オックスフォード「アシュモーリアン博物館」の見どころ

見どころ豊富!オックスフォード「アシュモーリアン博物館」の見どころ

アシュモーリアン博物館(The Ashmolean Museum)は、イギリス・イングランド東部の大学都市オックスフォードにあるミュージアムで、大学博物館としては世界最古の歴史を誇ります。その起源は17世紀の考古学者で錬金術の擁護者でもあったエリアス・アシュモールが1677年に寄贈したコレクション「驚異の部屋(Wunderkammer)に始まります。現在のアシュモーリアン博物館は1845年に完成した重厚なリバイバル・ネオゴシック様式の建物ですが、館内は近代的に改修された快適な空間で、カフェやショップも人気です。

アシュモーリアン博物館とは

イギリス・イングランド東部の大学都市オックスフォードにある「アシュモーリアン博物館(the Ashmolean Museum of Art and Archeology)」は、1683年に開館した世界でも初めての大学博物館です。ロンドンからの日帰りツアーでも人気のオックスフォードは、英語圏において最古の歴史を誇るオックスフォード大学を始め、歴史的建築物がいまも数多く残ることから「夢見る尖塔の都市」と呼ばれます。
アシュモーリアン博物館はその正式名称をアシュモレアン美術・考古学博物館と称し、その名前は17世紀に活躍した古物収集家で歴史学者のエリアス・アシュモール(Elias Ashmole)に由来します。アシュモールが1677年にオックスフォード大学に寄贈した博物陳列室「驚異の部屋」のコレクションを収納する目的で設立されました。
by jareed

大航海時代の産物「驚異の部屋」

「驚異の部屋(Wunderkammer)」は、15世紀の中ばに始まった大航海時代でヨーロッパ人たちがアフリカやアジア、アメリカ大陸からかき集めたさまざまな美術品や珍品をひとつの部屋に陳列した原始の博物館です。15世紀にイタリア貴族の娯楽として始まったコレクションは16世紀になると学者や文人の間でも流行し、競うように造られました。
「驚異の部屋」の特徴は、ミイラや聖遺物などの人工物から象牙細工のような加工品、希少な野生動物の骨格や角といった自然物を一切分類せず、ひとつの部屋に押し込めるという陳列法で、そのコレクションは多岐にわたります。大航海時代は一部の先住民族にとっては殺りくと略奪の歴史でしかありませんが、西欧諸国にしてみれば胸躍る冒険と、子どものように無邪気な発見の連続だったことが伺えます。

新古典主義建築の近代的ミュージアム

アシュモーリアン博物館の現在の建物は、1845年に建てられたものです。新古典主義様式のデザインは、イギリスの建築家で考古学者のチャールズ・ロバート・コッカレル(Charles Robert Cockerell)が手がけました。ボーモント・ストリート(Beaumont St.)に面したファサードはすっきりとしたデザインで、イオニア式柱頭をもつ4本の巨大な柱に支えられたペディメントの美しさを際立たせています。
アシュモーリアン博物館の中に足を踏み入れると、その内部は歴史を感じさせる外観からは想像できない近代的な造りになっています。もちろん大きなギフトショップやモダンなカフェも併設しています。2001年(平成13年)には、アシュモレアンのコレクションをもとに古代文明や古代美術の歴史に特化した「サクラー図書館(Sackler Library)」もオープンしました。

サクラー図書館

所在地:1 St John St, Oxford OX1 2LG
TEL:+44 1865 288190
営業時間:9:00~22:00(曜日により異なります)
定休日:日曜
アクセス:Randolph Hotelバス停下車

アシュモーリアン博物館の主な収蔵品

アシュモーリアン博物館の主なコレクションには、ルネサンス3大巨人として知られるミケランジェロ、ラファエロ、レオナルド・ダ・ヴィンチのラフスケッチや線描をはじめ、パブロ・ピカソやターナー、セザンヌなどの有名作家による油彩画があります。また広重や歌麿の浮世絵や日本画など江戸時代から明治時代の貴重な美術品や古代エジプトの遺物も数多く、見応えがあります。
歴史的な遺物の展示もアシュモーリアン博物館の見どころです。「ガイ・フォークスのランタン」は、イングランド国教会の優遇とカトリックの弾圧に耐えかねた過激派が、大量の火薬を使って政府の転覆を図った1605年の「火薬陰謀事件」の首謀者が持っていたといわれるものです。企ては未遂に終わりましたが、イギリスでは今もハロウィンを凌ぐ人気イベントとして語り継がれている事件で、ガイの名は“guy(男)”の語源にもなっているほどです。

いかがでしたか

世界トップの大学都市に建つ世界最古の大学博物館「アシュモーリアン博物館」をご紹介しました。館内は入場無料で写真撮影も許可されています。オックスフォード観光の際はぜひ足を運んでみてください。

基本情報

所在地:Beaumont St, Oxford OX1 2PH
TEL:+44 1865 278000
営業時間:10:00~17:00
料金:無料
定休日:月曜
アクセス:Randolph Hotelバス停下車

イギリス・オックスフォードのランドマーク「聖メアリー教会」の中世の尖塔はスリル満点!

放蕩王のエキセントリック・リゾート!「ロイヤル パビリオン」の見どころ

関連記事

  1. ウズベキスタンの人気&おすすめの観光スポット7選

    ウズベキスタンと聞いて、どんな観光名所があるか思いつく方は少ないのではないでしょうか。実は、日本…

  2. ひとり旅×夢の景色。友達に自慢したくなる“夢の絶景旅”スポット1…

    最近、人気のひとり旅。 時間を気にせずに好きな場所を巡ったり、好きなだけ景色を堪能したり。それぞ…

  3. 春爛漫!オランダの世界最大の花の公園『キューケンホフ公園』201…

    春の訪れとともに開園するオランダのリッセにあるキューケンホフ公園。広大な園内には、贅沢に植えられ…

  4. オランダに行ったら見てみたい面白い建築物7選

    オランダと言えば、チューリップや風車など長閑で可愛らしいイメージがありますが、1990年頃から大…

  5. バルト三国のひとつリトアニアの人気&おすすめの観光スポット7選

    リトアニアという国をあなたはご存知ですか?恥ずかしながら筆者は「国名だけなんとなく知っている」と…

  6. スイス・ローザンヌの人気&おすすめ観光スポット7選

    みなさんはスイス「ローザンヌ」をご存知でしょうか?スイスといえば、マッターホルンを思い浮かべる方…

  7. 今すぐ行きたい!イタリアの人気&おすすめの旅行先ランキングTOP…

    誰もが憧れる中世の都「イタリア」。大聖堂や教会、お洒落なショッピング街、広場など見どころはたくさ…

  8. ディズニー映画の舞台・モデルとなった18の世界の絶景

    シンデレラ城のモデルとされているノイシュヴァンシュタイン城や、フランスパリのノートルダム大聖堂などデ…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss