タイ女子旅におすすめの観光スポット20選

女子旅行くならやっぱりタイ!女子目線でおすすめするタイ観光スポット20選

女子旅に行くならどこがいいかなー?とお悩みの方!そんなあなたにおすすめするのはタイ王国です。日本との時差は2時間。首都バンコクまでの直行便なら約6~7時間と意外と近いタイ。「微笑みの国」と呼ばれるほど穏やかな国民性で、女子旅でも安心です。タイにはたくさんの自然と長い歴史の中で守られてきた文化があり、我々日本人も楽しめる・魅了されるおすすめ観光スポットがたくさんあります。国民の95%が敬虔な仏教徒の仏教国であり、その独特の雰囲気は私たち女子を魅了し続けます。そんなタイの魅力が詰まったおすすめ観光スポット20選をご紹介します!

1.王宮・寺院【バンコク】

バンコクに来たら絶対外せないのが王宮・寺院巡り!

ワット・プラケーオ(エメラルド寺院)

by daita
チャオプラヤ川と運河に囲まれた王宮周辺。バンコク観光には欠かせない目玉スポットです。

屋外は屋根がないので帽子を持参しましょう。日焼け対策をばっちりしてくださいね!

本堂

ここの中に「ワット・プラケーオ」と呼ばれる所以、「エメラルド仏」が鎮座しています。エメラルドと言われていますが、実際は翡翠でできているそうです。

本堂は靴を脱いで入ります。サングラスや帽子の着用もダメ。写真撮影も禁止です。

基本情報<ワット・プラケーオ>

◇住所:Na Phra Lan Rd, Phra Nakhon,Bangkok,Krung Thep Maha Nakhon 10200, Thailand
◇アクセス:ワットプラケーオは近くに最寄り駅がないため、水上バスに乗っていくのがおすすめ。BTS(高架鉄道)のウォンウェイヤイ行きに乗りサバーン・タクシン駅で下車。改札の出口を左方向に歩き駅出口が左右に分かれているので、左側から階段を下りて100メートルほど進んだ正面が水上バス乗り場です。
◇営業時間: 8:00〜18:30
◇電話番号: (+66)2226-0335
◇料金:500バーツ

ワット・ポー

全長49メートル、高さ12メートルの寝釈迦仏は圧巻の寝姿です。

基本情報<ワット・ポー>

◇住所: 2 Sanamchai Road. | Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok 10200, Thailand
◇アクセス:ワット・プラケーオと同じです。
(ワット・プラケオから徒歩10~15分)ワット・プラケオを出て左へ進むと、”マハラート通り”との交差点があるので、横断歩道の向かい側へ行き、また左のほうへと歩いていきます。“マハラート通り”をひたすら道なりに約700メートル歩いて行くと”タイワング通り”との交差点があります。交差点を反対側に渡ったところにあるのが「ワットポー」です。
◇営業時間: 8:00〜17:00
◇電話番号:0-2226-0369
◇料金:100バーツ

ワット・アルン(暁の寺)

近くで見ても、遠くから見ても、細かな飾りや造りの迫力が美しく、素晴らしいお寺です。仏塔の階段はとても急ですので気を付けて上り下りしてくださいね。
筆者が訪れた2015年11月は残念ながら工事中でした。
※2016年6月現在、終了時期未定

基本情報<ワット・アルン>

◇住所: 158 Wang Doem Rd,Wat Arun,Bangkok Yai,Bangkok 10600,Thailand
◇アクセス:ワットポーの近くのティアン船着場から渡し舟で約5分。ワットアルン船着場を降りたすぐ側です。
◇営業時間: 8:00〜18:00
◇電話番号:(+66)2891-2185
◇料金:50バーツ

2.ジム・トンプソンの家【バンコク】

アメリカの実業家で、タイのシルク王ジム・トンプソンの住居が博物館として公開されています。トンプソンが収集した仏教芸術作品などが展示されていて、一度は行ってみる価値あり!

併設されたショップではタイシルクを販売していて、女子にはたまらないかも。日本語案内もあるので安心ですね。

基本情報<ジム・トンプソンの家>

◇住所: 6 Soi Kasemsan 2,Rama 1 Rd,Bangkok 10110,Thailand
◇アクセス:BTSサイアム駅の隣あるサナームキラーヘンチャート駅(ナショナル・スタジアム)から歩いて約10分。無料の電気カートで送迎もしてくれる。
◇営業時間: 9:00〜18:00
◇電話番号: (+66)2-216-7368
◇料金:150バーツ(22歳以下は100バーツ)
  • 6/1 Soi Kasemsan 2, Rama 1 Road
  • +66 2 216 7368

3.サイアムスクエア【バンコク】

女子旅の醍醐味はショッピング!バンコクで買い物するならココ、「サイアムスクエア」。

バンコクのサイアム地区にある繁華街。サイアム・センター(及びサイアム・ディスカバリー・センター)、MBKセンター(マーブンクロン・センター)、サイアム・パラゴン、バンコク伊勢丹、ラチャプラソンやスクムウィット通り等の主要ショッピング街につながっている。

夢中になって買い物していると足が疲れ果てるので、歩きやすい靴を履いてくださいね!

基本情報<サイアムスクエア>

◇英名:Siam Square
◇住所:所在地:Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330, Thailand タイ
◇アクセス:BTSサイアム駅
  • Rama I Rd, Khwaeng Wang Mai, Bangkok, Thailand

4.ルブアアットステートタワー 「シロッコ」【バンコク】

世界一高い場所にある屋外レストラン「シロッコ」。ビルの63階(入り口は64階)にあり、バンコクの夜景が一望できる。レストランの値段がお高いのでちょっと…という場合は「スカイバー」のみの利用も可能。異国の地で大人な夜を体験してみては?

※ドレスコードが適用されます。
スポーツウェア、リップドクローズ、サンダル・スリッパ(男性はフルカバーの履物のみ)、男性のショートパンツやノースリーブでの入店はできません。

基本情報<シロッコ>

◇住所: 1055 State Tower, Silom Road,Bangrak,Bangkok,Thailand
◇アクセス:BTSサパーンタクシン駅3番出口を出てすぐの道(ジャルンクルン通り)を左に曲がり、そのまままっすぐ、シーロム通りに出るまで歩く。ソイ50、46、44、42/1、42と数が少なくなるほうへまっすぐ。ホテルが見えたら道の反対側へ渡る。
◇営業時間: 18:00〜1:00
◇電話番号: (+66)2-624-9555
  • State Tower, 1055 Si Lom, Bang Rak, Khet Bang Rak, Thailand

5.アガリコ【バンコク】

“カワイイ”が大好きな女子のツボをずばり押さえた隠れ家カフェ!スクンビット通りにあるティールーム「アガリコ」。表立った看板はなく、扉を開けると、そこにあるのは純白と濃紺で統一された清楚な雰囲気。アンティーク好きな女子にはたまらない空間が広がります。

基本情報<アガリコ>

◇住所:20 Sukhumvit Soi 51,Bangkok 10110,Thailand
◇アクセス:BTSスカイトレイン・トンロー駅の1番出口を出て、そのままの方角でスクンビット通りを真っ直ぐ歩いてスクンビット通りソイ53を通り過ぎ、スクンビット通りソイ51に入る。ソイの入り口から30メートルほど入った右手の白い建物の真ん中に「アガリコ」の入り口があります。
◇営業時間:10:00-18:00(金・土・日曜のみ営業)
◇電話番号: (+66)2662-5857
  • 東京都豊島区池袋2-10-61階

6.ザ・ペニンシュラスパ【バンコク】

女子が大好きなスパ。バンコクで極上のサービスとスパを受けるならザ・ペニンシュラスパがおすすめ!

基本情報<ザ・ペニンシュラバンコク>

◇住所:333 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok 10600, Thailand
◇営業時間:9:00-23:00
◇電話番号: (+66)2-626-1946
  • 東京都千代田区有楽町1-8-1ザ・ペニンシュラ・ホテルB1階
  • 0362702717

7.チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット【バンコク】

名前の通り”週末だけ”の超巨大市場。一日かけて楽しめるほど広く、行くだけでテンションが上がるバンコク随一のショッピングスポット!せっかくの女子旅、思いっきりショッピングを楽しみましょう。範囲がとても広く、迷ってしまうので、入口にいるスタッフに地図をもらいましょう。

基本情報<チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット>

◇住所:Kampaengphet 3 Rd., Ladyao , Chatuchak district , Bangkok 10900
◇アクセス:【MRT】ガムペーンペット駅の2番出口出てすぐ。
【BTS又はMRT】BTSモーチット駅の1番出口もしくは、MRTチャトゥチャック公園駅の1番出口を出て、“チャトゥチャック公園”内に入ります。公園を左へ道なりに進んでいくと、チャトゥチャックの出入り口に到着します。
◇営業時間:8:00-19:00(土・日曜のみ営業/営業時間は店によって異なる)
◇電話番号: (+66)2-272-4575
  • 94/3 ถนน กำแพงเพชร 6 Khwaeng Lat Yao, Khet Chatuchak, Krung Thep Maha Nakhon 10900, Thailand
  • 02-272-4575

8.スコータイ歴史公園【スコータイ】

スコータイ歴史公園(スコータイれきしこうえん)は、タイ王国・北部にあるタイ族最古のスコータイ王朝の都跡。歴史公園はスコータイ旧市街にある。近隣のシーサッチャナーライ歴史公園や、カムペーンペット歴史公園と併せて「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」としてユネスコの世界遺産に登録されている。

出典:ja.wikipedia.org

基本情報<スコータイ歴史公園>

◇住所:Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
◇アクセス:新市街からスコータイ歴史公園の間はソンテウが運行しています。歴史公園内はレンタサイクル、またはトラムでの移動が便利。その他にサームロー・ティブ(人力三輪車)などがあります。
◇営業時間:6:30-18:00、土曜のみ6:30~21:00(ライトアップは土曜のみ18:00~21:00)
◇電話番号: (+66)55-697-310
  • Mueang Kao, Mueang Sukhothai District, Thailand

9.ピピ諸島【クラビ】

タイでも有数のダイビングスポットを持つ秘島・ピピ諸島。その豊かな自然、美しい海の中で優雅に女子旅バカンスしたい!
  • Phi Phi Islands, Krabi, Thailand
  • 03-3218-0355

10.水上マーケット【ダムヌンサドゥアック】

タイならではの観光スポットといえる水上マーケット。値引き交渉を上手にして、お得にお買い物を楽しみたいですね。朝7:00~9:00が一番活気に溢れている時間帯だとか。早起きをして行きましょう。

基本情報<ダムヌンサドゥアック水上マーケット>

◇アクセス:【バス】バンコク・南バスターミナルからバスが午前6時から40分おきに出ています。ダムヌンサドゥアック行きのバス(78番)80バーツ。
◇所要時間:2時間
◇営業時間:7:00-14:00
  • 451/304 หมู่ 12 ตำบลหนองบรือ Amphoe Bang Lamung, Thailand
  • 088-444-7777

11.カレン族の村

首長族として有名なカレン族(カヤン族)。実は首が長いのではなく、肩が極端に下がって変形しているため長く見えるのだそう。同じ女性として興味深いですよね。

基本情報<カレン族の村>

◇アクセス:交通の便が悪いので、ツアーを申し込むのが無難。
◇入村料:250バーツ

12.サムプランリバーサイド(旧ローズガーデン)【サムパーン】

バンコクの南西約30kmの位置にある広大なレジャーランド。1日2回開催されるカルチャーショーでは、古典舞踊や伝統儀式、ムエタイ、農村での昔ながらの暮らしぶり、象の曲芸など、様々なタイの文化に触れることができます。

基本情報<サムプランリバーサイド(旧ローズガーデン)>

◇住所:Phet Kasem, Yai Cha, Sam Phran, Nakhon Pathom 73110
◇アクセス:バンコク新南ターミナルからナコンパトム行き旧道経由のバスで約55分※ツアーに参加するのが便利です。
◇営業時間:6:30-18:00、土曜のみ6:30~21:00(ライトアップは土曜のみ18:00~21:00)
◇電話番号: (+66)34-322-544
◇入場料500バーツ(タイ伝統文化体験料込)。象乗り、カルチャーショーは別途料金がかかります。
  • Plumblossom Ln, Highland, United States

13.パタヤビーチ【チョンブリー】

バンコクから車で約2時間、タイの主要空港であるスワンナプーム国際空港からも2時間あまりで行くことが出来る話題のビーチリゾート。

パタヤの有名ディスコ「ハリウッド」

マリンスポーツやアウトドアスポーツなどのアクティビティを中心とした昼の観光以外にも夜の観光が活発なのも人気の一つ。
  • BeachRd,MuangPattaya,AmphoeBangLamung,ChangWatChonBuri20150タイ

14.ロイクラトン【チェンマイ】

by sayots
タイ人用(外国人参加可)のロイクラトンは仏教のルールに沿って選ばれるため、ギリギリの日程(約2週間前)で決まります。2016年のロイクラトンは11月15日ごろか、または11月14日という情報もあります。ロイクラトンは陰暦の12月の満月の日で、2016年のその日は11月14日です。

基本情報<ロイクラトン>

◇お問い合わせ先:タイ国政府観光庁(TAT) チェンマイ・オフィス(英語/タイ語)
◇住所:105/1 Chiang Mai-Lamphun Road, T.Wat Gate, A.Muang, Chiang Mai 50000
◇電話番号:053-248-604~5
◇Fax:053-248-606
◇Facebook:www.Facebook.com/TATChiangmai.FanPage
◇Twitter & Instagram: @TAT_Chiangmai

チェンマイ市庁舎(タイ語/英語)
Tel: 053-252-557、053-233-178

確実に参加するためにはイーペン・ランナー・インターナショナル(観光客用)を各ツアー会社に問い合わせを。

  • 東京都渋谷区神宮前1-8-10ジアイスキューブス8・9階

15.バン・パイン宮殿【アユタヤ】

バン・パイン郡にある数多くの宮殿からなる宮殿群。1637年アユタヤ王朝24代目のプラサート・トォン王が建てた宮殿で、歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用されていた。その息をのむ美しさは一見の価値あり。

基本情報<バン・パイン宮殿>

◇住所:Ban Len, Bang Pa-in District, Phra Nakhon Si Ayutthaya,
◇アクセス:バンコク市内より、車で約1時間15分
◇営業時間:8:00〜17:00 (チケット購入8:00〜15:45)
◇電話番号: (+66)35-261-044
◇入場料:100バーツ(※カートでの見学は400バーツ/台)
  • ถนนปราสาททอง, ตําบลบ้านเลน อําเภอบางปะอิน พระนครศรีอยุธยา, Thailand
  • +66 35 261 044

16.サメット島【ラヨーン】

バンコクから一番近いリゾート!手軽に白い砂浜・青い海を体験できるおすすめ観光スポットです。

基本情報<サメット島>

◇アクセス:対岸のバンペー港から連絡船で行くことができる。所要時間は約40分。
◇入島料:400バーツ
  • Phe, Mueang Rayong District, Rayong, Thailand
  • 0899384828

17.ドイ・インタノン国立公園【ドイインタノン】

山ガール必見!タイ最高峰のインタノン山にある国立公園で、豊かな自然林が堪能できる。高地にあるため乾季(11月~2月)はかなり冷え込みます。上着を忘れずに!

基本情報<ドイ・インタノン国立公園>

◇所在地:2 Ban Luang, Chom Thong District, Chiang Mai 50160 タイ
◇面積:482 km²
◇電話番号:+66-53-355-728
  • タイ 〒50160 Chang Wat Chiang Mai, Chom Thong District, Ban Luang, Thailand

18.ホアヒンビーチ【ホアヒン】

タイ王族の愛す避暑地として知られ、一年を通じて温暖な気候と、豊かな自然、そして澄んだ空気に囲まれている。日本人にはまだあまり知られていない大人のリゾートは女子旅にぴったり!

基本情報<ホアヒンビーチ>

◇アクセス:
<電車>バンコクのフアランポーン駅から快速・急行・特急が1日10本運行。所要約3.5時

<バス>バンコク南バスターミナルから45分ごとに運行。所要約2.5〜3時間
スワンナプーム国際空港から1日6本運行。
<乗り場>空港ターミナル1F 8番ゲート
  • 1 Damnernkasem Road, Hua Hin, Thailand

19.水かけ祭り「ソンクラーン」【バンコク】

クレイジー!なお祭り「ソンクラーン」。タイ国内は祝日。水を掛け合い正月を祝うというスタイルから、別名「水掛け祭り」とも呼ばれています。恋人だとぐちゃぐちゃな姿は恥ずかしいけど女子旅だったら関係なし!友達と、見知らぬ人と、がんがん水を掛け合いましょう!

基本情報<ソンクラーン>

◇開催場所:ワット・ポー、カオサン通り、シーロム通り、王宮周辺など

20.プー・チー・ファー

タイ北部チェンライとラオスとの国境に位置する絶景スポット「プー・チー・ファー」。朝日に照らされた幻想的な雲海は小さな悩みなどどこかへ吹き飛ぶほど美しい。

基本情報<プー・チー・ファー>

◇アクセス:交通機関で行くのは難しいので、ツアーかレンタカーで行くのがおすすめです。
◇ベストシーズン:11月~3月(寒いので上着を忘れずに)。
  • Lao People’s Democratic Republic

まとめ

タイのおすすめ観光スポット20選、いかがでしたか?
女子旅だからできること、女子旅だから楽しいこと、がタイでは特に多い気がします。

英語は観光スポットのスタッフでないと話せない人が多いですが、片言ながらも必死に道案内してくれたり、親切にしてくれます。
もちろん人柄が良いとはいえ、日本ほど治安は良くないので十分に気を付けて、良い旅の思い出を作ってくださいね!

「新潟市水族館 マリンピア日本海」でしたい5つのこと

新潟の魅力が詰まってる!新潟県内のおすすめ道の駅10選

関連記事

  1. シンガポールのカラフルで可愛いおすすめフォトジェスポット8選

    ここ最近じわじわ人気を集めている旅行先、シンガポール。そんなシンガポールでおすすめしたいカラフル…

  2. シンガポールから約1時間で行けるインドネシア「ビンタン島」のおす…

    インドネシアのビンタン島は、シンガポールから約1時間で行けるリゾートアイランドです。島には手つか…

  3. 『彩虹眷村』が新たな観光名所として話題!一人の老人が描くカラフル…

    初めての海外旅行として一人でも、大勢でも楽しめる台湾。夜市や九份といった多くの名所がありますが、何度…

  4. 南国ベトナムの果物のニュースや有名なコーヒー・ビールなど人気&お…

    ベトナムって、どんな物飲めるのでしょうか。  南国フルーツが満載の国ですし、果物のジュースは美味…

  5. アンコールワット遺跡があるシェムリアップ近辺のおすすめのサンライ…

    カンボジアといえば、アンコールワットなどの遺跡巡りをまず想像する方が多いと思います。もちろんシェ…

  6. シンガポールで絶対に食べたい「ペーパーチキン」の一番美味しいお店…

    シンガポールはグルメの宝庫です。中でも特におすすめなのが「ペーパーチキン」と呼ばれる料理。シンガ…

  7. 台湾の人気リゾート地「小琉球」を徹底紹介!

    近年、台湾でもリゾート地として注目されている南に位置する離島、「小琉球」。小さな島ですが、アクティビ…

  8. マレーシア女子旅のおすすめ観光&グルメスポット20選

    マレーシアの女子旅は観光!食べる!大自然や異国情緒たっぷりの世界遺産を巡る観光だけじゃない!美味…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss