タイ東北部ウドンタニの人気&おすすめの観光スポット5選

ウドンタニという地名をご存じでしょうか?知らない方もいらっしゃるとは思いますが、タイ東北部の地域で、ラオスとの国境ということもあり、独特の観光スポットがある場所です。

ウドーンターニとは?

タイ北東部、イサーン地方の交通の要所。ウドンタニとは「北方の町」を意味する。農業地帯に囲まれた商業都市の中心地である一方、世界遺産に登録されているバーンチェンをはじめ、数多くの先史時代の遺跡が残る。

出典:www.jtb.co.jp

ウドンタニは、行くべき場所は、ほとんどが街の中心部に集まっていますので徒歩で回れます。
もし、バーン・チアン等の郊外の観光地に行きたい場合には、バイクをレンタルしていくと便利でしょう。

出典:cloudofr.com

ウドンタニは観光スポットがコンパクトにまとまったラオスとの国境近くの町。
タイでは珍しい先史時代の遺跡あり、ちょっと変わった寺院あり、と意外と楽しめるスポットの多い町です。
expediaで見る他の提供元を表示2件
  • 299/27, Soi Fairah Prajack Rd. Markkhaeng Udon Thani Thailand

1.アジア一の謎?!謎の文明人の残した遺跡~バンチェン遺跡~

紀元前2500年から2000年にさかのぼる先史時代の貴重な遺跡。1992年に世界文化遺産にも登録されました。
バンチェンの人々は、国陶、文様陶器、彩色陶器という3つの時代に分けられる稲作・農耕文化をもち、陶器技術も発達したと言われています。

出典:www.thailandtravel.or.jp

意外かもしれませんが、ウドンタニーには世界遺産があります。
それはバンチェン遺跡という東南アジア最古かもしれない謎の文明を今に伝えるという貴重な遺跡。

出典:d.hatena.ne.jp

バーンチエン遺跡では、黄河文明・メソポタミア文明とは違った、東南アジア独自の文明として注目を集めている。。なお、紀元前数千年というタイの有史以前の時代のものであり、文明の主である民族は今のところ不明とされている。

出典:ja.wikipedia.org

タイではとても珍しい先史時代の遺跡。壺や当時の人の遺骨などが状態良く残っており、見ごたえがあります。また、この文明を作った民族はいまだ不明とのことで謎に包まれた文明とも言えます。タイでミステリーに浸れるのもウドンタニならでは?!
バンチェン遺跡
開館時間:08:30~18:00 (月曜休)
入場料金:150バーツ(バンチェン国立博物館入場料込み)
住所:Nong Han, Udon Thani 41320
アクセス:ウドーンターニー市街の東約50km、車で約1時間。
ポンスリ通りのタイ・イサーン・マーケットからオレンジ色バス乗車。または、ニッタヨ通りのノンブア・マーケットから出るウドーンターニー〜ノンハン・バス乗車。

2.古代人の家を訪れよう~プー・プラ・バート歴史公園~

公園内では、浸食作用によって自然にできたキノコ型の奇岩や、岩肌に赤い塗料で描かれた人物や牛などの壁画を見ることができ、釣りや狩りの様子など先史時代の人々の営みを窺い知ることできます。

出典:www.thailandtravel.or.jp

岩でできた細い柱にまっ平らな岩の屋根?そんな不思議なバランスで積み重なる奇岩群は、今から2500~3000年前の先史時代、人々の住居としてそのまま利用されていました。

出典:www.mapion.co.jp

大小さまざまな奇岩が並ぶ森林の中にあり、森林公園の顔も持つ。先史時代の人たちが描いた壁画が岩壁に残っている。奇岩は森林の中に点在している。奇岩を観て廻る順路は2.3時間かかるトレッキングコースになっている。

出典:www.e-guide-books.com

こちらも古代人の住居であったと言われている奇岩の集まった歴史公園。
こちらでも出土された壺などを見ることもできます。また、現在でも僧侶が修行をしているところが自然に溶け込んでいます。何千年という歴史を感じる場所です。
プー・プラ・バート歴史公園
開館時間:毎日08:00〜16:30
入場料金:100バーツ (要ガイド同行) ※電動バギーあり(100バーツ/台)
住所:Baanphue District, Udon Thani 41160
アクセス:ウドーンターニー市街から約54km、車で約1時間半。
ランシナ・マーケットから出るウドーンターニー〜バンプー・バス乗車。
  • Mueang Phan, Ban Phue District, Thailand
  • 042-251-350~2

3.独創的過ぎるお寺~ワット・ケーク~

独特の世界感を持つ、変わった造形の像が立ち並ぶ不思議な寺院でインパクト大。一度見たら忘れられなくなる?

出典:arukikata-campus.jp

タイ東北部・ラオスとの国境の街ノーンカーイにある“珍”寺、サーラーゲオグー(ワット・ケーク) です。建立したのは、仏教とヒンドゥー教をオリジナルレシピで調合した新興宗教の教祖

出典:www.bangkoknavi.com

ワットケークの庭園
その巨大さと異様さに驚きの連続だ!!

出典:4travel.jp

タイには数多く珍妙なお寺や公園がありますが、ここにもあった!
新興宗教の教祖が設立とありますが、ヒンドゥーや仏教の教えをわかりやすく
像にして説いていたりと知ろうとには非常に分かりやすく楽しめるおすすめスポットです。
ワット・ケーク
開館時間:月~金 7:00-17:00 / 土・日 7:00-18:00
入場料金:20バーツ
住所:Mueang Nong Khai District, Nong Khai 43000 タイ
アクセス:ノーンカーイ市街の南側を走る212号線をポン・ピサイ(Phon Phisai)方面に向かって約3キロメートル直進。
「Salakaewku」の標識が見えたら右折して路地に入り約500メートル直進、左手。
トゥクトゥクで100バーツ程度。
  • W Gatesburg Rd, Warriors Mark, United States

4.幻想的な睡蓮の海で心を洗われる~タレーブアデーン~

ボートで、蓮の花見物です。
朝早いので、待つことなく、直ぐに乗れました。
でも、この日は、おおむね曇天、時折陽が差す程度で、ちょっと残念な天気でした。
東側を見ると、朝日で、湖面が黄金色に輝いていました。

出典:4travel.jp

訪れた者は一様に「まるで天国のようだった」と口にする。ある写真家が、タイ東北地方・ウドンタニにある広大なノーンハーン湖に浮かぶ蓮を撮影して発表したところ瞬く間に話題になり、ここ2、3年ほどで急速に知れ渡るようになった旬の“絶景スポット”だ

出典:tabiisara.com

この絶景スポットを見られる期間は限られているので、是非時期を狙って行ってほしいオススメスポット。とにかく幻想的で美しいです。
朝もやの中の一面のピンクの睡蓮。絶景です。
タレーブアデーン
時間:12月~2月上旬の06:00~11:00頃が見頃
利用:遊覧船(小2-3人乗り)1人200バーツ~
(大6-8人乗り)1人100バーツ~(最小人数5名利用より)
チャーター(一隻)2,000バーツ~
いずれも所要時間約1.5時間~
住所:ウドーンターニー県クンパワピー市
アクセス:ウドーンターニー市街から約45km(車で約40分)
車をチャーターするのがお勧め
  • The Red Lotus Sea

5.川の向こうは違う国~タイ・ラオス友好橋~

メコン川沿いには遊歩道がきれいに整備されている。
対岸のラオスは・・・というと、そんな雰囲気は全くなく素朴なまま。
こんなに近いのに醸し出す雰囲気は全く違う。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

タイ・ラオス友好橋はメコンに架けられた約1キロもある国境の橋。中央部まで歩くことができる。実際に国境を越えたい人は、列車かバスで。

出典:arukikata-campus.jp

タイ旅行の締めくくりに、国境まで行ってみましょう。橋の向こうはラオスです。橋の中央まで行くと、あと一歩で違う国。二つの国にどんな歴史があるのか・・・
島国日本に住む私たちからするととても不思議な感覚を味わうことができます。
タイ・ラオス友好橋
住所:Muang Nong Khai, Udon Thani
時間:6時~22時(国境開放時間)
定休日:なし
アクセス:ウドーンターニバスターミナルから車で10分
  • ラオス Mueang Nong Khai Chang, Friendship road, Lao People’s Democratic Republic

いかがでしたか?

意外と独特な観光スポットのあるウドンタニ。
食事もタイの中では日本人にもなじみ深いイサーン料理ですし、グルメも楽しめること間違いなし!いつもバンコクプーケットで過ごしている、というあなた!
今度のタイ旅行は東北部ウドンタニへ是非行ってみませんか?

タイの王室御用達の避暑地「ホアヒン」のおすすめの優雅な過ごし方

タイの世界遺産「アユタヤ遺跡」のおすすめスポット5選

関連記事

  1. バンコクのショッピングモール「ターミナル21」は世界各国の街並み…

    みなさんは、「ターミナル21」というタイ・バンコクにあるショッピングモールを知っていますか?普通…

  2. バンコク名物の世界一高い場所にあるルーフトップバー「スカイバー」…

    バンコクでブームになっている高層ビルの屋上にオープンさせる「ルーフトップバー」そのブームの火付け…

  3. 一度は泊まりたい!世界のフォトジェニックなプールがある絶景ホテル…

    そろそろ旅に出たい!そう思って、海外旅行の計画をしている方も多いはず。目的地を決めて、航空券を取…

  4. バリ島からたった30分で行ける秘境『レンボンガン島』

    癒しの海外旅行先といえば、インドネシアの「バリ島」。日本から直行便もあって行きやすため、夏休みの…

  5. カンボジアの首都プノンペンの人気&おすすめのレストラン5選

    カンボジアの首都であるプノンペンには、様々なグルメが楽しめる人気のレストランがたくさんあります。…

  6. カンボジアの人気&おすすめの格安ゲストハウス20選

    カンボジアのおすすめのゲストハウス20選をご紹介します。カンボジアは世界遺産である「アンコールワ…

  7. カンボジアの世界遺産アンコール遺跡群の魅力と巡り方

    一生に一度は訪れたい!人気の世界遺産アンコール遺跡群。 1992年に世界文化遺産に登録されたカン…

  8. シンガポール旅行で絶対に訪れるべき定番&おすすめの観光スポット3…

    東京23区とほぼ同じ面積しかないシンガポールですが、観光大国としても有名です!数あるおすすめ観光…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss