スイスの国際都市ジュネーヴの人気&おすすめの観光スポット8選

いつかじゃなくて今行こう!ジュネーヴ観光で絶対行きたい場所8選

ジュネーヴとはフランスとスイスの国境沿い、レマン湖南西のほとりにある美しいまちです。国連など多くの国際機関が集まり、人口もスイスの主要都市・チューリッヒに次ぐ大都市であるとともに、多くの観光客でにぎわう場所です。今回は、そんなジュネーヴの観光スポットを8つご紹介します。観光ガイドに出てくる場所はもちろん、ちょっとマイナーな場所まで掲載しているので、初めてジュネーヴ観光をする方も少しディープなジュネーヴを知りたい方も必見ですよ!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

1. ジュネーヴ旧市街
2. サン・ピエール大聖堂
3. シテ・デュ・タン
4. アリアナ美術館
5. 国際赤十字・赤新月博物館
6. ルソーと文学の家
7. 国連欧州本部(パレ・デ・ナシオン)
【番外編】
8. トリップ・トラップ・エスケープ

1. ジュネーヴ旧市街

ジュネーヴ観光に外せない場所の1つ目は、「ジュネーヴ旧市街」です。この旧市街地は、ジュネーヴの駅から見て、レマン湖に注ぐローヌ川の対岸にあります。駅周辺は近代的なダウンタウンが広がるのに対して、ローヌ川を渡ると歴史を感じる旧市街が広がっています。
旧市街地は、道に少し傾斜があったり、建物からスイスの国旗をはじめとして様々な旗が掲げられていたり、とっても趣きがある場所です。道沿いにはカフェやレストラン、雑貨屋なども点在しており、ひと休みをしたりお土産探しをしたりするのもとっても楽しいですよ。

詳細情報

  • 1204 Geneve Switzerland

2. サン・ピエール大聖堂

こちらは、ジュネーヴ旧市街のシンボル的存在である「サン・ピエール大聖堂」です。旧市街の中でもっとも高い建物であるこの大聖堂は、ほとんどの場所から見つけることができます。ジュネーヴはフランス語圏の宗教改革の中心であるカルヴァンが拠点とした都市でもあり、この大聖堂はカルヴァンの拠点だったとも言われています。
大聖堂の中の見学はもちろんですが、大聖堂を訪れた際はぜひ大聖堂の塔にも登ってみてください。ヨーロッパの大聖堂を登ると基本的に赤や茶色の屋根が特徴的な建物が広がっていますが、ここジュネーヴではそれらの建物に加えて広大なレマン湖が広がる景色も楽しめますよ。

詳細情報

  • place du Bourg-de-Four 24, Geneva 1204, Switzerland

3. シテ・デュ・タン

スイスの時計産業の中心地として、ジュネーヴは16世紀ごろから栄えてきました。このシテ・デュ・タンは、フランス語で「時の島」を意味しており、ローヌ川に浮かぶ小さな島の中に位置しています。ここは、12の時計のブランドを有する「スウォッチ・グループ」がプロデュースした「時」をテーマにしたミュージアムです。
このミュージアムの建物は、かつて水道局の取水所や発電所として使われていたもので、現在は3階にスウォッチブランドの様々な時計の展示がなされています。館内の入場料は無料の小さなミュージアムですが、一つ一つの時計の個性の豊かさに目を奪われる場所ですよ。

詳細情報

  • Pont de la Machine 1, 1204 Geneva, Switzerland
  • +41 (0)22 818 39 00

4. アリアナ美術館

この「アリアナ美術館」は、緑豊かなアリアナ公園内に位置する宮殿のような外観の美術館です。ここは、スイスで最も大きな陶磁器とガラス製品の美術館として知られており、その規模はヨーロッパでも最大級だともいわれています。
その展示物は古今東西のバラエティに富んだものばかりで、その展示方法もとても興味深いですよ。例えば、東洋の陶磁器と、それをまねて西洋で作られた陶磁器が近くに並べられているので、言葉が分からなくても十分に楽しめるのです。美しい陶磁器とガラスの世界にうっとりしてしまうこと間違いなしですね!

詳細情報

  • Avenue de la Paix 10, Genève
  • +41 22 418 54 50

5. 国際赤十字・赤新月博物館

国連の期間が集まるジュネーヴでとても有名な博物館の一つが、この「国際赤十字・赤新月博物館」です。ここでは赤十字の成り立ちから現在に至るまでの活動が紹介されています。日本語のオーディオガイドも用意されているので、英語やフランス語が苦手な方でも安心して見学することができますよ。
ここでは赤十字の活動や医療に関することはもちろん、政治的に迫害された人々や戦争の悲惨さなどもテーマとして扱っています。一見すると気分が重くなってしまうような場所に見えますが、現代に生きる私たちも知っておきたい歴史上の事実や考え方など、学ぶべき事柄が詰まった場所なんですよ。

詳細情報

  • Avenue de la Paix 17, Genève, Switzerland
  • +41 22 748 95 11

6. ルソーと文学の家

「ルソーと文学の家」は、ジュネーヴ出身の哲学者ルソーの生家をリノベーションした博物館です。ここにはルソーの人生や思想に関する展示や、彼に影響を及ぼした文学作品、また彼に対する著名人のコメントなどが収められており、様々な角度からルソーという哲学者について学ぶことができます。
小規模の博物館ですが、歴史的な博物館とは違うモダンアートのように並べられた展示物は見ているだけでも楽しいですよ。日本語のオーディオガイドもあるのが嬉しいポイント。ガイドの時間は25分と短めなので、ジュネーヴ観光の合間にちょっと立ち寄ってみるのにもぴったりなスポットです。

詳細情報

  • Grand-Rue 40, Genève, Switzerland
  • +41 22 310 10 28

7. 国連欧州本部(パレ・デ・ナシオン)

やはりジュネーヴ観光に外せないのは「国連欧州本部」です。この建物はベルサイユ宮殿の総面積に匹敵するほど大きく、世界最大の会議場として知られています。建物の外観だけでも圧倒されてしまいそうですが、時間が許すのであればぜひ建物内の見学ツアーに参加するのがおすすめです。
日本語でのツアーはなく英語のツアーが用意されていますが、言葉が分からなくても、内部を見学するだけで国連の歴史を感じられたりや世界平和について考えさせられたりしますよ。なお、ツアーは平日中心に開催されており、会議の予定に応じて平日でも行っていない場合があるので、あらかじめ調べておきましょう!

詳細情報

  • UNO Palais des Nations Avenue da la Paix 14 Portail de Pregny, Genève
  • +41 (0)22 917 48 96

【番外編】

8. トリップ・トラップ・エスケープ

「トリップ・トラップ・エスケープ」とは、脱出ゲームを楽しむことができる施設です。実は日本ではあまり知られていないのですが、ジュネーヴのまちにはかなりの数の脱出ゲーム施設があり、脱出ゲームはヨーロッパ系の観光客をはじめとしてとても人気なんですよ。
脱出ゲームの臨場感はもちろん、この施設は一つ一つの部屋の造りが凝っているのがおすすめポイントです。とてもおしゃれなレトロな部屋やモダンでシンプルな部屋が続いており、パズルを解くことで脱出を図るゲームです。周りの友達が知らないジュネーヴ観光がしたい!という好奇心を刺激すること場違いなしのスポットですよ!

詳細情報

  • Chemin de la Gravière 6, 1227 Les Acacias, Geneve, Switzerland

ジュネーヴを楽しもう!

いかがでしたか。今回は、スイス・ジュネーヴで外せない観光地を、定番を中心に番外編も加えて8つご紹介しました。ジュネーヴに行く際はぜひ参考にしてみてくださいね。楽しい旅になりますように!

スイスのチューリヒでおすすめのカフェ10選

マッターホルンの麓の美しい村ツェルマットの人気&おすすめ観光スポット5選

関連記事

  1. 平成最後の春、京都の“満足度120%”の春旅スポットまとめ

    ついに迫り来る平成最後の春。そんな平成最後の春休みどこに行こうと迷ってる方も多いのではないでしょ…

  2. え、この形って◯◯◯だよね?オーストリアの伝統菓子がエロすぎると…

    一見我が目を疑うこの見た目、実はオーストリアの伝統菓子「ヴィーナスの乳首」といいます。今度は、我…

  3. カンクンの人気&おすすめの観光・グルメスポット20選

    マリンスポーツにショッピング、観光に夜遊び。大人な都会的な遊びも盛り込んで、こんなにいっぱいでき…

  4. 常夏の国フィリピンで、様々なタイプのスイーツ三昧、おすすめスイー…

    フィリピンのスイーツというと、ハロハロが断トツで有名ですが、ハロハロ以外にも様々なタイプのおすす…

  5. わざわざ食べに行きたい山陰グルメ!鳥取・島根のエリア別22選。海…

    豊かな海と山&#…

  6. セブ島にだけ行ってる場合じゃない!マニラが今、熱すぎる10の理由…

    フィリピンと言えば、セブ!という方に、是非、首都・マニラの旅先としての魅力も知ってもらいたい!大…

  7. 大阪・本町に高級食パン「銀座に志かわ」の2号店がオープン!

    2019年1月15日(火)に、水にこだわる高級食パン「銀座に志かわ」の2号店「銀座に志かわ船場本…

  8. 【完全保存版】初めての新潟・佐渡で絶対にやるべき観光おすすめ10…

    明治時代には実は人口No.1だったこともある新潟県。そのため、新潟と佐渡は今でも農業を中心として独特…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss