タイの王室御用達の避暑地「ホアヒン」のおすすめの優雅な過ごし方

タイのロイヤルファミリー御用達の避暑地、ホアヒン。日本で言うところの軽井沢と言ったところですが、意外と日本人には知られていない穴場スポット。ホアヒンには海あり山ありのアクティビティーがたくさんありますが、今回は優雅な過ごし方をお勧めします!

王室御用達のロイヤルリゾートというだけあり、街並みも綺麗で落ち着いた雰囲気。ゲストハウスから高級ホテルまで揃う宿泊施設に、ビーチはもちろんマーケットや観光スポットも充実しているのですが、意外なほど日本人旅行者に知られていません。

出典:allabout.co.jp

王室の保養地として古くから発展した優雅な気品漂うリゾート地。静かな白い砂浜と、それに沿って建ち並ぶワールドクラスのラグジュアリーホテル、、ここでは、都会の喧噪から離れ、ゆったりと穏やかな時間を過ごすことができます

出典:www.thailandtravel.or.jp

ホアヒンはバンコクのスワンナプーム国際空港から車で3時間ほどのビーチリゾートです。
タイは蒸し暑いイメージですが、ここホアヒンはロイヤルファミリーの避暑地としても有名な地域で、山と海に囲まれた爽やかな地域です。
【アクセス】
鉄道:バンコク ホアラポーン駅から快速、急行、特急が1日10本運行 約3.5時間
バス:バンコク南バスターミナルから45分ごとに運行 約2.5〜3時間
スワンナプーム国際空港 空港ターミナル1F 8番ゲート
時刻表:07:30,09:30,11:30,13:30,16:30,19:30

1.まずはビーチで疲れを癒しましょう!

浜辺にシートを敷いて屋台などで買った海産物を食べたり、静かなビーチでゆったりと過ごせるので、おすすめだそうです。タイ人に連れて行ってもらえたら、地元のタイ人にホアヒンの静かなおすすめビーチを紹介してもらえるかもしれません。

出典:www.bangkoknavi.com

ホアヒンビーチは端から端まで歩いていける規模ではあるが、原則としてエンジン付きマリンスポーツが禁止されているため、ゴミゴミした感じも騒音もなく、静かなプライベートビーチ感覚だ。

出典:yuuma7.com

ホアヒンのビーチは真っ白い砂のビーチです。約3kmと短めですが、静かで美しいビーチです。
パラソルの下で、ゆっくりトロピカルカクテルを飲みながら、旅の疲れ、日々の疲れを癒しましょう。
【アクセス】
バンコクBTS Victory Monument(戦勝記念塔)駅下車、Century Plazaから乗り合いバンで約3時間
バンコク南バスターミナル(午前5時~午後10時)バスで約3時間

2.ロイヤルファミリーの遊び場?!~ロイヤル・ホアヒン・ゴルフクラブ~

タイでもっとも早くにゴルフ場がオープンした地であり、現在も王室専用のコースがあるほど。それだけにホアヒンのゴルフ場はどれも格式が高く本格的。

ホアヒン内陸部の冷涼な気候の中でプレーするゴルフは快適であるだけでなく、そのコースの難度との闘いを楽しめるとして人気がある。

出典:yuuma7.com

駅からもコースが眺められるという好立地ながら、敷地面積は壮大で、タイのゴルフを知る上では、是非ともラウンドしてほしいコースにひとつで、コースクオリティに関しても、過去にキングスカップなどのトーナメントが開催されたことなどから申し分ない。

出典:worldgolf-network.com

かつては王族しかプレーが許されなかったゴルフ。なんて贅沢なのでしょう!
もちろん今は一般の我々もプレーできますよ。
王族が踏んだ地でプレーしてみませんか?
【アクセス】
ロイヤル・ホアヒン・ゴルフクラブ
営業時間:6:00~ プレー開始最終時間は13:00
定休日:無し
ホアヒンの中心部から10分

3.海辺を優雅に馬で散歩してみよう

ホアヒンのビーチでは乗馬がアクティビティとして楽しめます。「海辺で乗馬」なんて、上品な王室リゾート気分。白い砂浜を颯爽と風に吹かれながら駆け抜けるのは気分爽快!

出典:allabout.co.jp

マリンスポーツが制限されているホアヒンでは、ビーチでの乗馬を楽しむことができます。白くてキレイで静かな砂浜で、優雅に乗馬をしていると、まるで自分も王室の一員になったかのような気分になれます。

出典:blog.compathy.net

海辺で乗馬!なかなかないですよね。とっても優雅な気分に浸れること間違いなし!
オススメは陽が昇りきる前の午前中の早いうちか、陽が落ちてきた夕方くらいです。
ゆったりと歩く馬にゆられて海岸を散歩してみましょう。
【乗馬をするには】
ホアヒン・ビーチで15-20分で200-300B交渉次第

4.ホアヒンの町を一望できるお寺でお参り~カオ・タキアップ~

頂上に至る階段は長く急ですが、そこからの眺めは最高です。眼下に見下ろせるのはホアヒンのビーチで、緑濃い山々を背にした白く長い砂浜は美しく、おだやかな海から吹いてくる風はとてもさわやか。

出典:www.shindai.co.th

ここのお寺はホアヒンが一望できるビューポイントですー
ホアヒンを南下した小高い丘の上にあります。
ちなみに別名「モンキーマウンテン」だって。
だからねーサルがいっぱいいます

出典:sayabangkok.doorblog.jp

ハードな階段を上ると・・・素晴らしい景色を一望できます。
ホアヒンの美しいビーチ、小さな街並み、海を見つめる仏像の穏やかなまなざし。
いつまでもぼんやりと眺めていられそうです。
【アクセス】
Khao Takiap(カオタキアップ)
営業時間:9:00~17:30
入場料:無料(任意の参拝料を寺院内の寄付ボックスへ)
定休日:無し
ホアヒン駅から車で約30分
  • 123, 55 Nong Kae-Takiap, Tambon Nong Kae, Amphoe Hua Hin, Chang Wat Prachuap Khiri Khan 77110 タイ

5.ロイヤルファミリーの別荘を見学~マルカタイヤワン宮殿~

ラーマ6世時代の宮殿。高床式、総チーク材の宮殿は淡いブルーとイエローで塗られていて、青い海と空にやさしく溶け込む色調です。館内には当時の写真や調度品が数多く残されていて、古き良きタイにタイムスリップした気になれます。

出典:www.bangkoknavi.com

色彩豊かな当時の衣装や、可愛らしい家具。
各部屋にそれぞれ特徴があり、見ているだけですが、全く飽きない空間でした。
内装はちょっと濃い水色や青を使い、少し落ち着いた雰囲気になっていたのも凝っているなぁと感心

出典:ameblo.jp

椰子の木陰に潮風が抜けて、これこそ真のリゾートライフです。宮殿が面している砂浜はもちろんプライベートビーチで、見学客以外の姿はありません。
こんな宮殿でゆっくり過ごせた当時の王族がうらやましいものですね。

出典:www.shindai.co.th

現代では建造することが難しいチーク材の宮殿。色合いもパステル調の優しい雰囲気。
置かれている調度品もかわいらしく、ホアヒンの過ごしやすい小さな別荘、と言った風情。
ここで過ごせた王族は本当に羨ましくなっちゃいます!
【アクセス】
Marukhathaiyawan Palace(マルカタイヤワン宮殿)
TEL:032-508-444
営業時間:8:00~16:00
定休日:水曜
入場料:30バーツ
ホアヒン駅から約15分。市内中心部から10キロ
  • Cha-am Phetchaburi 76120
  • 032-508-444, 032-508-445

6.タイでワイン?!ワイナリー見学へ行ってみよう!

東南アジアのワイン界を牽引する存在と言っても過言ではないモンスーンヴァレー。

出典:yumyam47.com

日本国内のタイレストランでもけっこうメニューに載っているので、タイ好きにとっては、すでにおなじみのワインかもしれません。
ワイナリーの所在地は、王室の保養地として知られるタイの葉山、ホアヒン。バンコクからは車で約3時間。

出典:freestylef.exblog.jp

ホアヒンヒルズビンヤードという540エーカー(65万坪?)広大な葡萄畑&リゾートがあります。
景観のすばらしさは想像以上。
本当に驚きました。

出典:d.hatena.ne.jp

タイと言えばビール!ではなく、今回はワインです。
フランスイタリアに比べたら歴史も浅いですし、味もまだまだ軽めのワインですが
こちらは本当に雰囲気も良く、エスニックに良く合うワインばかり。
【アクセス】
Hua Hin Hills Vineyard(ホアヒンヒルズヴィンヤード)
住所:204 Moo9, Baan khork Chang Patana, Nong Plup, Hua Hin, Prachuap Khiri Khan
TEL:081-7018874
営業時間:8:30~18:30

7.お土産物を調達しにマーケット巡り!

ホアヒンで一番有名な「ナイトマーケット」。ホアヒンの中心部で、夕方6時くらいからナイトマーケットが開かれます。毎日地元タイ人、旅行で訪れたタイ人、外国人で大盛況です。

出典:allabout.co.jp

結構いい雰囲気です。
古き良き時代のホアヒンの町並みを再現したそうです。
そこにおしゃれなショップや食べ物やさんがたくさんあります。
ブティック、アイスクリーム屋、地ビール屋さんなど。

出典:rachaburi.ti-da.net

なんといっても
ちょっと、買い食いができちゃうところが
ナイトマーケットのたまらないところ!

安くって、何コレ?と宝探し感覚
そして、おいし~

出典:4travel.jp

バンコクに比べたらマーケット自体は少なく規模も小さいですが、
マーケット自体がおしゃれな作りになっているところがホアヒン。
やっぱりお買い物はマーケットでプラプラしながら、ひやかしながらが楽しいですものね!
Plearnwan Hua Hin(プルーンワン・ホアヒン)
住所:4/90-95 Soi Moo Ban Bor Fai Hua Hin
TEL:03-2520-311
営業時間:月~木9:00~21:00、金~土9:00~23:00、日9:00~21:00
入場料:無料

Hua Hin Night Market (ホアヒンナイトマーケット)
営業時間:毎日夕方~深夜(店によって異なる)
アクセス: スラソン通りとペッカセーム通りに挟まれたデチャヌット通り。ホアヒン駅から車で約5分

いかがでしたか?

ロイヤルファミリーの過ごす避暑地というのは万国共通なのでしょうか。
アクティビティーも充実し、過ごしやすい気候、のんびりした雰囲気。
上品でしっとりと過ごすのがホアヒンを楽しむ秘訣。次の長期休暇はホアヒン決定?

タイの秘境「クラビ」のおすすめ絶景ビーチTOP5

タイ東北部ウドンタニの人気&おすすめの観光スポット5選

関連記事

  1. カンボジアに行ったら絶対に買いたい人気&おすすめのお土産7選

    今、日本人にブームのカンボジア。しかし、カンボジアの名産やお土産って、いまいちぱっと思い浮かびま…

  2. ペナン島のジョージタウンにある英国統治時代の要塞跡『コーン ウォ…

    ペナン島北部のジョージタウンにある『コーン ウォリス要塞(Fort Cornwallis)』…

  3. バリ島で話題のお洒落スポット「チャングー」の人気&おすすめのカフ…

    チャングーとは人気観光地であるバリ島の中で急激に開発が進んでいるエリア。お洒落なカフェやレス…

  4. 透明度の高さは世界有数!日本から4時間半の楽園「パラオ」が魅力的…

    パラオという国を聴いたことがありますか?日本から直行便だと4時間半でついてしまう、世界有数の透明…

  5. 一度は泊まりたい!シンガポールの高級ホテルランキングTOP15

    「せっかくの海外旅行だもん、奮発して高級ホテルに泊まりたいっ!」「一生の記念に、あの豪華ホテルに…

  6. シンガポール旅行の最新の人気&定番おすすめのお土産8選

    アジアでも人気の旅行先、シンガポール。シンガポール旅行に行った際のお土産に迷ったときにぜひ参考にして…

  7. ベトナム・ハノイのリーズナブルな料金で宿泊できる人気&おすすめの…

    ベトナムの首都であるハノイに位置する、おすすめのホテル情報30選をご紹介します。とてもリーズナブ…

  8. タイに行ったら絶対に訪れたいバンコクの有名レストラン10選

    日本から数時間でアクセスできることもあり、人気旅行スポットのタイ。とくにタイ料理は日本でも見かけ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss