッセルドルフ中央駅からネアンデルタール駅までは近郊電車を利用すれば約15分で到着しますが、博物館まではさらに山道を15分ほど歩きます。

イルミネーションファサードをもつ博物館

ネアンデルタール博物館の建物デザインは、1993年の春に開かれたコンテストによって、世界中の建築家130名の作品中から選ばれました。採用されたのは、ベルリンの建築家で大学教授のギュンター・ザンプ・ケルプ教授(Günter Zamp Kelp)と、ジュリアス・クラウス教授(Julius Krauss)、アルノ・ブランド・ヒューバー教授(Arno Brandlhuber)の3人で、宇宙船のような近未来的な外観が特徴です。
ネアンデルタール博物館の外観は、コンクリートと青みどり色のガラスで覆われたモダンな印象の建物で、これまで数々の賞にも輝いています。上空から見ると長い帯状の板を二つ折りにしたような螺旋型のフォルムで、ガラスはドイツに製造拠点をもつ日本製のものです。半透明のガラスは自然光を適度に通して空間を和らげ、夜はイルミネーションで幻想的に光ります。

ネアンデルタール人とは

ヒト族・ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)の骨格の化石は、自然保護区にも指定されているネアンデル谷(Neandertal)のフェルトホッファー洞窟で発見されました。発見当時はいまの人類よりも知能が低く、文化をもたない猿人か原始人だと考えられ、ホモ・サピエンスの祖先として位置づけられていましたが、のちの研究でホモ・サピエンスと同じように火や石器を使い、言葉を話していた可能性が高いことが判っています。
そこで、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスは別人種であるというのが長いあいだの定説でしたが、2010年5月7日発刊の科学誌「サイエンス」とネアンデルタール博物館によれば、わたしたちホモ・サピエンスの遺伝子の中にも、ネアンデルタール人のゲノム情報が4パーセント含まれるという説もあるそうです。

ネアンデルタール博物館の常設展示

ネアンデルタール博物館の常設展は、人類4万年の歴史を旅する体験です。ルヴァロワ式による剥片剥離技術(石器の作り方)や、埋葬法についても詳しく学べます。絶滅した理由は明らかではありませんが、クロマニヨン人との衝突で淘汰されたという説や、ホモ・サピエンスと交配して吸収されたとする説があります。一方で死人の埋葬地と生活の場を分けていなかったことや、共食いで人の骨髄を摂取する風習があったことなども分かっています。
ほかにも子供が発掘作業を体験できる砂場や、自然保護区の森を眺めながら寛げるおしゃれなカフェ、ネアンデルタール人ネタのご当地グッズが揃ったギフトショップなども楽しめます。また、ネアンデルタール博物館には、ときどき現代人になりすました本物そっくりのネアンデルタール人の人形が紛れていますので、探してみるのも楽しいですね。

いかがでしたか

ネアンデルタール博物館をご紹介しました。デュッセルドルフからの日帰り観光にもおすすめのスポットです。入場料金に含まれるオーディオガイドはドイツ語と英語のみですが、テキスト資料は日本語を含む13の言語に対応しています。

基本情報

所在地:Talstraße 300, 40822 Mettmann
TEL:+49 2104 97970
営業時間:10:00~18:00
料金:€9.00(6〜16歳 €5.00)
定休日:月曜
アクセス:Neanderthal/Museumバス停下車

ドイツの人気&おすすめのリゾートホテル20選

デュッセルドルフの旧市街近くにある世界屈指のガラスコレクション「クンストパラスト美術館」の見どころをご紹介!

関連記事

  1. 世界一美しい湖畔の街!ハルシュタットの街を見に行こう

    ヨーロッパにある"オーストリア"という国をご存知ですか?戦後ドイツから分離して独立国となった国で…

  2. イタリアに行ったら絶対食べたい!現地の人がおすすめするイタリアの…

    行きたい国ランキング上位に位置するイタリア。ローマを始めベネチア、フィレンツェ、ミラノ、ナポリな…

  3. 恋人と訪れたいパリのロマンチックな恋愛成就スポット7選

    ロマンティックで世界中のカップルを虜にする街、パリ。大切な人とパリの街を歩いて愛を囁きあうのは女性の…

  4. ショベルカーが絶叫マシンに?重機のテーマパーク「ディガーランド」…

    世界には一風変わったテーマパークがたくさんあります。イギリスで、重機をテーマにしたテーマパーク「…

  5. 世界遺産リヴァプール「ワールドミュージアム」水族館も人気!

    ワールド ミュージアム(World Museum Liverpool)は、世界的ロックグループ・…

  6. 気分は冒険家。一度は泊まってみたい夢のような世界の“洞窟ホテル”…

    旅行が好きな方、きっと多いはず。 たくさん旅行に行っていると、 普通のホテルや旅館じゃもう…

  7. 【人気の海外グルメ♪】海外のおすすめ料理&レストラン100選【N…

    フランス・スイス・ベルギー・ポルトガルのスイーツ ~ヨーロッパ~まだまだあります、各国オリジナル…

  8. ベルギーの人気&おすすめのゲストハウス20選

    ベルギーのおすすめのゲストハウス20選をご紹介します。ベネルクスの1か国であるベルギーは、西ヨー…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss