ディズニーシーの小さなお子様連れにおすすめ!映画「リトル・マーメイド」の世界が広がる『アリエルのプレイグラウンド』

アリエルのプレイグラウンドは、映画『リトル・マーメイド』の世界が広がるウォークスルータイプアトラクションです。1歳未満の赤ちゃんが遊べるベビーエリアから小学生くらいの子供が楽しいミニアスレチックまで幅広く遊べる屋内型プレイスポット。今回はその魅力についてたっぷりご紹介していきます!【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

9個のプレイゾーン

アリエルのプレイグラウンドは9つのプレイゾーンに分かれており、好奇心や探求心をくすぐられる様々な遊びが盛りだくさん!個性豊かな各遊び場をエリア別にご紹介していきます♪

1.アリエルのグロット

洞窟につくったアリエルの秘密基地。
アリエルがトリトン王に内緒で人間が使っている色々な物をここに集めてコレクションしています。
友達のフランダーが見つけてくれたエリック王子の銅像もちゃんと映画通りありますよ。ここには触ると音や光が出る楽しい仕掛けがたくさん詰まっています。
映画ファンからはこのプレイスポットが一番人気♪

またこのグロットにはアリエルが名曲「パート・オブ・ユア・ワールド」を歌いながら「陸の世界」への憧れを胸に、洞窟の中から見上げる水面もしっかり再現されていますよ。
しかもプレイグラウンド内の上を見上げるとを実はエリックと初デートをした時の船が浮かんでいるのです♡

ちなみにその天井部分はトリトン王がいるエントランスと繋がっています。
トリトンがいるエントランスから下を覗いてみるとまた違ったアリエルのグロットが楽します♪

2. アースラのダンジョン

海の魔女「アースラ」がすむ洞窟。
他のプレイゾーンでは「アンダー・ザ・シー」の陽気で明るいBGMが流れる中、ここだけは不気味な静けさと暗闇に包まれ、小さな子はちょっぴり怖いかも?ここにはアースラの鏡が置かれ、鏡の中をよく見てみるとアリエルのグロットが見えます。
あちら側からは見ないようにマジックミラーになっているのです。
定期的にアースラが現れゲストへ話しかけてきます。
話しかけてくるセリフはランダムで変わります。

アースラのほか手下の双子ウツボである「フロットサム」「ジェットサム」もいますよ。
蛍光色のクラゲや角度によって伸びたり縮んだりみえる不思議な全身鏡など見どころ満載。
君は怖がらず先へ進むことができるかな?

3.シードラゴン

アースラのダンジョンへと続くトンネル。
このトンネルが骨でつくられおり、この辺り一帯不気味なオーラ―に包まれています。
トンネルのみなので何か仕掛けや遊びがあるわけではありません。映画の中のようにアースラの餌食となった可哀そうな人魚たちに囲まれているのかも?(実際にはありません)勇気を出して前に進んでみましょう。
小さい子は少し暗いのでママと手を繋いでいきましょうね。

4. ガリオン・グレイヴヤード

映画の中でアリエルとフランダーがサメに追いかけられた沈没船を再現。
ゲストは船の中に入る事ができるようになっています。
船の上を見てみるとサメが今にも襲ってきそうな様子で船をみていますよ。船の中には触ると音がなる仕掛けやピカッとフラッシュと共にサメが姿を現す演出があり、小さい子の中には泣き出してしまう場合がありますのでご注意を。

ちょっとした腰掛イスが中にあり、子供が遊んでいる様子を見ながら親は休むこともできます。
ただ船自体はそんなに広くはないので、子供はすぐに飽きて次のエリアに向かってしまうかも?

5. ケルプフォレスト

大きなケルプ(海藻)の中を探検できるプレイスポット。
海藻の中をくぐったり、隠れてみたり遊び方いろいろ!かくれんぼが楽しい2歳~3歳くらいの子におすすめです。
きょうだいで自由に遊ばせるにも良いですね。入口から少し離れた端っこに位置するため気が付きにくいゾーン。
混雑時でもここだけは空いているということも。
9つのゾーンの中では穴場的存在を言えるでしょう。

6. マーメイド・シースプレー

カメやイルカたちの口からピューっと水が出てくるプレイゾーン。
イルカたちだけではなく、床からも岩からも水が飛び出し子供達は大興奮!夏場は特に人気が高く、中にはスイムウェアを着ながら遊ぶ子供達も。
夢中で遊んでいるうちにパンツまでビショビショに濡れてしまうなんてことがあるかも?最初からここで遊ばせるつもりの場合は、着替えや濡れても良い上着を準備しておくと安心です。

床は滑りにくいスポンジ素材なので転んでしまうことは少ないですが、小学校高学年の大きな子供達も遊んだりしていますので、小さな子供と一緒の場合は目を離さず一緒に付いていてあげましょう。

7.スターフィッシュ・プレイペン

マーメイド・シースプレーのすぐ近くにありベビーも楽しく遊べるゾーン。
ここでは0歳から7歳未満の子供のみ遊ぶことができます。他のゾーンでは靴を履いたままですが、ここではハイハイの赤ちゃんも多くいるため靴を脱いで遊ぶようになります。
床はフカフカになっているのでヨチヨチ歩きの赤ちゃんでも安心してあんよができますよ。

またヒトデや貝がら、お魚さんの形をしたクッションが置かれ、積み木のようにして遊ぶことができます。

上の子は遊び盛り、でも下の子はまだハイハイ。
きょうだいでレジャー施設に遊びに行くとどちらかを少し我慢させなくてはならない状況って出てきますよね?ここでならきょうだいそろって楽しく過ごすことができますよ!ママ・パパチームに分かれてそれぞれ満喫しましょう♪

8. フィッシャーマンズ・ネット

天井にぶら下がっている大きな網。
漁師がかけた巨大な網ネットの上を自由に歩くことができます。
ネットに行くには手前にある階段を登りましょう。しっかりとしたつくりになっているので安定感があり、子供達も怖がらずに楽しく綱の上を歩くことができますよ。
大人が渡るには少々大変で何度も渡ると疲れてしまうかも?

ちなみに一方通行なので逆走しないように注意して渡りましょう。
跳ねる感触がヤミツキになる子供達が多く、特に2~3歳児の子は大はしゃぎすること間違いありません♪

9.ケープ・オブ・シャドー

ここでは「影遊び」を体験することができます。
一見何もない洞窟ですが、定期的にピカっと眩しい光が部屋中を包み込み、岩に手を付けていると目の錯覚でそこに跡が残るという楽しい仕掛けが隠されています。カップル達は片手ずつ出してハートをつくり、記念写真を撮ってSNSで投稿しているのをよく見かけます。

こちらはかなり暗いので、小さい子はちょっと怖いかもしれません。
アースラのダンジョン側の奥にあるので、気が付かずスルーしてしまう事が多いです。
影遊びができるだけではなく、隠れアリエルや隠れフランダーもいますので、ぜひ探しにきてみてくださいね♪

探してみよう!隠れチップ

パーク内の至るところに「隠れミッキー」があり、アトラクションに並んでいる間やエリア移動中に探して楽しむゲストが多いです。アリエルのプレイグラウンドにもたくさんの隠れミッキーが潜んでおり、子供向けに難易度が低めに設定されていてすぐに見つけやすく人気のエリア。

岩場やクラゲの中、マップの中などいろいろなところにありますので、ぜひお友達や家族みんなで探してみてはいかがでしょう。
誰が一番多く見つけられるかな?

また、このエリアには隠れミッキーならぬ隠れチップもいるのをご存知でしょうか?映画『美女と野獣』に登場するポット夫人の息子であるミニカップ「チップ」がなんと9つのゾーンのどこかに潜んでいるのです!

9つのゾーンから探し出すとなると時間がかかってしまいますのでここでヒント。
「アリエルのグロット」に隠れています。
知る人ぞ知る隠れチップ。
どこにいるのか探してみましょう♪

ちなみにアリエルのグロット内には、魔法でろうそくに変えられてしまった「ルミエール」と時計に変えられてしまった「コグスワース」らしき物達も隠れているので、ぜひ一緒に見つけてみてくださいね。

いつ行くのがベスト?

おすすめは午前中。
人気アトラクションのファストパスを取りに行き、すぐにマーメイドラグーンに向かいましょう。
プレイグラウンドでいっぱい遊んだ後は、マーメイドラグーン内で唯一のレストラン「セバスチャンのカリプソキッチン」で早めの昼食を取るのがベスト。プレイグラウンド自体は大混雑時でも、子供達が溢れ返り遊べなくなるレベルまで混み合うことはありません。
ただしマーメイドラグーン内は人で溢れ返り小さな子供と一緒に来た場合はエリア内を歩くのも大変です。

特に真夏や真冬の時期になると、暑さや寒さから逃れようと午後にゲストが一気に流れ込む事が多くなります。
午前中からプレイグラウンドと合わせて、マーメイドラグーンにあるショーやアトラクションも同時に楽しめれば一石二鳥です♪

小さいお子さんを連れて遊びに来た場合は、ぜひ早めにマーメイドラグーンを制覇してしまいましょう!

アンダー・ザ・シーの世界へ

ディズニーシーには子連れにぴったりのエリアやアトラクションがたくさんありますが、その中でも一押しのエリアがアリエルのプレイグラウンド。
キラキラのサンゴ礁、カラフルな色彩、エリア全体のディテールがとても素晴らしいです。
女の子の憧れである人魚の世界を味わうことができ、遊び心満載な仕掛けは男の子の探求心や冒険心をくすぐります。
好きな時に自由に入れるので、上手くスケジュールに取り込んでみてくださいね♪

東京ディズニーランドのアトラクション『アリスのティーパーティー』の人気の秘密を徹底解剖!

新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」の魅力を徹底解剖!

関連記事

  1. 京都女子旅におすすめ!トレンド女子を魅了するフォトジェニックな「…

    京都府京都市東山区「ブルー ファー ツリー (BLUE FIR TREE )」をご存知でしょうか…

  2. 北海道に行ったら絶対に食べたい絶品ソフトクリーム9選

    北海道といえば広い大地に広がる牧場で食べられる、濃厚・新鮮・さっぱりなど様々な味のソフトクリーム…

  3. コンサートなどイベントに便利な和歌山ビッグホエール周辺の人気&お…

    和歌山ビッグホエールは和歌山市手平にある多目的ホールで、コンサートやスポーツ、各種式典などといっ…

  4. ネパールの首都カトマンズを拠点にして絶対に訪れたいおすすめの観光…

    ネパール(首都、カトマンズ)はおすすめの観光地です。カトマンズを拠点とした観光スポットは沢山あり…

  5. 富山旅行で泊まりたい!おすすめの合掌造りの古民家・町家の宿5選

    雪深い富山の古民家・町家といえば合掌造りです。尖ったかやぶき屋根に大きな梁と囲炉裏のありのどかな…

  6. 南国の楽園『フィリピン』でリゾート満喫!フィリピンのおすすめ観光…

    南国『フィリピン』の観光名所をエリアに分けてご紹介!フィリピンに旅行しようと考えている方は必見で…

  7. 知っていて絶対損しない、梅田の旨い焼き肉店!ランキング♪

    食の街「大阪」その中心地である梅田には、実にたくさんの飲食店が立ち並んでいます。そんな中から、厳…

  8. 格安で最高に贅沢な旅!人気のリゾート地“フィリピン・セブ島”でや…

    気軽に行けるリゾート地として近年人気急上昇中のセブ島。そんなセブ島を訪れたら、ここでしかできない…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss