シルクロードの浪漫に惹かれて。初めてのウズベキスタンなら絶対に行くべき観光スポット9選

シルクロードの浪漫に惹かれて。初めてのウズベキスタン厳選9選

かつてシルクロードの拠点として栄えた中央アジアのウズベキスタン。かつてアジアの文化とヨーロッパの文化と物資が交差し繁栄しました。日本ではマイナーな旅先ですが、魅力的で美しい世界遺産が沢山あり安全で浪漫溢れる国です。美しいブルータイルの建築、可愛くてキュートな刺繍が施された雑貨や陶器。美味しい食べ物。どこか日本の文化を垣間見れる不思議な国ウズベキスタンの魅力をたっぷりお伝えします!これを見れば、あなたも旅に出かけずにはいられなくなることでしょう!

1.【タシケント】ウズベキスタン工芸博物館
2.【タシケント】ナヴォイ劇場
3.【サマルカンド】レギスタン広場
4.【サマルカンド】ビビハニム・モスク
5.【サマルカンド】シャーヒジンダ廟群
6.【サマルカンド】アフラシャブの丘
7.【サマルカンド】シャブ・バザール
8.【サマルカンド郊外】シャフリサブス
9.【ヒヴァ】イチャン・カラ(内城)

1.【タシケント】ウズベキスタン工芸博物館

ウズベキスタン工芸博物館は、元ロシア公邸の私邸を利用した博物館です。建物自体がゴージャスで天井から床まで細かい装飾が施されています。住宅街の中にひっそりと佇む博物館です。

【開館時間】9ー18時(受付終了17時)
※2017年11月7日時点の情報です。

上から下まで全て細かい模様と多様な色彩で装飾されています。東西の文化の激流地点となったウズベスタンを象徴してるような建物です。
建物自体も素敵ですが、ウズベキスタンの工芸品の展示もされています。展示されてたスザニ(刺繍)をじっくり観るのをオススメします。
■詳細情報

2.【タシケント】ナヴォイ劇場

2番目に是非行ってもらいたいのがナヴォイ劇場です。タシケントの中心地から徒歩圏内で行けます。ナヴォイ劇場は第2次世界大戦後、旧ソ連に抑留され強制労働させられた日本兵によって建てられた劇場です。細部まで細かい装飾が施されている美しい劇場ですよ。
ナヴォイ劇場には、あるプレートが貼り付けられてます。

『1945年から1946年にかけて極東から強制移送された数百名の日本国民が、このアリシェル・ナヴォーイ名称劇場の建設に参加し、その完成に貢献した』

この劇場は、約70年前に日本兵たちが抱いた誇りと努力によってたった2年で完成させました。ぜひ、行ってみてくださいね

■詳細情報
  • Moustafa Kamoul Atatürk 28, Bukhara Street, Tashkent , Uzbekistan
  • +998 71 233 90 81

3.【サマルカンド】レギスタン広場

3番目にオススメするのが、サマルカンドのレギスタン広場です。首都タシケントから列車で2時間程で行けます。サマルカンドは抜けるような青空とモスクの色から「青の都」と言われています。紀元前10世紀ころからオアシス都市として栄えて来ました。レギスタン広場はその中心的な建物です。圧倒的なスケールの建物に感動しますよ。
レギスタンとは砂場の意味で、かつては運河が流れ、砂と沈泥が固まった地帯でした。この広場は当時、国家行事の執行や、罪人の処刑の場としても使用されてました。見学しながら悠久の浪漫に耽ってみて下さいね。
by K3nna
レギスタン広場の中央の建物は、ティラカリ・メドレセという神学校です。内部は黄金ので装飾されています。黄金の神学校にぜひ行ってみて下さいね。
レギスタン広場の建物内部は、お土産物屋さんになっています。スザニ(刺繍)、陶器、雑貨など様々なお土産屋さんがあります。中でもスザニ(刺繍)専門店のお店では、全てハンドメイドで作られてるそうです。ちなみに、ざくろは子孫繁栄、幸せや豊かさの象徴としてスザニ(刺繍)のモチーフとしてよく使われています。様々なモチーフをチェックするのも楽しいですよ
■詳細情報
  • Registon ko’chasi, Samarqand, Uzbekistan

4.【サマルカンド】ビビハニム・モスク

4番目にオススメするのが、ビビハニム・モスクです。このモスクは中央アジア最大級のモスクです。インド遠征から戻ったティムールは、サマルカンドの古いモスクは首都の需要を満たすには小さすぎると考え、世界に誇る巨大なモスクを造る決意をしました。ティムールによって征服された国々から、200人の建築職人、500人の労働者を連行し、なんとインドから95頭のゾウを引き連れ建設にあたらせ造らせました。圧倒的なスケールの建物ですよ。是非行って見て下さいね。
巨大な大理石の書見台は、オスマン・クラーンという世界最古のコーランを置いたとされています。この書見台の周りを願い事を唱えながら3周すると願い事が叶えられると言われてます。ぜひ実行してみて下さいね。
■詳細情報
  • Bibikhonim Str., Samarqand, Uzbekistan

5.【サマルカンド】シャーヒジンダ廟群

5番目にオススメするのが、シャーヒジンダ廟群です。ここはサマルカンド有数の聖地で、ティムール王ゆかりの人々の霊廟が立ちながらび、別名「死者の通り」と言われてます。インスタ映えする美しいサマルカンド・ブルーを堪能して下さいね。
シャヒー・ジンダとは「生きてる王」の意味があります。676年に預言者ムハマンドのいとこのクサム・ブン・アッパーズが、この地にイスラム寺院を建て、イスラム教を伝えました。翌年、布教中に、この地を支配してたゾロアスター教徒に襲われ、信者たちを守る最中に首を切られましたが、彼は自らその首を持って地下の深井戸に入り、今もそこで生命を保ち続けてるという伝説があります。
■詳細情報
  • Samarkand, Uzbekistan
  • +998 71 233 53 82

6.【サマルカンド】アフラシャブの丘

6番目にオススメするのが、かつてのサマルカンドの都市があった地「アフラシャブの丘」です。アフラシャブの丘は、13世紀にモンゴルのチンギス・ハンに破壊されるまでは、サマルカンドの都はこの地にありました。かつての都に思いを馳せて見て下さいね。
ちなみに、アフラシャブとい名は、この地を支配していたソグド人の最初の王の名前です。今では丘は羊が放牧されています。青い空と地平線と丘を楽しんで下さいね。
このアフラシャブの丘に行くには、まずアフラシャブ博物館を目指してください。アフラシャブ博物館のチケットを購入すれば、アフラシャブの丘に行けます。アフラシャブ博物館には貴重な壁画が展示さてます。是非、チェックしてみて下さいね。

【アフラシャブ博物館】9時ー19時
※2017年11月2日時点の情報です。

■詳細情報

7.【サマルカンド】シャブ・バザール

7番目にオススメするのが、シャブ・バザールです。ここに来れば、あらゆる食材が手に入ります。お土産屋さん、生地屋さんもあります。市場を見れば、その国の食文化の豊かさが分かると言われてます。是非、活気溢れるシャブ・バザールを訪れてみて下さいね。

【シャブ・バザール】午前5時〜午後7時
※2017年11月3日時点の情報です。

シャブ・バザールのナッツとドライフルーツは全てサマルカンド産です。試食もできますよ。太陽の恵みをたっぷり浴びたナッツとドライフルーツをお土産にしても良いですね。
サマルカンドのナンはとても有名です。同じ材料で作ってもサマルカンドで作られたナンには敵わないとまで言われている程です。保存状態により2年持つそうです。是非、モッチリしたサマルカンドナンを味わってみて下さいね。
■詳細情報

8.【サマルカンド郊外】シャフリサブス

8番目にオススメするのが、サマルカンドから車で2時間ほどのシャフリサブスです。ここは、かつてのティムール王の生まれ故郷で、サマルカンドから日帰りで行ける人気の観光都市です。サマルカンド市内から乗合バスも出てますが、タクシーを1日貸切って行くのがオススメです。空気が美味しいシャフリサブスに足をのばしてみて下さいね。
シャフリサブスに着いて、すぐ目に止まる巨大な遺跡がアク・サライ宮殿です。1380年にアミール・ティムールが着工し、建設に20年を要し彼が死ぬまで続きました。これは夏の宮殿で屋上にはプールがあったそうです。今は大部分が崩れ落ち、入り口部分だけが残ってます。アク・サライ宮殿の「アク」は、壮大。「サライ」は、宮殿。の意味です。
アク・サライ宮殿からほど近い、コク・グンバッズ・モスクは、別名「瞑想の館」と呼ばれてます。その名の通り、モスクの中は静かで落ち着いた空間ですよ。
コク・グンバッズ・モスクの公園を挟んで反対側に位置しハズレティ・イマム・モスクの中庭にある、樹齢700年の巨大なプラタナスの樹はティムール王が植えたとされています。迫力がありますよ。
サマルカンド市内からシャフリサブスへは、多くの山道を通ります。稀に野生の馬に遭遇することがあります。出会ったら、是非写真を撮ってみて下さいね。
■詳細情報

9.【ヒヴァ】イチャン・カラ(内城)

最後にオススメするのがウズベキスタンの西の古都、ヒヴァのイチャン・カラ(内城)です。シルクロードができる何百年も前から、東西文明、南北の文化をつなげる都市として機能してきました。イチャン・カラ(内城)そのものが世界遺産に登録されています。内城に入るとタイムスリップしたような気分になりますよ。
イチャン・カラ(内城)は、16世紀初頭から20世紀初頭まで存在したヒヴァ・ハンという王様が支配してました。イチャン・カラは、とても小さくコンパクトです。朝9時からお店が開店し出します。

※お店の開店時間は2017年11月6日時点の情報です。

イチャン・カラ(内城)のキョフナ・アルクは、古い宮殿という意味です。17世紀に城塞として建てられました。宮殿の中には、モスクや公邸、裁判所、絹やお札を発行した造幣所、ハーレム、兵器庫、火薬工場、監獄があります。ヒヴァ・ブルーを堪能してみて下さいね。
ヒヴァの庇護者であった、パフラヴァン・ムハマドの霊廟です。彼は武道の達人であり、詩人、哲学者でもあり、ヒヴァのみならず、イランやインドでも敬愛された聖人です。ここに入るには、共通券のチケット以外に4,000スムの追加料金がかかります。この霊廟の中庭では結婚式が挙げられています。厳かな雰囲気の建物ですよ。

※追加料金は2017年11月5日時点の情報です。

イチャン・カラ(内城)では有料でラクダにも乗れます。旅の記念に乗ってみて下さいね。
ジュマ・モスクは、中央アジアで最も古く最も有名なモスクです。世界の中でも特異なモスクといわれ、3つの天窓から差し込む光だけの薄暗がりの中に212本の柱が並びます。入ると、荘厳な雰囲気ですよ。
イチャン・カラ(内城)のお土産屋さんでは、ウズベキスタン特有の柄(アトラス模様)を使ったバック、洋服、ストールを沢山見かけます。お店にもよりますが、布を指定してオーダーメイドでストールやスカート等を作ってくれます。ぜひ、旅の思い出にオーダーメイドで自分好みの物を仕立ててみて下さいね。
タシュ・ハウリ宮殿は、ヒヴァの王様の宮殿です。粘土は一切使わず、石造りの強固な門や銃眼がついた壁、塔など設けるなど城塞と同じ建築構造です。美しい青いタイルと豪華な内装に時を忘れてしまいますよ。

出典:www.youtube.com

タシュ・ハウリ宮殿

ヒヴァを治めていた王様の部屋です。宮殿内には、2階建てのハーレムがあり163の部屋と4人の正妻の部屋、40人の女性部屋、第2夫人以下の部屋、使用人の部屋があります。
イチャン・カラ(内城)の主要な門の一つ、タシュ・ダルヴァザ門(南門)は、カラクム砂漠へ行く人は、この門から出て行き、砂漠からくる人は、この門を目指してやってきました。かつて、キャランバン隊がラクダに乗ってこの門を通ったと思うと感慨深いですよね。
パルヴァン・ダルヴァザ門(東門)は別名「奴隷の門」と言われてます。約3世紀に渡って、ヒヴァは中央アジア最大の奴隷市場がある町でした。この東門近くで、鎖に繋がれた奴隷が売買されていました。今ではお土産さんが立ち並んでいます。
スザニ(刺繍)センターでは、スザニ職人達が美しいスザニ(刺繍)や絨毯を織っています。実際に織っている所も見学できます。是非、職人の技を実際に見てみて下さいね。その際は、一声かけてから見学しましょう。
いかがでしたか?以上が初めてのウズベキスタン旅行で絶対行くべきオススメスポットの紹介になります。また、2018年2月10日よりウズベキスタン入国から30日間までの滞在に限りビザが免除されることになり非常に旅行しやすくなりました。ぜひ、実際に現地へ行って、フォトジェニックで美しいブルーの遺跡とシルクロードの浪漫を堪能して素敵な旅行にしてみてくださいね。

料理も自然も堪能しよう!平戸のおすすめホテル5選

九州の旬を味わおう!諫早市のおすすめグルメスポット20選!

関連記事

  1. イギリスにも「モン・サン・ミシェル」そっくりの修道院『セント・マ…

    フランスの人気観光地「モン・サン=ミシェル」が、なんとイギリスにも!?「モン・サン=ミシェル」そ…

  2. 地中海に浮かぶリゾートアイランド・マルタ島の人気&おすすめの観光…

    地中海に浮かぶマルタ島。東京23区の半分ほど小さなリゾート地には、海に囲まれているからこその絶景…

  3. 女子旅にオススメ♪ 旅行のプロが選ぶ 世界の絶景100【No.4…

    「世界一美しい海岸」世界遺産アマルフィ海岸「ローマ」「ミラノ」に次ぐイタリア第3の都市「ナポリ」…

  4. イタリアの中に存在する山頂の独立国「サンマリノ共和国」ってどんな…

    イタリアの中に存在する独立国家としては、世界で一番小さな国「バチカン市国」が有名ですね。ところが…

  5. ポーランドのパステルカラーの街並みが可愛らしいヴロツワフで人気&…

    ポーランドの都市「ヴロツワフ」をご存知でしょうか?ワルシャワからバスで約5時間、飛行…

  6. まるで童話の世界?「ルクセンブルク」のおすすめ観光スポット7選

    みなさんはルクセンブルクという国を知っていますか?神奈川県ほどの小さな国ですが、街一帯が世界遺産…

  7. イタリアの5つの世界遺産の村「チンクエテッレ」はカラフルな街並み…

    イタリア北西部、リグーリア海岸にある5つの世界遺産の村「チンクエ・テッレ」。崖の上にある村々は、…

  8. 一度は泊まってみたい!フランクフルト近郊の素敵な古城ホテル

    ヨーロッパの旅を憧れの古城ホテルで過ごしてみませんか? ドイツにはため息のでるような素敵な古城ホ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss