スコットランド唯一の中世教会・街のシンボル「グラスゴー大聖堂」

街のシンボル「グラスゴー大聖堂」スコットランド唯一の中世教会

スコットランド「グラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)」は、この街の創始者であり守護聖人として崇められてる聖マンゴーの墓所がある観光名所で、グラスゴー発祥の地として知られています。広場前の宗教博物館ではキリスト教をはじめ、ヒンドゥーや仏教など、世界中のさまざまな宗教に関する美術品が展示されています。聖マンゴーの墓石が安置された地下聖堂など、プロテスタント革命での破壊を免れて現存する歴史的建築物は見応えたっぷりです。大きな窓を飾る荘厳なステンドグラスもミステリアスな、グラスゴー大聖堂をご紹介します。

グラスゴー大聖堂とは

by Rorals
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)に属する国のひとつであるスコットランド最大の都市グラスゴーは、古くからタバコ貿易や造船業で栄え、現在でも海軍の造船所が所在するなどイギリス造船の要所として知られています。スコットランドではエジンバラに次いで世界中から多くの観光客が訪れる人気の名所です。
そんなグラスゴー屈指のゴシック建築として知られる「グラスゴー大聖堂(Glasgow Cathedral)」は、グラスゴー発祥の地ともいわれる街のシンボル的建造物で、スコットランドで唯一の中世期のカーク(教会)です。グラスゴーの守護聖人で“聖マンゴー”の愛称を持つ聖ケンティゲルン(saint Kentigern)が7世紀初頭に葬られた地であることから「聖マンゴー大聖堂」や「聖ケンティガーン」などの別名で呼ばれることもあります。

グラスゴーの守護聖人「聖マンゴー」

壮麗な外観と高くそびえる屋根の尖塔から“グラスゴーのハイ・カーク(High kirk of Glasgow)”とも称されるグラスゴー大聖堂は、スコットランド国内でプロテスタント革命を生き延びた唯一の中世の教会です。6世紀初頭に聖マンゴーが築いた教会はキリスト教巡礼の中心地として栄え、グラスゴーの街が形成されました。聖マンゴーは今も街の創建者であり守護神として崇められています。
聖マンゴーのシンボルは、彼が起こしたとされる4つの奇跡を表す「ツグミ」「ヘーゼルの枝」「鐘」「魚と指輪」で、グラスゴーの紋章にも描かれています。聖マンゴーは死んだ小鳥を蘇らせたり、消えた修道院の火を木の枝で復活させたり、クイーン・ラングレアの指輪を川魚の体内から発見しました。聖マンゴーによってローマから鐘を持ち込まれたという鐘は現存しませんが、1640年代に造られたレプリカが今も展示されています。

ステンドグラスと地下聖堂

現在の建物は12世紀以降に建設が始まり、増築を繰り返しながら15世紀までに完成したといわれます。アーチ型の天井に向かって伸びる柱、歴史のある木製天井、薄暗い堂内に浮かび上がる大きな窓など、いずれも重厚な佇まいで歴史を感じます。グラスゴー大聖堂の荘厳なステンドグラスは1947年(昭和22年)以降に造られたもので、建物全体に比べれば新しいですが、大変美しく見応えがあります。
薄暗い地下聖堂へと歩を進めれば、そこには聖マンゴーの墓石(St. Mungo’s Tomb)が安置されています。またスコットランドの伝説的な対イングランド独立戦争の英雄で軍事指導者だったウィリアム ウォレス(William Wallace)や、スコットランド国王の支援者でプロテスタントの殉教者ウィシャート司教のモニュメントも必見です。

聖マンゴー宗教博物館

グラスゴー大聖堂の向かいに建つ「聖マンゴー宗教博物館 (St Mungo Museum of Religious Life and Art)」は、中世の建物を模して1993年(平成5年)にオープンした宗教美術の博物館で、キリスト教関連のみならず世界中の主教に関する資料を展示しています。教会のステンドグラスから有名なヒンドゥの破壊神シヴァのブロンズ「踊るシヴァ神」まで、さまざまな宗教美術が楽しめます。中庭には日本庭園もあります。
1951年にサルバドール・ダリがハリウッドのスタントマンをモデルに描いたといわれる油彩画「十字架の聖ヨハネのキリスト」は見どころのひとつです。ここに日本のひな人形(girls day dolls)が展示されていることに驚くかもしれませんが、天皇が“現人神(あらひとがみ)”として崇拝されていた明治以降の国家神道を取り上げたものと思われます。1階にはカフェとギフトショップが併設され、2階から上が展示エリアになっています。

基本情報

所在地:2 Castle Street, Glasgow G4 0RH
TEL:0141 552 8198
営業時間:10:00~5:00(曜日によりやや異なります)
料金:無料
定休日:月曜
アクセス:グラスゴー大聖堂より徒歩2分

いかがでしたか?

スコットランドに現存する唯一の中世の教会グラスゴー大聖堂と、聖マンゴー宗教博物館をご紹介しました。日曜の夕方には一般の来場者も参加できる合唱イベントがあるそうです。グラスゴーへお出かけの際はぜひ参考になさってください。

基本情報

所在地:Castle Street, Glasgow, G4
TEL:0141 552 8198
営業時間:9:30-5:30(季節により異なります)
料金:無料
アクセス:グラスゴー国際空港より車で15分

1907年開演!ロンドンのクィーンズ シアターであの名作「レ・ミゼラブル」を観よう!

世界の七不思議!神秘的なイギリスの世界遺産「ストーンヘンジ」

関連記事

  1. プリンセス気分を味わえるカフェ!ロンドンの『Sketch』で優雅…

    ロンドンに行ったら必ず経験したい、本場のアフタヌーンティー。今回はロンドンに数々あるアフタヌーン…

  2. ノルウェー・ベルゲンの人気&おすすめ観光スポット20選

    ノルウェーの第2の町、ベルゲン。フィヨルドツアーの起点としても、人気観光スポットになっています。…

  3. 春爛漫!オランダの世界最大の花の公園『キューケンホフ公園』201…

    春の訪れとともに開園するオランダのリッセにあるキューケンホフ公園。広大な園内には、贅沢に植えられ…

  4. ヨーロッパ人も憧れる!地中海の魅惑の島マルタの人気&おすすめ観光…

    マルタ共和国というと日本では少し馴染みが薄いかもしれませんが,地中海クルーズでは定番の寄港地で,…

  5. 「アンベルク」ドイツの中世の雰囲気を残す素朴で可愛いらしい街

    アンベルクは&#…

  6. ドイツ『ニュルンベルク』の観光スポット10選 中世の雰囲気が漂う…

    クリスマスマーケットで世界的に有名なドイツのニュールンベルク。現在も城壁に囲まれたニュルンベルク…

  7. フランス・パリ旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポ…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  8. ドイツで人気&おすすめの日本人宿7選

    ドイツでおすすめの日本人宿!海外旅行の難点は言葉の壁ですが、ガウティンガーホーフは日本人オーナー…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss