コペンハーゲンにあるデンマーク王家の宮殿「クリスチャンスボー城」は現在も公官庁施設として活躍!

ガイドツアーもあります!「クリスチャンスボー城」現役公官庁施設の宮殿

デンマークの首都コペンハーゲンに建つ「クリスチャンスボー城(Christiansborg Palace)」は、中世に建てられた城塞を起源とするデンマーク王家の宮殿です。過去に2度の火災で焼失し、バロック建築、ネオ・バロック建築、新古典主義建築と時代ごとに違う様式で再建された折衷スタイルの建物として今に至ります。現在は迎賓館としてだけでなく、国会議事堂、内閣府、最高裁判所などの公官庁施設として使用されており、毎日ガイド付きツアーで内部を見学することもできるクリスチャンスボー城をご紹介します。

クリスチャンスボー城とは

デンマークの首都コペンハーゲンの中心地・スロッツホルメン島(Slotsholmen Island)にある宮殿「クリスチャンスボー城(Christiansborg Palace)」は、中世デンマークの大司教で政治家だったアブサロン(Absalon)によって1167年に築かれた石灰岩の城塞がその前身といわれています。
アブサロンの城が1369年の騒乱で廃墟になると、その跡地にはロスキレ司教によってコペンハーゲン城が建てられました。のちの1417年にデンマーク王家がこれを奪って以来、コペンハーゲン城は何度も改修されましたが、1730年に即位したクリスチャン6世によってバロック様式の城に建て替えられ、デンマーク王室の居城となりました。これが第一期クリスチャンスボー城です。

折衷様式の歴史的建築物

クリスチャンスボー城は度重なる火災に見舞われた結果、バロック建築、ネオ・バロック建築、新古典主義建築が共存する折衷様式の建築物として現在に残っています。1794年の火災では獣舎を残して焼失しました。いまも残る獣舎の2階はのちに宮廷劇場として使用され、現在は演劇博物館になっています。
クリスチャンスボー城の改修にあたったのは、デンマーク人建築家のクリスチャン・ハンセン(Christian Frederik Hansen)です。1803年に始まった工事は25年の工期を経て1828年に完了し、アンピール様式(帝政様式)の城に生まれ変わりましたが、1884年の火災では獣舎とチャペルを残して焼失します。この頃には王室の居城がアマリエンボー宮殿に移っていたため、第3期の再建工事は1907年に始まりました。

ネオ・バロック様式の宮殿が完成

こんにち見られるクリスチャンスボー城は、ネオ・バロック様式で1928年に再建された建物です。再建工事のあいだには、かつてのアブサロン城やコペンハーゲン城の遺構も発見されています。現在のクリスチャンスボー城は国会議事堂、内閣府、最高裁判所をはじめとする公官庁施設として使用されているほか、デンマーク王室と政府の迎賓館(謁見の間)としての役割も担っています。
クリスチャン・ハンセンによるアンピール様式のチャペルでは、いまも王室の結婚式を始めとするさまざまな儀式が行われています。敷地内に隣接するデンマーク王立図書館(Det Kongelige Bibliotek)との間には、中心に実在主義の先駆者として知られるデンマーク出身の哲学者、キェルケゴール(Kierkegaard )のモニュメントが立つ「王立図書館の庭 」が広がっています。大理石でできたロココ様式の橋とパビリオンも見どころのひとつです。

ガイドツアーに参加しよう

クリスチャンスボー城の内部は、ガイドツアーで見学することができます。見どころのひとつである謁見の間はクリスチャンスボー城の中心部にあたる場所で、長さ40m、幅10mのホールは、パーティーで400名まで収容できます。高い天井から垂れ下がるヴェネツィアから取り寄せられたシャンデアリアも見応えたっぷり。コペンハーゲンの歴史が描かれた騎士の間のカラフルなタペストリーも目を惹きます。
クリスチャンスボー城のガイドツアーは、毎日2回から3回行われています。季節や曜日によって違いますので、詳しくは公式サイトで最新の情報をチェックしてください。ガイドツアーではデンマークの政治システムについても学ぶことができます。過去に2度の火災に遭っているため、残念ながらこの国の長い歴史を感じさせる建物というわけにはいきませんが、見どころの多いスポットとして人気です。

いかがでしたか

さまざまな時代の建築様式が見られるコペンハーゲンの歴史的建築物「クリスチャンスボー城」をご紹介しました。コペンハーゲン発祥の地ともいわれる街のランドマークです。コペンハーゲン観光の際はぜひ参考になさってください。

基本情報

所在地:Prins Jørgens Gård 1, 1218 København
TEL:+45 33 92 64 92
営業時間:10:00~17:00
アクセス:鉄道 コペンハーゲン中央駅(Copenhagen Central Station)から徒歩12分

「コペンハーゲン国立美術館」はデンマーク王室のコレクションからモダンアートまで入場無料で楽しめる!

パティオのカフェも人気!コペンハーゲンの「ニュー カールスベア美術館」の見どころ

関連記事

  1. オランダで最も盛り上がるお祭り!国王の誕生日「キングスデー」

    国中がオレンジ色に染まる日オランダ最大のお祭りといえば、4月27…

  2. フランス・パリ旅行を最大に楽しむためのヒント!おすすめの観光スポ…

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅…

  3. 映画『インフェルノ』の舞台フィレンツェ・ヴェッキオ宮殿の魅力

    先日「ダ・ヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」に続くダン・ブラウン氏の傑作「インフェルノ」の映画が…

  4. 映画『マンマ・ミーア』の舞台!ギリシアの“スコペロス島”が魅惑的…

    大人気のミュージカルと言えば、『マンマ・ミーア!』。映画にもなっていて、見たことのある方は多いのでは…

  5. ルーマニアの地下遊園地「サリーナトゥルダ」はまるで映画の世界よう…

    地下世界って映画やゲームには頻繁に登場しますが、現実では普通の人が立ち入ることのできない未知の世…

  6. ベラルーシへの旅行前に知っておきたい治安や言語・観光などの基本情…

    ベラルーシはどんな場所にあってどんな国?渡航前に押さえておきたい基本情報をお伝えします。…

  7. 世界遺産だけじゃない!ギリシャを観光するなら訪れておきたいスポッ…

    数多くの古代遺跡が残るギリシャは、世界中から観光客がやってくる人気の観光地。その魅力は、エーゲ海…

  8. マッターホルンの麓の美しい村ツェルマットの人気&おすすめ観光スポ…

    スイスにあるツェルマット観光5選です。ツェルマットは、マッターホルンの麓の村で、アルプスで最も名…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss