ウユニ塩湖だけじゃない!ボリビアの人気&おすすめ観光スポット15選

ウユニ塩湖といえば、世界の全てを映し出す「天空の鏡」が見られる場所として有名です。卒業旅行の定番としてもおすすめで、友達と思い思いのポーズで写真を撮り合う青春の1ページです。今回は、知られていないけれど実はたくさんあるボリビアの観光スポットをご紹介します。「死ぬまでに訪れたい」と言われるウユニ塩湖と併せて、ボリビアで青春しちゃいましょう!おすすめ観光スポット15選のご紹介です。

①月の谷

本当に美しい!!
これが大自然だーーーーーーと叫びたくなりました。笑
月の谷は絶対行くべきです!!

出典:onlyone.travel

ボリビアの首都ラ・パスから車で45分ほどのところにある、通称「月の谷」は、その月面のような光景からその名がつけられました。
かつて宇宙船アポロが映しだした月面の映像そっくりの世界がここには広がっており、乾燥しきった大地にゴツゴツとした岩肌がのぞいています。
頂上までは歩いて20分ほどですので、体力に自信がある人は登頂に挑戦してみるのもおすすめです。
ボリビアでも有数の絶景スポットとして知られており、ラ・パスの南市街まで一望できます。
【アクセス】学生広場から11番バス、もしくはメヒコ通りからミニバス231、273に乗車。それぞれ15~20分おきに出ています。市内からの観光バスもあり、こちらが便利です。タクシーでは片道35Bs程度
【営業時間】随時
【料金】15Bs
【休日】なし

②ウユニ塩湖

本当に信じられない光景が目の前に広がる。他の絶景スポットと1番違うのは、自分が世界と完全に一体化する感覚。風景の外から対象を眺めるのとは全く異なる感動だった。

出典:www.tripadvisor.jp

鏡のようにすべてのものを映し出し、この世のものとは思えないほどの神秘的な光景が広がります。

出典:www.hankyu-travel.com

ボリビアといえば、ウユニ塩湖を目当てに訪れる人がほとんど、と言っても過言ではないのではないでしょうか。
「天空の鏡」と称されるその美しい湖面は、観るものを圧倒します。空、雲、そしてそこに立つ自分自身の存在までも、反転させて、映しだす。その奇妙な光景に人々は心を奪われてやみません。間違いなく、ボリビア最高の観光スポットです。
天空の鏡が見られるのは雨季の間だけですので、12~2月がおすすめです。
塩が結晶となって固まる白い大地を見たい人は乾期の6~10月がおすすめですよ。
【アクセス】ウユニ塩湖へはツアーに参加するのが一般的です。日帰りのツアーであれば、10時頃に町を出発し、17時頃に戻ってくるツアー。途中、列車の墓やインカ・ワシ島、トゥヌパ山などに立ち寄る
【予算】日帰りツアー40USD~
【営業時間】随時

③インカ・ワシ島

5m以上になるようなサボテンがニョキニョキ生えている。棘はかなり固く、そっと触っても痛い。白い花が咲いているものも。

出典:d.hatena.ne.jp

ウユニ塩湖のツアーで必ずと言っていいほど組み込まれているのが、このインカ・ワシ島です。
ウユニ塩湖には32の島が存在しますが、その中でも最大の大きさで、トイレやレストランなどの観光施設も充実しています。
島全体にはサボテンが群生しており、独特の景観を作り出しています。また、島全体はサンゴ礁の化石でできており、太古の昔はここが海であったことを感じさせる観光スポットです。
島の入り口にはカフェバーもあり、アルコールも飲むことができます。灼熱のボリビアで飲むビールはおすすめですよ!
【アクセス】ウユニ塩湖のほぼ中心部に位置するため、ツアーの最中に立ち寄るのが通常です。個人で訪れることは困難です
【営業時間】随時
【料金】30Bs

④自由の家

ボリビアがスペインから独立した際、独立宣言が行われた歴史的な建物。独立当時のさまざまな歴史的遺産や絵画、そして彫刻などが収められています。

出典:www.tripadvisor.jp

スペイン植民地時代に、銀のもたらした財力をつぎ込まれて作られた町並みは、白く輝いており、とても美しかった。

出典:www.world-scene.com

5月25日広場の正面に建つ白壁の建物が、この観光スポットです。美しく荘厳な建物で、一目見てここだと分かるでしょう。
この中にある独立の間において、1825年にスペインからの独立宣言文の調印が行われました。
その後も、1900年にボリビアの首都がラ・パスに遷されるまで、首都スクレの政治の中心となった場所でもあります。
ボリビア史の重要な場所であり、是非おすすめしたい観光スポットです。
【住所】No. 101 | Plaza 25 de Mayo 25, Sucre
【営業時間】9時15分~11時15分、14時45分~17時45分
【料金】15Bs
【休日】月曜日

⑤コルチャニ村

村中に製塩所があり、毎年2万5千トン前後の塩を採り出している。ウユニの湖面の表面から掻き集めた塩を小山にして天日で乾かし、その後トラックでコルチャニ村に運んできて、釜で煮詰めてパラパラに乾燥させる。

出典:yascovicci.exblog.jp

ウユニ塩湖の縁に位置する小さな村で、村の産業は塩。目の前の塩湖の塩を採取して、販売しています。
ツアーで訪れると、目の前には塩でできたブロックや土産物屋がずらりと並んでいます。訪れた記念には、是非ウユニ塩湖の塩で作られた置物などがおすすめです。
また、塩の生成過程をみることもできる、興味深い観光スポットでもあります。
【アクセス】ウユニ市街からウユニ塩湖までの道中にある。ほぼ全てのウユニ塩湖のツアーで立ち寄る

⑥サンタ・テレサ聖堂・修道院

17世紀の面影をそのまま残す修道院。大きく立派な外観から、鉱山の町として栄えていたころのポトシが思い浮かべられる。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

17世紀の面影をそのまま残している由緒正しい修道院です。大きく立派な外観で、鉱山の町として栄華を極めたポトシを思い起こさせます。
現在は修道院としては機能しておらず、一部が博物館として観光スポットとなっています。内部には植民地時代の宗教がをはじめとした芸術品が展示されており、おすすめです。
見学はガイドと共に回るのがおすすめで、所要時間1時間ほどです。
【住所】Plaza de la Santa 2, 05001 Ávila
【営業時間】9時~12時30分、14時30分~18時30分
【料金】21Bs
【休日】なし

⑦旧国立造幣局

建物内は博物館になっており、ボリビアの歴史的、民俗学的な貴重な資料、貨幣のコレクションなど、幅広い展示物がある。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

鉱山で採掘した金銀を貨幣にするため1572年に建てられたという。内部は博物館になっていて、ガイドに従って見学する。

出典:www.ne.jp

ポトシはセロ・リコ鉱山から採掘された金銀を貨幣にするために1572年に建てられた造幣局です。当時スペインで流通していた銀貨の多くがここで作られたと言われています。
建物内は博物館になっており、2時間のガイドツアーがおすすめです。ポトシからボリビア全体にわたる歴史的、民俗学的な貴重な資料や絵画、貨幣コレクションなど幅広い展示が自慢です。
また、銀貨を刻印する機械は、今でも使用可能な状態で置かれているというから驚きです。
【住所】Calle Ayacucho 1
【営業時間】9時~18時
【料金】40Bs
【休日】月曜日

⑧ラ・レコレータ修道院

先住民族の生活を知ることができる手工芸品や植民地時代の宗教関係の資料、プレ・インカ時代の土器、動物の剥製など、さまざまな展示物がある。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp

市内の南東の坂道を上って行くと現れる白い建物が、ラ・レコレータ修道院です。
現在は博物館となっており、内部には16~19世紀にかけての回がや金銀細工、刺繍、彫像などが展示されています。
また、堂内にある聖歌隊席は、バロック様式のもので、長崎で殉教した日本人キリシタンを祈念して、300年前につくられたそうです。
日本ともゆかりのある観光スポットは、是非訪れてみる価値ありですよ。
また、高台に位置しているため、ここから眺める美しい景観はおすすめです。
【住所】Calle La Recoleta 117
【営業時間】9時~11時30分、14時30分~16時30分
【料金】15Bs
【休日】日曜日

⑨ソカボン鉱物博物館

入り口から長い階段を下ると、空気は徐々に冷たくなり、硫黄の香りが漂い鼻がムズムズしてくる。壁や天井には青や黄色の色とりどりの鉱石が露出している。

出典:blog.geotrek.info

ボリビア・ポトシ鉱山は世界遺産にも登録されていますが、その劣悪な労働環境から、負の世界遺産と呼ばれています。
労働者は暗く、硫黄ガスのたまった坑内で、一日中休むことなく炭鉱労働にあたりました。苦しさを紛らわすためにコカの葉を口に含み、昼食を食べることさえ許されなかったと言います。彼らの平均寿命は40歳ほどだったそうです。
この観光スポットは、当時の劣悪な労働環境を知る上で欠かせない場所です。実際の坑道に下りることができます。
【アクセス】オルーロの町、2月10日広場から5ブロックの距離にあり、徒歩でも行けるが、急な坂道もあるので、タクシーの利用がおすすめです。タクシーで8Bsほど
【営業時間】7時~12時、15時~18時
【料金】15Bs
【休日】なし

⑩コロイコ

by AHLN

観光の売りは、まずはセルバの自然と思われる。デス・ロードなんていう危なっかしい道をマウンテン・バイクで降りるエコ・ツーリズムも人気のようだ。でも、文化面では、アフロボリビアンの音楽・踊りが有名でもある。

日本人の中ではメジャーではないが欧米人の間では「理想郷」と呼ばれている

出典:www.geocities.jp

ボリビアの首都ラ・パスから車で3時間半の距離にあるコロイコは、その豊かな自然と常夏の気候、そしてそこで育まれる様々なフルーツを食べることができ、「理想郷」とまで称されるリゾートです。
コロイコには主要な観光スポットはないものの、ゆったり過ごすことができ、ボリビアのリゾート地として多くの人が訪れます。コロイコ市内では各種ツアーに参加することもでき、トレッキングツアーや丸一日を要する山の散策、また、四輪駆動車で疾走し、自然を楽しむツアーなどがおすすめです。
【アクセス】ラ・パスからバスで3時間30分。Bs20程度。ラ・パス市内の北にあるミナサ・バスターミナルから1日数便運航されています

⑪ティワナク遺跡

発掘はまだ30%に過ぎないとも言われていますが、荒野に立つ遺跡に感動します。

出典:www.tripadvisor.jp

神殿の壁はこのように石が組んで作ってあります。所々に飛び出しているのは顔です。沢山あります。

出典:isekinotabi.com

ティティカカ湖畔の南に位置するティワナク村。そのはずれに位置する遺跡がこの観光スポットです。遺跡全体は16平方kmにも及びますが、発掘が進んでいるのはその30%程度です。それでも広大な敷地に数多くの遺跡が点在しており、見所の多い観光スポットとしておすすめです。
ここはかつて宗教都市として栄えていたと言われるが、なぜ標高3900mもの高地にこのような広大な遺跡が建築されたのかは未だ謎に包まれています。
インカに勝るとも劣らない石造技術で、観るものを圧倒します。ボリビアでも有数の歴史遺産と言えるでしょう。
【住所】Tiwanaku, La Paz
【アクセス】セメンテリオそばからティワナク行きのミニバスがでており、所要時間1時間30分程度。しかし、広い遺跡なので、ツアーに参加して効率良く回るのがおすすめ。市内の旅行会社であれば、いずれもティワナク遺跡ツアーを扱っています
【料金】80Bs(ツアーはUSD20程度)
【休日】なし

⑫ティティカカ湖

湖の深い青色が、伝説の湖であったことを示すかのようで、見る人の心を引きつける。

出典:www.ab-road.net

湖もですが、とても空がキレイだったのが印象的。 湖の底の方は、塩水なんだそうです。 湖に浮かぶ島と、そこに住む人々が有名です。 島では、そこでの暮らしや、島がどうやってできているのかなどを知ることができます。

出典:www.tripadvisor.jp

ティティカカ湖は標高3890mもの高地に位置し、汽船が運航する世界最高所の湖として知られています。
大きさは最大長190km、幅64kmという、日本の琵琶湖の12倍にも相当するというから驚きです。
ティティカカ湖はボリビアでも神秘の湖として崇められている観光スポットで、数々の神話が残されています。実際に湖周辺には遺跡や神殿跡が数多く残されていることから、それらの観光もおすすめです。また、小舟に乗って、地元の人々の生活に触れ合うことのできるツアーも人気があります。
【アクセス】ティティカカ湖は首都ラ・パスの郊外に位置しているため、バスを利用してコパカバーナの町へ行き、そこを起点に観光します。コパカバーナへはラ・パスのバスターミナルから1日2便運航があり、片道4時間、30Bs程度

⑬コパカバーナ

コパカバーナ郊外の丘より眺めるティティカカ湖に沈む夕日は非常に美しいことで知られる。

出典:sekaiisshyuu.web.fc2.com

かわいい!!!!!!
アルパカの赤ちゃんが観光用?なのか、おばさんに連れられて歩いています。
別のアルパカ赤ちゃんもちらほら。

出典:waooh.jp

コパカバーナは、かつてボリビアを植民地化していたスペイン人の手によって、「聖地」とするべく建設された都市です。その名残を今も色濃く残し、白い壁と屋根が印象的なカテドラルが町の中心に位置しています。
ちょっとしたリゾート地のようなたたずまいで、ボリビアの喧騒に疲れたら是非おすすめしたい観光スポットです。
もちろん「聖地」として信者が多く集まる場所でもあります。宗教的行事も多いため、運がよければ、それらを見ることができるかもしれません。
【アクセス】ラ・パスのバスターミナルから1日2便運航があり、片道4時間、30Bs程度

⑭ロドリゲス市場

多くのインディヘナが露店を開いていて、なかなか見栄えがする市場だった。

出典:www.world-scene.com

ボリビアの首都ラ・パスにおいて、市民の台所として機能しているのがこの観光スポットです。中でもたくさんの種類のチューニョ(乾燥じゃがいも)が並んでいる姿は、ここがボリビアであると実感できる光景です。
山高帽子や色とりどりのスカートで着飾ったインディヘナの女性たちが売り歩く姿も、絵になる光景です。
お土産品も多く売られていますので、ボリビアらしいお土産を手に入れるにはここがおすすめです。
【アクセス】市内南部。Zolio Flores通り沿いに位置する。ムリョ広場からは南西方向に歩いて1kmほどの距離
【営業時間】店舗により異なる。午前中で店じまいする露天も多い
【休日】なし(ただし、平日は露天が少ない)

⑮サン・フランシスコ寺院

びっくりする位大きく立派な大聖堂で、必見の価値があると思います。入場料は無料で、誰でも入れ、例えキリスト教徒でなくても、厳かな気分が味わえます。

出典:www.tripadvisor.jp

現在建っているのは17世紀に際地区されたもので、もとの建物はスペイン人の入植がはじまってすぐ、1549年に建てられたものです。バロック様式の建築は丸みを帯びた塔が美しく、町のシンボルとなっている観光スポットです。
驚くべきはその内部です。祭壇は金箔で輝き、荘厳な雰囲気となっています。2階は博物館となっており、絵画や植民地時代の歴史を見ることが出来ます。
また、中庭にはカフェもありますので、のんびりティータイムにもおすすめの観光スポットです。
【住所】Catedral de San Francisco Lapaz
【営業時間】9時~18時
【料金】20Bs
【休日】なし
ウユニ塩湖だけが有名になっていますが、実は魅力的な観光スポットを多く持つボリビアです。
治安が安定しない場所もありますので、ツアーに参加するのがおすすめですが、きっと異国情緒あふれる、珍しい体験ができること間違いなしですよ。

この世のものとは思えない絶景!ボリビア「ウユニ」から行けるおすすめスポット

ボリビアの首都ラパスの人気&おすすめ観光スポット5選

関連記事

  1. もらって嬉しい!芦ノ湖周辺でおすすめ人気お土産5選

    雄大な富士山…

  2. 夏に食べたい京都のおすすめ絶品グルメ12選

    数ある国内旅行先の中でも、根強い人気を誇る「京都」。この夏旅行で訪れるという方も多いのではないで…

  3. お土産にぴったり!いちご専門店「ICHIBIKO」ニュウマン新宿…

    「いちびこ」&#…

  4. グアテマラの首都グアテマラシティの人気&おすすめ観光スポット5選…

    「治安の良し悪しが不安。それでも、行ってみたい、グアテマラシティへ!」という方へ、グアテマラシテ…

  5. 大分県の人気の温泉地・湯布院を100%楽しむための20の方法

    九州でも人気の温泉地、大分県の湯布院。「湯布院」と「由布院」どっち?と疑問を抱く方も多いのではな…

  6. 石川県のSNS映え間違いなしのおすすめ絶景スポット7選

    最近はカメラを持つ人が増え、カメラを持って「いい写」を求めて旅行に行く人も多くなってきています。…

  7. まるで本物のビーチ。リゾート気分が味わえる国内の“ビーチカフェ”…

    キラキラした砂浜と海が大好きな方必見!海に行かなくてもリゾート気分を味わえる日本国内のビーチカフ…

  8. この夏行ってみたいおすすめの絶景の避暑地9選

    だんだんと暑い夏が近づいてきましたね。うだるような夏の暑さの記憶を思い出してきませんか? でも、…

最近のコメント

    PAGE TOP
    search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss