コペンハーゲンの「フレデリクス教会」のロマンチックなドーム屋根が素敵!

コペンハーゲン「フレデリクス教会」ロマンチックなドーム屋根が素敵!

「フレデリクス教会(Frederiks Kirke(Marmorkirken)」は、北欧デンマークの首都コペンハーゲンにあるドーム屋根のランドマークです。オルデンブルク朝の王位300年を記念して建設が計画された教会ですが、さまざまな事情により完成したのは150年後の1894年(明治27年)で、周辺の建物と比較すると新しいものといえます。多くの大理石でできていることから、マーブル教会(Marmorkirken)の愛称で親しまれているフレデリクス教会は、美しいロタンダの装飾も必見です。

フレデリクス教会とは

デンマークの首都コペンハーゲンの観光スポット「フレデリクス教会(Frederiks Kirke)」は、「アマリエンボー宮殿広場(Amalienborg)」から通りを挟んで北西に位置するロマネスク・バロック様式の小ぢんまりとした建築物で、対岸に建つオペラハウスからの景観で絵葉書などでもおなじみの、コペンハーゲンを代表するランドマークです。
フレデリクス教会は、1448年から続くデンマーク・オルデンブルク朝の王位300年を記念して、デンマーク王フレデリック5世の治世に建設が計画されました。ローマの聖ペトロ教会をモデルに、ノルウェー産の高級大理石を贅沢に使用して1740年に建設が始まったフレデリクス教会ですが、予算削減や設計者の死亡などで竣工は遅れに遅れ、完成したのは着工から150年を経た1894年のことでした。

ツアー参加で展望台見学も

長いあいだ未完のまま廃墟のように佇んでいたフレデリクス教会ですが、現在では地元市民から“マーブル教会(Marmorkirken)”の別名で親しまれています。設計はアマリエンボー宮殿を設計した建築家ニコライ・アイグトヴェト(Nicolai Eigtved)が手がけ、少なくとも5枚の設計図が残っているそうです。
1754年に設計者が没すると、フランス人建築家のニコラ・アンリジャルダン(Nicolas Henri Jardin)とアンジュ・ジャック・ガブリエル(Ange Jacques Gabriel)によって引き継がれました。建物の周囲には、デンマークを代表する哲学者キルケゴールなどの立像12体が建ち並んでいます。ドームの頂上部分は展望台になっており、ツアーに参加すればコペンハーゲンの町並みを楽しむこともできます。

ロタンダの礼拝堂

デンマークでもっとも有名な建築家であり、歴史主義の主導者だったフェルディナンド・メルダル(Ferdinand Meldahl)によって設計された現在のフレデリクス教会は、財政面の問題から当初の完全な大理石造りを断念して一部に石灰石が使用されました。フレデリクス教会の内部は、入口を入ると“ロタンダ(Rotunda)”と呼ばれる吹き抜けの大広間になっています。ひんやりとした空気は、信者でなくても厳かな雰囲気を感じさせるから不思議ですね。
オルデンブルク朝の300年記念にはぜんぜん間に合わなかったフレデリクス教会ですが、当初のデザインよりもやや低く完成したタンブールドームの屋根は直径31メートルで、スカンジナビア最大を誇る堂々たる建築物です。ドームの屋根の頂点にある小さなランタンには鐘が収容されています。また天井内部には天使と12使徒が描かれています。

ヨハネ17章3節

フレデリクス教会の内装は、ホールをぐるりと取り巻く青いリボンが特徴的です。テキストはヨハネによる福音書17章3節の有名な聖句で、「神が御子を世につかわされたのは 世をさばくためではなく、御子によってこの世が救われるためである。」と書かれています。祭壇の上のモチーフはジーザス・フィッシュのようにも、麦の穂にも見えます。
祭壇画は建築家メルダルによって設計され、彫刻家が松の木と漆喰細工で作りました。またヴェネツィア・ローマ風の豪華なファサードが特徴の古いパイプオルガンは、1894年(明治27年)にコペンハーゲンで造られたものです。細密な白鳥や天使が彫刻された美しいファサードは当時のまま保存されていますが、パイプの一部は1963年(昭和38年)に導入された新しいオルガンに再利用されているのだそうです。

いかがでしたか

薄緑色のドーム屋根が遠景としても美しいフレデリクス教会をご紹介しました。アメリエンボー宮殿の衛兵交代式はまいにち正午に見られます。コペンハーゲンへお出かけの際はぜひ参考になさってください。

基本情報

所在地:Frederiksgade 4, 1265 København
TEL:+45 33 15 01 44
営業時間:10:00~17:00(曜日により異なります)
アクセス:Fredericiagade (Store Kongensgade)より徒歩2分

コペンハーゲンのラウンドタワー(円塔)から「北欧のパリ」と呼ばれる美しい街を一望!

初めてのコペンハーゲン旅行におすすめの観光プラン15選

関連記事

  1. ベルギー・ブリュッセルの人気&おすすめのレストラン8選

    観光客にも人気ベルギーの首都ブリュッセル。ビール、ムール貝、ワッフルをはじめ、美食の国として名高…

  2. 街自体が世界遺産?ルクセンブルクの世界遺産・その街並みと要塞群

    ルクセンブルクという国をご存知ですか?森林や渓谷、大自然に守られた天然の要塞の中、緑と調和した美…

  3. 古代の息吹を感じるギリシャ。カップルで行きたいおすすめ観光スポッ…

    アテネやオリンピアなど古代文明の遺跡が今なお残るギリシャ。ロマンチックな地中海の光景と相まって、カッ…

  4. イタリア・ローマの芸術もグルメも満喫のおすすめ2泊3日プラン

    季節を問わず大人気の海外旅行先であるイタリア。そこで今回は、定番の観光地や人気スポットを余すとこ…

  5. ストックホルムに行ったら絶対に訪れたいおすすめ観光スポット

    スウェーデンの首都、ストックホルム。北欧ブームで、スウェーデンに憧れる女子も多いはず。今回は、そ…

  6. スロベニアの人気&おすすめの日本人宿7選

    スロベニアでおすすめの日本人宿をご紹介。 スロベニアはヨーロッパの中央にある国で、イタリア、オー…

  7. ストックホルムの旧市街ガムラスタンを散策!の石畳とカラフルな建物…

    「古い街」を意味する「ガムラ スタン」、ストックホルムの旧市街は、石畳とカラフルな建物が美しく街歩き…

  8. 気分は冒険家。一度は泊まってみたい夢のような世界の“洞窟ホテル”…

    旅行が好きな方、きっと多いはず。 たくさん旅行に行っていると、 普通のホテルや旅館じゃもう…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss